テーマ:

クルマバッタ or トノサマバッタのオス?

昨日,散策中,クルマバッタ(Gastrimargus marmoratus)と思われる昆虫を観た。歩いていた砂利道の少し先の方にいたので,ズームで写真を撮った。 クルマバッタモドキ(Oedaleus infernalis)のようにも見えるけれども,その比較で言えば,たぶんクルマバッタまたは交雑なのだろうと思う。 しかし,写真をよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリの花とオオクロバエ?

本日,散策中,クリ園のような場所の近くを通った。ちょうど開花期であり,独特の香りが漂っている。 右の脇のクリの花に黒く比較的大型のハエがやってきていた。 オオクロバエ(Calliphora nigribarbis)ではないかと思うのだが,別種かもしれない。よくわからない。 なお,オオクロバエの学名に関しては,「Calliphora…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンケハラナガツチバチ?

本日,散策中,ヤマグワの葉にやや大きめの蜂がとまっているのを見つけた。たぶん,キンケハラナガツチバチ(Megacampsomeris prismatica)のメスだろうと思う。 まだ6月が始まったばかりなので,もしかすると越冬した個体なのかもしれないと思った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニシジミ

先日,散策中,またベニシジミを見かけた。たまたま花の上で蜜を吸うのに夢中となっている。愛用のコンパクトデジカメを取り出し,撮影。 直観的な印象に過ぎないのだが,何となく,全体として個体数が減ってきているような気がする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヌツゲの花とゴミグモ

先日,散策中,路傍(畑の隅)にイヌツゲ(Ilex crenata)またはその品種と思われる低木が植えてあり,小さな白い花を咲かせているのを見つけた。その花を見ていたら,ゴミグモ(Cyclosa octotuberculata)と思われるクモが巣をつくっており,その陰にゴミクモが隠れているのを見つけた。見ていたら巣の外に出てきたので,すか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナヨクサフジの花にしがみつく蜂

先日,ちょっと風が強く吹く中を散策中,ナヨクサフジの花にニホンミツバチ(Apis cerana japonica)のような昆虫がしがみついているのを見つけた。 やたらに毛が深く,クサフジのような植物に集まるマルハナバチの仲間のようにも見えたので,ちょっと検討してみた。分布域や発生時期等から考えると,たぶん,シュレンクマルハナバチ(Bo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくりはじめのスズメバチの巣

散策中,ある公園の駐車場脇の法面で,つくりはじめたばかりのスズメバチの巣を見つけた。まだ女王バチだけのようで,蜂の成体の姿が見えないので,種名がわからないけれども,スズメバチの仲間であることは間違いないだろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:いばらきフラワーパークのバラ(その2)

先日,全面改装したばかりのいばらきフラワーパーク(茨城県石岡市下青柳)を訪問した。 バラ品種「おりひめ」(1997年)やバラ品種「フリージア」(1973年)など,品種によっては小型の甲虫やハナアブ等の小さな昆虫が群れているものがあった。公共の場であり,特定の品種を独り占めにするようなことは許されないことなので,短時間で撮影可能な昆虫だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウツギとスイカズラ

散策していると,畑の隅や境界等に植えられたウツギが白い花を咲かせているのを目にする季節となった。 もうそんな季節になってしまった。時間はいつも速足だ。 先日,散策していたら,ある道の土手のウツギの木にスイカズラがからみつき,一緒に花を咲かせていた。 田の近くで観たウツギの花 コガタウツギヒメハナバチ? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴマキまたはガマズミの花とツマグロキンバエ?

先日,散策中,白く小さな花を密集させて咲かせている低木を観た。 ゴマキ(Viburnum sieboldii)ではないかと思うが,葉脈の特徴からすればガマズミ(Viburnum dilatatum)のようにも見える。 ツマグロキンバエ(Stomorhina obsoleta)と思われる小さな昆虫がやってきていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シオヤトンボ?

