テーマ:

東松山市:野本将軍塚古墳

野本将軍塚古墳(埼玉県東松山市下野本)を見学してきた。長さ約115mの前方後円墳とされているが,前方部の先端部分がかなり破壊されているので,元はもっと長い古墳だったと思われる。後円部がとても高く,堂々たる王者の古墳だ。最近の調査研究結果によれば,4世紀頃の古い時代の古墳だと考えられるようになったとのことだ。古墳全体が樹木で覆われており,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東松山市:野本陣屋跡と無量寿寺

曹洞宗・利仁山無量寿寺(埼玉県東松山市下野本)を参拝し,同じ場所にある野本陣屋跡を見学してきた。鎮守府将軍・藤原利仁の居館が始まりということになっているようなのだが,実質的には,中世の野本氏の館として構築された城と考える見解が多い。現在,その場所には無量寿寺がある。無量寿寺の本堂裏には土塁跡があり,また,墓地内にもそれらしい痕跡があるけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東松山市:毛塚1号墳

毛塚1号墳(埼玉県東松山市毛塚)を見学してきた。住宅地の中に児童公園のような感じで整備された場所にある。円墳とされているけれども,前方後円墳の前方部のような連続する盛土部分がある。近隣地には「毛塚」と名付けられた古墳が複数存在しているようなので,時間があれば主要な古墳を観て回りたかったのだが,今回は時間的に無理だったので,この1号墳だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:島田天神社

クルマで移動中,たまたま天神社(埼玉県坂戸市島田)の前を通りがかったので,そこでクルマを停め,参拝することにした。ちょうど夏祭りの準備中のため,社殿を清めている途中のようだった。ただし,昼食中らしく,境内内には誰もいなかった。参拝してから境内を拝見すると,多数の石碑のようなものがあり,そして,富士塚があった。その上には「富士山浅間大神」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:勝呂廃寺跡

勝呂廃寺跡(埼玉県坂戸市石井)を見学してきた。その範囲はかなり広大なものと推定されている。しかし,現時点で復元公開されている部分は,狭い範囲だけだ。現在公開されている地点を含む周囲の地域の地下には,この廃寺の遺跡が眠っているのだろう。 勝呂廃寺には五重の塔が存在したと推定されている。廃寺の所在地が段丘の中でも最も標高の高い地域にあり,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:勝呂神社と古墳

勝呂神社(埼玉県坂戸市石井)を参拝し,同社の基壇部となっている勝呂神社古墳を拝見してきた。勝呂神社は,四道将軍の中の1人として名高い渟河別命ゆかりの神社としても有名で,現在の主祭神は,菊理姫命・伊奘諾尊・伊奘冉尊,配祀神は,建渟河別命・豊入彦命となっている。境内社として,勝實稲荷社、金守稲荷社、八幡社、熊野権現、箭弓稲荷、氷川社がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:塚越神社(義家塚)

塚越神社(埼玉県坂戸市塚越)を参拝した。小さな塚の上に祠があるだけの簡素な神社なのだが,源頼朝の命により,源義家を祭神として創始された神社とのことだ。古い時代の古墳を二次利用した塚のようで,横穴式石室が見つかっているとのこと。古墳としての名称は,「義家塚」なのだそうだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:東光寺と雷電塚古墳群3号墳

昨日,真言宗智山派・薬王山東光寺(埼玉県坂戸市小沼)を参拝し,その境内地にある雷電塚古墳群3号墳(東光寺古墳)を拝見してきた。雷電塚古墳群3号墳は,直径約20mの円墳とされている。雷電塚古墳群3号墳は,東光寺の裏側(北側)にある。そこからは墳丘の一部しか見えない。東光寺の北側道路から塀越しに見ると,その全体を見ることができる。雷電塚古墳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:雷電塚古墳(雷電塚古墳群1号墳と2号墳)

昨日,どうにか天気がもちそうな感じだったので,埼玉県坂戸市方面まで出かけ,幾つかの古墳と史跡を見てきた。市街化が進んでいるとはいえ,まだまだ古墳が多数残されている。それら坂戸市に残る古墳の中でも雷電塚古墳(埼玉県坂戸市小沼)は最も有名なものかもしれない。雷電塚古墳は,雷電塚古墳群を構成する古墳の1つで,雷電塚古墳は,雷電塚古墳群1号墳と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太田市:上野国新田郡庁跡

過日,上野国新田郡庁跡(群馬県太田市天良町)を見学した。各地で郡庁跡の遺跡が発掘されているけれども,史跡公園として整備・公開されている例は意外と少ない。現地に行ってみると,説明板があるだけで,実際には単なる畑の状態となっていることを知り,がっかりすることがある。都市化されてしまっているところでは,そもそも無理だろうと思うし,畑地でも買収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水瓶

