テーマ:樹木

アカメガシワ(雄株)の花

先日,散策中,バイバスのトンネル付近の土手にアカメガシワ(Mallotus japonicus)が生えており,花を咲かせているのを観た。花の特徴から雄株と判断した。  松江の花図鑑:アカメガシワ(赤芽柏)  https://matsue-hana.com/hana/akamegasiwa.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリの花とオオクロバエ?

本日,散策中,クリ園のような場所の近くを通った。ちょうど開花期であり,独特の香りが漂っている。 右の脇のクリの花に黒く比較的大型のハエがやってきていた。 オオクロバエ(Calliphora nigribarbis)ではないかと思うのだが,別種かもしれない。よくわからない。 なお,オオクロバエの学名に関しては,「Calliphora…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハグマノキ(スモークツリー)の花

先日,クルマで移動中,あるコンビニに立ち寄った。そのコンビニの駐車場と隣地との境界付近にスモークツリーとも呼ばれるハグマノキ(Cotinus coggygria)が植えてあり,ちょうど開花していた。ハグマノキの花を見るのは久ぶりだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマグワの果実

本日,散策中,ヤマグワ(Morus australis)と思われる樹木の果実を観た。マグワ(Morus alba)かもしれないと思って検討してみたのだけれども,果実に花柱が明瞭に残っているので,ヤマグワの可能性の方が高いと判断した。  松江の花図鑑:ヤマグワ(山桑)  https://ma…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県那珂郡東海村照沼:如意輪寺

過日,真言宗豊山派・法幢山鏡福院如意輪寺(茨城県那珂郡東海村照沼)を参拝した。本尊は,如意輪観音。 常陸國三十三観音霊場第十番札所となっている。 縁起書によれば,如意輪寺は,大同年間に創始された古い寺院であり,如意輪寺の本尊は坂上田村麻呂ゆかりのものとのこと。その後,如意輪寺は,堂宇を焼失したが,文化5年(1808年)に中興第ニ十一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シモツケ

先日,散策中,シモツケ(Spiraea japonica)が開花しているのを観た。ショッピングモールの駐車場隅に植栽されていたもの。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県結城郡八千代町東蕗田:東蕗田天満社

過日,東蕗田天満社(茨城県結城郡八千代町東蕗田)を参拝した。祭神は,菅原道真。配祀神は,天児屋根命と金山彦命。 鳥居の額には「天満宮」と記されている。 東蕗田天満社は,正応元年(1288年)に北野天満宮から分霊を勧請して創始された神社とのこと。 境内地の大部分が自然保護林となっており,とても穏やかな気分になれる良い神社だと思った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくばみらい市谷井田:結城三百石記念館

過日,結城三百石記念館(茨城県つくばみらい市谷井田)を見学した。 結城三百石記念館は,鎌倉時代の御家人・下総結城氏の子孫である結城康行氏からの寄付による貴重な歴史的建物・土地及び歴史資料を整備し,市民に一般公開している施設。その庭園部分は,現在では希少となっている野生動植物(在来種)が生育する場でもあり,自然観察路が設けられている。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヌツゲの花とゴミグモ

先日,散策中,路傍(畑の隅)にイヌツゲ(Ilex crenata)またはその品種と思われる低木が植えてあり,小さな白い花を咲かせているのを見つけた。その花を見ていたら,ゴミグモ(Cyclosa octotuberculata)と思われるクモが巣をつくっており,その陰にゴミクモが隠れているのを見つけた。見ていたら巣の外に出てきたので,すか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛久市城中町:水神塚古墳

2020年4月のことだが,水神塚古墳(茨城県牛久市城中町)を再訪した。 牛久市城中町付近では大きな道路建設工事が進められており,地形がだいぶ変わってしまったところもあるが,水神塚古墳所在地付近は,以前とほぼ同じままだった。水神宮古墳の上に生えているスダジイの巨木にも変化なし。 大きな変化がないことを良しとするかしないかは,各人の世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネズミモチの花

散策中,ある寺院の境内で,ネズミモチ(Ligustrum japonicum)と思われる樹木が白い花を咲かせているのを観た。近縁種が何種類かあって同定が簡単とは言えないが,たぶん,ネズミモチだろうと思う。自宅の庭でも開花している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛久市結束町:鹿島神社

