テーマ:

つくば植物園:ムニンタツナミの花

つくば植物園の多目的温室で,「オガサワラタツナミ」と書かれた札のついたシソ科植物の白い花を見た。たぶん,ムニンタツナミ(Scutellaria longituba)と同じものだろうと思う。普通のタツナミソウと比較するとかなり大型の植物だ。それにしても,小笠原の植物の花には白いものが多い。 Scutellaria lon…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新暦正月の藤袴(Eupatorium fortunei)

つくば植物園でフジバカマ(Eupatorium fortunei)を見てきた。地上部は完全にドライフラワー状態なのだが,芳香は漂わない。根本の部分を見ると,新芽はまだ出ていない。旧暦だと冬なので,旧暦正月頃にも観察に出かけようと思う。 フジバカマ(Eupatorium fortunei) 中国の古い詩などの中…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ムサシアブミの果実が完熟

ムサシアブミ(Arisaema ringens)の果実は昨年秋ころから朱色になっていた。今朝みると,数個こぼれ落ちていた。完熟したらしい。約半年かけて完熟するもののようだ。 Arisaema ringens
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬の藤袴

つくば植物園でフジバカマ(Eupatorium fortunei)を見てきた。地上部は既に全部枯れて枯木状態になっている。香りは漂わない。古い漢詩等において「冬でも青い葉を茂らせる」という文脈で唄われている「蘭」は,決してフジバカマ(Eupatorium fortunei)ではあり得ない。 フジバカマ(Eupatori…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

筑波山神社のマメヅタ

毎年正月には筑波山神社にお参りに行く。そして,境内にあるマメヅタを観察するのが年中行事の一つのようになってしまった。今年もマメヅタを観てきた。小さなシダ植物なので誰も興味を示さないが,私にとってはとても興味深い植物の一つだ。 今年はこうした小さな植物の観察を十分に楽しめるような年であってほしい。  Prof Su…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬の東京タワー

昨晩,東京タワーの近くで用事があった。ライトアップしている東京タワーを間近で目にするのは2年ぶりのことじゃないかと思う。カバンからカメラを取り出し,写真を撮ってみた。昨晩は曇り空だったのだが,ライトの光がその雲まで届いているようだ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナゾのライオン像

今日は仕事で川口市まで行ってきた。 JR川口駅に降りるのは生まれて初めてだ。 予定よりも少し早目に到着してしまったので,駅前をちょっと散策してみた。 すると,駅前の歩道からビルの間に巨大なライオン像が見えた。ビルの屋根の上に乗っている。 かなり大きい。 「これは一体何なんだろう?」と不思議に思いなが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

自宅のラン:室内栽培の蜂蘭(Ophrys bombyliflora)

露地植えと室内栽培(鉢植え)の2つの方法でOphrys bombylifloraを栽培する実験をしている。どちらもちゃんと育っており,露地植えのほうは葉が3枚に増えた。さすがに戸外よりはずっと暖かい室内栽培のほうは5枚目の葉が出始めている。これらの葉が展開し終えると,花茎が立ってくるのではないかと思われる。とても楽しみ。 室内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春の富士山

家族で筑波山神社まで初詣に行ってきた。毎年恒例の行事みたいになっている。よく晴れており,駐車場からは富士山の姿がよく見えた。真っ白に冠雪している。 Mt. Fuji ※ 縦横とも30%くらいにトリミングしてある。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東京タワーのライトアップ

先週の土曜日に今年最後の忘年会があった。時期が時期だし,何となく億劫な気持ちになる。でも,仕事がらみのことでもあるので参加することにした。場所は,東京タワーの近くということなので,とりあえず東京タワーまで行ってみた。夕方の時間帯にここらへんをブラブラするのは初めてかもしれない。間近でライトアップを眺めるのもこれが最初だと思う。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

路傍のネジバナ-冬の姿

ネジバナは,冬にも葉をつける植物のようだ。庭にあるものだけではなく,自宅からバス亭に向かう途中の側溝の隙間から生えているネジバナも冬葉の状態になっていた。 ネジバナ 一見すると,単なる雑草のようにしか見えない。だから,花が咲いている時期以外にはそれと知らずに削り取られてしまうことがあるのではないかと思う。スミレの仲間…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冬のイルミネーション

昨晩,飯田橋のアイガーデンエア(I-Garden Air)のあたりを通った。歩道にはクリスマスの雰囲気をかもしだすイルミネーション。とても綺麗だった。立ち止まり,カバンからカメラを取り出して撮影していたら,私の背後でもシャッター音がする。振り返ると,そのあたりにお勤めらしいOLさんが私と同じように写真を撮っていた。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

つくば植物園:様々な果実

いろいろとあって,気が滅入る日が続いている。今日は,晴れたので,気晴らしにつくば植物まで出かけ,のんびりと散策してきた。さすがにこの時期なので,キク科植物などを除いては花は圧倒的に少ない。でも,木の実や草の実がある。様々な小さな果実を鑑賞して楽しむことができた。 サンシュユ サネカズラ サルトリ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日比谷公園のツワブキ

昨日,仕事の途中で移動の途中に日比谷公園を通った。日比谷公園にはところどころにツワブキ(Farfugium japonicum)が植えてあり,年々数が増えているように見える。おそらく,種子から次第に広がっているのだろうと思う。目下,花盛りの状態だった。 Farfugium japonicum
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅のラン:庭に露地植えにした洋蘭の芽生え

この春にオフリス・ボンビリフロラ(Ophrys bombyliflora)とセラピアス・リングア(Serapias lingua)の苗を購入し,庭に植えておいた。いずれも夏の間は地上部が枯れてしまい,冬になると葉を伸ばし,春に花を咲かせる植物だ。若干心配ではあったけれど,どちらも夏の間に球根が増え,芽を出してきた。 Serap…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自宅のラン:オキナワチドリ

