テーマ:

アメリカザリガニの幼体?

ある神社の弁天池の中に杉の葉が沈んでおり,その杉の葉の上にザリガニのような小さな生き物がいるのを見つけた。大きさは,ヌマエビよりも少し大きいくらい。 よくわからなかったので,とりあえず写真だけ撮っておいた。その写真も鮮明なものではないが,一応識別可能な範囲内にあると思う。 たぶん,在来種ではなく,アメリカザリガニの幼体なのだろうと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノイバラの花とアシナガコガネ

先日,散策中,道路脇の斜面のようなところでノイバラが開花しているのを観た。 別に珍しくも何ともないのだが,何か小型の甲虫が群がっているようなので,近づいて観察してみた。どうやらアシナガコガネ(Ectinohoplia obducta)のようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニバナトチノキ

昨日,散策中にベニバナトチノキと思われる木の花を観た。交雑種とされているが,交配による園芸品種なのではないかと思う。無論,私が観たものも植栽によるものだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニシジミ

暖かくなったので,あちこちでベニシジミ(Lycaena phlaeas)を見かける。 遺跡を探訪し,寺院や神社を参拝し,そして,花や蝶の姿を楽しむ。しかも,相手が人間ではないので,新型コロナのリスクもゼロ。贅沢と言えば贅沢だ。遅くても元気に歩き,そのような楽しみを味わえることは,まことにありがたいことだと思う。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

路傍のブタナ

先日,買い物に出かけたら,歩道の植え込みからブタナが生えてきて花を咲かせているのを見つけた。隙間があればどこにでも生える外来植物。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モズ

過日,散策中,頭上でカチカチカチ・・・と音がするので見上げると,電線にモズがとまっており,嘴で音を立てているのだった。この音は警戒音の一種なのだそうだ。この近くで営巣中だったのかもしれない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チゴユリ

チゴユリの可愛らしい花が咲く季節となった。 先日,散策中にその花と出逢った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)

散策中,畑の隅で鮮やかなオレンジ色の花を咲かせている植物を観た。ハナビシソウとも呼ばれるカリフォルニアポピー(Eschscholzia californica)と思われる。その畑の所有者の方が植えたのだろうと思う。 蕾がフウロソウの仲間の果実に似ていて面白い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジ(オス)

先日,散策中,またキジのオスを観た。 昨日も散策中にキジのオスを観た。今年はキジと縁があるようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フジの花

あちこちでフジの花が咲き始めている。 昨日,散策中,間近でフジの花を観ることのできる場所を通った。その写真を撮った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近観た花

先日,散策中,ある古墳の墳丘にキランソウ(Ajuga decumbens)とジュウニヒトエ(Ajuga nipponensis)の花が咲いているのを観た。ある神社の境内ではムラサキケマン(Corydalis incisa)の果実を観た。 春がどんどん進んでいる。 キランソウの花 ジュウニヒトエの花 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭のクレマチス

庭に植えておいたクレマチス(Clematis montana var. grandiflora)が開花した。 燐家の園芸の名人の方の庭ではモッコウバラ(Rosa banksiae)が満開。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近観た花

昨日,散策中,路傍にナヨクサフジが群れ開花しているのを見た。1年経つのは早い。 先日,ある城跡を散策中,タンポポの花を観た。たぶんカントウタンポポだろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観た花

何だか春の進行が早いような気がする。 散策中に様々な花を観た。 ハナズオウ ミツバツツジ シバザクラ 八重桜
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツバメ

来週から仕事が忙しくなるので,比較的自由に時間を使えるのは今週が最後。 そこで,今日は少し遠出した。 北関東自動車道の某PAで休憩をとったところ,既にツバメが飛び交っていた。巣作りも終えている。 1年が経つのは早いものだと思うが,それにしても,そもそもツバメの飛来が去年より早いような気もする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観た花

今年はとても暖かいらしく,春の花がどんどん咲いている。帰化植物の雑草もぐんぐん伸びているので,今年は例年の何倍も除草作業が必要となることになるかもしれない。 私は既に老人であり,江戸時代であればとっくに灰になっているはずの年齢に達してしまった。 まさに長寿社会だ。 しかし,(人間による陰謀などではなく)自然環境からの反動(反作用)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カテンソウ

