テーマ:

鵜の岬のウミウ

鵜の岬(茨城県日立市十王町伊師)まで出かけてきた。 鵜の岬周辺には野生のウミウ(Phalacrocorax capillatus)が生息しており,日本国で唯一という捕獲場があるほか,鵜の岬国民宿舎の敷地内に飼育舎があり,捕獲されたウミウを観ることができる。 残念ながら,新型コロナの影響により,捕獲場の一般公開は中止となっていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観た花

散策中に様々な花を観た。 あるサービスエリアの柵の外にクサギ(Clerodendrum trichotomum)の木があり,その花が咲いていた。ズームで写真を撮った。 海浜の散策路では,カワラナデシコ(Dianthus superbus var. longicalycinus)の花が咲いていた。 ミゾハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカオニアザミ?

過日,栃木県小山市周辺を散策中,幹線道路の歩道脇で大型のアザミの仲間の花を見た。 全体に棘が多く。茎には翼がある。 類似の帰化植物が何種類かあるが,総合的にみてアメリカオニアザミ(Cirsium vulgare)だろうと判断した。ただし,類似する別種の可能性は否定できない。既存の帰化植物図鑑等に収録されていない帰化植物がどんどんやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョウトンボ

ある親水公園の池のあたりを散策していたら,チョウトンボを見かけた。ゆっくり飛ぶトンボなのだけれどもなかなかうまく撮影できない。葉先にとまったところを狙って何枚か写真を撮った。どうやらオスのようだ。 チョウトンボの写真を撮影するのは初めて。 同じ公園にはシオカラトンボもいっぱいいた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンクロギンシャチホコの幼虫

ある寺院の観音像の脇に大きなシダレザクラの樹があり,垂れ下がった枝の葉を何の気なしに観たら,枯葉のようなものがくっついていた。変わった昆虫かと思い,近づいてみると,蛾の幼虫だった。念のため写真を撮っておいた。 あとで調べてみた。どうやらモンクロギンシャチホコ(Wilemanus bidentatus)の幼虫のようだ。 なかなかクール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブカンゾウの花とオオチャバネセセリ

散策中,ヤブカンゾウ(Hemerocallis fulva var. kwanso)が群落のように生えて開花している場所を通った。ちょっと立ち止まり,その花の写真を撮っていたら,目の前の花にセセリチョウの仲間がとまっているのを見つけた。早速写真を撮った。 帰宅してから調べてみた。どうやらオオチャバネセセリ(Zinaida pelluc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオバノトンボソウ

何だかんだでバタバタしていて,予想どおり,オオバノトンボソウ(Platanthera minor)の開花期が過ぎてしまったので,花後の状態しか見られないだろうと思いつつ,自宅から最も近い自生地に寄ってみた。ちょっとだけ花が残っていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トノサマバッタ

先日,里山を散策中,トノサマバッタ(Locusta migratoria)を見た。散策中にはクルマバッタ(Gastrimargus marmoratus)やクルマバッタモドキ(Oedaleus infernalis)を見かけることが多く,トノサマバッタが減ってしまったかのような印象を受けていたのだが,今年はどうもそうでもないようだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セスジスズメの幼虫

散策していたら,遊歩道の舗装の割れ目から生えているアカバナ科のユウゲショウ(Oenothera rosea)をモサモサと食べている黒く大きなイモムシがいるのを見つけた。スズメガの一種の幼虫だろうと思い写真を撮っておいた。あとで調べたところ,どうやらセスジスズメ(Theretra oldenlandiae)の幼虫のようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナナフシ(ナナフシモドキ)

ある神社に参拝したところ,拝殿の扉にナナフシ(ナナフシモドキ)がいた。体長10cmほどでメスと思われる。本当に久しぶりに見た。何かのお告げのようなものかもしれない。 なお,ナナフシ(ナナフシモドキ)の現在の学名は,「Ramulus mikado」となっているようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観たキノコ

雨の日が多いせいかどうか,里山などを散策中,キノコを見かけることがしばしばある。この時期に生えるキノコの中には食用になるものもあるけれども,絶対確実なもの以外には手を出さないほうが良い。私自身は,かつては,田舎で暮らしていたこともあり,食用となるキノコを採取して食べることを楽しみにしていたけれども,現在では,観察するだけとし,採取しない…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

エゾノギシギシの花にとまるノシメトンボ

里山を散策していたら,ノシメトンボ(Sympetrum infuscatum)がいっぱい飛んでいた。カメラを向けると逃げるのでなかなか撮影できなかったのだが,エゾノギシギシ(Rumex obtusifolius)の上にとまっている個体をみつけ,どうにか写真を撮った。コノシメトンボ(Sympetrum baccha)または他の類似種かどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シオヤアブ(オス)

