テーマ:グルメ

つくば市若栗:あずき庵

念向寺の近くに「菓匠あずき庵」(茨城県つくば市若栗)という和菓子店がある。最近,寺社めぐりや遺跡見学の帰りなどにときどき寄り,家族の土産に和菓子を買うようになった。 ちゃんとした和菓子職人が丁寧につくった和菓子は,大規模工場で大量生産される和菓子とは全く別の物だと思っている。大規模工場で和菓子を大量生産すると,品質の安定や保存のために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひたちなか市阿字ヶ浦町:ほしいも神社

過日,ほしいも神社(茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町)を参拝した。 ほしいも神社は,堀出神社の境内社の1つと思われる。茨城県に干芋生産技術を導入することについて非常に大きな功績のあった小池吉兵衛氏を顕彰し,茨城県が干芋の生産において日本国でもトップクラスの県となったことを記念するための神社とのことなのだが,宮司さんはユーモアのセンスがとて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筑西市鍋山:浅間神社と古墳

過日,浅間神社(茨城県筑西市鍋山)を参拝した。拝殿の額には「浅間神社」と記されている。 浅間神社は,ファナックつくば工場の西の方(茨城県道・栃木県道45号つくば真岡線の東)にある。その周辺には縄文時代,古墳時代,奈良・平安時代及び中世の遺跡包蔵地が幾つかあるけれども,その大半が既に湮滅している。 浅間神社の近隣に公共駐車場が見当たら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筑西市丙:湖月庵

過日,羽黒神社を参拝した後,湖月庵(茨城県筑西市丙)という菓子店に寄った。 湖月庵は,館最中の製造元。館最中の広告看板をところどころで見かけるのだけれども,製造元店舗がどこにあるのかを知らなかった。以前,別の場所で館最中を購入して食べたことがある。餅入りの餡の最中だった。 羽黒神社から下館駅前の時間貸駐車場まで徒歩で戻る途中,この店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古河市上和田:渡辺製茶工場

過日,諸川八幡塚古墳を見学した後,北の方に向かって歩いていたら,渡辺製茶工場(茨城県古河市上和田)の看板が目に入った。このあたりは猿島茶の産地として知られている。 渡辺製茶工場に寄ってみることにした。 旧家で見かけることのあるような大きな長屋門をくぐると御主人と出逢うことができたので,自宅で介護している老母の土産にお茶を購入した。御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜川市真壁町伊佐々:吾妻塚古墳

過日,鹿島香取神社を参拝した後,吾妻塚古墳(茨城県桜川市真壁町伊佐々)を見学した。 吾妻塚古墳は,吾妻山古墳とも呼ばれ,直径約20mの円墳とされている。墳頂には浅間大神の石祠が祀られている。 吾妻塚古墳は,桜川市立桃山学園の敷地のすぐ西にあり,地形としては台地の縁のような場所となっている。墳丘下の台地縁付近が大きく掘削されているため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潮来市:道の駅いたこ

本日は,鹿嶋市方面に出かけた。 途中で休憩のために「道の駅いたこ」に寄った。1月19日までということで「虹どら」というどら焼きの半額販売をしていたので,家族のお土産に購入した。以前にも購入して食べたことがある。 良い施設だし,正月のイベントも開催中だったのだけれども,寒さのせいか,あるいは,新型コロナの影響があるのかどうか,混雑して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

須賀川市日照田:団子山古墳

過日,団子山古墳(福島県須賀川市日照田)を見学した。 団子山古墳は,令和2年までに9回にわたり発掘調査が重ねられている。 団子山古墳は,従来は直径約50m・高さ約10mの円墳とされてきたけれども,現在では,全長65mの前方後円墳として理解されている。令和2年の調査では,墳頂付近に埴輪列が存在することなどが確認されている。非常に貴重な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足利市:機神山再訪

過日,機神山(栃木県足利市巴町)を再訪し,機神山古墳群の14号墳と17号墳を見学した。 機神山にある機神山山頂古墳と行基平山頂古墳は,過去に見学している。 昼近くに現地に到着したので,山頂のレストラン「伊とう」で蕎麦のセットランチを食べた。結構美味しかった。「伊とう」の店内にはJazzの音楽が流れ,洋風の感じがするところが面白い。店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喜多方市:喜多方ラーメン老舗上海

