テーマ:

春日部市:内牧塚内古墳群

過日,たまたまその近くを通りかかったので,内牧塚内古墳群の石碑のある場所(埼玉県春日部市内牧)に寄ってみた。説明板が新しいものに更新されており,遺跡地図が加えられている。 ただし,かつて内牧塚内古墳群に属するものとして多数存在した古墳は,もともと小さいものや低いものばかりだったせいもあって,大半が既に湮滅しているように見える。囲いなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜松市:二本ヶ谷積石塚群

過日,二本ヶ谷積石塚群(静岡県浜松市浜北区染地台)を見学した。古代においてはゆるい谷だったような場所の斜面にあり,比較的多くの積石塚が復元され,現地において展示されている。古いものなので,発掘時点においてはかなり壊れていたものもあるようで,復元それ自体の正確性には賛否両論があるかもしれないが,要するに積石型の墳墓が多数存在する場所である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都大田区:亀甲山古墳

過日,浅間神社古墳を見学した後,亀甲山古墳(東京都大田区田園調布)を見学した。亀甲山古墳は,全長107.25mの前方後円墳とされており,実際に観ると,とても大きな古墳だということを実感できる。後円部は,円形というよりは江戸時代の小判のような楕円形をしており,何となく森将軍塚古墳(長野県千曲市大字森字大穴山)の後円部と似た雰囲気をもってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市:長岡百穴横穴墓群

長岡百穴横穴墓群(栃木県宇都宮市長岡町)を見学してきた。この横穴墓軍は,長岡百穴古墳とも呼ばれる。軽石凝灰岩の傾斜面に多数の横穴墓が開口しており,国道119号線(宇都宮環状道路)からも見える。後世の改変が著しいため,古代の横穴墓の遺跡としてはどうかと思う部分も多々あるけれども,各横穴の奥壁部分には室町時代~江戸時代に彫られたと推定される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市:瓦塚古墳群

天気が良かったし,明日からは仕事が忙しくなるので,瓦塚古墳群(栃木県宇都宮市豊郷台)まで出かけ,見学してきた。古墳群へは,帝京大学宇都宮キャンパスの学生寮と野球場の間の道の南端部分から入ることができる。 下記の古墳の森のサイトの記載によれば,かつて,古墳入口付近には掲示板や駐車場等があったようなのだが,掲示板は枠だけ残っており,駐車場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市原市:上総国分尼寺跡

過日,上総国分尼寺跡(千葉県市原市国分寺台中央)を見学した。国分尼寺の主要部分全体の遺構が確認されており,回廊全部が復元されている。遺跡の入口の建物が資料館になっており,発掘品やジオラマ等の資料が展示されていた。係員の方の説明が懇切丁寧であり,とても勉強になった。特に,特殊な形状をした浄瓶(展示品はレプリカ)には興味をもった。許可を得て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:和尚塚古墳

過日,和尚塚古墳(茨城県石岡市柿岡)を見学した。この古墳は,石岡警察署八郷地区交番の北東にある北町公民館の隣りにあり,目測で直径約10m程度のあまり大きくない円墳のように見えるが,その詳細はわからない。墳頂に稲荷神社があり,墳丘の東側に御堂がある。神社と御堂を参拝した上で周囲を拝見した。古墳の外観は,典型的な古墳神社のようになっており,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都大田区:多摩川浅間神社と浅間神社古墳

過日,多摩川浅間神社(東京都大田区田園調布)を参拝した。浅間神社の社殿は,全長約60mとされる前方後円墳の後円部の上にある。一見すると,浅間神社正面の階段付近が前方部のように見えるが,この階段部分は,おそらく後代に取り付けられた附属物だろうと思われる。前方部は,社殿の後方(西側)にある。 現状の墳丘は,完全に浅間神社の施設になっている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君津市:塞神社と道祖神裏古墳

過日,塞神社(千葉県君津市外蓑輪・内箕輪・法木作・入会地)を参拝し,その社殿の上(北東)にある道祖神裏古墳を拝見した。塞神社の祭神は,猿田彦命・大山咋命。塞神社の前に道祖神がある。道祖神裏古墳との名称は,その道祖神にちなむものだろう。また,「道祖神」と書かれた額を源頼朝がこの塞神社に奉納したとの伝承があるようだ。塞神社の鳥居の手前のあた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君津市:延命寺と八幡神社古墳

過日,真言宗豊山派・延命寺(千葉県君津市外箕輪)を参拝した。延命寺の隣に八幡神社がある。この八幡神社には多数の境内社がある。それらの神社全部を参拝した上で,その周辺を拝見した。 八幡神社の社殿は,古墳の上にある。この古墳は,八幡神社古墳と呼ばれ,墳丘の全長約77mの前方後円墳とされている。八幡神社の社殿は,この古墳の前方部をその基壇と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:鹿の子古墳