散策中にカテンソウ(Nanocnide japonica)が開花しているのを観た。久しぶりだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野の菫

散策中,路傍で菫の花を見かける機会が多くなってきた。 まだ咲き始めなので,もっと大きくなる種でもまだ丈が低い。 ついつい写真を撮ってしまう。 春になると自動的にそのようにしてしまう習性が身についてしまったらしい(笑) アツバスミレ 同上 アカネスミレ? 同上 ヒメス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミズバショウとザゼンソウ

国レベルの緊急事態宣言が解除されたので,昨日,久しぶりに茨城県外に出た。それまでは国の緊急事態宣言の趣旨を尊重し,県外に出ないようにしていた。 しかし,高度のリスクがあるので,今後も,仕事上の義務として移動しなければならない場合などを除き,1都3県の人口密集地帯には入らないようにする予定。 宣言解除後に最初に訪問したのは,栃木県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近観た花

散策していると,綺麗な花を目にすることが多くなった。完全に春到来という感じがする。園芸品種の樹の花が多いけれども,路傍に野草の花を見かけることもあり,心が和む。 ハナモモの品種 ダンコウバイ ジンチョウゲ モクレンの品種 リュウキンカ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キブシの花

本日,散策中にキブシ(Stachyurus praecox)の花を見た。 キブシと出逢うのは久しぶりのことだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観た春の木の花

散策中に木々の枝に花が咲いているのを見かける機会が増えてきた。また春が巡ってきたのだ。 あと何回経験できるのかわからないので,じっくりと味わいなから観賞することが多くなってきた。 サンシュユ? シデコブシの品種 ハクモクレン ミツマタ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近観た鳥

散策中に様々な鳥と出逢う。 休耕田のような場所一面にホトケノザの花が咲き,赤紫色の絨毯のようになっていた。よく観ると,その中にムクドリがいる。ズームで写真を撮った。 田圃の中の農道を歩いていたら,少しだけ木が植えてある場所にトビのような鳥がとまっていた。しかし,ちょっと様子が違う。写真を撮っていたらこちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジ(オス)

本日,某神社の参道付近を散策中にキジのオスを見た。その近くに2羽のメスもいたのだが,メスは逃げ足が速く,撮影できなかった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近見た鳥

春が来て水辺にいっぱいいた冬の渡り鳥が去ってしまった。カルガモはどこにでもいる。ときどきダイサギを見る。運が良ければカワセミと出逢う。 庭に来るヒヨドリは,植えてあるドウダンツツジの花を食いつくす様子で,しかも,人間がすぐ近くにいても逃げる様子がない。困ったものだがへたに追い払うと「動物愛護の精神に反する」と言って非難されかねないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンショウの花

先日,里山を散策中,サンショウの花を観た。自宅の庭にもサンショウがあるのだが,アゲハチョウの幼虫に食べられてしまうことが多い。なかなか複雑な気分になる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニホンミツバチ

先日,ホームセンターに必要なものを買いに出た際,そのホームセンターの生垣となっているツツジの花にミツバチの仲間がやってきていることに気づいた。あまり良い写真を撮れなかったのだが,たぶんニホンミツバチ(Apis cerana japonica)だろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒガシニホントカゲ

散策していたら,トカゲと出逢った。以前はニホントカゲと表記しておけば問題なかったのだが,現在では西日本のニホントカゲ(Plestiodon japonicus)と東日本のヒガシニホントカゲ(Plestiodon finitimus)に分けられているので,やや面倒。私が観たものはヒガシニホントカゲの成体だろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンランとササバギンラン(続)

キンランとササバギンランについては既に書いた。気温が急激に高まっているので,あっという間に満開になって散ってしまうかもしれないと危惧し,今年見た一番の大株のキンランのある場所を再訪し,また,別の自生地を探してみた。 大株のキンランは,ほぼ満開で実に見事。よいものを観た。また,今年はキンランの当たり年らしく,あちこちでキンランが出ていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キツネアザミ

自宅近くの里山を散策していたら,キツネアザミ(Hemistepta lyrata)が開花していた。史前帰化植物の1つとされており,どちらかというとありふれた植物なのだが,じきに刈り取られてしまうかもしれないので,写真を撮ることにした。  西宮の湿生・水生植物:キツネアザミ  h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more