テーマ:音楽

取手市小文間:東谷寺

過日,真言宗豊山派・明香山観音院東谷寺(茨城県取手市小文間)を参拝した。本尊は大日如来。 相馬四国八十八ヶ所霊場第六十六番札所となっている。 室町時代に一色氏が築城した小文間城の鬼門除けとして創建された如意輪観音堂に始まり,その後,江戸時代に近隣の別の寺院を合併して中興開山された寺院とのこと。現在は,法泉寺(茨城県土浦市大岩田)の末…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行方市根小屋:龍翔寺

過日,真言宗豊山派・相賀山龍翔寺(茨城県行方市根小屋)を参拝した。本尊は,大日如来。 説明板によれば,龍翔寺は,文亀元年(1501年)に鍵僧和尚によって開かれた寺院であり,相賀城主の菩提寺とのこと。 下記の真言宗豊山派仏教青年会の会報記事によれば,聲明と雅楽のコラボが行われたとのことで,とても興味深い。 龍翔寺の境内地を含め,周辺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡大洗町磯浜町:願入寺

過日,原始真宗大網門跡・岩船山大本山願入寺(茨城県東茨城郡大洗町磯浜町)を参拝した。本尊は,阿弥陀如来。 願入寺は,親鸞の孫(本願寺二世)・如信上人により大網御坊として福島県石川郡古殿町に開かれた古い寺院。後に,願入寺と改められたが,戦火のため,常陸国大根田(現在の常陸大宮市)に移転した後,久慈郡久米村(現在の常陸太田市)に移転し,更…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:いばらきフラワーパークのバラ(その3)

先日,全面改装したばかりのいばらきフラワーパーク(茨城県石岡市下青柳)を訪問した。 バラの品種には様々な名前がついている。作出者が考えに考え抜いた末の命名なのだろう。中には,非常に有名な作家,音楽家,俳優等の名前を付した品種もある。毎度お馴染みの品種が多いけれども,特に音楽家の場合にはその作品のメロディを思い浮かべながら,綺麗な花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北茨城市:歴史民俗資料館・野口雨情記念館

過日,北茨城市歴史民俗資料館・野口雨情記念館(茨城県北茨城市磯原町)を見学した。 この施設は,北茨城市の歴史民俗資料館と野口雨情記念館が一体となっている施設であり,現在でも歌われている童謡の作詞家野口雨情(北茨城市磯原町出身)の関連資料を収集・保存・展示しているほか,北茨城市周辺で発掘された化石や考古学上の出土品や民俗学上の文化財等を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メビウスでのライブ

昨晩は,知り合いから誘われていたので,新宿まで出かけ,音楽ライブを楽しんできた。普段はバーなどでピアノの弾き語りをしている女性3名+ジャズギタリストの男性1名というちょっと変わったコラボレーションなのだが,みなさんとても素敵な方だった。 女性3名(秋元和美さん,加藤まゆみさん,室川まことさん)は仲の良いお友達らしい。ギターの小泉清…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

赤いスイートピー

このところ土日に仕事が入ることが多い。次の土日も同じ。そこで,今日は仕事をしないでお墓の掃除に出かけた。お花を買った際,店頭の花を観て回った。赤いスイートピーの鉢が置いてあった。その名は随分なつかしい響きをもっている。何を隠そう,この私もファンの一人だったのだが・・・(笑) Lathyrus odoratus 歌のは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

リカステ・アボウファーストスプリング・ブリリアント

スパリゾートハワイアンズの「洋ラン展」メイン会場の中央部には大きな展示台が設けられ,各部門毎に最優秀賞を受賞したランが展示されている。どれもすばらしいことは言うまでもないのだが,私が一番気に入ったのは,純白のリカステ交配品種だった。見上げるような場所に展示されているので,自動焦点機能を頼りに両手を目いっぱい上に伸ばして写真を撮影した。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

フュージョン

飛行機に乗って遠くの空をぼ~~っとながめていると色んなものが混じって見えることがある。空,雲,飛行機雲,海,川,陸地,森林,都市,地平線・・・それらの境界はどれも明瞭ではない。カメラの解像度の問題ではなく,光の粒子それ自体が最初から拡散し混合されているのだ。 ニューヨーク北方上空の空 人間は,何らかの「シンボル」で表…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

台風は去ったけど

暑い日が続いている。外に出るのがいやになる。でも,朝夕には少し涼しい風が吹くので,もう秋が始まっているのだろう。 モントリオール市内の交差点で見かけた花壇 秋葉原の石丸電気で音楽CDを漁っていたら,何となくカシオペアとグローバー・ワシントン・ジュニアを足して2で割ったような感じの雰囲気をもった音楽が流れていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野外音楽堂:琴の合奏

シンガポール植物園の中には巨大なアコヤガイのような形をした野外音楽堂がある。植物園内をブラブラしていたら何やら合奏のような音が聴こえてきたのでそちらのほうに行ってみた。どうやら,オーディションで集められた高校生の琴オーケストラによる演奏のリハーサルをやっているようだった。 オーケストラは,多数の琴と打楽器だけで構成された非…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サラセニアを使ったフラワーアレンジメント

私が投宿しているホテルの14階エレベータホールには,食虫植物であるサラセニアのドライフラワーをあしらったフラワーアレンジメントが置いてある。食虫植物を装飾に用いる例を見たのは初体験だ。素晴らしい。 素晴らしいといえば,キタノホテルのバーでヴァイヴラフォンを中心としたカルテットのJAZZ生演奏を聴いた。このグループで最高にイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラ:チャイコフスキー

バラの中には人名を品種名とするものが少なくないようだが,音楽家の名前を品種名とするものを見るとなんとなく楽しくなる。 バラのチャイコフスキーは,フランスのメイアンが2000年に作出した品種だそうだ。 ピンク色なのだが何となく品があって落ち着きのあるバラだ。 作曲家のチャイコフスキーは,天才的なメロディメーカーで,その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラ:ブラスバンド

ブラスバンドという品種のバラがある。息子がブラスバンド部に所属しており,文化祭で演奏するというので妻と一緒に聴きに行ってきた。久しぶりにブラスバンドの演奏を聴いたが,懐かしさがこみ上げてきた。 バラの品種のブラスバンド(Brass band)は,Jackson & Perkinsが1995年に作出した品種だそうだ。幾つかの蕾がま…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more