テーマ:動物

平磯海岸の潮だまりで観た小動物

昨日,平磯海岸を散策した。 海岸の岩場を見ると,ちょうど干潮時にあたっていたようで,潮だまりがたくさんできていた。 そこまで降り,童心に帰って潮だまりの小動物などを観察した。 全体として見ると,生きた貝類の個体数が非常に少ない。人間に食べられてしまったからではないかと想像した。完全禁漁とすべきではなかろうか。 干潮時の岩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観た鳥など

先日,自宅から比較的近いところにある調整池付近を散策中,鳥の姿が見えたので,何枚か写真を撮った。毎度お馴染みの鳥のほか,バンもいたのだが,警戒心が強く,すぐに隠れてしまった。 アカミミガメがいっぱいいた。 カルガモ アオサギ バン(左端はアカミミガメ) アカミミガメ  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカザリガニの幼体?

ある神社の弁天池の中に杉の葉が沈んでおり,その杉の葉の上にザリガニのような小さな生き物がいるのを見つけた。大きさは,ヌマエビよりも少し大きいくらい。 よくわからなかったので,とりあえず写真だけ撮っておいた。その写真も鮮明なものではないが,一応識別可能な範囲内にあると思う。 たぶん,在来種ではなく,アメリカザリガニの幼体なのだろうと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオダイショウ?

本日,ある神社を参拝したところ,奥の院の石段で蛇とばったり出逢った。 この神社の主かもしれないので,とにかく通り過ぎるまで待った。 石段脇の藪に移動したところでちょっとだけ写真を撮影。若干疑問があるが,たぶんアオダイショウだろうと思う。 石段を登り,その神社の社殿に到達し,参拝していたところ,後からやってきた数名の女性グループがそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉県印旛郡栄町:龍角寺古墳群再々訪(その4)

国の緊急事態宣言解除後のことだが,過日,龍角寺古墳群(千葉県印旛郡栄町龍角寺)を更に再訪した。 これまでちゃんと見学していなかった古墳を中心に見学した。また,今回は,龍角寺旧参道に並んでいる塚群の一部を少し丁寧に見学した。ただし,時間の関係等もあり,今回も龍角寺47号墳~49号墳は見学しなかった。 42号墳などを見学した後,90…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜川市岩瀬:山王神社と二十三夜堂

過日,山王神社(茨城県桜川市岩瀬)を参拝した。祭神は,大山昨命・山王権現。 山王神社は,岩瀬郵便局のすぐ南にある。鳥居が境内地の南にあり,拝殿が南を向いているため,旧国道50号線からは本殿の背後が見えるような位置関係となっている。 山王神社は,元は「本新田神社」と称したらしい。そのことから,山王神社の境内地~岩瀬郵便局と桜川市役所岩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉾田市鉾田:富士峰古墳群

過日,富士峰古墳群(茨城県鉾田市鉾田)を見学した。 鉾田町史編さん委員会編『鉾田町史 原始・古代資料編』(1995年)の354~355頁によれば,富士峰古墳群は,元は5基以上の円墳で構成される古墳群だったけれども,2基の円墳だけが現存しており,北側の1号墳は現況で直径5m・高さ2.5mだが元は直径20mと推定される円墳であり,南側の2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタチ

本日,茨城県桜川市北東部某所を徒歩で移動中,イタチを見た。外来種ではなく,ニホンイタチ(Mustela itatsi)のようだ。 田圃の隅を流れる水路に飛び降り,アメリカザリガニか何かを捕まえてはガツガツ食べている。様子を観察しながらズームで写真を撮っていると,こちらに気づき,水路を走って逃げた。 逃げた先の方を観ると,既に道路に上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行方市矢幡:西ノ下塚群と御岳塚

過日,西ノ下塚群と御岳塚(茨城県行方市矢幡)を見学した。 西ノ下塚群は3基の塚で構成されており,御岳塚と合わせて4基の塚が矢幡営農センター裏の山の尾根上に並んでいる。これらの塚は,かつては古墳と考えられていたようなのだけれども,現在では近世の塚として扱われている。 塚のある尾根の南側は矢幡共同墓地となっており,また,この尾根の北西側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひたちなか市高野・稲田:二ツ森古墳群(その1)

過日,二ツ森古墳群を見学した。 二ツ森古墳群は,勝田稲田郵便局(茨城県ひたちなか市稲田)の北東に位置する2基の円墳で構成されている。現在の行政区画としては,高野地区と稲田地区にまたがっている。そのことは,古代においては,現代におけるような行政上または社会生活上の区分が存在しなかったことを示している。 二ツ森古墳群の1号墳(茨城県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小山市:網戸神社

