テーマ:初夏

アカサシガメ(Cydnocoris russatus)

庭の棚の上に張ってある遮光布の上に何か赤色の虫がいるのを見つけた。口吻の形状からサシガメの仲間だろうと思い写真を撮っておいた。たぶん,アカサシガメ(Cydnocoris russatus)だと思う。写真を撮っていたらどこかに飛び去ってしまった。   アカサシガメ   http://www.insects.jp…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オオバギボウシ(Hosta montana)が開花

昨年,ギボウシの類を庭の別の場所に全部移動した。ちゃんと根付いてくれたようだ。比較て早く咲くタイプのオオバギボウシ(Hosta montana)が今朝開花していた。 オオバギボウシ
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クサイ(草藺)の花

自宅の庭にはクサイ(Juncus tenuis)が生えてくることがある。ちょうど開花している。とても小さな花なので,相当気を付けていないと見つけることができない。 クサイ   クサイ 草藺   http://mikawanoyasou.org/data/kusai.htm
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅のラン:長生蘭「昭代」の新芽

M氏の奥様からありがたく頂戴して育てている「昭代」に新芽が出てきた。いつ見ても美しいと思う。長生蘭の楽しみの中には,こうしたちっちゃな「美」をみつけるという楽しみもある。実際に栽培していないとなかなか経験することができないことの一つだと思う。 昭代
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自宅のラン:カキラン(オレンジ花)

T氏からありがたく頂戴して育てているオレンジ色の花を咲かせるカキラン(Epipactis thunbergii)に芽が出て順調に育っている。早いところでは既に蕾をつけているところもあるとか。日照と温度の相違によるものではないかと思う。 Epipactis thunbergii
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユキノシタ(Saxifraga stolonifera)が開花し始め

ユキノシタ(Saxifraga stolonifera)が開花し始めた。いろいろみてきたし,ユキノシタ科植物原種の苗も何種類か購入して育ててみたのだが,結局,園芸栽培品として普及しているユキノシタ(Saxifraga stolonifera)だけが残った。野菜として利用されるだけあって繁殖力が強いのだろうと思う。 ユキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カザグルマ(清瀬産)の2番花

カザグルマ(清瀬産)の最初の花はあっという間に散ってしまった。そして,2つ目の花が開花した。もう少し力がつかないと本咲きにならないものかもしれない。 カザグルマ(清瀬産)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュンギク

食用に栽培しているシュンギク(Glebionis coronaria)が成長し,続々と花を咲かせ始めた。強い植物で,病害虫の害が比較的少ない。良い栽培植物だと思う。 春菊
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

庭のマムシグサ(Arisaema serratum)が開花

庭の隅に生えているマムシグサ(Arisaema serratum)が開花した。今年は,これまでで一番大きくなった。緑花でなかなか良い。世間では「気持ち悪い」という人もいるが,極めて興味深い植物で,日本の園芸史を研究する上でもかなり重要な植物種の一つだと考えている。 Arisaema serratum
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヒメカンアオイ

春先に黒花を咲かせたヒメカンアオイは元気に生育を続けている。葉の模様が面白い。 Asarum fauriei var. takaoi
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ツメレンゲ(Orostachys japonica)のロゼット

ツメレンゲ(Orostachys japonica)を何人かの方に分譲したのだが,その後,更に増えていっぱいになっている。発砲スチロールの箱に砂利と少し土を混ぜて入れ,そこに植えてあるだけなのだが,どんどん増える。基本的に人里の近くにしかなく,江戸時代に植栽によって普及した園芸植物の子孫だろうと思う。 Orostachys j…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アツバタツナミソウ(Scutellaria tsusimensis)

アツバタツナミソウ(Scutellaria tsusimensis)の苗を購入して育て始めてからもう何年にもなる。飛び込みで他の鉢からときどき出てくるが増えすぎるということはない。かなり強健な種で,ちょっとやそっとでは消え去ることはなさそうだ。タツナミソウの仲間の中では比較的大型の種だと言える。その花は豪華で見栄えがする。 S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメカンゾウが開花

ヒメカンゾウ(Hemerocallis dumortieri)が開花した。開花時期は例年と同じ。先日,つくば植物園でも開花しているのを見た。野生植物ではなく,薬用として中国から持ち込まれ植栽されたものの子孫ではないかと思う。初夏の感じがする。 Hemerocallis dumortieri
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅のラン:ムカゴソウ(Herminium lanceum)の蕾

ムカゴソウ(Herminium lanceum)に蕾が形成され,開花目前となっている。だいたい例年どおりではないかと思う。地味なランで,好む人は少ないかもしれない。しかし,私はこういう雑草のようなランも好きだ。 Herminium lanceum
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スジギボウシ

庭のレイアウトを大幅に変更した。スジギボウシもこれまで植えていた場所から堀り上げて別の場所に移動した。開花しないかもしれないと思っていたのだけれど,存外丈夫な植物で,ちゃんと花茎を立ちあげて開花し始めた。 スジギボウシ
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ササグモ

栽培棚の遮光ネットの上にササグモがいるのを見つけた。何か捕食できる小さなハエか何かを待っているのだろう。庭には結構多くの種類のクモがいるので,観察したいのだけれども,なかなか時間をとるのが難しく,こういう機会に写真を撮影するのがせいぜいになってしまった。 ササグモ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツマグロヒョウモン(オス)?