過日,鹿の子古墳(茨城県石岡市鹿の子)を見学した。直径約28mの円墳とされている。古墳のあるあたりは宅地化が進んできているけれども,古墳のある区画は指定文化財所在地とされ,現状が維持されている。この古墳は,戦時中の軍事目的による破壊からも辛くも免れたようだ。 かつて,(国府や国分寺・国分尼寺の周辺を含め)石岡市の中心部にも多数の古墳が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:染谷古墳群(続)

常陸風土記の丘公園内に染谷古墳群を構成する円墳と標識があるが,染谷古墳群を構成する古墳の大部分は林の中にあり,しかもその林の中に入ることが困難または不可能なので,素人がそれらの古墳を観ることはできない。しかし,幾つかの古墳は容易に見ることができる場所にあることを後から知り,その場所に行ってみた。 1つは,石岡市B&G海洋センター(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:五霊古墳群

過日,五霊古墳群があったとされる場所(茨城県石岡市下林)を訪問し,ヨークベニマルの駐車場脇に保存されている石棺(五霊古墳群2号墳)を見学した。この古墳群は,早くから掘削されており,この石棺も露出した状態となっていたらしい。現状では墳丘らしいものを見つけることができない。古墳の遺跡は,ヨークベニマル等の店舗及びその駐車場の地下にあると考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県猿島郡五霞町:江川天満宮と古墳

過日,江川天満宮(茨城県猿島郡五霞町)を参拝した。祭神は,菅原道真公。立派な社殿だと思う。境内社として八坂神社があり,また,天満宮の東側に弁天池のようなものがある。 天満宮の基壇部は,その全部が古墳であるとされている。墳丘は,かなり掘削・修正されていると思われる。その詳細は不明だが,たぶん前方後円墳なのではないかと想像した。八坂神社の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生市尾崎:浅間塚古墳

過日,浅間塚古墳(埼玉県羽生市大字尾崎)を見学した。円墳とされている。浅間塚または冨士塚とするために掘削・整形されている部分があるように見えるが,直径は,目測で約15~20m。墳丘上に石碑があり,墳頂には祠がある。墳丘に登らなかったので,詳細は不明。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小山市:高椅1号墳と高椅2号墳

過日,小山市営墓園やすらぎの森(栃木県小山市大字高椅)の中に古墳があるというので出かけてみた。資料によれば,管理棟のすぐ南側に高椅1号墳(円墳)があり,墓園の敷地南西角(西高椅公民館のすぐ東)のあたりに高椅2号墳(前方後円墳)があることになっている。現地に行ってみると,管理棟の南側のあたりには確かに大きな墳丘様のものがあるので(下図の白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメシロアサザ

古河総合公園・古河公方公園を訪問した際,公園内の公方広場でヒメシロアサザ(Nymphoides coreana)の花を見た。このヒメシロアサザは,公園近くの水田に自生しているのが発見され,公園内に移植するための前提作業として栽培されているものとのことだ。水槽で栽培されているものが戸外展示されており,小さな白く可愛らしい花を咲かせていた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古河市:浅間神社(虚空蔵菩薩前古墳)

過日,虚空蔵菩薩堂(茨城県古河市鴻巣)に隣接する浅間神社を参拝した。全体がちょっとした小山になっており,階段を登った頂上部分に浅間神社の社殿と石材をコンクリートで固めて構築された富士山がある。浅間神社の左側には稲荷神社がある。階段の途中には別の神社(社名は,かすれていて読み取れない。)と参明藤開山碑がある。「藤」とは「冨士」のことを指す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古河市:虚空蔵菩薩堂

過日,古河総合公園・古河公方公園の区域内にある虚空蔵菩薩堂(茨城県古河市鴻巣)を参拝した。虚空蔵堂の虚空蔵菩薩は仏僧のような姿をしており,唐代の中国から輸入された仏像とされている東寺の虚空蔵菩薩の姿とは異なっている。長年月を経過し,時代と文化の変化により,「現世の支配者でもある菩薩」という観念が希薄化または消滅したからではないかと想像し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古河市:古河総合公園・古河公方公園

過日,古河総合公園・古河公方公園(茨城県古河市鴻巣)を見学した。かつて,この近隣に古河城があったようなのだが,渡良瀬川の流路変更を伴う大規模改修工事の結果,その大部分が消滅しており,関連する遺跡としては,基本的にこの公園内に残されているものだけとのことだ。古河公方館跡,御所沼,古賀公方足利義氏公の墓所等を見学した。 御所沼 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下妻市:浅間塚古墳