今年春に開催された東京ドームの洋ラン展に出店していた喜納洋蘭のブースでオキナワチドリの小さな苗を購入し,プラ鉢に植えて育ててきた。夏には地上部が枯れてしまったので駄目になったかもしれないと心配しつつ,それでも水切れがないようにしていたら,何と芽が出ていた。是非とも花を咲かせて欲しいものだ。 Amitostigma lepidu…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オナガガモ

ある公園の池のあたりをコートのポケットに両手をつっこんだままブラブラとひとりで散策していた。オナガガモがいっぱいいた。足をとめてながめていたら,仲の良さそうなつがいがいるのを見つけた。新婚さんかな・・・?(笑)
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バーにて

馴染みのバーに寄った。好きなシングルモルトの新入荷分からラベルのデザインが変わったというのでこれまでのものと並べて写真を撮ってみた。慣れているせいもあるのだろうけど,どうも従来のデザインのほうがしっくりくる。 左が新デザインのラベル・右が従来のデザインのラベル 外見がどうであれ,中身が全く同じであれば別に何も問題など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フユイチゴ

久しぶりで家族が揃ったので,筑波山神社に初詣に出かけた。例年と比較すると人の出がちょっと少ないような気がした。早い時間帯に出発したので,そうだったのかもしれない。子供達がオミクジを買っている間に,私は,神社の石垣を観察。マメヅタに混じってユフイチゴが生えていた。赤い実がなっている。 筑波山に生えているはずの植物で,まだ観た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治大学のクリスマスツリー

駿河台にある明治大学のリバティタワーという23階建の建物の1階ロビーには大きなクリスマスツリーが飾られている。 最近では,ホテルや商店街のアーケードなどでイルミネーションやクリスマスツリーを飾ることが珍しくなくなっているし,大学の構内にクリスマスツリーを飾るところも決して珍しくいことではない。 しかし,この明治大学のクリスマ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

バーにて

会議だなんだとバタバタしながら暮らしている。まさに師走だ。どうにもこうにも仕事の処理が細切れになってしまう。「これじゃいけない」と思いつつも,どうしても状況に流されてしまい,ちょっと疲れる。 先日,仕事帰りにホテルのバーに寄った。見晴らしの良いところにあるバーだ。どこぞの国の首相がお好みのような高級バーではない。 カウンター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シソの実

昨日は土曜日にもかかわらず東京都内で会合があったので,朝早くに起きて出かけた。1年ぶりで再会する友人等が大勢来ており,とても楽しかった。ランチタイムに外に出た際,通りがかりの植え込みにシソが生えているのを見つけた。もちろん花はないのだけれど,実がついていた。 どうしてそんなところにシソが生えていたのかは分からない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカハナワラビ

つくば植物園ではアカハナワラビが栽培されている。その姿はフユノハナワラビとよく似ており,しかも,その葉は最初は緑色をしているので識別するのが非常に難しい。でも,次第に朝晩の寒さが増してくると,葉が赤紫色に変化する。この時期でもフユノハナワラビのほうはまだ緑色をしている。 Botrychium nipponicum …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭のキクの花

今日は曇り。昨日の会合の結果を踏まえ,自宅で報告書を書きあげて送った。そのあとで,庭をちょっとだけブラブラしてみた。庭には何種類かのキクの花が咲いている。一応品種名はついているけれどあまりあてにならない。白い花を咲かせているキクの葉と総苞などをじっくりと観察してみた。どうやらリュウノウギクそのものであるか,その園芸品種じゃないかと思った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フユノハナワラビ

シダ植物といえば何となく熱帯植物のような先入観を抱いてしまいがちだ。しかし,日本にも非常に多くの種類のシダ植物が存在し,しかも,冬になってから成長してきて胞子葉を伸ばす種類が結構たくさんある。フユノハナワラビは,そういったシダ植物の中でも代表格かもしれない。 落葉が降り積もり,明るい日差しが入り込むようになった林床から,す…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

金沢:近江町市場

午前の会議を終えた後,近江町市場というところに行ってみた。アーケード商店街のようになっており,とても活気がある。新鮮な魚や蟹などがいっぱい並べられていた。大型スーパーマーケットやショッピングモールなどではなく,このような個人商店の集合体のような場所こそ本当に買い物をすべき場所だろうと思う。 色々と考えてみるのだが,…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

金沢は雪

仕事で金沢にやってきた。昨日は会議のあと懇親会。今日も10時から会議がある。朝起きて,朝食をとってからホテル近くを散歩してみた。昨晩の間に雪が降ったらしい。いかにも冬の金沢らしい景色を楽しみながら,前田利家公ゆかりの尾山神社を訪問してみた。 尾山神社 前田利家公像 お松の方像 神苑 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

初雪

昨晩から雪がちらつく空模様ではあったが,今朝起きてみると庭一面に雪が積もっていた。 ツワブキ 毎年,受験シーズンのころに初雪がある。 受験生の諸君にとっては辛い時期だろうと思う。まして,寒い朝に雪。 しかし,人生には楽しいことも辛いことも色んなことがあるから,ちょっとやそっとの厳しさと遭遇しただけでひるん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

つくば植物園:クヌギの冬芽

色んな樹木がある。日本は狭い国土の割合には非常に多様な樹木が存在している。これまでの数年間の間に,かなり多数の種類の樹木の花と出会ってきた。どれも素晴らしい。そうした樹の花の中で私が最も好きなのはクヌギの花なのだろうと最近思うようになってきた。 クヌギの花はとても地味だし,その雄花はまるで毛虫のような形をしている。普通の花のように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more