テーマ:農業

渋川市:稲荷神社と大塚古墳

過日,稲荷神社(群馬県渋川市吹屋)を参拝し,その基壇部となっている大塚古墳を拝見した。稲荷神社(稲荷大明神)の祭神は,倉稲魂命。境内地は比較的丁寧に手入れされていると思った。 稲荷神社の基壇部である大塚古墳は,直径約20mの円墳とされているが,大きく掘削・変形されているらしく,方墳のように見える。 大塚古墳の周辺は,宅地化が進んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アレチウリ

アレチウリ(Sicyos angulatus)は,帰化植物の一種で,特定外来生物に指定されている。駆除方法はあるようなのだが,根気強く続けなければならず,手を抜くとたちまちはびこる。実際に野山を散策していると,放置された農地や原野だけではなく,河川敷や堤防等にもたくさん生えているのを見かけることがある。ウリ科の農作物に対する有害な影響も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲の収穫後のさまざまな光景

かつては,稲を刈り取った後,木を組んで稲穂を乾す光景が普通に見られたものだが,最近ではほとんど目にしなくなった。それでも場所によってはまだそうしているところがある。天日乾燥のほうが機械による大量処理よりも良い結果を生む場合もあるのだろうと思う。 収穫に感謝するため,伝統に従い,様々な態様で稲穂を残す地域もあるようだ。 都市の中に残さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワルナスビ

遺跡包蔵地に指定されている野原などを散策していると,悪役帰化植物の1つとして名高いワルナスビ(Solanum carolinense)が支配的な植物となっている場所と遭遇することがしばしばある。都市の中の公園や空地などでも見かけることが多い。そのような場所は,ほとんど管理されていないということなのだろう。 しかし,遺跡としての保護は,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大田原市:侍塚古墳群周辺の収穫風景

私が上侍塚古墳,下侍塚古墳及び侍塚古墳群を再訪した時期は,ちょうど米の収穫時期だった。それらの古墳の周辺の田では,高性能のコンバインを使用した収穫作業が行われていた。良く見ると,異なるタイプ・機能をもつコンバインがある。しばらくその様子を見せてもらった。かなり勉強になった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more