糠塚古墳群を見学した後,まだ午前11時頃だったのだけれども,昼食をとることにした。「できるだけ人と接触しないようにしなければならない」ということもあるが,せっかく喜多方市に来たのでラーメンを食べたいと思っていたし,昼頃にはどのラーメン店も混雑することが予想されたので,開店後すぐの時間帯の方が良いだろうと判断した。 喜多方市の中心部に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郡山市立美術館とjuju130CAFE

過日,蒲倉古墳群の見学を終えた後,郡山市立美術館内にあるjuju130CAFEでランチをとった。 juju130CAFEは,美術館の建物のエントランス手前にある。また,美術館のエントランス前には石庭にも見えるオブジェの集合があり,何となく群集墓のようにも見える。その中央に兔のようなオブジェがあった。 juju130CAFEの店舗は,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸崎まんじゅう

江戸崎の旧市街をたまに通る。江戸崎まんじゅうという菓子を売っている店があり,どんな饅頭なのだろうと思いつつ,いつも来客が多そうで寄ることができなかった。 先日,古墳を見学した帰路にその店の前を通ると,たまたま来客がいないようだったので,寄ることにし,家族の土産に饅頭と草餅などを買って帰った。 美味しかった。可能であれば,また寄って饅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道の駅「たかねざわ 元気あっぷむら」

移動の途中,道の駅「たかねざわ 元気あっぷむら」(栃木県塩谷郡高根沢町大字上柏崎)に寄り,そのレストランで昼食をとった。 主要施設の外形は,戦国時代の城のような形をしているのだが,その内部はモダンで,レストランからの眺望がとても良い。 なお,高根沢町史編さん委員会編『高根沢町史 通史編I 自然・原始古代・中世近世』(平成12年)の5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潮来市:稲荷山古墳群(その3)

過日,稲荷神社(茨城県潮来市潮来)を参拝した後,同社の東側に所在する稲荷山古墳群を見学した。古墳群所在地周辺は,稲荷山公園として整備されている。稲荷山古墳群は,8基の古墳で構成される古墳群とされている。 3本ある散策路中の南側のコース沿いは,西から順に2号墳,4号墳,5号墳,6号墳がある。 3本ある散策路中の中央のコースから南の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県久慈郡大子町:しゃも料理など

過日,仲山古墳群を見学した後,大子町の中心部の方に戻り,昼食をとった。事前に何も調べていなかったのだが,大子町の各所に「しゃも」が特産品だと表示されていたので,Googleでしゃも料理を出す店を探し,弥満喜(茨城県久慈郡大子町大子)という店に寄ってみることにした。 幸い席が空いていたので,そこで昼食をとることに決めた。 メニューを見…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最近立ち寄った蕎屋と食堂

寺社や古墳を見学するためにクルマで移動中,コンビニのサンドイッチや弁当でランチを済ませてしまうことが多い。しかし,良さそうな店を見かけると立ち寄ることもある。たいていの場合,昼食時には満席で入れないので,そういう店に入るのは11時頃とか1時半過ぎとか変則的な時刻となってしまう。 新型コロナの関係でどの店も対応に大変そうだ。 そうした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常陸太田市:金砂そばの「そばづくしセット」

2020年4月初旬(緊急事態宣言発令前)のことだが,常陸太田市と近隣の神社仏閣を参拝し,古墳や遺跡等を見学して回った際,蕎麦の産地なので昼食にはソバを食べようと思い,ネットで探して「金砂そば」という店に入った。 メニューが豊富で迷ったのだが,「そばづくしセット」というものがあり,他ではなかなか食べられそうにないセットメニューだと思った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栃木県河内郡上三川町上郷:上郷11号墳

2020年3月上旬のことだが,上郷古墳群の11号墳(栃木県河内郡上三川町上郷)を見学した。上郷11号墳は,山王愛宕山古墳(上郷9号墳)の南東約200mのところにある山林内にあり,直径21m・高さ3mの円墳とされている。 上郷11号墳所在地の山林の西側は笹薮,北側~東側~南東側は民家で囲まれており,南側~南西側には畑があるため,公路から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワラビ

昨日,散策していたら,国道の歩道脇の法面にワラビ(Pteridium aquilinum)が出ているのを見つけた。こんなところでも生えるものかと一瞬驚いたのだが,よく考えてみると,その場所は,元は山だったところを切り取って道路とした場所なので,もともとワラビ山だったのかもしれない。 ワラビは,春の食材として喜ばれることが少なくない。自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足利市:四所神社と明神山古墳群