2020年4月のことだが,鹿島神社(茨城県牛久市結束町)を参拝した。 鹿島神社は,牛久自然観察の森の中(北東側)にあり,参道入口は自然観察の森の北東を通る道路の側にある。 参道入口付近には大師堂と思われる御堂がある。この御堂の額の文字がかすれていて判読困難になっているのだけれども,かつては札所だったらしく,「子安大明神」と書かれてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛久市中根町:鹿島神社

過日,鹿島神社(茨城県牛久市中根町)を参拝した。 由緒等の詳細は不詳。鳥居の額及び社殿の額には「鹿嶋神社」と記されているけれども,茨城県神社庁では「鹿島神社」としているので,このブログ記事でも鹿島神社と表記することにした。 境内の様子などから,鹿島神宮から分霊を勧請して創建された神社なのではないかと想像したが,よくわからない。 鹿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県久慈郡大子町上郷:高徳寺

過日,曹洞宗・鳳林山阿弥陀院高徳寺(茨城県久慈郡大子町上郷)を参拝した。本尊は,釈迦如来(釈迦牟尼仏)。 高徳寺は,永正元年(1504年)に創建,永禄6年(1563年)に中興の寺院とのこと。 高徳寺の山門は,2つある。奥(本堂前)の山門は,佐竹氏の時代の様式を伝える茅葺の立派なもので,大子町の文化財に指定されている。非常に興味深い建…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブデマリ

過日,町田焼窯跡の近くでヤマアジサイ(Hydrangea serrata)のような花を咲かせている植物を観た。 ヤマアジサイの品種なのかもしれないが,葉の特徴などからヤマアジサイとは少し違うように見える。ノリウツギ(Hydrangea paniculata)ともガクアジサイ(Hydrangea macrophylla)ともガクウツギ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラの果実

先日,サクラの果実を観た。既に赤く色づいている。 時間がたつのは早いものだ。つい昨日まで桜の花が咲いていたかのように錯覚する。 老いたということなのだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笠間市上郷:羽梨山神社

過日,羽梨山神社(茨城県笠間市上郷)を参拝した。祭神は,木花咲耶姫命。 式内社・常陸國茨城郡羽梨山神社とされている。ただし,異説もある。 羽梨山神社の境内には杉の巨木があり,笠間市の天然記念物に指定されている。 羽梨山神社は,元は難台山の山腹にあったけれども,その後,現在の地に遷座したとのこと。元の鎮座地の現況は,ゴルフ場となって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリエンジュ(ニセアカシア)

先日,ニセアカシアとも呼ばれるハリエンジュ(Robinia pseudoacacia)の花を観た。 白色のフジの花のようで,とても綺麗なのだが,自然環境を破壊し続けている侵入植物の1つ。日本生態学会により,「日本の侵略的外来種ワースト100」の中に選定されている。 見つけ次第,伐採し,焼却処分としなければならない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂東市弓田:慈光寺

過日,天台宗・明王山智恩院慈光寺(茨城県坂東市弓田)を参拝した。 慈光寺は,北関東三十六不動尊霊場第三十五番札所となっている。 慈光寺は,天平18年(746年)に創建の寺院。戦乱により堂宇を焼失することが何度かあったが,天明3年(1783年)に再建され,今日に至っている。現在の本堂は,昭和60年に改築されたものとのこと。 慈光寺は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タニウツギの花の蜜を求めるナガサキアゲハ

先日,稲敷市内の某寺院を参拝したところ,境内にあるタニウツギまたはその品種と思われる樹木の花が満開になっていた。 綺麗なものだと感心して見ていたら,黒色で大型のアゲハチョウの仲間がやってきた。 ちょっと見るとジャコウアゲハのようにも見えたのだけれども,よくよく観察してみると,どうやらナガサキアゲハ(Papilio memnon)のメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笠間市鴻巣:高房神社

過日,高房神社(茨城県笠間市鴻巣)を参拝した。祭神は,天葉槌命(建葉槌命)・素戔嗚尊(牛頭天王)。 拝殿の額には「正一位高房大明神」と記されている。 一の鳥居脇にある由緒書によれば,寛文年間に鹿島神宮から分霊を勧請して創建された神社とのこと。 天葉槌命(建葉槌命)を祀る神社は,比較的珍しいのだが,天葉槌命(建葉槌命)を祀る神社とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニバナトチノキ

