テーマ:生態

オオゴキブリの幼虫

ある古い神社の境内を散策中,黒い妙な昆虫を見た。シデムシのような甲虫の幼虫かと思ったのだが,どうやらオオゴキブリ(Panesthia angustipennis)の幼虫のようだ。珍しいものを見た。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオヒラタシデムシ

里山を散策中,オオヒラタシデムシ(Necrophila japonica)と思われる昆虫を見た。小動物の死体などを処理してくれる昆虫で,生態系の中では非常に重要な役割を担っているのだが,潔癖症の人には嫌われる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオタカ?

小雨だったが,ある古い神社を参拝してきた。 その本殿裏の境内林の中を歩いていたところ,少し先の巨樹の枝に鷹がとまっているのが見えた。それでなくても暗い鎮守の森。しかも,小雨の降る中。三脚なし。撮影条件は最悪と言えるが,愛用のコンパクトデジタルカメラをカバンから取り出し,ズームいっぱいで撮影してみた。どうにか識別可能なレベルで撮影できて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日見た鳥

運動公園の駐車場のクルマを停め,近隣の里山を散策した。様々な鳥を観た。 運動公園の芝生ではセグロセキレイ(夏羽)とムクドリの幼鳥を見た。 蓮田ではアオサギの幼鳥を見た。 水田では畔で泥をつつくツバメを見た。巣材にするのだろう。 別の蓮田では,鷹のような姿をした凧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャコウアゲハ(メス)

里山を散策していたら,ジャコウアゲハ(Atrophaneura alcinous)のメスが飛んできて,目の前の草の葉の上にとまった。チャンスなので写真を撮った。この近くにウマノスズクサの仲間が生えているのだろうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタチ

江戸崎周辺の里山を散策していたら,イタチと出逢った。目の前に出現したのでまず1枚写真を撮り,ズームでもう1枚写真を撮り,更にもう1枚と思っている間に左の方に走り去った。 日本国内にはニホンイタチ(Mustela itatsi)とチョウセンイタチ(Mustela sibirica)が生息している。外見はそっくりなのだそうで,見極めるのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蜂と大百足

今日は,常陸太田市周辺の古い神社と寺院を参拝して回った。 ある神社では,古木の幹の割れ目のようなところでニホンミツバチ(Apis mellifera)と思われる蜂が出入りしているのを見た。刺激すると刺される危険性があるので,少し離れて観察した。 また,ある神社の参拝を終え,参道を戻る途中,トビズムカデ(Scolopendra mut…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンランの花後

先日,キンラン(Cephalanthera falcata)の自生地を再訪した。無論,花は終わっているのだが,受精状況を観察したかった。たいていは花が落ちた茎だけが残されているので,受精率はあまり高くないのかもしれない。受精してさく果ができているものについても,その大部分が既にミバエの類に寄生されているようだった。なかなか厳しい状況にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サシバ

里山を散策中,タカの仲間が木の枝にとまるのが見えた。その場で愛用のコンパクトデジカメのズームいっぱいで写真撮影。そこから飛び去った後,電柱のてっぺんにとまっているのを見つけ,更に写真撮影。三脚なしの撮影なので限界があるがどうにか撮影できたようだ。 帰宅してから調べてみた。サシバ(Butastur indicus)だろうと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオヨシキリ

久しぶりに晴れたし,移動制限は既に解除されているので,霞ケ浦まで出かけた。岸部近くの葦の繁みからは大声で「ギョギョ」とか「ギョシギョシ」とか鳴いている鳥の声が聞こえる。よく観ると昨年の枯れ茎にとまってオオヨシキリ(Acrocephalus arundinaceus)が囀っている。ズームいっぱいでどうにか写真を撮れた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロバエの一種?

先日,自然観察の森の中でごく普通っぽいハエを見た。その後,写真を拡大してみたところ,よくわからなくなった。クロバエの仲間なのだろうと思うのだけれども,同定できない。 ハエは何でも「蠅」としてしか扱わない時代が非常に長く続いてきたし,まともに生態を観察しようとする者が研究者としてのポストを得る機会が非常に限られている。今後もそうだろう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セアカツノカメムシ

先日,自然観察の森を散策していたら,セアカツノカメムシ(Acanthosoma denticaudum)と思われる昆虫が交尾しているのを見つけた。普通種らしいのだが,私にとってはあまり見かけないカメムシだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カキネガラシ

クルマで移動中,だいぶ以前にカキネガラシ(Sisymbrium officinale)と思われる植物を見た記憶のある場所の前をクルマで通りがかった。そこにはコンビニがあり,飲料を補給する必要もあったので,クルマを停め,駐車場脇などを見てみた。まだあった。たぶん,カキネガラシだろうと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コヌカグサ?

先日,散策していたら,公園の植え込みの下の方からコヌカグサ(Agrostis gigantea)と思われる植物が生えているのを見つけた。草丈が低く,若干疑問をもち,バケヌカボ(Agrostis hybrid.)などの可能性を検討してみた。たぶん,普通のコヌカグサの範疇に入るものだろうと思うのだけれども,自然交雑の可能性も否定できない。結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マガリケムシヒキ?

