テーマ:初夏

モミジイチゴの果実

2020年5月下旬のことだが,四箇古墳群とその周辺を散策中,路傍でモミジイチゴ(Rubus palmatus)がオレンジ色の果実を稔らせているのを見た。「美味しそう」と思ったのだけれども,我慢した(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミドリハカタカラクサ?

2020年5月下旬のことだが,桃山古墳群付近で,白い花を咲かせているツユクサ科の植物の群落を見た。これまでトキワツユクサとして単純に覚えていたのだが,どうやら,もっと細かな観察が必要となっているようだ。ただ,近縁種や同種の異品種間の交配が多数あるようなので,そういうものを確定的分類できるのかどうか,かなり疑問が残る。 現在では野生種よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャコウアゲハ(メス)

里山を散策していたら,ジャコウアゲハ(Atrophaneura alcinous)のメスが飛んできて,目の前の草の葉の上にとまった。チャンスなので写真を撮った。この近くにウマノスズクサの仲間が生えているのだろうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリンソウの花とホソハリカメムシ

里山を散策していたら,畑の隅でキリンソウ(Phedimus aizoon var. floribundus)の黄色の花が咲いていた。植栽と思われる。その花をよく見たら,カメムシが来ていた。たぶんホソハリカメムシ(Cletus punctiger)だろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トウバナ

先日,里山を散策中,トウバナ(Clinopodium gracile)の花を見つけた。綺麗に咲き揃った状態にはならなず,パラパラと咲く感じなので,ちょっと残念な花だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタチ

江戸崎周辺の里山を散策していたら,イタチと出逢った。目の前に出現したのでまず1枚写真を撮り,ズームでもう1枚写真を撮り,更にもう1枚と思っている間に左の方に走り去った。 日本国内にはニホンイタチ(Mustela itatsi)とチョウセンイタチ(Mustela sibirica)が生息している。外見はそっくりなのだそうで,見極めるのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カモジグサ

里山を散策していたら,路傍でカモジグサ(Agropyron tsukushiense var. transiens)と思われる植物が開花しているのを見つけた。カモジグサとアオカモジグサとは良く似ているので迷うことが多い。今回観たものは,たぶんカモジグサだろうと思う。  三河の植物観察:カモジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クサイの果実

里山を散策していたら,路傍の叢の中でクサイ(Juncus tenuis)が結実しているのを見つけた。今年は花を見逃してしまったかもしれない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼニバアオイ

江戸崎周辺の里山を散策中,舗装道路の歩道縁石の縁からゼニバアオイ(Malva neglecta)と思われる植物が生えてきて花を咲かせているのを見つけた。舗装道路に近いところは帰化植物ばかりなので,自動車のタイヤに付着した土などに紛れて種子が運搬され,増えているのだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソバの花

先日,移動制限が緩和されたので,石岡市南部周辺を散策していたら,畑一面にソバ(Fagopyrum esculentum)の花が咲いていた。これが春まきのソバということになるのだろうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロバナマンテマの白花品に近い桃色花

「シロバナマンテマの白花品に近い桃色花」とは奇妙なタイトルになるが,シロバナマンテマ(Silene gallica)の花色には白色と桃色のものがあり,自宅周辺と近隣では桃色花ばかりで,白色のものを見かけない。移動制限緩和後,県内の少し離れたところにある公園に寄ったところ,たまたま白花品に近い桃色花を見ることができた。他の場所では珍しくも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タツナミソウ

先日,里山を散策していたら,路傍にタツナミソウ(Scutellaria indica)が生えており,開花しているのを見つけた。野生のタツナミソウを観るのは久しぶりかもしれない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナギナタガヤ

ある公園を散策していたら,ナギナタガヤ(Vulpia myuros)が密生しているのを見つけた。風が吹くと穂が一斉に揺れて何となく雄大な光景のようにも見えるけれども,実際には草丈の高い植物ではないので,ミクロな雄大さのような奇妙な景観となる。 これまでちゃんと開花したところを見たことがなく,どうやって受粉するのか,若干謎の部分があった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオバノトンボソウ

里山を散策していたら,オオバノトンボソウ(Platanthera minor)と思われる植物が花茎を伸ばし,蕾を膨らませ始めていた。じきに開花すると思う。仕事が少し忙しくなり,開花した時に同じ場所を散策できるかどうかわからないので,この状態で写真を撮った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼニアオイの花

里山などを散策していると,あちこちでゼニアオイ(Malva mauritiana)の花を見る季節となった。だいぶ暑くなってきた。 かなり普通に見る花なのだが,ある畑の隅でその花を見ていたら,花弁に穴が空いているものがあった。どうしてこうなったのだろうか? そんなことを思っていたらハチがやってきた。シロオビハラナガツチバチ(Megac…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭のネズミモチの花に集まる虫