綿貫観音山古墳(高崎市綿貫町)からは中国製と推定される水瓶が出土している。この水瓶は,法隆寺・木造観音菩薩立像(国宝)が左手に下げている瓶とも酷似している。私見によれば,瓶を手に下げる観音は,聖杯を手にする帝王または釈尊の像と(観念上)対をなすもので,宗教上の意味合いだけではなく,ある種の政治的意味合いももつものだと考える。聖杯を手にす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県比企郡吉見町:吉見百穴と黒岩横穴墓

2017年のことだが,埼玉県比企郡吉見町にある吉見百穴と黒岩横穴墓を見学した。しばしば初等・中等教育における社会科見学等の場所とされるところなので,訪問したことのある人はかなり多数に及ぶのではないかと思う。古代史に興味がない人にとっては「ただの穴」に過ぎない。また,現代史に興味のある人にとっては,吉見百穴遺跡の中に掘られている第二次世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:妻木神社

過日,妻木神社(茨城県つくば市妻木)を参拝してきた。「妻木」は「さいき」と読む。かつて,この周辺に鎮座していた天神社(菅原道真公),諏訪神社(建御名方命)及び鹿島神社(武甕槌命)の三社を合祀した神社とのことだ。非常に古い神々と天神(菅原道真公)とを同じ場所で祀っているという点に非常に興味を惹かれる。體見神社との関係から考えてみても,更に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:泊崎弘法大師堂

過日,泊崎弘法大師堂(城県つくば市泊崎)を参拝した。大師堂下に駐車場があるが,その駐車場まで至る道が狭いので,若干緊張した。この大師堂は,牛久沼に突き出た半島状の台地の南端にあり,そこからは牛久沼のかなりの部分を見渡すことができる。古代の牛久沼は,霞ケ浦の一部だったので,現在では田や宅地になっている部分を含め,相当遠くまで,航行する船舶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:山名稲荷塚古墳

過日,山名稲荷塚古墳(群馬県高崎市山名町)を見学してきた。円墳ということなのだが,現状は掘削によりかなり変形されている。墳丘上に稲荷大明神が祀られている。かつて盗掘に近い状態で石棺が掘り起こされたことがあるそうなのだが,出土品の所在は不明,その後稲荷大明神の脇に置かれていたという舟形石棺も現在は存在しない。きっと当時の警察当局も見て見ぬ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:山名古墳群

過日,山名古墳群(群馬県高崎市山名町)を見学してきた。山名古墳群は,山上碑のある山の山麓に所在している。「山名」と「山上」は,元は同じだったのではないかと思われる。山名古墳群の駐車場に案内板があり,それに従って歩けば全部見て回ることができるのだが,実際には結構広い範囲の土地なので,途中でよくわからなくなってしまうかもしれない。私の興味は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂東市:国王神社

過日,平将門を祭神とする国王神社(茨城県坂東市岩井)を参拝してきた。この神社のある場所は,平将門の終焉の地とされている。歴史において,敗者は悪者とされ,本当は勝者のほうが悪辣でも記録が改竄または抹消されてしまうのが当たり前のことなので,真実は誰にもわからない。しかし,単に武力が優れているということだけで人々が支持することなどあり得ない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香取市:小見川城山公園と古墳

過日,城山公園(千葉県香取市小見川)を訪問した。この場所は,古代の古墳群のある場所であると同時に,小見川城址でもある。香取周辺の海(古代の霞ケ浦)を一望できる場所にあるので,古来,政治的・軍事的に非常に重要な場所であったと思われる。公園内には,移築・復元された城山1号墳(円墳)があり,また,墳丘上に天満宮が建てられている城山13号墳(長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡美浦村:大宮神社

過日,大宮神社(茨城県稲敷郡美浦村土浦外十六大字入会字岡平)を参拝してきた。祭神は,天照皇大神・日本武尊・天太玉命。陸平貝塚から少しだけ山道を登ったところにある。古い神社であり,その起源は,『常陸國風土記』の時代を遡るのではないかと思われる。参拝の後,その周辺を拝見した。 かつて,この神社の西側には前方後円墳が存在していたようだ。それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡美浦村:陸平貝塚

過日,陸平貝塚(茨城県稲敷郡美浦村土浦)を見学してきた。この貝塚のある山の南側麓に美浦村文化財センターがあり,そのすぐ下のところに比較的良い駐車場がある。そこにクルマを停め,徒歩で貝塚のあるところまで登った。この地域は,古代においては霞ケ浦に浮かぶ小島のような地形であり,一般に,景行天皇と倭武ゆかりの「浮島」の地に該当すると考えられてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡美浦村:信太美駒古墳群