先日,里山を散策していたら,シオヤアブ(Promachus yesonicus)のオスと思われる昆虫と出逢った。すぐ目の前にいる。愛用のコンパクトデジカメを静かに取り出し,その写真を撮った。 [追記:2020年7月2日] 散策中,またシオヤアブを見た。発生の時期なのだろうと思う。 よく観ると,セイヨウミツバチと思わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観た蝶

散策中に様々な蝶を見る。たいていは徒歩で移動中のことで,あまり長時間立ち止まって撮影に集中していると不審者と疑われかねないので,なかなか面倒・・・ それはさておき,ある農道では,休耕中の畑にヒメジョオン(Erigeron annuus)と思われる植物の花がいっぱい咲いているところがあり,キタテハ(Polygonia c-aureu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クサグモ

過日,霞ケ浦が見える台地上を散策中,ある施設の生垣でクサグモ(Agelena silvatica)の巣がいっぱいあるのを見つけた。 クサグモは,幼体と亜生体と成体とではそれぞれ体色が異なり,また,かなり個体差があるので,まるで別の種のように見えてしまうことがある。しかも,コクサグモ(Agelena opulenta)という非常によく似…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハグロトンボ

里山を散策していると,ハグロトンボを見かける季節となった。林の中の比較的暗いところにいることが多いのだが,今日はたまたま明るいところにいたので,そっと近づいて写真を撮った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスズメの幼虫

先日,里山を散策していたら,段丘崖の裾を通る舗装された農道のような道をスズメガの仲間の幼虫と思われる大きな青虫が横断しているのを見つけた。「早く渡らないと自動車に踏みつぶされてしまう」と心配しつつ,その写真を撮った。 あとで調べてみたところ,どうやらコスズメ(Theretra japonica)の幼虫のようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルヅメオニグモ?

過日,里山を散策していたら,ドクダミの花から糸を伸ばして何か作業をしている小さなクモを見つけた。たぶん,マルヅメオニグモ(Araneus semilunaris)だろうと思ったのだが,確実ではない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユウゲショウの白花品?

過日,稲敷市内を散策中,舗装道路の縁石縁のような場所でユウゲショウ(Oenothera rosea)の白花品と思われる花を観た。少し赤色が残っており,完全な白花ではないけれども,白花品の範疇に入るだろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオバノトンボソウ(続)

別の件で移動中,オオバノトンボソウの自生地の近くを通ったので,ちょっと寄ってみた。残念ながら,期待していた個体は,誰かに踏み付けられて無残な状態となっていた。 がっかりしながら,既にみつけていた別の個体を探してみた。何というか・・・これも踏み付けられていた。でも,どうにか復活しようと頑張っている。 気をと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キキョウソウ

里山などを散策していると,あちこちでキキョウソウ(Triodanis perfoliata)を見かける。もう完全に夏だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオゴキブリの幼虫

ある古い神社の境内を散策中,黒い妙な昆虫を見た。シデムシのような甲虫の幼虫かと思ったのだが,どうやらオオゴキブリ(Panesthia angustipennis)の幼虫のようだ。珍しいものを見た。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオヒラタシデムシ

里山を散策中,オオヒラタシデムシ(Necrophila japonica)と思われる昆虫を見た。小動物の死体などを処理してくれる昆虫で,生態系の中では非常に重要な役割を担っているのだが,潔癖症の人には嫌われる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオタカ?

小雨だったが,ある古い神社を参拝してきた。 その本殿裏の境内林の中を歩いていたところ,少し先の巨樹の枝に鷹がとまっているのが見えた。それでなくても暗い鎮守の森。しかも,小雨の降る中。三脚なし。撮影条件は最悪と言えるが,愛用のコンパクトデジタルカメラをカバンから取り出し,ズームいっぱいで撮影してみた。どうにか識別可能なレベルで撮影できて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナツイズイセンが開花

今年,これまで地植えで栽培してきたナツズイセン(Lycoris squamigera)を掘り起こし,鉢植え栽培に変更した。そのナツズイセンが開花した。無事に開花してくれて,ほっと一安心。 Lycoris squamigera
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

自宅のラン:サギソウが開花

サギソウ(Pecteilis radiata (Syn. Habenaria radiata))が開花した。夏を代表するランの一つかもしれない。私の好きなランなのだが,結構気難しくて,油断するとすぐにダメになってしまう。暑い盛りに手を抜いてしまうのが一番よくないようだ。 サギソウ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホソヘリカメムシ

昨日,アシタバの葉の上にホソヘリカメムシ(Riptortus pedestris)がいるのを見つけた。マメ科植物を食害することで知られているのだが,どうしてアシタバの葉の上にいたのかは不明。偶然だろうと思う。 Riptortus pedestris   ホソヘリカメムシ   http://www.insects.j…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お隣りの庭のヤブカンゾウ

お隣りの庭ではヤブカンゾウ(Hemerocallis fulva)が花盛り。いっぱい咲いている。ちょっとだけ御姿を拝借して写真を撮影。 ヤブカンゾウ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more