先日,石岡市北部を散策していたところ,小さな沢のようなところにある岩の上にシオカラトンボのような昆虫がとまっているのを見つけたので,その写真を撮っておいた。 普通のシオカラトンボとは少し異なる。 確実ではないが,たぶん,シオヤトンボ(Orthetrum japonicum)ではないかと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャコウアゲハ

先日,ある寺院を参拝し,境内のツツジの花を観ていたら,どこからともなくジャコウアゲハがやってきて目の前のツツジの葉にとまった。花があるわけでもなく,どうしてそんなところにやってきたのかは知らない。 絶好のチャンスと思い,愛用のコンパクトデジカメを取り出して写真撮影。撮影し終えると,どこかに飛び去ってしまった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャリンバイの花に集まる虫

先日,常磐自動車道上り線・友部SAで休憩中,シャリンバイの花が咲いているのを観た。 その花には様々な昆虫が寄ってきていた。周辺地域がどんどん開発され続けているので,このような人工的な場所にある疑似自然環境にも昆虫が集まってくるのだろう。 ナミハナアブ クロマルハナバチ ヒラタアオコガネ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オヘビイチゴとモモブトカミキリモドキ

先日,涸沼自然公園の木道を散策していたら,ヘビイチゴのような植物が黄色の花を咲かせているのが見えた。たぶん,オヘビイチゴ(Potentilla anemonifolia)だろうと思う。 よく観ると,モモブトカミキリモドキ(Oedemera lucidicollis)がうろうろしていた。 ブログに写真をアップしようと思って,よく観てみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カサスゲとキヌツヤミズクサハムシ(スゲハムシ)

先日,涸沼自然公園を訪問した。 木道を歩いていたら,スゲの仲間が生えているのが見えた。カサスゲ(Carex dispalata)だろうと思う。既に花後の状態。今年は寒いように感じても実際には暑いのかもしれない。 その状態の小穂を観察していたら,雌小穂の上に小さなハムシのような甲虫がとまっているのが見えた。銅色光沢のような感じになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノアザミの花を蜜を求めるカラスアゲハ

先日,散策中,ノアザミが開花し始めているのを観た。 「今年も見ることができた」と一人で感動していると,紺色光沢があり黒色で大型のアゲハチョウがやってきた。どうやらカラスアゲハ(Papilio dehaanii)のメスのようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タニウツギの花の蜜を求めるナガサキアゲハ

先日,稲敷市内の某寺院を参拝したところ,境内にあるタニウツギまたはその品種と思われる樹木の花が満開になっていた。 綺麗なものだと感心して見ていたら,黒色で大型のアゲハチョウの仲間がやってきた。 ちょっと見るとジャコウアゲハのようにも見えたのだけれども,よくよく観察してみると,どうやらナガサキアゲハ(Papilio memnon)のメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノイバラの花とアシナガコガネ

先日,散策中,道路脇の斜面のようなところでノイバラが開花しているのを観た。 別に珍しくも何ともないのだが,何か小型の甲虫が群がっているようなので,近づいて観察してみた。どうやらアシナガコガネ(Ectinohoplia obducta)のようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニシジミ

暖かくなったので,あちこちでベニシジミ(Lycaena phlaeas)を見かける。 遺跡を探訪し,寺院や神社を参拝し,そして,花や蝶の姿を楽しむ。しかも,相手が人間ではないので,新型コロナのリスクもゼロ。贅沢と言えば贅沢だ。遅くても元気に歩き,そのような楽しみを味わえることは,まことにありがたいことだと思う。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

犬吠埼灯台周辺で観た花と虫

本日,犬吠埼灯台周辺を散策した。 イソギク(Chrysanthemum pacificum)の花が咲いていた。 アシタバに似たセリ科植物がまだ花を咲かせていた。たぶん,ハマウド(Angelica japonica)だろうと思う。 その葉の上にはナミハナアブ(Eristalis tenax)と思われる昆虫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コクワガタ?

