テーマ:ガーデニング

つくば植物園で観た花(その2)

先週のことだが,久しぶりでつくば植物園を訪問し,開花中の花を見学した。 暑い中なので,熱中症を避けるため,比較的短時間の訪問だったけれども,いっぱい花を観ることができた。 温室を含め,園内を散策中,幾つかの表示によって,園内で保存・栽培中の植物に盗難被害があったことを知った。まことに遺憾なことだと思う。 警察当局は,全力をあげ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくば植物園で観た花(その1)

先週のことだが,久しぶりでつくば植物園を訪問し,開花中の花を見学した。 暑い中なので,熱中症を避けるため,比較的短時間の訪問だったけれども,いっぱい花を観ることができた。 研修展示館では「植物染めのフシギ」という企画展が開催中で,とても勉強になった。 植物染めのフシギ展入口付近 植物染めのフシギ展の展示(一部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノウゼンカズラ

先日,土浦城跡を見学中,ノウゼンカズラ(Campsis grandiflora)の花が咲いているのを見た。中国原産の植物。 類似種でアメリカノウゼンカズラ(Campsis radicans)とアイノコノウゼンカズラ(Campsis x tagliabuana)があるが,萼の特徴などから,ノウゼンカズラだろうと判断した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アーティチョーク(チョウセンアザミ)

先日,散策中,アーティチョーク(Cynara cardunculus (syn. Cynara scolymus))の花を見た。 アーチーチョークは,チョウセンアザミとも呼ばれているが,地中海沿岸原産の植物。 下記の三河の植物観察のサイトによれば,古代エジプトの時代から栽培されていたとのことで,野生植物の園芸品がハーブの一種または観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セイヨウノコギリソウ

先日,散策中,セイヨウノコギリソウ(Achillea millefolium)の花を観た。ある寺院の境内近くの路傍に檀家の方が植えたものらしい。 ハーブとしては,ヤロウ(yarrow)と呼ばれることもある。 セイヨウノコギリソウには白い花のもの,紫色の花のもの,赤い花のものなどがある。赤色の花のものについては,変種・アカバナセイヨウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅のラン:ナゴランが今年も開花

苦労して育て,昨年やっと開花したナゴラン(Phalaenosis japonica (Syn. Sedirea japonica))が少し大きくなり,今年も開花してくれた。 数日前から開花し始め,昨日で満開となった。嬉しい。 今朝,その写真を撮った。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ハグマノキ(スモークツリー)の花

先日,クルマで移動中,あるコンビニに立ち寄った。そのコンビニの駐車場と隣地との境界付近にスモークツリーとも呼ばれるハグマノキ(Cotinus coggygria)が植えてあり,ちょうど開花していた。ハグマノキの花を見るのは久ぶりだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トウモロコシの花

先日,散策中,ある畑に植えられているトウモロコシが開花しているのを観た。畑の中に入るわけにはいかないので,道路からズームで写真撮影。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:いばらきフラワーパークのバラ(その4)

先日,全面改装したばかりのいばらきフラワーパーク(茨城県石岡市下青柳)を訪問した。 私が訪問した時には前日に雨が降った後だったので,バラの花がベストの状態ではなかったかもしれない。また,バラの品種によって開花時期にずれがあるので,全ての品種が均一に綺麗な状態で開花しているわけでもない。 ウンベルト・エーコの『薔薇の名前』を思い出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:いばらきフラワーパークのバラ(その3)

先日,全面改装したばかりのいばらきフラワーパーク(茨城県石岡市下青柳)を訪問した。 バラの品種には様々な名前がついている。作出者が考えに考え抜いた末の命名なのだろう。中には,非常に有名な作家,音楽家,俳優等の名前を付した品種もある。毎度お馴染みの品種が多いけれども,特に音楽家の場合にはその作品のメロディを思い浮かべながら,綺麗な花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:いばらきフラワーパークのバラ(その1)

先日,全面改装したばかりのいばらきフラワーパーク(茨城県石岡市下青柳)を訪問した。 施設が使いやすくなったと思う。 ただし,大温室は廃止・撤去され,カフェのようになっている。 入口(階段上)にある売店施設は,いったん入場してしまうと内側から入ることができず,入場しないで外側の出入口から入るように仕様変更となった。従来とは大きく異な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イブキジャコウソウ?

