テーマ:

モズ

過日,散策中,頭上でカチカチカチ・・・と音がするので見上げると,電線にモズがとまっており,嘴で音を立てているのだった。この音は警戒音の一種なのだそうだ。この近くで営巣中だったのかもしれない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジ(オス)

先日,散策中,またキジのオスを観た。 昨日も散策中にキジのオスを観た。今年はキジと縁があるようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エミュー

椿山古墳所在地の北東側斜面には果樹園のような場所があり,そこに柵を設置してエミュー(emu)が放し飼いにされていた。 このような場所でエミューを見るとは全く予想していなかったので,びっくり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイタカ

2週間ほど前のことだが,高崎市内にある古墳周辺を散策中,ハイタカ(Accipiter nisus)を観た。 あまり大きな鳥ではないのだが猛禽。目の前をす~~っと飛び,近くの家の庭木の枝にとまったので,すかさず写真を撮った。 比較的近い場所からハイタカを観るのは初体験。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潮来市上戸:芝宿古墳群の1号墳

過日,芝宿古墳群(茨城県潮来市上戸)を見学した。 茨城県教育委員会編『重要遺跡調査報告書Ⅲ』(昭和61年3月)の140頁によれば,芝宿古墳群は,元は7基の古墳で構成される古墳群だったけれども,昭和61年の時点では,1号墳(直径9m・高さ2m),2号墳(直径9m・高さ1.6m)及び3号墳(直径7m・高さ1.7m)の3基の円墳が残存するの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栃木市薗部町:愛宕下古墳

国の緊急事態宣言が解除された後のことだが,過日,愛宕神社(栃木県栃木市薗部町)を参拝した後,愛宕下古墳を見学した。 栃木市史編さん委員会編『栃木市史 [史料編・古代・中世]』(昭和60年)の55~56頁によれば,愛宕下古墳は,薗部愛宕下古墳とも呼ばれ,直径約8.5m・高さ約3.7mの円墳とされている。栃木市指定の有形文化財となっている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栃木県那須郡那珂川町谷田:御霊神社

国の緊急事態宣言が解除された後のことだが,過日,御霊神社(栃木県那須郡那珂川町谷田)を参拝した。祭神は,大国主命。 「御霊」は「ごりょう」と読む。 境内社として天満宮があり,鳥居が2つ並んでいる。 御霊神社のすぐ近くには「高瀬観光ヤナ」があるのだが,新型コロナの影響により営業休止中とのことで,ヤナの道具等も全て片付けられていた。「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツバメ

来週から仕事が忙しくなるので,比較的自由に時間を使えるのは今週が最後。 そこで,今日は少し遠出した。 北関東自動車道の某PAで休憩をとったところ,既にツバメが飛び交っていた。巣作りも終えている。 1年が経つのは早いものだと思うが,それにしても,そもそもツバメの飛来が去年より早いような気もする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那珂市東木倉:東木倉古墳群の所在地

過日,東木倉古墳群(茨城県那珂市東木倉)の所在地を見学した。 東木倉古墳群は,吉田神社の南側台地端に所在し,いばらきデジタルマップでは「円墳1基,前方後円墳?1基」と表示されるので,合計2基の古墳で構成される古墳群ということになる。 何年か前の写真を見ると,洞の上溜池の南西端付近に「東木倉古墳群」と記された木製の標柱が立てられていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水戸市酒門町:酒門神社

過日,酒門神社(茨城県水戸市酒門町)を参拝した。祭神は,日本武尊。 酒門神社は,常陸三宮・吉田神社(水戸市宮内町)の別宮という位置づけになっている。 酒門神社の境内地と定善寺の境内地を含む周辺一帯は,かなり広い範囲で塙坪遺跡と呼ばれる奈良・平安時代の集落跡の遺跡包蔵地となっている。古くから人々が住んだ良い場所なのだろう。 境内には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結城市結城:松木合古墳群再訪

