テーマ:

スイバの小さな花の上の格闘

先日,スイバ(Rumex acetosa)の花を観ていたら,ギョウジャグモ属(Diaea)のクモのような小さなクモが小さな蛾のような昆虫を捕獲している瞬間と遭遇した。とても小さな世界の大格闘。ただし,正確な種名はよくわからない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニシジミ

先日,つくば市北条周辺を散策していたところ,ベニシジミ(Lycaena phlaeas)が飛んでいるのを見つけた。地面に降りたので,すかさず撮影。暖かい日とひどく寒い日とが交互にやってきて気象条件が厳しいのだが,野生の動植物は逞しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジムシロ

散策していたら,ヘビイチゴ(Potentilla hebiichigo)の花を少し大きくしたような黄色の花を咲かせている植物を見つけた。葉を観ると何となくヘビイチゴとは異なる。茎につく葉の形状や花後の様子などから,たぶんミツバツチグリ(Potentilla freyniana)だろうと思った。しかし,写真を拡大して更に丁寧に観察してみた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンポポ

蒲生神社の参道で変わった葉のタンポポを観た。カンサイタンポポ(Taraxacum japonicum)かもしれないが,たぶん交雑だろうと思う。アシブトハナアブ(Helophilus virgatus)と思われるハナアブの仲間がやってきていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンシロチョウ

散策しながら路傍の草を観ていたら,目の前にモンシロチョウがやってきて停まった。すかさず写真を撮った。 オオイヌノフグリの花の蜜を探しているようだ。なんでこんな小さな花を求めるのか・・・と,つい余計なことを考えてしまった(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クジャクチョウ

この春になって初めてクジャクチョウ(Inachis io)を観た。越冬した個体ではないかと思う。翅を全部開いた状態の写真は撮れなかったけれども,記録のため。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンキチョウ

散策していたら,早くもモンキチョウ(Colias erate)が飛び回っているのを観た。近くで停まったので,すかさずズームで撮影。 モンキチョウは,幼虫で越冬し,春になると羽化するのだそうだ。 ちなみに,私が観た個体は,春型のせいかどうか,夏に見るモンキチョウの翅色とはかなり異なるものだった。しかし,キタキチョウ(Eurema ma…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショカツサイ(諸葛菜)の白花とツマキチョウ

ショカツサイの紫色の花があちこちで咲いているので,その花を観ながら散策していたら,白花のような個体があった。もしかすると単に脱色しただけかもしれないのだが,気になって観ていた。すると,ツマキチョウ(Anthocharis scolymus)が飛んできた。ダブルで珍しいものを観た。 ツマキチョウは,春だけに見られる蝶だ。 ツマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テントウムシ

山を散策した後に農道を歩いていたら,路傍でちょこまか動くテントウムシを見つけた。越冬のための冬眠から覚め,良い場所を探しているところかもしれない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナアブの仲間

散策していたら,ナノハナが群れ咲いている場所を通りかかった。よく観ると,ハナアブの仲間がいっぱいやってきている。何種類かいるのだが,なかなかうまく撮影できない。帰宅してから画像を整理してみたら,何枚かハナアブの仲間が撮影できていた。ただし,微妙に疑問な部分があり,確実な同定ができない。 ナミハナアブ ナミハナアブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメアカタテハ

本日,ある寺院を散策していたら,地蔵菩薩像の前をひらひらと蝶が舞い,私の目の前に降りて羽を広げたままにしていた。ヒメアカタテハ(Vanessa cardui)のようだ。時期が時期だけに,これが最後の姿なのだろう。 帰宅してから,親戚の女性が89歳で亡くなったということを知らされた。御冥福を祈る。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メドーセージとホウジャクの仲間

秋が深まっても路傍などにメドーセージ(Salvia guaranitica)が青紫色の花を咲かせているのを見かけることが少なくない。あるところでその花を見ていたらホウジャクの仲間が飛来し,花から花へと蜜を求めるところに遭遇した。ホバリングがとても上手で,まるでハチドリのようだ。どうやらヒメクロホウジャク(Macroglossum bom…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョロウグモ(メス)

秋も深まってきたので,大きく成長したジョロウグモ(Nephila clavata)と出逢う機会も増えてきた。そろそろ産卵時期なのだろう。そのことは,捕食する他の昆虫などの小動物もまた,そろそろ終わりの時期だということも意味している。かつては人家の近くでいくらでも見つけることができたものだが,最近は随分と減ったように思う。しかし,神社や古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セスジツユムシ(褐色型)

ある古墳群を散策していたら,褐色型のセスジツユムシ(Ducetia japonica)と思われる昆虫が葉の上にいるのを見つけた。緑色のものは何度も見たことがあるけれども,褐色型のものを実際に目にするのはこれが初めて。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然なるままに・・・

今日は,埼玉県の東松山市~行田市~加須市方面の寺社や古墳を探訪してきた。天気が良ければ一泊でもっと遠隔地に遠出しようかとも考えたのだけれども,天候が何となく下り坂だったので,断念することにし,片道1時間程度で行ける比較的近いところまでクルマで行き,適宜散策することにした。 移動の途中で鹿島古墳群(埼玉県深谷市)に寄ってみた。アイノコセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東松山市:若宮八幡古墳

