テーマ:エッセイ

安中市:愛宕神社と古墳

過日,愛宕神社(群馬県安中市安中)を参拝し,神社の基壇部となっている古墳を拝見した。愛宕神社の祭神は,火産霊命。文武天皇の時代から霊地とされていたとのことなので,非常に古い時代から信仰の対象とされてきたのだろう。境内には大きな木が植えてあるけれども,大風で倒れる危険性があるらしく,近所の方の話によると,近々に伐採される予定とのこと。もし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安中市:野殿天王塚古墳

過日,野殿天王塚古墳(群馬県安中市野殿)を見学した。この古墳は,「碓井郡岩野谷村56号墳」とも呼ばれ,直径約15mの円墳とされている。説明板によると,元の直径は20m程度だったと推定されているとのこと。石室が開口している。 古墳のある場所は,山の斜面を登った平坦部の縁にあり,道が狭くて少し苦労したけれども,どうにか辿り着くことができた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:頼政神社と古墳

過日,頼政神社(群馬県高崎市宮元町)を参拝し,社殿の基壇部となっている古墳を拝見した。頼政神社は,高崎公園の東端にある。この場所は,台地の縁であり,その東側の崖下は烏川となっている。 頼政神社の社殿基壇部となっている古墳は,頼政神社古墳と呼ばれ,直径約20mの円墳とされている。しかし,ほぼ方形に掘削されているため,円墳のようには見えな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡邑楽町:松本公園(松本古墳群)再訪

過日,松本古墳群を構成する複数の古墳のある松本公園(群馬県邑楽郡邑楽町大字石打)を再訪した。前回訪問した時にはざっと見ただけだったので,今回は松本公園とその周辺を丁寧に見て回ることにした(松本古墳群を構成する古墳の配置は,松本1号墳の記事参照)。 松本公園のある区画の南縁を東西に通る道路の北側にある林内には9号墳~13号墳が現存し,9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡邑楽町:松本古墳群21号墳

過日,松本古墳群の21号墳(群馬県邑楽郡邑楽町中野)を見学した。この古墳は,大根村交差点の北西角にある太陽光パネル群の背後(北側)にあり,直径16.7mの円墳とされている。 かつて,国道122号線(前橋館林線)沿いには,他にも古墳がある。ただし,21号墳の東の方にあった22号墳は,もともとその一部が国道敷地として掘削されていたようなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡邑楽町:慶徳寺と古墳

過日,曹洞宗・佛種山慶徳寺(群馬県邑楽郡邑楽町石打)を参拝し,その背後地(北側)にある松本古墳群の5号墳を拝見した。とても立派な山門があり,邑楽町の文化財に指定されている。 『邑楽町誌(上)』の216~217頁によれば,かつて,慶徳寺の周辺には5基の古墳(円墳)が連続して存在していたらしいのだが,現況では7号墳だけが現存し,6号墳は現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡邑楽町:八王子神社(松本古墳群3号墳)再訪

先日,松本古墳群の3号墳を基壇部とする八王子神社(群馬県邑楽郡邑楽町石打)を再訪し,参拝した。八王子神社古墳(松本3号墳)は,椿稲荷古墳(松本2号墳)の東の近隣地にある。 3号墳の道路をはさんだ西側には4号墳があり,独立の円墳とされているけれども,現在では,4号墳とされてきた部分は3号墳と連続するものであり,3号墳の部分を後円部とし,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡邑楽町:椿稲荷古墳(松本古墳群2号墳)

過日,椿稲荷古墳とも呼ばれる松本古墳群2号墳(群馬県邑楽郡邑楽町石打)を見学した。2号墳は,菅原神社の基壇部である1号墳の北東約150mのところにあり,直径約30mの円墳とされている。現況では北側隣地に含まれる部分が直線状に一部掘削されていることから,西側から見ると変形しているように見えるが,東側から畑越しに見ると一応円墳らしい姿に見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡邑楽町:菅原神社と古墳(松本1号墳)

過日,菅原神社(群馬県邑楽郡邑楽町石打)を参拝し,その基壇部になっている古墳を拝見した。菅原神社は,石打交差点の北東角にある。祭神は,菅原道真公。 菅原神社の基壇部となっている古墳は,松本古墳群を構成する古墳の1つである松本1号墳。この古墳は,直径約30mの円墳とされている。それと同時に,この古墳は,富士塚としても信仰の対象とされてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:お春名古墳

過日,お春名古墳(群馬県高崎市足門町)を見学した。お春名古墳は,直径約15mの円墳とされており,横穴式石室が発掘されている。 この古墳は,榛名山の噴火による被災後に造られた古墳として知られている。すなわち,薄葬令の後に造営された大型墳丘墓の1つということになる。説明板によると,噴火により壊滅した被災地の復興にあたった集団の長の墓所と考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高崎市金古町:愛宕山神社と古墳