雨が小降りになった。ちょっと庭に出てみたら,ヒョウモンチョウのような蝶が草の陰に隠れていた。やや大きい。ツマグロヒョウモン(Argyreus hyperbius)のオスではないかと思う。自宅の庭にはスミレの類がいっぱいあるので,よくやってくる。スミレにとっては大敵だ。 Argyreus hyperbius? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シモフリコメツキ?

妻が昆虫を捕まえてきた。家の中をウロウロしていたらしい。コメツキムシの一種であることは明らかなので,調べ始めたけれど頓挫。シモフリコメツキの仲間(Actenicerus)だというところまでは確実なのだけれど,それ以上詳しくなるとほとんど識別不能だ・・・たぶん,シモフリコメツキ(Actenicerus pruinosus)だろうと思う。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

晴れた空に虹

今日の正午少し前ころ,空に虹がかかっていた。晴れていて少し雲が出ている程度なのだが,なぜか虹。しかも,普通の虹とは逆アーチになっている。吉兆なのだろうか,それとも凶兆なのだろうか・・・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

たぶんヒバリ

自宅とバス停との間には,何箇所か空地がある。今日,出勤のため,ある空地の前をとおりかかったら,雀よりも少し大きな小鳥がいるのを見つけた。バスの発車時刻を気にしながらも,とにかく近づけるだけ近づいて写真を撮った。何となくあまりヒバリっぽくないけど,たぶんヒバリだろうと思う。(笑)  ヒバリ  http://www.ya…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナミテントウ

暖かくなってきたせいか,あちこちでテントウムシを見かけるようになった。先日,黒地に赤い斑紋が2つあるタイプのナミタントウを見つけた。「並の・・・」というちょっと可哀想な名前をもつテントウムシなのだが,その模様は変化に富んでおり,地域型のようなものもあるとのことで,とても「並」ではない昆虫の一つだと思っている。 Harmonia…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

路傍のネジバナの葉

自宅からバス停までの間の路傍のコンクリートの隙間にネジバナが生えているところがある。「ど根性ネジバナ」というほどではないが,とにかく頑張って生きており,毎年可愛らしい花を咲かせる。この時期にはそれが楽しみの一つになってきた。今日,帰宅途中にバスから降りてそこを観てみたら,しっかりと葉が成長していた。開花も近い。 ネジバナは…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アオオビハエトリ(オス)

今朝,庭の手入れをしていたら,とても小さいながら青い金属光沢を持っており,とても美しいハエトリグモがいることに気付いた。あまり自信はないのだけれど,たぶんアオオビハエトリのオスではないかと思う。自宅の庭にはこれ以外にも何種類かのハエトリグモが棲んでいるようだ。チャンスがあればその写真を撮ってみたい。 枯葉の上 ホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪北新地:ふぐまる

大阪での会議の後,北新地にある「ふぐまる」というフグ料理店で会食となった。焼きフグがとても美味しかった。フグ料理店にもいろいろあるが,激安の店だとどこからフグを仕入れているのか分からないことがある。もちろん,値段が高い店でも分からないのだが,この店は信頼できそうだ。 メニューを見ると結構高いコース料理もあるけれども,品質と雰囲気か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

巣を守るアシナガバチ

散歩していたら,空地の雑草の葉陰にアシナガバチの巣が見えた。まだ小さな巣で女王蜂が1匹だけで巣を守っている。この場所はいずれ草刈で消滅してしまう。どこに家を構えるかによってその後の運命が左右されてしまうことがあるのは人間でも同じかもしれない。 アシナガバチは,しばしば人家の軒先などにも巣をつくる。スズメバチほど危険なハチではないけ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

キマダラセセリ

散歩していたら,葉の上で休んでいるキマダラセセリをみつけた。曇天~小雨の天候のせいかどうか,何となく物憂げに見える。 Potanthus flavum
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカヒゲヒラタコメツキ

コメツキムシの仲間は比較的容易に出会うことのできる昆虫の一つなのだが,結構種類が多い。中には立派な触角をもつ種類もある。散歩しながらミズヒキの葉を観ていたら,その上にやや大型のコメツキムシが乗っているのに気付いた。何とも威風堂々とした虫だと思った。帰宅してから調べてみたら,アカヒゲヒラタコメツキらしいということが分かった。 アカヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more