過日,四所神社(栃木県足利市朝倉町)を参拝し,同社の所在地である明神山の斜面及び頂上にある明神山古墳群を見学した。 四所神社の祭神は,三重伊勢神宮の大日霎貴命、大己貴命・大日霎貴命・足仲彦命・市杵島姫命。四所神社の社殿はとても立派なのだが,急斜面の階段上にあり,正面から拝殿の姿を撮影することは不可能。 明神山古墳群は,明神山の丘陵斜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毘沙門天

昨年暮に真言宗智山派・法満山一乗院(茨城県那珂市飯田)を参拝した。参拝後,護符等を売っている場所で販売していたので,正月用に「毘沙門天」という銘柄の小瓶に入った清酒を購入した。製造元は,根本酒造(茨城県常陸大宮市山方)。山方には山方江下古墳がある。  根本酒造株式会社  http://www.kujinoyama…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

将門麦酒

年越しに飲もうと思って柏麦酒が製造している「将門麦酒」を買ってきた。まだ飲んでいないので,どんな味なのかは未知数。とても楽しみ。  柏麦酒  https://kashiwa.beer/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我孫子市:下中宅地裏古墳群

過日,下中宅地裏古墳群(千葉県我孫子市中峠)の所在地とされる地区を散策した。この古墳群は,4基の円墳で構成されるものとされている。しかし,東側の1基の所在地の現況は太陽光パネル群となっており,湮滅したものと思われる。北西の1基は,たぶん民家内にある築山のことを指すのだろうと判断したが,確実ではない。民家内なので公道から見える範囲内でちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会食のビーフシチュー

先日,東京都千代田区神田駿河台のJR御茶ノ水駅西口近くにある「デリフランス」という店の2階レストランで会食があった。メインの料理はビーフシチューで,比較的安価なのだが,とても美味しかった。好感のもてるレストランだと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道の駅しもつまと地ビール

寺社の参拝と古墳探訪の途中,道の駅しもつま(茨城県下妻市数須)に寄って休憩することがときどきある。慣れないと入り方がわかりにくいかもしれないけれども,建物・施設それ自体は常総バイパス(国道294号・国道408号と一部重複)からよく見え,慣れると簡単に入ることができる(交差点で右折・左折して北側入口から入るのがコツ)。建物の中には飲食の施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノウタケ

里山を散策していたら,ノウタケを見つけた。これも久しぶりのことだ。見かけは,地面に丸いパンが落ちているような感じだ。食べてみたことがある。内部が白いマシュマロのような状態の間は食用になり,スライスし,塩・胡椒でバター炒めにすると美味しかった。熟すと黄色くなり,最終的には胞子だらけの状態となる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米沢市:ローストビーフと網走ビール

金山古墳と天王壇古墳(福島県安達郡大玉村大山字宮ノ下)を見学した後,長時間ドライブをして米沢市に到着したときには既に暗くなっていた。予約しておいたビジネスホテルにチェックインし,ちょっと休憩した後,ホテルのロビーに置いてあった近隣レストランのちらし広告を頼りに外に出た。その店では,自家製ローストビーフと岩ガキ等を注文した。とても美味しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県猿島郡境町:桜山古墳群の鷲塚古墳

過日,道の駅境(茨城県猿島郡境町)の東方に隣接する大きなショッピング街の駐車場の中に孤立して保存されている桜山古墳群(茨城県猿島郡境町蓮池下)の鷲塚古墳を見学してきた。その場所は,ドンキホーテなどの大型店が並び,非常に広い駐車場のあるところで,DCMホーマック境店の駐車場の地下に桜山古墳群が眠っている。現在の駐車場のベースは,盛土により…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はにわ焼き

旅行中に名物もののお菓子を見かけることが多いが,買って食べてみようと思うことはそんなに多くない。しかし,気まぐれで試してみることはある。旅行中に群馬県太田市本町にある万徳本店というお菓子屋さんで「はにわ焼き」というものを売っているのを見かけ,買ってみた。要するに,人形焼の一種なのだが,デザインが可愛らしく,味は結構良いほうだと思った。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野沢菜の収穫と試食(その3)

野沢菜が更に大きくなり,草丈は50センチほどになった。まだ花茎は立っておらず,葉だけなので,葉の長さが約50センチということになる。1本だけ残して収穫してみた。地下部はカブのような感じで少し赤色になっている。直径は約3センチ。さっそく,さっとゆがいて食べることにした。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more