昨日,散策中にベニバナトチノキと思われる木の花を観た。交雑種とされているが,交配による園芸品種なのではないかと思う。無論,私が観たものも植栽によるものだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太田市新田:来迎寺

過日,天台宗・安養山摂取院来迎寺(群馬県太田市新田中江田町)を参拝した。本尊は,阿弥陀如来。 山門落慶等の記念碑の中に刻まれた縁起書等によると,来迎寺は,新田一族・世良田氏の開基,俊叡比丘の開山により約700年前に創建された寺院で,元は,二ツ山古墳(木崎町4号墳)の所在地にあったが,安政年間に阿弥陀寺と観音寺を統合し,その後,明治元年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂東市長谷:長谷観音

過日,長谷観音として知られる真言宗智山派・補陀洛山極楽院長谷寺(茨城県坂東市長谷)を参拝した。本尊は,十一面観世音菩薩。 猿島坂東代三十三番札所となっている。 説明板によると,長谷観音は,坂上田村麻呂ゆかりの寺院であり,本尊の観音像は,和州長谷寺の末木をもって刻まれたものとのこと。 観音堂は,江戸時代の建築物。この観音堂が本堂に相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂東市神田山:妙音寺

過日,真言宗豊山派・神田山正覚院妙音寺(茨城県坂東市神田山)を参拝した。本尊は,大日如来。 猿島坂東観音霊場新八番札所となっている。 境内には,布袋尊を祀る御堂があった。山門は,立派なものだと思う。 また,妙音寺にはタラヨウの古樹があり,坂東市の天然記念物に指定されている。 山門 東門(通用門?) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂東市幸田:御幸神社

過日,御幸神社(茨城県坂東市幸田)を参拝した。 由緒等の詳細は不詳だが,天神信仰と関係する神社らしい。社殿の彫刻の中には亀(寿亀?)があった。見事な彫刻だと思う。 鳥居脇に神木(平安時代に植えられたという樫の木)の大きな株がある。この樫の木は既に天寿を全うしているのだが,往時は素晴らしい巨樹だったのだろうと思う。その由来等を刻んだ御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高崎市箕郷町矢原:行人塚古墳

過日,行人塚古墳(高崎市箕郷町矢原)を見学した。 行人塚は,箕輪町2号墳とも呼ばれ,元は円墳と考えられていたようなのだが,現在では,1辺20m・高さ3mの方墳とされている。L字形の石室があるとのこと。探してみたけれども,石室のある場所付近は笹薮が密になっており,見つけられなかった。 墳丘上には「芋うえ桜」と呼ばれる桜があり,行人塚古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筑西市築地:西光寺

過日,浄土真宗本願寺派・鷺島山西光寺(茨城県筑西市築地)を参拝した。本尊は,阿弥陀如来。 下記の西光寺のサイトによれば,「建保3年(1215)稲田あるいは高田におられた親鸞聖人に問法帰順した,平将門の後胤と伝えられる相馬太郎義清が,信楽(しんぎょう)の法名を賜って一寺を建立したことに始まると伝承しています」とのこと。古い歴史をもつ寺院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結城市結城:建田須賀神社

過日,建田須賀神社(茨城県結城市結城)を参拝した。祭神は,武渟川別命・須佐之男命。 武渟川別命は,竹田臣の祖とされている。 社殿はとても立派なものだった。私が訪問した時には祈祷の最中だったので,邪魔にならないように気をつけながら境内を拝見した。 参道の鳥居 二の鳥居と境内 左側の狛犬 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行方市井上:井上神社

過日,井上神社(茨城県行方市井上)を参拝した。祭神は,鸕鶿草葺不合尊。誉田別名命・倉稲魂命を合祀している。その他15柱の神を祀っている。これら15柱の神は,神仏習合による神も含まれているようだ。 社殿はとても立派で,境内地が丁寧に管理されているという印象を受けた。井上神社の本殿は,行方市指定の有形文化財となっている。この本殿は,元は八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more