過日,愛宕山神社(群馬県高崎市金古町字愛宕)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。鳥居の脇に大きな庚申供養塔がある。本殿(特に彫刻)は,とても立派なものだった。 この古墳は,直径約30mの円墳とされている。この古墳は,愛宕山古墳と呼ばれ,金古町9号墳とも呼ばれている。典型的な古墳神社の形態を示しており,墳丘の一部が掘削されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行田市:斎条剱神社と古墳

過日,斎条剱神社(埼玉県行田市斉条)を参拝し,同社の社殿基壇部となっている古墳を拝見した。祭神は,素盞嗚命。境内社として,八坂神社,御嶽神社,浅間神社,雷神社,天満神社,矢矧神社,熊野神社,諏訪神社がある。かつては相当に賑わった神社らしいのだが,現況ではひどく錆びれているとの感を拭えない。 社殿の基壇部となっている古墳は,直径約40m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行田市:嶺雲寺と天神山古墳

過日,曹洞宗・嶺雲寺(埼玉県行田市小見)を参拝した。嶺雲寺は,天文5年(1536年)の開基で,忍の明嶺理察大和尚の寺としても知られている(下記の嶺雲寺のサイト参照)。 嶺雲寺を参拝した後,嶺雲寺前の道路をはさんだ向かい側にある天神山古墳を見学した。天神山古墳は,直径約20mの円墳とされており,かつては墳丘上に樹木が生い茂っていたらしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋川市:虚空蔵塚古墳

過日,虚空蔵塚古墳(群馬県渋川市渋川)を見学した。虚空蔵古墳は,直径約13mの円墳とのことで,「渋川町1号古墳」とも呼ばれている。虚空蔵古墳は,渋川八幡宮から坂を少し下ったところにある。 石室内に虚空蔵菩薩が祀られていることから虚空蔵塚との名がある。墳頂には石碑がある。古墳の裏側には僧侶の墓石や石塔等が並んでいるので,かつては墓地とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋川市:渋川八幡宮

過日,渋川八幡宮(群馬県渋川市渋川)を参拝した。鳥居には「澁川大社」と書かれている。祭神は,応神天皇・比売神・神功皇后。 とにかく色んなものが境内に同居している神社なので,驚いた。時間があまりなかったので,全ての境内社を回ったわけではないが,可能な限り参拝した。 ところで,かつて,基本的には徒歩で旅をした時代には,この神社で旅の安全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県比企郡嵐山町:山王古墳群

今年の10月末のことだが,山王古墳群(埼玉県比企郡嵐山町千手堂)を見学した。見学の際には,レンジャー(担当職員)の方から了承を得て,「嵐山町オオムラサキの森活動センター」の駐車場にクルマを停めた。その方の話によると,つい最近,山王古墳群の古墳で盗掘があった疑いのあるものが見つかったのだという。もし本当にそうだとすれば,重罰に値する行為だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前橋市:塩原塚古墳

過日,塩原塚古墳(群馬県前橋市田口町)を見学した。塩原塚古墳は,直径約30mの円墳とされている。墳丘は,かなり掘削されてしまっているらしく,あまり円墳らしく見えない。それでも石室内からは多数の出土品があり,7~8名の被葬者が葬られていたらしいということだ。同時に埋葬されたものなのか,それとも,比較的長期間にわたり一族の墓所または共同墓地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前橋市:遠見山古墳

過日,遠見山古墳(群馬県前橋市総社町総社)を見学した。遠見山古墳は,全長約70mの前方後円墳とされている。遠見山古墳の北側にある城川公民館に若干の駐車スペースがあるけれども,前橋市立図書館総社分館の駐車場にクルマを停め,そこから徒歩で往復した。 遠見山古墳は,住宅地化が進行中のように見える地域の中の比較的畑の多い場所の中にある。特に西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行田市:虚空蔵山古墳

過日,虚空蔵山古墳(埼玉県行田市小見)を見学した。虚空蔵山古墳は,小見真観寺古墳のすぐ近くにある。 虚空蔵山古墳は,推定墳長約60mの前方後円墳とされているが,現況は前方部の一部(長さ約26m)が残存するのみで,後円部は道路敷及び宅地等となってしまっている。 虚空蔵山古墳の墳丘上には虚空蔵菩薩があり,また,墳丘脇には諏訪大神がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊谷市:大塚熊野神社と古墳

過日,大塚熊野神社(埼玉県熊谷市大塚)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。熊野神社の祭神は,熊野夫須美命・速玉男命・家都御子神。猿田彦神社・宇賀神社・豊蚕神社・塞神社の四社を合祀したとのこと。同社は,熊谷スポーツ公園(埼玉県熊谷市上川上)の北東に隣接している。 神社の基壇部となっている古墳は,大塚古墳と呼ばれ,中条大塚古墳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高崎市・前橋市:上野国分寺跡

