テーマ:樹木

筑西市築地:西光寺

過日,浄土真宗本願寺派・鷺島山西光寺(茨城県筑西市築地)を参拝した。本尊は,阿弥陀如来。 下記の西光寺のサイトによれば,「建保3年(1215)稲田あるいは高田におられた親鸞聖人に問法帰順した,平将門の後胤と伝えられる相馬太郎義清が,信楽(しんぎょう)の法名を賜って一寺を建立したことに始まると伝承しています」とのこと。古い歴史をもつ寺院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結城市結城:建田須賀神社

過日,建田須賀神社(茨城県結城市結城)を参拝した。祭神は,武渟川別命・須佐之男命。 武渟川別命は,竹田臣の祖とされている。 社殿はとても立派なものだった。私が訪問した時には祈祷の最中だったので,邪魔にならないように気をつけながら境内を拝見した。 参道の鳥居 二の鳥居と境内 左側の狛犬 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行方市井上:井上神社

過日,井上神社(茨城県行方市井上)を参拝した。祭神は,鸕鶿草葺不合尊。誉田別名命・倉稲魂命を合祀している。その他15柱の神を祀っている。これら15柱の神は,神仏習合による神も含まれているようだ。 社殿はとても立派で,境内地が丁寧に管理されているという印象を受けた。井上神社の本殿は,行方市指定の有形文化財となっている。この本殿は,元は八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観た花

何だか春の進行が早いような気がする。 散策中に様々な花を観た。 ハナズオウ ミツバツツジ シバザクラ 八重桜
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:妙徳寺付近古墳群(続)

過日,妙徳寺古墳群(茨城県水戸市加倉井町)を再訪し,ENEOS水戸加倉井店のすぐ西側にある古墳を見学した。 この古墳に関し,水戸市教育委員会編『水戸市埋蔵文化財分布調査報告書-平成10年度版』の20頁は,「国道50号線に隣接して所在するものは,直径9.0m・高さ1.0mほどの円墳で祠を祀っている」としている。佐々木憲一・田中裕編『常陸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高萩市安良川:八幡宮

過日,安良川八幡宮として知られる八幡宮(茨城県高萩市安良川)を参拝した。祭神は,神功皇后(息長帯比賣命)・応神天皇(誉田別命)・日女大神。 八幡宮は,寛和元年(985年),京都石清水八幡宮の分霊を勧請して創建された神社とのこと。 社殿等は,平成15年~18年に大規模に改築されたものとのこと。境内地が広いので,社殿全体の側面を目にする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笠間市笠間:伏見稲荷神社

過日,伏見稲荷神社(茨城県笠間市笠間)を参拝した。祭神は,宇迦之御魂神。 伏見稲荷神社は,享和4年(1804年)に小祠を建てたのが始まりで,大正8年に神殿を造営したとのこと。現在の神殿は,平成18年に建替えられたもののようだ。 鳥居の前には弥五郎殿と伏見稲荷神社の由緒にある石製の説明板がある。とても勉強になった。 伏見稲荷神社は,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笠間市笠間:八坂神社

過日,八坂神社(茨城県笠間市笠間)を参拝した。 下記の三所神社・八坂神社のサイトでは,「八坂大神社」と記している。 笠間の八坂神社は,常陸國三天王(一ノ矢天王・水戸天王・笠間天王)の1つに数えられているらしい。ここでいう天王とは,牛頭天王(祇園神)のことを指す。 下記の笠間市のサイト(八坂神社の神輿)によれば,八坂神社の神輿は,寛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常総市豊岡町甲:弘経寺

過日,浄土宗・寿亀山天樹院弘経寺(茨城県常総市豊岡町甲)を参拝した。本尊は,阿弥陀如来。 浄土宗大本山増上寺別院となっている。 弘経寺は,応永21年(1414年)嘆誉良肇上人によって創建された古い寺院。戦国時代には多賀谷氏が陣をはったために戦乱に巻き込まれ堂宇を焼失したけれども,江戸時代には再興され,徳川家から篤く保護を受けた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那珂市菅谷:不動院大聖寺

過日,不動院として知られる真言宗豊山派・武田山不動院大聖寺(茨城県那珂市菅谷)を参拝した。本尊は,大日如来。 本堂は,とても立派なものだった。 大聖寺は,応永29年(1422年)に両宮洞(現在の宮の池)に東側にあった鹿島宮・八幡宮の神宮寺として創建されたが,その後,寛文13年(1673年),徳川光圀の命により武田山不動院大聖寺として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那珂市東木倉:吉田神社