過日,網戸神社(栃木県小山市網戸)を参拝した。主祭神は,田心姫命。大山祇神・天兒屋根命を配祀している。 網戸神社は,式内社・胸形神社の論社として知られている。大同元年(806年)に社殿を再築しているとのことなので,それよりも古い時代に創建された神社ということになる。 私が訪問した日には御朱印を求める人々が次から次へとやってくるような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマカガシ

ある寺院の境内にある塚を見学に出かけた。その塚の上には稲荷神社がある。階段を登ろうと思って近づくと,階段の手前に蛇がいる。コブラのように首を持ち上げ,体を平たくしている。威嚇しているのだと思う。マムシかと思ったけれども,どうやらヤマカガシ(Rhabdophis tigrinus)のようだ。 その蛇が通り過ぎてから,「これは,階段を登っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタチ

江戸崎周辺の里山を散策していたら,イタチと出逢った。目の前に出現したのでまず1枚写真を撮り,ズームでもう1枚写真を撮り,更にもう1枚と思っている間に左の方に走り去った。 日本国内にはニホンイタチ(Mustela itatsi)とチョウセンイタチ(Mustela sibirica)が生息している。外見はそっくりなのだそうで,見極めるのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栃木県下都賀郡野木町:御門古墳群

2020年3月中旬のことだが,御門古墳群(栃木県下都賀郡野木町南赤塚)を見学した。 野木町史編さん委員会編『野木町史 歴史編』(平成元年)の106~107頁によれば,御門古墳群は,地元では「五界塚」と呼ばれ,5基の古墳が存在したとされているけれども,現在では方墳1基(1号墳)と円墳3基の合計4基の古墳しか確認できないとのこと。御門古墳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガバオモダカとアカミミガメ

先日,自然観察の森でナガバオモダカ(Sagittaria graminea)が開花しているのを見た。この場所は里山としての自然が残る保護区域なのだが,要注意の外来生物が存在する。池にはアカミミガメがいた。ペットショップやアクエリウム関連の事業を全て禁止したとしても既に手遅れの段階なのだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒガシニホントカゲ

散策していたら,トカゲと出逢った。以前はニホントカゲと表記しておけば問題なかったのだが,現在では西日本のニホントカゲ(Plestiodon japonicus)と東日本のヒガシニホントカゲ(Plestiodon finitimus)に分けられているので,やや面倒。私が観たものはヒガシニホントカゲの成体だろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウスカワマイマイ?

自宅近くの里山を散策中,田圃の土手の上の道路の路傍でカタツムリが草の茎についているのを見つけた。そのあたりにはイヌムギやイチゴツナギの仲間のようなイネ科植物とセイヨウカラシナのようなアブラナ科植物が混在して生えている。 図鑑等で調べた限りでは,ウスカワマイマイ(Acusta despecta sieboldiana)ではないかと思うの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニホンカナヘビ

自宅周辺を散策していたら,歩道をニホンカナヘビ(Takydromus tachydromoides)が横切ろうとして立ち止まった。このような場所にいたら自動車に踏みつぶされてしまうのではないかと心配したくなる。たぶん,歩道の植え込みと住宅との間を行ったり来たりしているのだろう。 暖かくなってきたので,トカゲの仲間も活動開始というあたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿沼市・宇都宮市:下台原古墳群1号墳~6号墳

2020年3月初旬のことだが,栃木県鹿沼市深津~栃木県宇都宮市下欠町にまたがって所在する下台原古墳群を見学した。1号墳~14号墳は,栃木県鹿沼市深津地内に所在している。12号墳以外の古墳は,全て直径10~20m程度の周溝をもつ円墳とされている。A号墳~E号墳,1号墳~10号墳は,古墳群の南東の区画にまとまって所在している。 6号墳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニホンアマガエル

田起こしの終わった田に水が入る季節になってきた。たちまちどこでも蛙の合唱が聞こえる。しかし,その蛙の姿が見えないので種類がわからない。諦めて休耕田の畔で野草観察していたら,のそのそとニホンアマガエル(Hyla japonica)が出てきた。アマガエルにしてはかなり大柄なのでメスなのだろうと思う。 ちなみに,水辺の公園などで親子連れが蛙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またタヌキと出逢った

