テーマ:植物

イグサの花

本日,散策中,イグサ(Juncus decipiens)の花が咲いているのを観た。かなり久しぶりのことだ。 窪地のようになってしまっている水路脇に生えており,近くまで寄れなかったので,道路からズームで写真を撮った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カモジグサの花

先日,カモジグサ(Elymus tsukushiensis var. transiens)が開花しているのを観た。この場所は,本来は芝生としたはずの場所ではないかと想像されるのだが・・・ 他にもイネ科の草が次々と花の季節を迎えている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キショウブ

先日,あるところでキショウブの花を観た。特に珍しい植物というわけではない。 しかし,この場所は,数年前まで,ある希少野生植物が自生している場所だった。現在では1個体も見当たらない。複雑な気持ちになる。  侵入植物データベース:キショウブ  https://www.nies.go.jp/biodiversit…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅のマムシグサ

だいぶ前にO氏から頂戴した種子から発芽して定着したマムシグサが今年も開花している。 環境条件のせいかどうか,この個体はなかなか結実しない。興味深く観察を継続している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イブキジャコウソウ?

先日,散策中,路傍でハーブの一種・タイムのような植物の花を観た。可愛らしい。 現在では園芸店等で苗を販売しているイブキジャコウソウではないかと思われる。その道に面したお宅の方が植栽したものだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オドリコソウ

先日,散策中,オドリコソウ(Lamium album var. barbatum)が開花しているのを観た。 植物園のような場所で植栽されているものではなく里山で自然に生えている姿を見かける機会が乏しくなりつつある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガミヒナゲシ

散策中,ナガミヒナゲシ(Papaver dubium)がいっぱい開花しているのを観た。オレンジ色の花弁の中に黒い斑点があるものばかりの群落と黒い斑点のないものばかりの群落があった。私の自宅付近に生えているものでは黒い斑点のない個体が多い。 侵入生物データベースでは「多くは基部に黒い斑」と記されているので,個体差レベルまたは品種レベルの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フジの花

あちこちでフジの花が咲き始めている。 昨日,散策中,間近でフジの花を観ることのできる場所を通った。その写真を撮った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野の菫

散策中,路傍で菫の花を見かける機会が多くなってきた。 まだ咲き始めなので,もっと大きくなる種でもまだ丈が低い。 ついつい写真を撮ってしまう。 春になると自動的にそのようにしてしまう習性が身についてしまったらしい(笑) アツバスミレ 同上 アカネスミレ? 同上 ヒメス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミズバショウとザゼンソウ

国レベルの緊急事態宣言が解除されたので,昨日,久しぶりに茨城県外に出た。それまでは国の緊急事態宣言の趣旨を尊重し,県外に出ないようにしていた。 しかし,高度のリスクがあるので,今後も,仕事上の義務として移動しなければならない場合などを除き,1都3県の人口密集地帯には入らないようにする予定。 宣言解除後に最初に訪問したのは,栃木県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近観た花

散策していると,綺麗な花を目にすることが多くなった。完全に春到来という感じがする。園芸品種の樹の花が多いけれども,路傍に野草の花を見かけることもあり,心が和む。 ハナモモの品種 ダンコウバイ ジンチョウゲ モクレンの品種 リュウキンカ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正月2日に観た花

本日,平磯周辺を散策中,早くも開花している八重の紅梅の花を観た。 そのあたりには水仙も開花していた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜松市北区:北岡大塚古墳と北岡2号墳など(その1)

過日,北岡大塚古墳と北岡2号墳(静岡県浜松市北区引佐町)などを見学した。 これらの古墳は,引佐総合公園すぽるてんの西側駐車場の北に位置する山にある。送電線の保守管理用と思われる山道がそのまま遊歩道のようになっており,これらの古墳を見学できる。 北岡大塚古墳は,この山の尾根付近にあり,北岡2号墳は,途中の斜面にある。北岡大塚古墳は,北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオイヌタデ(白花タイプ)?