本日,つくば市周辺の低山を散策していたところ,狭い舗装道路の上を小型のクワガタムシが横断しているのを見つけた。あまり自動車の通らない道路なのだけれども,当地では生活道路の1つなので,自動車に踏みつぶされてしまうかもしれない。 そっとつまんで路傍に置き,写真を撮ってから越冬できそうな場所に放した。 たぶん,コクワガタ(Dorcus r…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

成熟したシオカラトンボのメス(ムギワラトンボ)

古墳を見学するために移動中,路傍でシオカラトンボ(Orthetrum albistylum)のメスを見た。 翅がだいぶ傷んでいる。完全に成熟したメスだろうと思う。 シオカラトンボのメスは,ムギワラトンボと呼ばれるが,成熟すると麦色の部分が少なくなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アキアカネとナツアカネ?

昨日,ある古墳群を散策中,小さなトンボを見た。ハッチョウトンボ(Nannophya pygmaea)かと思ったのだが,どうもアキアカネ(Sympetrum frequens)のようだ。 ハッチョウトンボは非常に珍しいトンボなので,そうそう簡単に出逢えるとは思っていなかった。 その古墳群の所在地内を散策しながら山裾の湿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニヤンマ

今日は,朝早くでかけて遠出し,長時間ドライブで往復して古墳群等を見学した後,暗くなってから帰宅した。 見学先では様々な昆虫とも出会った。久しぶりで木の枝にとまっているオニヤンマ(Anotogaster sieboldii)をみつけ,写真を撮ることができた。 見学の結果は,後にまとめて書くことにする。とても勉強になった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒヨドリバナとジガバチ

ある古墳群を散策していたら,ヒヨドリバナ(Eupatorium makinoi var. oppositifolium)と思われる植物が白い花を咲かせているのを見つけた。 その花を観ていたら,ジガバチがやってきた。サトジガバチ(Ammophila sabulosa)ではないかと思われる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノダケ

里山を散策していたら,ノダケ(Angelica decursiva)の花が咲いていた。 よく観ると,小さなクモもいる。野山は,常に生存競争だ。コハナグモ(Diaea subdola)またはその近縁種ではないかと思われるけれども,はっきりしない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョウトンボ

ある親水公園の池のあたりを散策していたら,チョウトンボを見かけた。ゆっくり飛ぶトンボなのだけれどもなかなかうまく撮影できない。葉先にとまったところを狙って何枚か写真を撮った。どうやらオスのようだ。 チョウトンボの写真を撮影するのは初めて。 同じ公園にはシオカラトンボもいっぱいいた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメイワダレソウ

ある公園でヒメイワダレソウ(Phyla canescens)の花を見た。植栽と推定されるのだが,かなり繁茂していて,帰化に近い状態だった。 花を観察していたら,とても小さな昆虫が花の中にもぐりこんでいるのが見えた。残念ながら同定不能。  松江の花図鑑:ヒメイワダレソウ(姫岩垂草)  http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下野市川中子:川西神社

過日,川西神社(栃木県下野市川中子)を参拝した。祭神は,磐裂神・根裂神。火産霊命・倉稲魂命を配祀している。 元は虚空蔵宮と称したけれども,明治時代の神仏分離令により星宮神社と改称し,その後,大正5年に川西神社と改称したとのこと。 川西神社は,古墳を思わせるような形状をした小山の上にあるのだが,この場所は,現時点では古墳とはされていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンクロギンシャチホコの幼虫

ある寺院の観音像の脇に大きなシダレザクラの樹があり,垂れ下がった枝の葉を何の気なしに観たら,枯葉のようなものがくっついていた。変わった昆虫かと思い,近づいてみると,蛾の幼虫だった。念のため写真を撮っておいた。 あとで調べてみた。どうやらモンクロギンシャチホコ(Wilemanus bidentatus)の幼虫のようだ。 なかなかクール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more