過日,若宮八幡神社を参拝し,その基壇部となっている若宮八幡古墳を拝見した。社殿は,コンクリートで補強され,転落防止のための柵で囲われたテラス状の構造物の上にある。この古墳は直径約34mの円墳とされており,十分な大きさをもつものと言えるのだが,石室部分の保護と参拝者の安全確保のために現在のようなテラス状の構造物が設けられたのだろう。 八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の虫たち

やっと晴れたので,さっさと雑用を済ませた後,寺社を参拝し,古墳を見学し,移動の途中で野山を散策した。花も虫もだいぶ減ってきたけれども,まだ活発に活動している昆虫がいる。11月に入るとその姿を目にすることがなくなり,来年の春までお預け状態となる。しかし,虫たちは人間よりもずっと長く地上を支配してきた。きっと,人類が滅びた後にも多くの昆虫種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオカマキリ

里山を散策していたら,オオカマキリ(Tenodera sinensis)と出逢った。久しぶりのような感じがする。ハラビロカマキリ(Hierodula patellifera)とは結構頻繁に出逢うのだが,オオカマキリは意外と少ない。 前肢で緑色のものを掴んでいる。何か小さなイモムシのようなものを捕まえたところのようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キタテハ

里山を散策していて,キタテハ(Polygonia c-aureum)と出逢うことが何度かあった。平凡な蝶なのだが,思い出してみると,あまり写真を撮っていなかったので,真面目に写真を撮ってみた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマトシジミ

だいぶ寒くなってきた。それでもヤマトシジミ(Zizeeria maha)の繁殖力は旺盛なようだ。里山を散策中,最も多く見かけた蝶だった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セイタカアワダチソウの花に集まる虫

先日もセイタカアワダチソウの花に集まる虫を観たが,別のところに生えているセイタカアワダチソウにも虫が集まっていた。花が乏しくなる時期になってきているので,虫達にとっては貴重な栄養源ということになるのだろう。 セイタカアワダチソウは,様々な害を発生させ得る植物なので,植物の中では嫌われ者の代表格の1つとなっている。しかし,人間とのかかわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハラビロカマキリ

農道を散策していたら,農道脇の叢の中に隠れようとしているハラビロカマキリを見つけた。時期が時期なので,そろそろ産卵の準備をしているところなのだろうか。もうじき寒い季節がやってくる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キバナコスモスとツマグロヒョウモン

過日,古墳探訪のために徒歩で移動中,住宅街の側溝の隅から生えていたキバナコスモス(Cosmos sulphureus)の花にツマグロヒョウモン(Argyreus hyperbius)のオスがとまって蜜を吸っているのを見つけた。すぐに写真を撮った。大きな住宅街であっても近隣に森や林があるところでは,こういう蝶が生息可能なのだろう。ただし,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメジョオン

ヒメジョオン(Erigeron annuus)はどこにでもある植物なのだが,在来植物を圧迫し続けている悪役帰化植物の1つとしても知られている。明治時代頃に鉄道の延伸と共に生息範囲を急激に拡大したことから,かつては「鉄道菊」とも呼ばれたらしい。野山を散策中,鉄道線路に沿って続く小路の路傍にいっぱい生えているのをみつけた。まさに鉄道菊だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムカシハナバチ属(Colletes)の一種?

2019年9月中旬のことだが,散策中にニラの花が咲いている場所を見つけた。よく見ると,様々な虫がやってきている。その中で,ちょっと変わった蜂がいたので,写真を撮っておいた。ムカシハナバチ属(Colletes)の一種(たぶん,アシブトムカシハナバチ(Colletes) patellatus))だろうと思うのだが,よくわからない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野山の蝶とバッタ

近隣の里山などを散策していたら,様々な昆虫と出逢った。花の季節がそろそろおしまいなので,花の蜜を吸う昆虫達は忙しい時期なのかもしれない。越冬するタイプの昆虫は,越冬に適した場所を探しているのだろうか。 草地ではやや大型のバッタを何種類か見た。もっと寒くなるとみんな死んでしまうのだろうけれど,まだまだ元気そうな感じだった。 保存地域と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

船塚古墳(公津原8号墳)の周溝付近で見た花

船塚古墳(千葉県成田市赤坂)の周溝付近には様々な野草が生えており,花を咲かせているものがあった。秋なので,シソ科,イネ科,キク科の植物の花が主体となっている。時間があまりなかったので特に目についたものだけ写真を撮ることにした。丁寧に探せばもっと色々な植物の花を見つけられたかもしれない。 ちょっとピンボケになってしまった写真もある。なに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クルマバッタ

ある古墳群を散策していたら,叢の中からやや大きなバッタが飛び出した。多数いるようだ。着地点を確認した上で,そっと近づき,写真を撮った。緑色のものと茶色のものとがいるようだ。もう少しすると寒い季節となり,こうやって草地でバッタと出逢うこともなくなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルリタテハ

ある公園を散策していたら,水飲み場近くのコンクリートの土台の上にルリタテハがやってきてとまった。そっと近づき,ズームで写真撮影。久しぶりに見た。 これから,どこかで越冬するのだろうか・・・?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市上大塚町の田畑で観た花と虫

高龗神社古墳(栃木県宇都宮市上大塚町)の周囲は,田畑となっている。大部分は区画整理されているけれども,古い地形が残されている部分もあり,また,綺麗な水の流れる水路があった。高龗神社古墳に通じる道路はどれも狭いので,時間をかけ,徒歩で移動した。その間,ときどき休憩し,野の草や虫を観察した。 水路 コサンダングサにと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more