古墳見学のために移動中,田圃の脇の路傍でオオイヌタデ(Persicaria lapathifolia)の白花タイプと思われる植物を見つけた。 この個体は,全体にあまり大きくなく,花穂があまり垂れていないため,イヌタデのようにも見える。 類似の近縁種とも比較して検討してみた。 たぶん,イヌタデ(Persicaria longiset…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キツリフネ

昨日のことだが,散策中,愛宕神社のある森の中でキツリフネ(Impatiens noli-tangere)が開花しているのを見つけた。黄色の花を咲かせるので,他の草の中にあっても目立つ。久しぶりに観た。  四季の山野草:きつりふね(黄釣船)  https://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観た花

散策中に様々な花を観た。 あるサービスエリアの柵の外にクサギ(Clerodendrum trichotomum)の木があり,その花が咲いていた。ズームで写真を撮った。 海浜の散策路では,カワラナデシコ(Dianthus superbus var. longicalycinus)の花が咲いていた。 ミゾハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオバノトンボソウ

何だかんだでバタバタしていて,予想どおり,オオバノトンボソウ(Platanthera minor)の開花期が過ぎてしまったので,花後の状態しか見られないだろうと思いつつ,自宅から最も近い自生地に寄ってみた。ちょっとだけ花が残っていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナンバンカラムシとラミーカミキリ

里山を散策中,ナンバンカラムシ(Boehmeria nivea)と思われる植物が生えていたので観察していたところ,葉の付け根付近に小さなカミキリムシがいるのを見つけた。近づくと葉の裏に隠れた。そっと葉を裏返し,片手撮影で写真を撮った。どうにか撮影できたようだ。 ラミーカミキリ(Paraglenea fortunei)だろうと思う。ラミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオバノトンボソウ(続)

別の件で移動中,オオバノトンボソウの自生地の近くを通ったので,ちょっと寄ってみた。残念ながら,期待していた個体は,誰かに踏み付けられて無残な状態となっていた。 がっかりしながら,既にみつけていた別の個体を探してみた。何というか・・・これも踏み付けられていた。でも,どうにか復活しようと頑張っている。 気をと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅のラン:ナゴランが開花

緑屋さんから頂戴した日本産のナゴラン(Phalaenosis japonica (Syn. Sedirea japonica))を大事に維持してきた。事情があって栽培にあまり力を入れることができない状態が続いているし,今後もしばらく続きそうなので,残念ながら,大株にしていっぱい花を咲かせたりすることはできない。地味にやっている。何年かぶ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

キキョウソウ

里山などを散策していると,あちこちでキキョウソウ(Triodanis perfoliata)を見かける。もう完全に夏だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオカワジシャ

先日,真岡市下高間木にある親水公園のようなところを散策していたら,川縁でオオカワジシャ(Veronica anagallis-aquatica)と思われる植物が繁茂し,開花しているのを見つけた。繁殖力が強いので,いずれこの植物ばかりになってしまうのではないだろうか。  三河の植物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トウバナ

先日,里山を散策中,トウバナ(Clinopodium gracile)の花を見つけた。綺麗に咲き揃った状態にはならなず,パラパラと咲く感じなので,ちょっと残念な花だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カモジグサ

里山を散策していたら,路傍でカモジグサ(Agropyron tsukushiense var. transiens)と思われる植物が開花しているのを見つけた。カモジグサとアオカモジグサとは良く似ているので迷うことが多い。今回観たものは,たぶんカモジグサだろうと思う。  三河の植物観察:カモジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クサイの果実

里山を散策していたら,路傍の叢の中でクサイ(Juncus tenuis)が結実しているのを見つけた。今年は花を見逃してしまったかもしれない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソバの花

先日,移動制限が緩和されたので,石岡市南部周辺を散策していたら,畑一面にソバ(Fagopyrum esculentum)の花が咲いていた。これが春まきのソバということになるのだろうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンランの花後

先日,キンラン(Cephalanthera falcata)の自生地を再訪した。無論,花は終わっているのだが,受精状況を観察したかった。たいていは花が落ちた茎だけが残されているので,受精率はあまり高くないのかもしれない。受精してさく果ができているものについても,その大部分が既にミバエの類に寄生されているようだった。なかなか厳しい状況にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タツナミソウ

先日,里山を散策していたら,路傍にタツナミソウ(Scutellaria indica)が生えており,開花しているのを見つけた。野生のタツナミソウを観るのは久しぶりかもしれない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナギナタガヤ

ある公園を散策していたら,ナギナタガヤ(Vulpia myuros)が密生しているのを見つけた。風が吹くと穂が一斉に揺れて何となく雄大な光景のようにも見えるけれども,実際には草丈の高い植物ではないので,ミクロな雄大さのような奇妙な景観となる。 これまでちゃんと開花したところを見たことがなく,どうやって受粉するのか,若干謎の部分があった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオバノトンボソウ

里山を散策していたら,オオバノトンボソウ(Platanthera minor)と思われる植物が花茎を伸ばし,蕾を膨らませ始めていた。じきに開花すると思う。仕事が少し忙しくなり,開花した時に同じ場所を散策できるかどうかわからないので,この状態で写真を撮った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more