テーマ:

茨城県北相馬郡利根町中谷:利根親水公園の蓮など

先日,利根親水公園(茨城県北相馬郡利根町中谷)を訪問し,蓮の花などを観た。 私が訪問した時には既に最盛期を過ぎているようだったけれども,それでもピンク色の花がいっぱい咲いていた。他に水蓮やミソハギが植栽されており,綺麗に花を咲かせていた。 利根親水公園の北側には豊田南用水が東西に流れている。橋を渡ると,陽光桜の説明板があった。 豊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サツマノミダマシ?

先日,ある林内を散策中,緑色のクモを観た。小さなクモなのだが,とても綺麗。 たぶん,サツマノミダマシ(Neoscona scylloides)だろうと思う。  平群庵昆虫写真館:サツマノミダマシ  http://www.hegurinosato.sakura.ne.jp/2bangura/vi_kumo/s…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチモンジチョウ

先日,散策中,イチモンジチョウと思われる昆虫を観た。 久しぶりのことだ。 実は,この蝶を撮影する直前,キラキラと美しく光るタマムシが私の近くまで寄ってきて私の目の前でホバーリングを始めた。私のことを樹木か何かと勘違いし,とまろうとしたのではないかと思う。捕まえようと思って手を伸ばしたら飛び去ってしまった。我ながら,運動神経のなさには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観た虫

過去1週間の間に散策中,様々な虫を観た。トンボの写真は既にアップしたので,トンボ以外の虫の写真をアップすることにした。 セイヨウニンジンボクの花とクマバチ シオヤアブ キスジホソヘリカメムシ
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

散策中に観た花など

過去2週間の間に散策中,野山や寺院の境内などで様々な花や果実を観た。この時期にしか見られない。 キツネノカミソリ ヤブラン ガマの穂 オニユリ(八千代町・八町観音にて) オニユリのムカゴ(八千代町・八町観音にて) モクゲンジの果実(八千代町・弘徳寺にて)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観たトンボ

気分転換に散策中,トンボを観た。毎度お馴染みのトンボばかりなのだが,暑い中を飛び回っている姿を目にすると嬉しくなる。 オオイトトンボ? ナツアカネ? シオカラトンボ(オス) シオカラトンボ(メス) ハグロトンボ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソクズ

昨日,龍ヶ崎市方面にちょっと出かけた際に立ち寄った里山で,ソクズ(Sambucus chinensis)の群落を見た。栽培品ではなさそうなのだが,お寺の近くであり,とても興味深い。 ソクズを見かけるのは,寺や神社の近くが多いような気がする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノウゼンカズラ

先日,土浦城跡を見学中,ノウゼンカズラ(Campsis grandiflora)の花が咲いているのを見た。中国原産の植物。 類似種でアメリカノウゼンカズラ(Campsis radicans)とアイノコノウゼンカズラ(Campsis x tagliabuana)があるが,萼の特徴などから,ノウゼンカズラだろうと判断した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡城里町上青山:親水公園

過日,移動の途中,親水公園(茨城県東茨城郡城里町上青山)に立ち寄った。 親水公園には舗装された駐車場があり,また,トイレや案内板等もある。 親水公園は,青山神社の社殿の西の方に位置している。 公園内の草地には円墳のような形の築山があった。いばらきデジタルマップによれば,上青山古墳群所在地の範囲外になっているので,たぶん,現代に構築…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリアシショウマ

過日,散策中,トリアシショウマ(Astilbe odontophylla)と思われる植物の白い花を見た。 若干疑問は残るが,葉の特徴から,トリアシショウマだろうと判断した。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴマダラカミキリ

本日の夕刻のことだが,ミョウガの葉の上にゴマダラカミキリ(Anoplophora malasiaca)がとまっているのを見つけた。 雨上がりとはいえ,まだ雲が漂っており,普通の夕刻よりもずっと暗かったので,露出不足で失敗するかもしれないと思いつつ,とりあえず愛用のコンパクトデジカメで撮影。 どうにか識別可能な程度の写真が撮れたようだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハクセキレイ

先日,散策中,湿地のような場所の脇を通る道でハクセキレイ(Motacilla alba lugens)を見た。 繁殖羽の成鳥と幼鳥のようだ。 成鳥のほうはセグロセキレイかと思ったのだけれども,頬のあたりが異なっており,ハクセキレイだと判断した。 成鳥 幼鳥  Bird Fan:ハクセキレイ  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニホンカナヘビ

散策中,林の中でニホンカナヘビ(Takydromus tachydromoides)を見た。 自宅の庭にもカナヘビがいるのだが,こうして林の中で見つけると,ぐっと精悍な印象を受ける。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチの巣

散策中,たまたま木のウロのような穴にミツバチが集まっており,出入りしているのを見つけた。黒っぽいので,ニホンミツバチ(Apis cerana japonica)だろうと思う。 珍しいものを見た。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オニヤンマ

ある城跡を散策中,オニヤンマを見た。 飛行中のオニヤンマを撮影するのは簡単ではないが,ちょうど枝先等にとまったところをズームで写真撮影。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鵜の岬のウミウ

鵜の岬(茨城県日立市十王町伊師)まで出かけてきた。 鵜の岬周辺には野生のウミウ(Phalacrocorax capillatus)が生息しており,日本国で唯一という捕獲場があるほか,鵜の岬国民宿舎の敷地内に飼育舎があり,捕獲されたウミウを観ることができる。 残念ながら,新型コロナの影響により,捕獲場の一般公開は中止となっていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観た花

散策中に様々な花を観た。 あるサービスエリアの柵の外にクサギ(Clerodendrum trichotomum)の木があり,その花が咲いていた。ズームで写真を撮った。 海浜の散策路では,カワラナデシコ(Dianthus superbus var. longicalycinus)の花が咲いていた。 ミゾハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカオニアザミ?