過日,松木合古墳群(茨城県結城市結城)を再訪した。「松木合」は「まつきや」と読む。 以前訪問した時には,地の神塚を見つけることができなかった。その後,関連資料を可能な限り多数収集し,比較検討してみた。結論として,茨城県教育委員会編『重要遺跡調査報告書Ⅲ』(昭和61年3月)の252頁にある記述・写真・地図が最も正確だという判断に至った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水戸市米沢町・千波町:逆川緑地で観た鳥

過日,紅梅が満開となる頃,逆川緑地(茨城県水戸市米沢町・千波町)を散策した。この場所を訪問するのは二度目。 緑地内では,のんびり散策する人がちらほら。 以前訪問した時には木道が修理中だったらしく通行止めとなっていたけれども,今回は木道を歩き,そのあたりにいる鳥を観ることもできた。 良い公園だと思う。 なお,水戸神社の石段は,相変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古河市小堤:円満寺

過日,真言宗豊山派・寶林山円満寺(茨城県古河市小堤)を参拝した。本尊は,延命地蔵菩薩。 円満寺は,大同4年(809年)に創始された寺院とされている。元は別の場所にあったらしい。 円満寺は,葛飾坂東観音霊場第三十三番札所となっている。 現在の円満寺の境内地とその周辺一帯は,小堤城があった場所とされており,境内地の西側には小堤城の土塁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜川市友部:枡箕ヶ池で観た鳥

過日,松田古墳群を見学した際,枡箕ヶ池(茨城県桜川市友部)で水鳥を観た。オオハクチョウが飛来することで有名な池。去年見た時よりも多くのオオハクチョウが来ているように見えた。 オオハクチョウの他にはマガモ,ホシハジロ,オオバンなどが泳いでいた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅近くで観たイソヒヨドリ

本日の朝,自宅のある住宅街の道路(自転車店の近く)でイソヒヨドリを観た。 本来は海岸に棲息する鳥なのだけれども,下記のサイトによれば,「海岸の崖地に生息しているのが普通ですが,時に海岸から離れた崖地、さらに人工的な建物にも生息することがあります」とのこと。一体どのような場所を棲み処としているのだろうか? あまり良い写真ではないが,一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行方市手賀:鳥名木館跡と鳥名木古墳群(その1)

過日,鳥名木館跡(茨城県行方市手賀)を見学した。鳥名木城跡は,鳥名木古墳群の所在地でもある。 「鳥名木」は「となぎ」と読む。 鳥名木館は,桓武平氏・常陸大掾氏の一族である手賀氏から分かれた一族とされている。鳥名木城は,鳥名木氏の居城。鳥名木氏は,徳川時代には麻生藩新庄氏に仕えた。その家系は現代まで続いており,鳥名木家が所蔵する鳥名木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿嶋市沼尾:塚原古墳群再訪(その5)

過日,塚原古墳群(茨城県鹿嶋市沼尾)を再訪し,見学可能な古墳を丁寧に観て回った。 塚原古墳群を構成する古墳の個別の測量は行われていないようなのだが,大きな古墳は直径20前後,小さな古墳は直径10m前後の円墳状のものが多い。前方後円墳も含まれているとされている。しかし,現況を観る限り,円墳のような外見をもった古墳しかないように思う。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:千波公園で観た鳥

過日,千波古墳群の1号墳を見学した後,しばし千波公園(茨城県水戸市千波町)を散策した。 千波湖では餌をまく人のところに水鳥が集まっていた。 コクチョウには赤い足環がついていたので,飼育されているものだろうと思う。 千波湖の噴水 オオハクチョウとホシハジロ オナガガモ ヒドリガモ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水戸市飯島町:鹿島神社と古墳(その1)

過日,鹿島神社(茨城県水戸市飯島町)を参拝した。祭神は,武甕槌命。 拝殿の額には「鹿島神社」と記されている。 拝殿と本殿は比較的最近に再建されたもののようなのだが,立派なものだった。多数の境内社等がある。 また,鹿島神社の鎮座地は,古くからの街道筋だったらしく,鳥居の前には塩街道碑がある。 境内林は自然環境が適切に維持されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近観た鳥