昨年,散策中にタヌキとばったり出逢ったことがある。 本日,野草観察のためにつくばの里向陽台公園(茨城県龍ケ崎市向陽台)を散策中,またタヌキと出逢った。 散策路の分岐点から右の方に折れちょっとだけ進んだら,池のほとりに出た。そこに何か動物がいた。獣道から出てきたばかりのようで,はちあわせのような状態だったのだろう。「野良犬かな?」と思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤギとポニー

先日,散策していたら,ヤギとポニーと犬を飼っているお宅の前を通った。小動物園のようなお宅だ。 また,先日,ある城跡を散策していたら,ヤギを飼っている家があった。のんびりした気分になる。 [追記:2020年4月27日] 先日,上記のヤギとポニーを飼っている家の前を再び通った。ヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旭市:御前鬼塚古墳再訪

過日,御前鬼塚古墳(千葉県旭市鏑木)を再訪した。2019年に訪問した際には笹が濃密に繁っており,墳丘が全く見えない状態だった。冬~早春であればどうにか見えるかもしれないと思って再訪してみた。やはり何も見えなかった。 御前鬼塚古墳は,鏑木ピックファームという農場の敷地内にある。前回訪問時には行かなかった西側の方にも道路があり,私道と思わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:枡箕ヶ池再訪

枡箕ヶ池(茨城県桜川市友部)を再訪し,短時間だけれども野鳥の姿を楽しんだ。既に北の方に渡ってしまったのか,かなり数が少なかったけれども,何種類かの水鳥を観ることができた。 2羽の白鳥(オオハクチョウ)がいた。渡らないのだろうか? 写真を撮っていたら水鳥達が集まってきたので,かなり人に慣れている。もしかすると餌付けされてしまった水鳥達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカミミガメ

壬生城址(栃木県下都賀郡壬生町本丸)の堀を観ていたら,亀がいるのに気づいた。近づいてよく見ると,どうやらアカミミガメのようだ。甲羅が随分と丸い個体もいる。齢を重ねた個体なのだろう。 [追記:2020年3月19日] 小畔水鳥の郷公園(埼玉県川越市吉田新町)にもアカミミガメがい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶色の山羊

茶色の毛色のヤギを観た。路傍の草を食べていた。茶色の毛色のヤギを観るのは初めてのことだ。種名は不詳。 ヤギに食べさせて除草するという方法は古くから行われているもののようなのだが,たぶん,現時点で最も安全性の高い除草方法だと言える。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本庄市児玉町:金屋の庚申塔

長沖古墳群を見学するのに際しては,本庄市役所児玉総合公園体育館エコーピア(埼玉県本庄市児玉町金屋)の駐車場を借り,そこから全て徒歩で古墳巡りをしたのだが,金屋交差点にあるセブンイレブン本庄児玉長沖店に2度ほど立ち寄り,飲み物等の補給をした。同店のすぐ北西のところに大きな庚申塔がある。その前で合掌した。 金屋交差点付近にある庚申…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栃木市:狩岡神社と古墳

過日,狩岡神社(栃木県栃木市皆川城内町)を参拝した。狩岡神社付近には駐車場がないので,皆川公民館の駐車場にクルマを停め,そこから徒歩で往復した。 狩岡神社の社殿は,拝殿兼覆屋となっており,その中に本殿と境内社があるとのことなのだが,拝殿の扉を開けることはせず,拝殿の前で参拝するだけにした。狩岡神社は,金精様を祀る神社らしい。 狩岡神…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京都狛江市:泉龍寺

過日,曹洞宗・雲松山泉龍寺(東京都狛江市元和泉)を参拝した。山門をくぐると二層式の鐘楼門があり,その奥に本堂がある。いずれも立派な建物だと思った。 地名からも推測できるように,泉龍寺付近には真水の湧き出るところがあり,発掘調査等の結果により,古代から利用されてきたらしいということが判明している。現況は泉龍寺に弁財天とその周辺施設(池)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栃木県河内郡上三川町:浅間神社古墳

過日,浅間神社古墳(栃木県河内郡上三川町上神主富士山台)を見学した。この古墳は,上神主・茂原官衙遺跡の南側にある山林内にあり,直径約54mの円墳とされている。周溝が明確で,かなり大きな古墳のように見える。古墳の東側は段丘崖となっており,その先(東方)は低地の田となっている。その低地には鬼怒川が南北に流れている。古墳が造営された当時には台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more