過日,浅間塚古墳(茨城県下妻市黒駒宇駒ヶ墓)を見学した。浅間塚古墳は,全長約40mの前方後円墳とされている。全体としてナメクジのようなのっぺりとした姿をしており,後円部と前方部とが明瞭に仕切られずに連続したような形状となっている。浅間塚古墳は,段丘の縁にある小さな森の中にあり,段丘上は,田畑となっている。名前からすると,過去においては浅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくば市玉取:八幡神社

過日,八幡神社(茨城県つくば市玉取)を参拝した。祭神は,品陀和気命(応神天皇)。この神社は,段丘の縁にあり,神社の東方の段丘崖の下は低地で,主として田となっている。古代においては,古代の霞ケ浦の一部である海だったと推定される。段丘から降りる道のあたりに港湾施設が存在したかもしれない。 この八幡神社の境内またはその周辺に古墳があるのだと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏市:北ノ作1号墳・2号墳

過日,北ノ作1号墳と2号墳(千葉県柏市片山)を見学した。これらの古墳は,片山古墳群(手賀の丘公園)の東方にある台地上にある。道路が狭くアクセスに難があるけれども,どうにか辿り着き,これらの古墳を見学できた。 北ノ作1号墳は,全長約21.5mの前方後方墳とされ,北ノ作2号墳は,全長約30mの前方後方墳とされている。いずれも3~4世紀頃の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマジノホトトギス

本日,遺跡めぐりをしながら,ある林の中の道を歩いていたら,路傍にホトトギスの仲間が花を咲かせているのを見つけた。白花品もある。ヤマジノホトトギス(Tricyrtis affinis)とその白花品(自然の白花変異)だろうと判断したけれども,もしかすると園芸交配品等を誰かが植栽したもの(及びその子孫)かもしれない。ホトトギスにはかなり多数の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大田原市:大塚古墳

過日,大塚古墳(栃木県大田原市中野内)を見学した。掘削により墳丘の形が崩れている部分もあるが,1辺約28m・高さ約4.5mの方墳とされている。大塚古墳は,台地の縁にあり,そのあたりからは,台地下の低地の様子をつぶさに監視可能となっている。かつては,低地の方からもこの古墳が良く見えたのではないかと想像する。 大塚古墳の由来に関しては,豊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:山神古墳

過日,山神古墳(茨城県小美玉市羽鳥)を見学した。直径約20mの円墳とされている。山神古墳は,金谷久保区公民館の南東の段丘縁の森の中にある。そのあたりから西側の方は園部川が流れる低地となっている。おそらく,古墳造営当時においては園部川がもっと広く,古代の霞ケ浦と直接 に連絡できるような状況だったと推定される。山神古墳の下のあたりに港湾施…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂東市みむら:香取神社

過日,香取神社(茨城県坂東市みむら)を参拝した。祭神は,経津主神。 香取神社の社殿は,段丘の縁にあり,段丘下の低地を見渡すことができる場所となっている。客観的・即物的な条件という観点からすると,古墳が存在することが比較的多い立地だと言える。この神社の境内地及びその北東にある畑地は,屋敷遺跡という埋蔵文化財包蔵地の指定を受けている。屋敷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笛吹市:経塚古墳

過日,経塚古墳(山梨県笛吹市一宮町国分字経塚)を見学した。一見すると普通の円墳のように見えるが,八角形墳なのだそうで,非常に珍しいと言える。関東地方の八角形墳としては,三津屋古墳(群馬県北群馬郡吉岡町)や伊勢塚古墳(群馬県藤岡市上落合岡)がある。稲荷塚古墳(東京都多摩市百草)も八角形墳とされているが,この古墳はまだ見学していない。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笛吹市:慈眼山南照院と姥塚古墳

過日,曹洞宗・慈眼山南照院(笛吹市御坂町井之上)を参拝し,その境内にある姥塚古墳を拝見した。姥塚古墳は,直径約40m・高さ約10mの円墳とされており,非常に大きな石室が開口している。その石室の玄室部分には古くから聖観音堂がある。石室内に入り,観音堂の前で合掌した。石室の大きさから推測して,墳丘も現在の規模よりも大きなものであったかもしれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲府市:加牟那塚古墳

過日,加牟那塚古墳(山梨県甲府市千塚)を見学した。説明板によれば,直径約45mの円墳とされており,かつては「金塚」と呼ばれていたそうだ。石室が開口している。石室入口には格子の扉があり,中には入らなかったけれども,格子の隙間から見える範囲内で石室内の様子も見学した。加牟那塚古墳のある地域には多数の古墳があったのだそうだが,現在では,宅地開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more