散策中に様々な鳥と出逢う。 休耕田のような場所一面にホトケノザの花が咲き,赤紫色の絨毯のようになっていた。よく観ると,その中にムクドリがいる。ズームで写真を撮った。 田圃の中の農道を歩いていたら,少しだけ木が植えてある場所にトビのような鳥がとまっていた。しかし,ちょっと様子が違う。写真を撮っていたらこちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古河市駒込:後円山古墳群

過日,愛宕古墳を見学した後,駒込地区の方に戻り,後円山古墳(茨城県古河市駒込)の所在地を見学した。 三和町教育委員会及び吹上・血止塚・広町・宮前遺跡発掘調査会編『広町遺跡・宮前遺跡・吹上遺跡・血止塚遺跡・広町・塚ノ下古墳-茨城県猿島郡三和町所在の古代集落址・中近世館跡の調査-』(1999年)の4頁には,「駒込塚ノ下古墳」の所在地が示さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジ(オス)

本日,某神社の参道付近を散策中にキジのオスを見た。その近くに2羽のメスもいたのだが,メスは逃げ足が速く,撮影できなかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エナガ

散策中,水辺の叢の中で小鳥の声がした。どうやらエナガの群れのようだ。写真を撮影しようとすると移動してしまうのでなかなかうまくいかなかったけれども,どうにか1枚だけ識別可能な写真を撮ることができた。 小さく,可愛らしい鳥だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北茨城市磯原町:二ツ島古墳

過日,二ツ島古墳(茨城県北茨城市磯原町磯原)を見学した。 野口雨情の生家の裏手にある踏切を渡り,JR常磐線の線路に沿って北の方に向かって歩いた。 この踏切付近からは,権現塚古墳の所在地となっている山が見える。この線路の西側には様々な遺跡が連続している。青ノ平A遺跡と呼ばれる縄文時代~弥生時代~奈良・平安時代~近世の複合遺跡の遺跡包蔵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北茨城市磯原町:弟橘媛神社

過日,弟橘媛神社(茨城県北茨城市磯原町磯原)を参拝した。 由緒書等によれば,弟橘媛神社の鎮座地は,天妃山という山なのだが,元は朝日指峯と呼ばれる山で,薬師如来を祀られていた。古い時代には陸地から離れた島だったと考えられる。徳川光圀は,この薬師如来を松山寺に移した上で,唐の高僧心越禅師が奉携して来た天妃神(媽祖)をこの山に祀り,磯原大津…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コゲラ

昨日,散策中にコゲラを観た。ときどき出逢うのだが,写真撮影できたのは久しぶり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平磯海岸で観た鳥と蜃気楼など

本日,平磯海岸(茨城県ひたちなか市平磯町)を再訪した。 本日の海岸は比較的穏やかで,海岸にはカルガモと思われるカモの仲間とヒドリガモの群れが見えた。 少し南にある旧船着場付近では,ウミネコ,ウミウ,シノリガモを観た。 水平線には大小の船舶が航行しているのが見える。 何となく奇妙な人工物的なものが2つ見えたので,カメラのズームいっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近観た鳥

散策中に様々な鳥と出逢うのだが,カメラを向けると逃げてしまうことが多く,なかなか良い写真が撮れない。 それでも,運良く識別可能な程度の写真を撮れることもある。 散策中に見かける鳥の姿にも微妙な季節の変化を感じるようになってきた。 スズメ スズメ カワラヒワ ムクドリ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高萩市石滝:上台古墳群(その2)

過日,上台古墳群の東側部分(茨城県高萩市石滝町)を見学した。 上台古墳群東側部分とそれに連続する藻島台古墳群所在地の行政区画は,南側半分くらいが十王町,北側半分くらいが高萩市となっており,その境界部分には東西に走る山道がある。古墳群を所管する教育委員会が異なるため,古墳群としての名称も異なっており,高萩市側に存在する古墳群は上台古墳群…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観た鳥

早いところでは既に田起こしが始まっている。田起こしすると,土の中で眠っている昆虫が地表に顕れるのだろう。農業用トラクターが田起こしした後には小鳥がやってくる。 セグロセイレイ ツグミ 利根川の土手付近では,朝にマガモの群れが浮かんでいるのを観ることができた。空にはカモの仲間と思われる鳥が群れとなって飛ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more