テーマ:

キツネノボタン

数日前,山を散策していたら,キツネノボタン(Ranunculus silerifolius var. glaber)が黄色の花を咲かせているのを見つけた。まだやっと咲き始めたばかりのようだ。これから何度も目にすることになるだろう。  松江の花図鑑:キツネノボタン(狐の牡丹)  https:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツルカノコソウ

先日,山を散策していたら,ツルカノコソウ(Valeriana flaccidissima)と思われる植物を見つけた。最初は,ナズナの類に似たアブラナ科の植物かと思った。しかし,よく見ると,花冠が5裂しており,十字架型の花を咲かせるアブラナ科植物ではない。また,細長い走出枝を出している個体もある。他にそのような特徴をもつ植物がないので,ツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐野市:朝日森天満宮

過日,朝日森天満宮を参拝した。多数の境内社がある。全て参拝した。 藤原秀郷の七代孫・家綱の創建による神社とのことで,元は旧唐沢城の中にあったけれども,後に現在の場所に遷座したとのこと。社殿はとても立派なものだった。藤原秀郷の敵であった平将門とその兄弟は,菅原道真の三男・景行と親交があったと推定されており,菅原道真の墓所のある大生郷天満…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオキの花

数日前,散策していたら,畑の縁の段丘崖にある林に生えているアオキ(Aucuba japonica)が開花しているのを見つけた。植栽と思われる。 アオキには雄花だけが咲く雄株と雌花だけが咲く雌株とがあるが,並んで植えてあったので,あちこち探し回らなくても良く,助かった。 里山の林の中を散策していると,明らかに植栽ではない野生のアオキが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ桜の散る季節となった。数日前,満開の桜の花の写真を撮った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニョイスミレ

タチツボスミレ(Viola grypoceras)の群落を散策していたら,それに混じってニョイスミレ(Viola verecunda)が開花していた。小さな菫なので,気をつけていないと見落としてしまう。 ただ,強風のせいかどうか,土の粒をかぶっているものが少なくなかった。ちょっと可哀想・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバアケビの花

昨日,散策していたら,ミツバアケビの花を見つけた。濃い赤紫色の花。雌花と雄花とがあり,雌花は3枚の花弁のある花のように見えるけれども,雄花は小さく花序を構成しており,小さな葡萄の房のように見える。久しぶりで観た。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハシビロガモ

散策中に立ち寄った池にハシビロガモ(Anas clypeata)がいっぱい泳いでいた。ハシビロガモを写真に撮るのは初めてかもしれない。比較的近くでも逃げようとしないので,人間に慣れているように思う。 ハシビロガモの他にマガモ,カルガモ,コガモなどがいた。ただし,マガモだと思った鳥は,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズメノヤリ

散策していたら,スズメノヤリ(Luzula capitata)が開花しているのを見つけた。どこにでもある植物なのだけれども,綺麗に開花している個体と出逢うのに意外と苦労したりする。タイミングの問題があるのだろう。  松江の花図鑑:スズメノヤリ(雀の槍)  https://matsue-ha…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クサボケ

散策していたら,鮮やかな濃オレンジ色の花を咲かせている背丈の非常に低い植物を見つけた。クサボケ(Chaenomeles japonica)だと思う。日本固有種とのことだ。 花をよく見ると,既に少しかじられているように見える。虫なのか鳥なのかはわからない。自然界というものは厳しいものだと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シバスゲ?

散策していたら,草刈りをした後の草原のようなところにとても小さなスゲの仲間が黄色の花を咲かせているのを見つけた。現在の草丈は10~15cm程度。これから少し伸びるのではないかと思う。あまり自信はないが,たぶんシバスゲ(Carex nervata)じゃないかと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タガラシとアオサギ

先日,つくば市北条付近を散策していたら,田圃の畔のようなところにタガラシ(Ranunculus sceleratus)が生えてきて,花を咲かせているのを見つけた。久しぶりに見た。 そのすぐそばの水路のようなところではアオサギが獲物を探していた。  松江の花図鑑:タガラシ(田辛子)  ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニシジミ

先日,つくば市北条周辺を散策していたところ,ベニシジミ(Lycaena phlaeas)が飛んでいるのを見つけた。地面に降りたので,すかさず撮影。暖かい日とひどく寒い日とが交互にやってきて気象条件が厳しいのだが,野生の動植物は逞しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニオイタチツボスミレとタチツボスミレ

強風で桜が散り始める日だったが,午前中に用事を済ませた後,そこから比較的近い古墳群に立ち寄り,古墳見学がてら春の野草を観察した。ニオイタチツボスミレ(Viola obtusa)とタチツボスミレ(Viola grypoceras)がいっぱい花を咲かせていた。素晴らしい。 ニオイタチツボスミレ ニオイタチツボスミレ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニリンソウ

散策していたら,他の植物の花はまだまだだったけれども,ニリンソウが可愛らしい花を咲かせていた。普通は白花なのだが,良く見ると,少しだけピンク色の強い花がある。個体差の範囲内だろうと思う。蕾の間にあるピンク色が残っているのかもしれない。 なお,これらのニリンソウは,万葉植物園のようなところで開花していたもので,野生・自生のものではないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クヌギの花?