過日,吉田神社(茨城県那珂市東木倉)を参拝した。祭神は,日本武尊。ただし,『新編常陸国誌』によれば,吉田神社は,元は阿弥陀如来を本地とする吉田明神社であり,その神体は,阿弥陀仏。 清水洞の上公園にある説明板によれば,清水寺が明治時代に神仏分離により廃寺とさせられた後,同じ場所に清水神社と厳島神社が創建されたが,その後,清水寺が再興され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那珂市東木倉:清水寺

過日,曹洞宗・東皐山清水寺(茨城県那珂市東木倉)を参拝した。現在の本尊は,聖観世音菩薩。 説明板によると,清水寺は,徳川光圀が招いた明国の僧・心越興儔禅師が開基した祇園寺の二世・宝曇禅師の隠棲の地として創建された寺院とのこと。大正時代に本堂が焼失し,中興開山されたが,住職が他界した後,本来の本尊の白衣観世音菩薩像が行方不明となり,現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水戸市酒門町:酒門神社

過日,酒門神社(茨城県水戸市酒門町)を参拝した。祭神は,日本武尊。 酒門神社は,常陸三宮・吉田神社(水戸市宮内町)の別宮という位置づけになっている。 酒門神社の境内地と定善寺の境内地を含む周辺一帯は,かなり広い範囲で塙坪遺跡と呼ばれる奈良・平安時代の集落跡の遺跡包蔵地となっている。古くから人々が住んだ良い場所なのだろう。 境内には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キブシの花

本日,散策中にキブシ(Stachyurus praecox)の花を見た。 キブシと出逢うのは久しぶりのことだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石岡市大増:香取神社

過日,香取神社(茨城県石岡市大増)を参拝した。 香取神社は,大覚寺の南の方に位置する山裾にあり,茨城県道140号西小塙石岡線から鳥居や社殿が見える。 香取神社を参拝した後,境内を拝見しながら,大覚寺における弁円の伝承と重ねて考えてみると,様々な歴史仮説を考えることができると思った。 香取神社の社殿裏にはスダジイの巨木がある。石岡市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石岡市大増:大覚寺

過日,浄土真宗本願寺派・板敷山大覚寺(茨城県石岡市大増)を参拝した。 大覚寺は,後鳥羽院の子・正懐親王が草庵を結び阿弥陀如来を安置して大覚阿弥陀堂としたことに始まるとのこと。 山伏・播磨公弁円の伝承と共に「親鸞聖人法難の地」として知られる。弁円は,改心の後,明法房として親鸞聖人の布教活動のために尽力したと伝えられている。弁円の伝承は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観た春の木の花

散策中に木々の枝に花が咲いているのを見かける機会が増えてきた。また春が巡ってきたのだ。 あと何回経験できるのかわからないので,じっくりと味わいなから観賞することが多くなってきた。 サンシュユ? シデコブシの品種 ハクモクレン ミツマタ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛久市久野町:観音寺

過日,天台宗・威徳山福聚院観音寺(茨城県牛久市久野町)を参拝した。本尊は,十一面観音菩薩。 観音寺修復記念碑に刻まれた縁起等によると,観音寺は,聖武天皇の時代に開基された寺院。本堂に相当する観音堂は,大同2年(807年)の創建,嘉禄2年(1226年)に大破したために修営されたらしい。その後,大泳5年(1525年)に再興され,土岐氏の保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜川市真壁町:薬王院

過日,天台宗・椎尾山薬王院(茨城県桜川市真壁町椎尾)を参拝した。本尊は,薬師如来。 薬王院は,延暦元年(782年),最仙上人が開基の桓武天皇の勅願寺,天長2年(824年)に慈覚大師が天台宗寺院として再興したという古刹。 薬王院の堂宇は何度かの火災により焼失したけれども再建され,本堂は延宝8年(1680年)に再建されたもの,三重の塔は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲敷市江戸崎:大念寺

過日,浄土宗・正定山智光院大念寺(茨城県稲敷市江戸崎甲)を参拝した。本尊は,阿弥陀如来。 大念寺は,天正18年(1590年)に浄土宗の高僧・源誉慶厳が開山した寺院であり,関東十八壇林の一つとのこと。 楼門はとても大きく立派なものだった。また,境内には,徳川家康お手植えとされる「逆さ銀杏」がある。 本尊の阿弥陀如来立像は,鎌倉時代前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行方市麻生:常安寺