鳥の糞の中に種子が混じっていたらしく自然に生えてきたネズミモチ(Ligustrum japonicum)またはトウネズミモチ(Ligustrum lucidum)または自然交雑または人工交配と思われる植物に白い花が咲き,自宅のベランダから見える。ときどき昆虫がやってくるので,ベランダからズームで写真を撮った。 クマバチ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカボシゴマダラ

本日,石岡市南部付近を散策中,湿った畑に舞い降りて,地面の水分を給水しているアカボシゴマダラ(Hestina assimilis)を見た。南方の蝶なのだが,なぜか関東地方に出現し,増えているらしい。特定外来生物に指定されている。 翅に赤い斑点がないが,関東地方に出現する春羽化の個体では斑点のないものがしばしばあるらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サシバ

里山を散策中,タカの仲間が木の枝にとまるのが見えた。その場で愛用のコンパクトデジカメのズームいっぱいで写真撮影。そこから飛び去った後,電柱のてっぺんにとまっているのを見つけ,更に写真撮影。三脚なしの撮影なので限界があるがどうにか撮影できたようだ。 帰宅してから調べてみた。サシバ(Butastur indicus)だろうと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウツギの花

散策していると,里山の畑の隅などでウツギ(Deutzia crenata)の白い花が咲いているのを見かけるようになってきた。新緑の時期が過ぎ,熱い夏へと向かっている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオヨシキリ

久しぶりに晴れたし,移動制限は既に解除されているので,霞ケ浦まで出かけた。岸部近くの葦の繁みからは大声で「ギョギョ」とか「ギョシギョシ」とか鳴いている鳥の声が聞こえる。よく観ると昨年の枯れ茎にとまってオオヨシキリ(Acrocephalus arundinaceus)が囀っている。ズームいっぱいでどうにか写真を撮れた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロバエの一種?

先日,自然観察の森の中でごく普通っぽいハエを見た。その後,写真を拡大してみたところ,よくわからなくなった。クロバエの仲間なのだろうと思うのだけれども,同定できない。 ハエは何でも「蠅」としてしか扱わない時代が非常に長く続いてきたし,まともに生態を観察しようとする者が研究者としてのポストを得る機会が非常に限られている。今後もそうだろう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャリンバイ

自宅近くの歩道の植え込みのシャリンバイ(Rhaphiolepis indica var. umbellata)が開花している。普通の花なので,特に喜ぶ人もないだろうと思うが,まあ人それぞれというところか・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セアカツノカメムシ

先日,自然観察の森を散策していたら,セアカツノカメムシ(Acanthosoma denticaudum)と思われる昆虫が交尾しているのを見つけた。普通種らしいのだが,私にとってはあまり見かけないカメムシだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カキネガラシ

クルマで移動中,だいぶ以前にカキネガラシ(Sisymbrium officinale)と思われる植物を見た記憶のある場所の前をクルマで通りがかった。そこにはコンビニがあり,飲料を補給する必要もあったので,クルマを停め,駐車場脇などを見てみた。まだあった。たぶん,カキネガラシだろうと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コヌカグサ?

先日,散策していたら,公園の植え込みの下の方からコヌカグサ(Agrostis gigantea)と思われる植物が生えているのを見つけた。草丈が低く,若干疑問をもち,バケヌカボ(Agrostis hybrid.)などの可能性を検討してみた。たぶん,普通のコヌカグサの範疇に入るものだろうと思うのだけれども,自然交雑の可能性も否定できない。結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キバナヒメハナバチ?

先日,コウゾリナの花を観ていたら,後脚に花粉をいっぱいつけた小さなハチがやってきた。あまり自信はないけれど,たぶんキバナヒメハナバチ(Andrena knuthi)ではないかと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マガリケムシヒキ?

ある公園を散策していたら,ムシヒキアブの仲間があちこちにいるのを見つけた。草の葉の上,枝の上,木製のテーブルの上・・・ この昆虫の仲間はどれも良く似ているので,あまり自信はないけれども,たぶんマガリケムシヒキ(Neoitamus angusticornis)だろうと思う。 何か小さな昆虫を捕食中の写真も撮影できた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツルマンネングサ?

先日,散策していたら,路傍にマンネングサの仲間が生えているのを見つけた。鮮やかな黄色の花を咲かせるので,小さくてもとても目立つ。たぶん,ツルマンネングサ(Sedum sarmentosum)だろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナヨクサフジ

先日,散策していたら,路傍でナヨクサフジ(Vicia villosa subsp. varia)が開花しているのを見つけた。帰化植物の1つ。  松江の花図鑑:ナヨクサフジ(弱草藤)  https://matsue-hana.com/hana/nayokusahuji.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more