過日,信太美駒古墳群(茨城県稲敷郡美浦村美駒)を見学してきた。この古墳は,日本中央競馬会(JRA)の非常に広大な施設の一部であるトレーニングセンターのところにある。トレーニングセンターの駐車場にクルマを停め,古墳公園となっている古墳群の様子を見学した。古墳群は,駐車場の北西側及び南東側の2箇所に分かれており,北西側には1号墳~8号墳があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水戸市栗崎町:栗崎北古墳

先日,栗崎北古墳(茨城県水戸市栗崎町北)のある香取神社を参拝し,その神社の基壇となっている古墳を拝見してきた。宅地化が徐々に進んでいるとはいえ,のどかな農村風景がまだ主体となっている地域の道路脇に小さな森があり,その森の中に香取神社の小さな社殿がある。その社殿は,比較的大きな石の積石の上に乗っている。この積石の石材が石棺石の二次利用であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笠間市:御前塚古墳

過日,御前塚古墳(茨城県笠間市泉)を見学した。直径約60mの大型の円墳とのことだ。古墳正面のあたりに比較的ゆったりとした駐車スペースがあり,とても助かる。この古墳は,台地の縁にある。現在では住宅や木々によって視界を遮られているが,古代においては,それらのものが存在せず,かなり遠くまで見渡すことができたのではないかと想像する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市花野井:富士神社

過日,クルマで移動中,たまたま富士神社(茨城県小美玉市花野井)の前を通りがかった。道路脇にクルマを停め,参拝することにした。素人の直観に過ぎないが,この神社の基壇部全体が古墳なのではないかと思う。ただし,公式には古墳という扱いを受けていない。神社の境内地には,境内社(鹿島神社・大六神社・八坂神社)のほか,青面金剛と思われる石仏があった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:上州綿貫不動尊と不動山古墳

上州綿貫不動尊(群馬県高崎市綿貫町)を参拝し,不動山古墳を見学してきた。上州綿貫不動尊の基壇部の全部が全長約98mの前方後円墳である不動山古墳となっている。この古墳の前方部は,普賢寺裏古墳と同様,南西の方向を指している。古墳の後円部の墳頂に上州綿貫不動尊があり,その背後に出土石棺が展示されている。この石棺は,舟形石棺と呼ばれるもので,非…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高崎市:普賢寺裏古墳,岩鼻21号墳,綿貫町堀米内1547所在古墳,岩鼻18号墳

綿貫観音山古墳(群馬県高崎市綿貫町)を再訪し,その周辺に残っている古墳を見学してきた。綿貫観音山古墳の前方部は,現在では湮滅してしまっているが旧陸軍岩⿐⽕薬製造所付近にあった二子山古墳の前方部の指す向きと正反対になっており,非常に興味深い。しかし,今回の主たる見学対象は,綿貫観音山古墳それ自体ではなく,その周辺の古墳群だった。 普賢寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:勅使塚古墳

過日,勅使塚古墳(茨城県小美玉市張星)を見学してきた。墳丘の直径約30mの円墳とされているが,現状では,周堀が埋められており,墳丘も掘削されているため,何となく方墳のように見える。墳丘に登ってみても何もない。 全景 説明板 この古墳を訪問した時には,路傍にコヒルガオ(Calystegia hederac…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:愛宕山古墳群

過日,愛宕山古墳のある古墳群(茨城県小美玉市花野井・旧美野里町)を見学してきた。この古墳群を訪問するのは2度目になる。古墳群の前を通る道路から見ると森があるようにしか見えないが,説明板のあるあたりからも幾つかの円墳を見ることができる。そのあたりから奥の方に入る小路があり,そこを進むと愛宕山古墳に至ることができる。墳丘の直径が約50mの円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:桃山古墳

過日,桃山古墳(茨城県小美玉市下玉里)を訪問した。立派な説明板がある。しかし,草木に覆われてしまっていて墳丘を識別することがほぼ不可能な状態になっていた。蛇や蜂などがいる可能性があるので,藪に分け入って墳丘を見ることも断念した。残念。 擁壁のある部分が古墳の一部 説明板
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:玉里舟塚古墳と玉里舟塚古墳群3号墳

過日,玉里舟塚古墳と玉里舟塚古墳群3号墳(茨城県小美玉市上玉里)を見学してきた。玉里舟塚古墳は,墳丘の長さ約88mの前方後円墳とされている。正確ではないが,その前方部は,鹿島神宮の方向を指しているように見える。発掘調査により,埴輪等が大量に発見され,明治大学博物館に収蔵・展示されている。玉里舟塚古墳が造営された年代に関しては,忽那敬三「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more