過日,曹洞宗・太平山常安寺(茨城県行方市麻生)を参拝した。 説明板等によると,天文14年(1545年),麻生氏の菩提寺として麻生三郎常安により開基の寺院(那智山道知院)だったが,麻生氏の滅亡後荒廃し,慶長4年(1599年)に鷹庵大雛和尚が元の所在地から現在の地に移し,太平山常安寺として開山し,現在に至っているとのこと。 山門にあたる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひたちなか市武田:湫尾神社

過日,武田氏館を見学した後,湫尾神社(茨城県ひたちなか市武田)を参拝した。祭神は,素戔嗚命。 元は武田大明神と称したこともあるとのことで,武田氏と関係の深い神社のようだ。武田氏の氏神だったのかもしれない。 茅葺屋根の拝殿が素晴らしい神社として知られていた神社なのだけれども,説明板によれば,平成18年に大改修が行われた後,平成25年に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひたちなか市平磯町:正一位家宝稲荷神社と古墳(続)

以前,正一位家宝稲荷神社を参拝し,その基壇部となっている権現塚古墳を見学したつもりだったのだが,あんけんさんから指摘を受け,神社が墳頂にあること,その参道は南東側にあることを知ったので,再訪し,参拝し直した。 念のために確認してみたところ,南西側の鳥居と社殿から時計周りにぐるりと廻って南東側参道の前につながる道もあることを知った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜川市真壁町:田村神社

過日,田村神社(茨城県桜川市真壁町田)を参拝した。祭神は,素盞嗚命。 田村神社の境内にはケヤキの巨木があり,桜川市の指定有形文化財となっている。 由緒等は不明だが,社号の「田村」は,鎮座地の地名が「田」であり,田村神社が村社とされていたので,「田村」なのではないかと思われる。坂上田村麻呂との関係はないかもしれない。 田村神社は,元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北茨城市磯原町:長福寺と台畑古墳群(その1)

過日,真言宗豊山派・大塚山清浄院長福寺(茨城県北茨城市磯原町大塚)を参拝した。本尊は,延命地蔵尊。 長福寺は,常陸三十三観音霊場第二十番札所となっている。 長福寺は,文安元年(1444年)に浄円によって創建された寺院。竜子城主・大塚掃部助の菩提寺だったけれども,その後衰退し,天文16年(1547年)に海隆和尚によって中興されたとのこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲敷市信太古渡:稲荷神社と楯の台古墳群

過日,稲荷神社(茨城県稲敷市信太古渡)を参拝し,その背後地の山の上にある楯の台古墳群の残存古墳を見学した。この古墳群の所在地の東側は,城館跡とされている。 稲荷神社の額には「稲荷大明神」と記されている。 稲荷神社の鳥居は,台地の南端を稲敷市信太古渡方面から同市桜方面に抜ける道の峠のようになった場所にある。鳥居から石段を登ると社殿があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行方市青沼:春日神社と古墳

過日,春日神社(茨城県行方市青沼)を参拝した。祭神は,武甕槌命・経津主命・天児根命・姫大神命。 立派なつくりの社殿だと思った。境内の神木(杉)は,行方市の有形文化財に指定されている。 春日神社では,毎年11月23日,どぶろく祭りという行事(行方市の無形民俗文化財)が行われる。新型コロナの影響により,2020年は開催中止となったようだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛久市:稲荷塚古墳群再訪(その2)

過日,稲荷塚古墳群(茨城県牛久市井ノ岡町)を再訪した。 この古墳群の所在地付近は,ときどき通過するのだが,古墳の上に生えていた樹木の一部が伐採されて綺麗になっていることに気づき,再訪することにした。 見学している途中から小雨がぱらつくような日だったけれども,どうにか無事に見学することができた。 1号墳の南には4号墳がある。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

牛久市岡見町:八坂神社

過日,八坂神社(茨城県牛久市岡見町)を参拝した。祭神は,建速須佐男命。 八坂神社は,寛正3年(1462年)に創建された神社。応神天皇(誉田別命)と神宮皇后を祭神とする八幡神社が合祀されており,また,大国主神を祭神とする剣神社を境内末社としていることから,鳥居脇の標石には三社の名前が刻まれている。 八坂神社の社殿は,平成2年(1990…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行方市:西蓮寺

過日,天台宗・尸羅度山曼珠院西蓮寺(茨城県行方市西蓮寺)を参拝した。本尊は,薬師如来。 延暦元年(782年)に最澄の弟子・最仙上人により創建された寺院。鎌倉時代には七堂伽藍を構える大寺院だったようだ。明治時代に火災により仁王門と相輪橖以外の堂宇を焼失したとのことなので,これら以外の堂宇は明治時代以降に再建されたものということになる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more