過日,上野国分寺跡(群馬県高崎市引間町~群馬県前橋市元総社町)を見学した。ガイダンス施設の脇に駐車場があるので,そこにクルマを停め,復元築垣,七重塔基壇,金堂基壇などを順次観た。全体としてかなり壮大な規模の寺院であり,宗教的な目的だけではなく,政治上・軍事上も非常に重要な役割を果たしていたのではないかと思った。 ガイダンス施設も見学し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久喜市菖蒲町:富士塚古墳

過日,富士塚古墳(埼玉県久喜市菖蒲町下栢間)を見学した。富士塚古墳は,栢間古墳群を構成する古墳の1つで,1辺約10mの方墳とのこと。墳頂には,かつて富士塚(浅間神社)として利用されていたことを示す「木花佐久夜姫神」と記された石碑がある。また,多くの古墳で見られるような馬頭観世音の石碑もある。各地において,これらの石碑と同様の石碑またはそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久喜市菖蒲町:天王山塚古墳

過日,天王山塚古墳(埼玉県久喜市菖蒲町上栢間)を見学した。天王山塚古墳は,全長約107mの前方後円墳とされており,その前方部は西の方を向いている。古墳のくびれ部~後円部に該当する場所には薬師堂がある。 その薬師堂の東側には少し高く盛り上がった部分があるけれども,塩野博『埼玉の古墳 北埼玉・南埼玉・北葛飾』(さいたま出版会・2004)4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久喜市菖蒲町:鎮守の森公園

過日,鎮守の森公園(埼玉県久喜市菖蒲町上栢間)を見学した。鎮守の森公園の駐車場脇には,トイレが設置されており,周辺地域の案内図がある。鎮守の森公園の敷地は東西に長い長方形となっている。駐車場の西側には遊歩道と池があるが,老朽化のためかどうか,池にかかる橋は撤去されていた。池の更に西側には天王山塚古墳の縮小模型がある。この縮小模型の後円部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

館林市:子神社

過日,子神社(群馬県館林市赤生田町)を参拝した。子神社の祭神は,大己貴命。神仏分離前は,「子ノ権現」だったとのこと。境内には十九夜堂と稲荷神社のほか,石仏等もある。 子神社は,足腰の神社として知られており,社殿には願掛けの金属製草鞋が多数かけられていた。とても珍しい神社の1つではないかと思う。ちなみに,参拝した当時,迂闊にも足首をくじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行田市:真名板薬師堂と真名板高山古墳

過日,真名板薬師堂(埼玉県行田市真名板)を参拝し,境内にある真名板高山古墳を拝見した。 真名板薬師堂とその仁王門は,元は真言宗・薬王山花蔵院の一部だったけれども,薬王山花蔵院の堂宇の多くが焼失し,薬師堂と仁王門だけが残されて今日に至っているとのこと。境内には大きな板石塔婆があるので,相当大規模な寺院だったと想像される。 真名板高山古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深谷市:鹿島古墳群

過日,鹿島古墳群(埼玉県深谷市本田)を見学した。鹿島古墳群の現況が無残なものであることについては既に書いたとおりなのだが,センダングサの類の種子がくっつく被害が比較的軽微な場所に幾つかの読解可能な説明版があったのでそれを読み,基本的には古墳群の敷地内には入らず,古墳群の外側にある道路を歩きながら,ズームで撮影可能な古墳の写真を撮った。番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東松山市大谷:大雷神社と雷電山古墳

過日,大雷神社(埼玉県東松山市大谷)を参拝し,同社の基壇部となっている雷電山古墳を拝見した。大雷神社の祭神は,大雷命。 雷電山古墳は,全長約85mの帆立貝形前方後円墳とされており,大雷神社の社殿は後円部の墳頂にある。 大雷命は,その生まれからして火と関係する神であり,製鉄の際に炉から飛び散る溶けた鉄や刀剣を槌で叩いて鍛える際に発する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡芳賀町:後久保古墳

過日,後久保古墳(栃木県芳賀郡芳賀町東水沼)を見学した。後久保古墳は,全長約45mの前方後円墳とされている。住宅街(宇都宮市清原台)の縁を走る道路脇の林の中にある。この道路が宇都宮市と芳賀町との境になっている。古墳の東側は段丘崖に続く斜面になっている。 墳丘上の樹木は落葉樹が多いので,冬の時期には墳丘が明瞭に見えるらしい。私が訪問した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡芳賀町芳志戸:浅間山古墳

過日,浅間山古墳(栃木県芳賀郡芳賀町芳志戸)を見学した。浅間山古墳は,全長約57mの前方後方墳とされており,墳頂には浅間神社がある。墳丘に登る階段の脇に説明板があり,その右手の方が前方部となっている。墳頂付近は一部掘削されているように見えるけれども,全体としては良好に保存されている古墳ではないかと思った。実際に訪問してみると,大きな古墳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more