過日,栃木県小山市周辺を散策中,幹線道路の歩道脇で大型のアザミの仲間の花を見た。 全体に棘が多く。茎には翼がある。 類似の帰化植物が何種類かあるが,総合的にみてアメリカオニアザミ(Cirsium vulgare)だろうと判断した。ただし,類似する別種の可能性は否定できない。既存の帰化植物図鑑等に収録されていない帰化植物がどんどんやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョウトンボ

ある親水公園の池のあたりを散策していたら,チョウトンボを見かけた。ゆっくり飛ぶトンボなのだけれどもなかなかうまく撮影できない。葉先にとまったところを狙って何枚か写真を撮った。どうやらオスのようだ。 チョウトンボの写真を撮影するのは初めて。 同じ公園にはシオカラトンボもいっぱいいた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンクロギンシャチホコの幼虫

ある寺院の観音像の脇に大きなシダレザクラの樹があり,垂れ下がった枝の葉を何の気なしに観たら,枯葉のようなものがくっついていた。変わった昆虫かと思い,近づいてみると,蛾の幼虫だった。念のため写真を撮っておいた。 あとで調べてみた。どうやらモンクロギンシャチホコ(Wilemanus bidentatus)の幼虫のようだ。 なかなかクール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブカンゾウの花とオオチャバネセセリ

散策中,ヤブカンゾウ(Hemerocallis fulva var. kwanso)が群落のように生えて開花している場所を通った。ちょっと立ち止まり,その花の写真を撮っていたら,目の前の花にセセリチョウの仲間がとまっているのを見つけた。早速写真を撮った。 帰宅してから調べてみた。どうやらオオチャバネセセリ(Zinaida pelluc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオバノトンボソウ

何だかんだでバタバタしていて,予想どおり,オオバノトンボソウ(Platanthera minor)の開花期が過ぎてしまったので,花後の状態しか見られないだろうと思いつつ,自宅から最も近い自生地に寄ってみた。ちょっとだけ花が残っていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トノサマバッタ

先日,里山を散策中,トノサマバッタ(Locusta migratoria)を見た。散策中にはクルマバッタ(Gastrimargus marmoratus)やクルマバッタモドキ(Oedaleus infernalis)を見かけることが多く,トノサマバッタが減ってしまったかのような印象を受けていたのだが,今年はどうもそうでもないようだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セスジスズメの幼虫

散策していたら,遊歩道の舗装の割れ目から生えているアカバナ科のユウゲショウ(Oenothera rosea)をモサモサと食べている黒く大きなイモムシがいるのを見つけた。スズメガの一種の幼虫だろうと思い写真を撮っておいた。あとで調べたところ,どうやらセスジスズメ(Theretra oldenlandiae)の幼虫のようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナナフシ(ナナフシモドキ)

ある神社に参拝したところ,拝殿の扉にナナフシ(ナナフシモドキ)がいた。体長10cmほどでメスと思われる。本当に久しぶりに見た。何かのお告げのようなものかもしれない。 なお,ナナフシ(ナナフシモドキ)の現在の学名は,「Ramulus mikado」となっているようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観たキノコ

雨の日が多いせいかどうか,里山などを散策中,キノコを見かけることがしばしばある。この時期に生えるキノコの中には食用になるものもあるけれども,絶対確実なもの以外には手を出さないほうが良い。私自身は,かつては,田舎で暮らしていたこともあり,食用となるキノコを採取して食べることを楽しみにしていたけれども,現在では,観察するだけとし,採取しない…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

エゾノギシギシの花にとまるノシメトンボ

里山を散策していたら,ノシメトンボ(Sympetrum infuscatum)がいっぱい飛んでいた。カメラを向けると逃げるのでなかなか撮影できなかったのだが,エゾノギシギシ(Rumex obtusifolius)の上にとまっている個体をみつけ,どうにか写真を撮った。コノシメトンボ(Sympetrum baccha)または他の類似種かどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シオヤアブ(オス)

先日,里山を散策していたら,シオヤアブ(Promachus yesonicus)のオスと思われる昆虫と出逢った。すぐ目の前にいる。愛用のコンパクトデジカメを静かに取り出し,その写真を撮った。 [追記:2020年7月2日] 散策中,またシオヤアブを見た。発生の時期なのだろうと思う。 よく観ると,セイヨウミツバチと思わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観た蝶

散策中に様々な蝶を見る。たいていは徒歩で移動中のことで,あまり長時間立ち止まって撮影に集中していると不審者と疑われかねないので,なかなか面倒・・・ それはさておき,ある農道では,休耕中の畑にヒメジョオン(Erigeron annuus)と思われる植物の花がいっぱい咲いているところがあり,キタテハ(Polygonia c-aureu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more