ある公園を散策していたら,ムシヒキアブの仲間があちこちにいるのを見つけた。草の葉の上,枝の上,木製のテーブルの上・・・ この昆虫の仲間はどれも良く似ているので,あまり自信はないけれども,たぶんマガリケムシヒキ(Neoitamus angusticornis)だろうと思う。 何か小さな昆虫を捕食中の写真も撮影できた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

様々なクモ

自宅近辺を散策していると,様々なクモを目にする。記録のため,過去10日ほどの間に観たクモの中から幾つかの写真をアップすることにする。 イオウイロハシリグモ アシマダラコモリグモ ジョロウグモ(オス)の幼体?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シオカラトンボ

先日,またシオカラトンボを見た。たぶんメスだろうと思う。しかし,シオカラトンボのオス・メスの判別は,意外と難しいようだ。  福光村昆虫記:シオカラトンボ  http://fukumitu.sakura.ne.jp/insect/Shiokaratonbo_.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハルジオンの花の上のヤミイロカニグモ

ハルジオン(Erigeron philadelphicus)が花盛りだ。様々なクモがやってくる。ヤミイロカニグモ(Xysticus croceus)もやってくる。 この写真のヤミイロカニグモは,既に何らかの小動物に寄生されているように見える。自然界は厳しいものだと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シマバエ科Sapromyza亜属の一種?

先日,自然観察の森の中で見つけた。体長は,2~3mm程度。シマバエ科Sapromyza亜属の一種ではないかと思う。 薄暗い場所ではあったけれども,ユリ科と思われる植物の葉の上をゆっくりと歩いていたので,どうにか撮影できた。咄嗟の場合,どうしても高感度撮影や強制フラッシュ等の切り替えができない。昆虫の観察に夢中になってしまう。写真家にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリギリスの仲間の幼体を捕食するガザミグモ

自然観察の森を散策していたら,ヨモギの葉の間に何かいるのを見つけた。そっと近づいて観てみると,ガザミグモ(Pistius undulatus)と思われるクモがキリギリスの仲間の幼体を捕食しているところだった。かなり怖い感じのクモだ。なお,このクモ個体は,メスなのではないかと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマトシリアゲ(メス)

自宅近くの里山を散策していたら,ヤマトシリアゲ(Panorpa japonica)と思われる昆虫を見つけた。 以前もヤマトシリアゲを見ていたのだが,その個体はオスのようだ。腹部の先端がハサミムシやサソリのような形状をしている。 今回観た個体は,腹部の先端が直線状になっている。メスと思われる。ミョウガが生えるようなやや暗い林内で見つけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケバエの仲間を捕食するハナグモ?

自然観察の森を散策していたら,葉の裏に何かいるのを見つけた。しゃがんで観察してみたところ,どうやらクモがケバエの仲間を捕食したところのようだった。確実ではないが,このクモは,ハナグモのメスまたは類似の近縁種ではないかと思われる。ケバエの仲間は,ハグロケバエ(Bibio tenebrosus)のように見える。 葉の上で,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロオオアリ(オス)?

先日,護岸堤の上の道を歩いていたら,路傍に生えているスギナに黒い昆虫がとまっているのを見つけた。ハチの仲間のようにも見えるけれども,たぶん,クロオオアリ(Camponotus japonicus)のオスだろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キスジトラカミキリ

自宅近くの里山の林の中を散策していたら,葉の上に蜂のようにも見えるカミキリムシのような昆虫がいるのを見つけた。どうやらキスジトラカミキリ(Cyrtoclytus caproides)のようだ。ハチに擬態するカミキリムシの仲間ということなのだが,本当だろうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメコバンソウ

先日,近所のホームセンター周辺を散策していたら,大きな道路の交差点の植え込みの中で他の帰化植物と混在しながらヒメコバンソウ(Briza minor)が穂を出しているのを見つけた。コバンソウ(Briza maxima)と比較するとかなり小さな穂なので,普通は気づかれることがないのではないかと思う。 以前,ヒメコバンソウの花を見たことがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカヒゲヒラタコメツキ

先日,里山を散策していたら,コメツキムシの仲間を見つけた。葉の上にいたので近づいたら,下に落ちた。そのあたりを探してみると,落葉の上にいてじっとしているので,その写真を撮った。 アカヒゲヒラタコメツキ(Neopristilophus serrifer)だと思う。 その後,ハルジオンの花の茎のあたりをうろついている別の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブクロシマバエ

先日,里山の林の中を散策中,アオキの葉の上にちょっと変わった小さな蠅がいるのを見つけた。とりあえず写真を撮っておいた。その後,図鑑等で調べてみた。どうやらヤブクロシマバエ(Minettia longipennis)のようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サトジガバチ

散策していたら,雲が多くなり,気温も下がり,風が強くなってきた。虫や花の写真撮影が困難と判断して帰宅しようとしたところ,住宅街の舗装道路の端にジガバチがいるのを見つけた。気温が下がったので退避する場所を探していたのかもしれない。 ジガバチの分類に関しては異なる見解もあるが,現在では従来のジガバチをサトジガバチ(Ammophila sa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンラン(白花)

これまで見たキンランの自生地とは別の自生地(自生地H)に出かけキンランを観察してきた。白花と評価できる花があった。何年も前に聞いた耳学問のようなものだが,キンランの仲間に非常に詳しいO氏の見解によれば,純白に近い花もないではないけれども,やや黄色の残る白色のものがキンランの白花だとのことだ。白花品でも唇弁の上部にある突起付近の赤色は残る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more