先日,散策中,路傍でハーブの一種・タイムのような植物の花を観た。可愛らしい。 現在では園芸店等で苗を販売しているイブキジャコウソウではないかと思われる。その道に面したお宅の方が植栽したものだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)

散策中,畑の隅で鮮やかなオレンジ色の花を咲かせている植物を観た。ハナビシソウとも呼ばれるカリフォルニアポピー(Eschscholzia californica)と思われる。その畑の所有者の方が植えたのだろうと思う。 蕾がフウロソウの仲間の果実に似ていて面白い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭のクレマチス

庭に植えておいたクレマチス(Clematis montana var. grandiflora)が開花した。 燐家の園芸の名人の方の庭ではモッコウバラ(Rosa banksiae)が満開。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅のラン:富貴蘭「藤娘」が開花

事情により,相変わらず蘭の世話をあまりできない状態が続いているが,それでも元気に生き続けている株が多数あり,きっと我が家の栽培環境に適合しているのだろうと思う。 少し涼しくなってから水をやや多目にやり,マグアンプを数個置いておいたら,「藤娘」が開花した。「藤娘」は,フウラン(Vanda falcata (Syn. Neofinetia…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キョウチクトウ(白花)

里山を散策中,道路脇に植えられたキョウチクトウ(Nerium oleander var. indicum)と思われる木に白花がいっぱい咲いているのを見つけた。とても綺麗。 しかし,キョウチクトウ及びその園芸品種には非常に強い毒成分が含まれており,落葉の状態でも1年くらいの間は毒成分が分解されないで土壌に残るとのこと。人間や家畜が摂取す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅のラン:ナゴランが開花

緑屋さんから頂戴した日本産のナゴラン(Phalaenosis japonica (Syn. Sedirea japonica))を大事に維持してきた。事情があって栽培にあまり力を入れることができない状態が続いているし,今後もしばらく続きそうなので,残念ながら,大株にしていっぱい花を咲かせたりすることはできない。地味にやっている。何年かぶ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

宿根リナリア

先日,里山を散策中,路傍の雑種地のようなところで宿根リナリア(Linarira purpurea)が花を咲かせているのを見た。たぶん,純粋野生種ではなく交配品種だろうと思われるが,栽培品が野外逸出したものだろう。これまで何か所かで見かけたことがあり,増えているのではなかろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリステモンとクロマルハナバチ

散策中,もしかすると既に空地になっているのかもしれない少し荒れた庭にバンクシアの仲間のような雰囲気をもち真っ赤な花を咲かせる木があった。クロマルハナバチ(Bombus ignitus)と思われるハチが盛んに花粉か蜜を集めている。 この木は,日本では「ブラシの木」として知られている植物の仲間で,たぶん,カリステモン・シトリヌス(Call…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャリンバイ

自宅近くの歩道の植え込みのシャリンバイ(Rhaphiolepis indica var. umbellata)が開花している。普通の花なので,特に喜ぶ人もないだろうと思うが,まあ人それぞれというところか・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハクチョウゲ(白丁花)の蜜を求めるオオスカシバ

散策していたら,公園内の通路の植え込みのハクチョウゲ(Serissa japonica)の花が咲きだしていた。花の写真を撮り始めた頃,この花の名前がわからず,随分と苦労して調べたことを思い出しながら花を観ていたら,ホウジャクの仲間がやってきた。オオスカシバ(Cephonodes hylas)だろうと思う。何度見ても素晴らしい飛行能力で,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅のラン:シラン(口紅咲)

自宅の庭でプランター植えにして長く栽培している口紅咲のシラン(Bletilla striata)が開花した。 事情があって手入れできない状態が何年か続いていたので,少し貧弱になった。今年は,腐葉土を積み足し,施肥したので,来年までには回復するだろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイレン

先日,菖蒲園に寄ったら,池にあるスイレンが白い花を咲かせていた。私が訪問したときには2つしか開花していなかったけれども,これからたくさん花を咲かせることになるだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズラン

自宅近くの道路を散策していたら,歩道の植え込みの下でスズランが開花していた。誰かが植えたものだろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭のツツジ

自宅の庭のツツジが開花し始めた。中古住宅で購入した家の庭に植えられていたツツジをそのまま維持しているものなので正確なところはわからないが,たぶん「大紫」だろうと思っている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマドコロ

先日,里山を散策していたら,ナルコユリ(Polygonatum falcatum)アマドコロ(Polygonatum odoratum var. pluriflorum)が開花しているのを見た。 アマドコロは,庭や畑の隅などで栽培されていることがしばしばあり,特に斑入りの品種が珍重されるようだ。自宅の庭にも並品のアマドコロがあり,開花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コバノタツナミ

自宅の庭の隅に植えてあるコバノタツナミ(Scutellaria indica)が開花している。自宅近くの公園等でも見かけることがあるが,おそらく近所の家の庭からの逸出だろうと思う。 これからタツナミソウの季節になる。しかし,今年は,山に行って観察してくるのは難しそうだ。山に行って一人でブラブラしていてもコロナに感染する可能性はゼロ。し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスギク

自宅近くを散策していると,路傍でマーガレット(Argyranthemum frutescens)のような花を咲かせている植物を目にする。マーガレットかと思った。しかし,葉の様子が異なる。どうやらフランスギク(Leucanthemum vulgare)のようだ。  松江の花図鑑:フランスギク(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニバナツメクサ

先日,自宅近くの里山にある家庭菜園のような区画を散策していたら,ベニバナツメクサ(Trifolium incarnatum)が開花していた。 ベニバナツメクサは,欧州~西アジアが原産地で,明治時代以降に牧草として導入された帰化植物とされている。 家庭菜園なので,何年かすると借りている人が交替になることもあり,前の借主が栽培していたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more