つくば市北条の山道を散策していたら,ブナ科と思われる高木にいっぱい花が咲いていた。枝が高すぎて近くで観察できないため,同定はできなかったけれども,たぶんクヌギ(Quercus acutissima)が開花していたのではないかと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野山の花

つくば市北条のあたりを散策していたら,様々な野草や木の花と出逢った。例年よりも開花が少し早いのではないかと思われるものが少なくない。気象の変化が著しいので,山野草はとまどいを感じているのだろうと思うけれども,農家も苦労しているのではないかと思った。 とりあえず,定番の野草の花から。 カラスノエンドウ カラスノエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニオイタチツボスミレ

八幡山公園(栃木県宇都宮市塙田)を散策していたら,宇都宮タワー前古墳と呼ばれる古墳所在地を少し下ったところにある芝生でニオイタチツボスミレ(Viola obtusa)が開花しているのを見つけた。ニオイタチツボスミレが生えている場所のすぐ近くの植木の根元ではタチツボスミレ(Viola grypoceras)が花を咲かせていた。菫の季節とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キランソウ

散策していたら,キランソウ(Ajuga decumbens)の花が咲いているのを見つけた。濃い紫色の花なので,小型の菫の仲間かと思ったが,近づいてみたらキランソウだった。だいぶ視力が落ちてきたようだ(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイバの雌花

散策していたら,スイバ(Rumex acetosa)の雌花を見つけた。久しぶりに真面目にスイバの雌花を観察した。  松江の花図鑑:スイバ(酸葉)  https://matsue-hana.com/hana/suiba.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シハイスミレの葉裏緑タイプ?

山の林の中を散策していたら,ちょっと変わった菫の仲間を見つけた。ナガバノスミレサイシン(Viola bissetii)かと思った。しかし,柱頭が白く,距がやや長い。そこで,シバイスミレ(Viola violacea)かと思い,葉の裏を見たら薄緑色だった。葉の表面にあまり光沢がないので,マキノスミレ(Viola violacea var.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカネスミレ

茨城県桜川市松田地内を散策していたところ,ある農家の庭先で菫の仲間がいっぱい花を咲かせているのを観た。たまたま所有者の方が作業中だったので,挨拶をし,許可を得てその菫の花を観賞し,写真に撮った。とても綺麗。素晴らしい庭だと思う。 帰宅してから丁寧に写真を観察したところ,花の内部が見えにくいが,柱頭が緑色であり,花弁の基部に白い毛が密生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝垂桜

桜があちこちで開花している。笠間市~桜川市周辺を散策していたところ,臨済宗妙心寺派・高乾院(茨城県笠間市石井)の境内の枝垂桜など,特に素晴らしい枝垂桜をいっぱい観ることができた。 高乾院の枝垂桜 高乾院の枝垂桜 高乾院の枝垂桜 高乾院の本堂 高乾院所蔵の金剛般若波羅密教一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シナレンギョウの花

レンギョウの仲間の花があちこちで咲いている。レンギョウの仲間を見分ける識別点は,花のない時期には葉の形状なのだが,花の時期には雄蕊の形状となっている。 散策していたら,シナレンギョウ(Forsythia viridissima)と思われる植物の花が咲いていた。その場で私が観たものは,単独で植栽されていたのだけれども,綺麗。 レンギョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンシロチョウ

散策しながら路傍の草を観ていたら,目の前にモンシロチョウがやってきて停まった。すかさず写真を撮った。 オオイヌノフグリの花の蜜を探しているようだ。なんでこんな小さな花を求めるのか・・・と,つい余計なことを考えてしまった(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クジャクチョウ

この春になって初めてクジャクチョウ(Inachis io)を観た。越冬した個体ではないかと思う。翅を全部開いた状態の写真は撮れなかったけれども,記録のため。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンキチョウ

散策していたら,早くもモンキチョウ(Colias erate)が飛び回っているのを観た。近くで停まったので,すかさずズームで撮影。 モンキチョウは,幼虫で越冬し,春になると羽化するのだそうだ。 ちなみに,私が観た個体は,春型のせいかどうか,夏に見るモンキチョウの翅色とはかなり異なるものだった。しかし,キタキチョウ(Eurema ma…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオバタネツケバナ

散策していたら,沢のような感じの人工的な水路のある場所で,ナズナのように植物体全体が大きく,タネツケバナのような形をしており,茎も果実も緑色の植物を観た。クレソン(オランダガラシ)かと思ったけれども花の特徴も葉の特徴もかなり異なる。帰宅してから調べてみた結果,オオバタネツケバナ(Cardamine scutata)だろうと判断した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショカツサイ(諸葛菜)の白花とツマキチョウ

ショカツサイの紫色の花があちこちで咲いているので,その花を観ながら散策していたら,白花のような個体があった。もしかすると単に脱色しただけかもしれないのだが,気になって観ていた。すると,ツマキチョウ(Anthocharis scolymus)が飛んできた。ダブルで珍しいものを観た。 ツマキチョウは,春だけに見られる蝶だ。 ツマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイコンの花

散策していたら,ダイコンを収穫しないでそのままにしてある畑で白い花が咲いているのを見つけた。普通の練馬大根だろうと思うのだが,品種名は不詳。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more