テーマ:植物

つくば植物園で観た花(その2)

先週のことだが,久しぶりでつくば植物園を訪問し,開花中の花を見学した。 暑い中なので,熱中症を避けるため,比較的短時間の訪問だったけれども,いっぱい花を観ることができた。 温室を含め,園内を散策中,幾つかの表示によって,園内で保存・栽培中の植物に盗難被害があったことを知った。まことに遺憾なことだと思う。 警察当局は,全力をあげ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくば植物園で観た花(その1)

先週のことだが,久しぶりでつくば植物園を訪問し,開花中の花を見学した。 暑い中なので,熱中症を避けるため,比較的短時間の訪問だったけれども,いっぱい花を観ることができた。 研修展示館では「植物染めのフシギ」という企画展が開催中で,とても勉強になった。 植物染めのフシギ展入口付近 植物染めのフシギ展の展示(一部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソクズ

昨日,龍ヶ崎市方面にちょっと出かけた際に立ち寄った里山で,ソクズ(Sambucus chinensis)の群落を見た。栽培品ではなさそうなのだが,お寺の近くであり,とても興味深い。 ソクズを見かけるのは,寺や神社の近くが多いような気がする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリアシショウマ

過日,散策中,トリアシショウマ(Astilbe odontophylla)と思われる植物の白い花を見た。 若干疑問は残るが,葉の特徴から,トリアシショウマだろうと判断した。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那珂市額田:額田城跡(その3)

過日,額田城跡(茨城県那珂市額田)を見学した。 額田地区交流センターの事務棟窓口でお願いし,この場所にクルマを停め,そこから先は徒歩で往復。 二の丸上を東西に横断する道と本丸方面への道の分岐点付近から本丸の方に進むことにした。 二の丸と本丸の間には堀があり,湧き水があるようで小川が流れているような状態となっていた。木橋を渡り,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アーティチョーク(チョウセンアザミ)

先日,散策中,アーティチョーク(Cynara cardunculus (syn. Cynara scolymus))の花を見た。 アーチーチョークは,チョウセンアザミとも呼ばれているが,地中海沿岸原産の植物。 下記の三河の植物観察のサイトによれば,古代エジプトの時代から栽培されていたとのことで,野生植物の園芸品がハーブの一種または観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半夏:ハンゲショウとマタタビ

先日,ある寺院の庭園でハンゲショウ(Saururus chinensis)が開花しているのを見た。葉の一部が白くなる草本。 散策中,ある城跡の登り道でマタタビ(Actinidia polygama)が開花しているのを見た。これも葉の一部が白くなる木本。 いずれも半夏(はんげ)の植物。 葉が白くなるので,見つけるのはそう難しいことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大洗海岸にて

過日,大洗海岸(茨城県東茨城郡大洗町)を訪問した。 以前訪問してから,もう何年にもなる。時の経過は余りにも速すぎる。 駐車場にクルマを停めて磯に降り,しばし散策した。カニや貝類等を見つけることができた。遠くの方にはフェリーや釣り船などが航行している。 コウボウムギ イソギンチャクと貝類 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コマツヨイグサ

先日,移動中に大竹海岸(茨城県鉾田市大竹)に寄り,しばし散策した。駐車場と砂浜の間あたりにコマツヨイグサ(Oenothera laciniata)が生えており,開花していた。 砂丘地では這うようにして伸びる植物なのだが,市街地の中で見かける個体の中には立つものもあるようだ。生育環境における条件の相違に応じて形態を変化させる植物なのかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セイヨウノコギリソウ

先日,散策中,セイヨウノコギリソウ(Achillea millefolium)の花を観た。ある寺院の境内近くの路傍に檀家の方が植えたものらしい。 ハーブとしては,ヤロウ(yarrow)と呼ばれることもある。 セイヨウノコギリソウには白い花のもの,紫色の花のもの,赤い花のものなどがある。赤色の花のものについては,変種・アカバナセイヨウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅のラン:ナゴランが今年も開花

苦労して育て,昨年やっと開花したナゴラン(Phalaenosis japonica (Syn. Sedirea japonica))が少し大きくなり,今年も開花してくれた。 数日前から開花し始め,昨日で満開となった。嬉しい。 今朝,その写真を撮った。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ノビルの花

散策中に路傍で見つけて写真をとったのだが・・・ちょっとピンボケになってしまった(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クサヨシ

市之台古墳群を見学した後,小貝川西岸付近をちょっとだけ散策した。前日の雨による増水のため河川敷一帯が水没しており,その水面の中から伸びるようにしてクサヨシ(Phalaris arundinacea)と思われる植物が花を咲かせていた。 増水状態にあり,危険なので近くには寄らず,ズームで写真を撮った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニガナ

先日,石岡市北部を散策中,ニガナ(Ixeridium dentatum)と思われる植物の花を観た。 非常によく似た別の植物があるので,ちょっとだけ期待したのだけれども,やはり普通のニガナだと思う。  松江の花図鑑:ニガナ(苦菜)  https://matsue-hana.com/hana/nigana.ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コバンソウとヒメコバンソウ

散策中,既に枯れ始めているコバンソウの群れに混じってヒメコバンソウが生えている場所を通った。 直観的な印象に過ぎないのだが,何となくヒメコバンソウの生えている場所が拡大しているように見える。 どちらも外来種。在来種を駆逐して増殖する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオキンケイギク

毎年,この時期になると,あちこちでオオキンケイギクが花盛りとなる。 本来であれば,見つけ次第,1株も残すことなく全て抜去・焼却処分としてしまわなければならないのだけれども,誰も真面目に考えていないようなので,年々,その勢力範囲がどんどん拡大している。 オオキンケイギクに限らず,環境省が特に注意すべきものとして指定している外来植物の影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナカザリゼリ

散策中,ちょっと変わったセリ科のような植物を見つけた。花は白色で結構綺麗。葉はニンジンのよう。しかし,在来植物ではなさそうだ。 帰宅してから調べてみたところ,欧州現在のハナカザリゼリ(Orlaya grandiflora)だということがわかった。 周囲の状況等からみて,自然環境における生態系(在来種)に与える影響を過小評価してはなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロバナマンテマ

散策していると,歩道の隅などにシロバナマンテマ(Silene gallica)が開花しているのを見かけることが多い。昨年よりも少し増えているのではないかというような感じもする。 シロバナマンテマという名になっているけれども,実際にはピンク色のものが多い。 偶然,白花の個体が生えている場所を見つけて写真を撮った。警察署の前にある道路の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イグサの花

本日,散策中,イグサ(Juncus decipiens)の花が咲いているのを観た。かなり久しぶりのことだ。 窪地のようになってしまっている水路脇に生えており,近くまで寄れなかったので,道路からズームで写真を撮った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カモジグサの花

先日,カモジグサ(Elymus tsukushiensis var. transiens)が開花しているのを観た。この場所は,本来は芝生としたはずの場所ではないかと想像されるのだが・・・ 他にもイネ科の草が次々と花の季節を迎えている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キショウブ

先日,あるところでキショウブの花を観た。特に珍しい植物というわけではない。 しかし,この場所は,数年前まで,ある希少野生植物が自生している場所だった。現在では1個体も見当たらない。複雑な気持ちになる。  侵入植物データベース:キショウブ  https://www.nies.go.jp/biodiversit…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅のマムシグサ

だいぶ前にO氏から頂戴した種子から発芽して定着したマムシグサが今年も開花している。 環境条件のせいかどうか,この個体はなかなか結実しない。興味深く観察を継続している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イブキジャコウソウ?

先日,散策中,路傍でハーブの一種・タイムのような植物の花を観た。可愛らしい。 現在では園芸店等で苗を販売しているイブキジャコウソウではないかと思われる。その道に面したお宅の方が植栽したものだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オドリコソウ

先日,散策中,オドリコソウ(Lamium album var. barbatum)が開花しているのを観た。 植物園のような場所で植栽されているものではなく里山で自然に生えている姿を見かける機会が乏しくなりつつある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガミヒナゲシ

散策中,ナガミヒナゲシ(Papaver dubium)がいっぱい開花しているのを観た。オレンジ色の花弁の中に黒い斑点があるものばかりの群落と黒い斑点のないものばかりの群落があった。私の自宅付近に生えているものでは黒い斑点のない個体が多い。 侵入生物データベースでは「多くは基部に黒い斑」と記されているので,個体差レベルまたは品種レベルの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フジの花

あちこちでフジの花が咲き始めている。 昨日,散策中,間近でフジの花を観ることのできる場所を通った。その写真を撮った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野の菫

散策中,路傍で菫の花を見かける機会が多くなってきた。 まだ咲き始めなので,もっと大きくなる種でもまだ丈が低い。 ついつい写真を撮ってしまう。 春になると自動的にそのようにしてしまう習性が身についてしまったらしい(笑) アツバスミレ 同上 アカネスミレ? 同上 ヒメス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミズバショウとザゼンソウ

国レベルの緊急事態宣言が解除されたので,昨日,久しぶりに茨城県外に出た。それまでは国の緊急事態宣言の趣旨を尊重し,県外に出ないようにしていた。 しかし,高度のリスクがあるので,今後も,仕事上の義務として移動しなければならない場合などを除き,1都3県の人口密集地帯には入らないようにする予定。 宣言解除後に最初に訪問したのは,栃木県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more