取手市小文間:東谷寺

過日,真言宗豊山派・明香山観音院東谷寺(茨城県取手市小文間)を参拝した。本尊は大日如来。 相馬四国八十八ヶ所霊場第六十六番札所となっている。 室町時代に一色氏が築城した小文間城の鬼門除けとして創建された如意輪観音堂に始まり,その後,江戸時代に近隣の別の寺院を合併して中興開山された寺院とのこと。現在は,法泉寺(茨城県土浦市大岩田)の末…
コメント:0

続きを読むread more

ハクセキレイ

先日,散策中,湿地のような場所の脇を通る道でハクセキレイ(Motacilla alba lugens)を見た。 繁殖羽の成鳥と幼鳥のようだ。 成鳥のほうはセグロセキレイかと思ったのだけれども,頬のあたりが異なっており,ハクセキレイだと判断した。 成鳥 幼鳥  Bird Fan:ハクセキレイ  …
コメント:0

続きを読むread more

水戸市大場町~元石川町:小山古墳群

過日,小山古墳群を見学した。 小山古墳群は,イーストゴルフ(茨城県水戸市元石川町)の敷地西側の耕地の中にある1基の古墳とイーストゴルフの北東(茨城県水戸市大場町)にある2基の古墳の合計3基の古墳で構成される古墳群とされている。 水戸市教育委員会編『水戸市埋蔵文化財調査報告書(平成10年度)』の43頁によれば,イーストゴルフの北東(茨…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市栗崎町:佛性寺と古墳(その2)

過日,天台宗・湧石山大日院佛性寺(茨城県水戸市栗崎町)を参拝した。 佛性寺は,天長年間に円仁により創建されたのが始まりとされる古い寺院。 佛性寺の境内には,佛性寺古墳と呼ばれる古墳が所在していることになっている。佛性寺古墳は,直径6.5m・高さ1.5mの円墳とされている。 探してみたところ,十二支守り本尊の並ぶ場所の裏手に比較…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市栗崎町:佛性寺と古墳(その1)

過日,天台宗・湧石山大日院佛性寺(茨城県水戸市栗崎町)を参拝した。 佛性寺は,天長年間に円仁により創建されたのが始まりとされる古い寺院。 本堂は,室町時代の様式を伝えるものと考えられている八角形の御堂。 トポロジー的に考えると,八角形の御堂は,例えば,三津谷古墳(群馬県北群馬郡吉岡町)のような古代の皇族の墳墓様式である八角形墳の概…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市大手町:等覚寺

過日,真宗大谷派・蓮光山正定聚院等覚寺(茨城県土浦市大手町)を参拝した。 等覚寺は,藤沢山三教閣極楽寺として開山された寺院だったが,慶長10年(1605年)に現在の場所に移転し,寺号を改めたとのこと。 等覚寺には鎌倉時代に鋳造されたというとても古い銅鐘があり,国指定の重要文化財となっている。一見の価値がある。 本堂は,とても立派な…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市大手町:東光寺

過日,曹洞宗・医王山東光寺(茨城県土浦市大手町)を参拝した。本尊は,大日如来。 慶長12年(1607年)に開山の寺院とのこと。 参道を進むと,正面に薬師堂(瑠璃光殿)があり,左手に弁財天堂があり,その奥に刀自霊堂,稲荷社等があり,その奥に耐火建築の本堂がある。 薬師堂(瑠璃光殿)の四方の壁面には干支の彫刻が施されている。この彫刻は…
コメント:0

続きを読むread more

ニホンカナヘビ

散策中,林の中でニホンカナヘビ(Takydromus tachydromoides)を見た。 自宅の庭にもカナヘビがいるのだが,こうして林の中で見つけると,ぐっと精悍な印象を受ける。
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチの巣

散策中,たまたま木のウロのような穴にミツバチが集まっており,出入りしているのを見つけた。黒っぽいので,ニホンミツバチ(Apis cerana japonica)だろうと思う。 珍しいものを見た。
コメント:0

続きを読むread more

オニヤンマ

ある城跡を散策中,オニヤンマを見た。 飛行中のオニヤンマを撮影するのは簡単ではないが,ちょうど枝先等にとまったところをズームで写真撮影。
コメント:0

続きを読むread more

水戸市栗崎町:千勝神社と古墳

過日,千勝神社(茨城県水戸市栗崎町)を参拝した。 小さな神社なのだが,社殿の背後に小さな円墳様の塚がある。この塚は,千勝神社古墳と呼ばれ,一辺4.3m・高さ約0.8mの方墳とされている。 発掘調査が行われたのかどうかは不明で,円墳なのか方墳なのかは確定していないかもしれない。 鳥居 社殿 社殿脇…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市中央:大日堂

過日,真言宗豊山派・大日堂(茨城県土浦市中央)を参拝した。 大日堂は,御堂があるだけの小さな寺院なのだが,説明板によれば,延喜2年(902年)に建立されたとても古い寺院とのこと。 現在は,龍泉寺が管理する寺院らしい。 境内には供養塔などが並べられいた。非常に興味深いものもあった。 大日堂の境内 大日堂 …
コメント:0

続きを読むread more

土浦市中央:與三郎稲荷

済岸寺に隣接して與三郎稲荷(茨城県土浦市中央)がある。参拝した。 與三郎稲荷の社殿と済岸寺の本堂との間には小さな御堂があることから,済岸寺と関連する稲荷神社なのかもしれないのだが,史料等を調べていないので,確実なことはわからない。 與三郎稲荷には済岸寺の参道とは別の参道があり,與三郎稲荷の参道入口には鳥居もある。ただし,鳥居は折れた…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市中央:済岸寺

過日,臨済宗建長寺派・霊鷲山済岸寺(茨城県土浦市中央)を参拝した。 説明板によれば,済岸寺は,寛永20年(1643年),当時の土浦藩主・西尾忠照が菩提寺として建立した寺院とのこと。 また,説明板によれば,済岸寺には中田平山の墓所があるということナノだが,よくわからなかった。 済岸寺入口付近 済岸寺の本堂 …
コメント:0

続きを読むread more

土浦市城北町:阿彌陀院

過日,真言宗豊山派・阿彌陀院(茨城県土浦市城北町)を参拝した。 阿彌陀院は,御堂があるだけの小さな寺院。縁起等の詳細は不詳。龍泉寺が管理する寺院らしい。 境内には大師堂と思われる小さな御堂や供養塔などがある。 また,境内地の隅に「旧地名・田町」を示し,簡単な説明文のある標石がある。 阿彌陀院 大師堂? …
コメント:0

続きを読むread more

土浦市中央:龍泉寺

過日,真言宗豊山派・補陀楽迦山観音院龍泉寺(茨城県土浦市中央)を参拝した。本尊は,十一面観世音菩薩。 龍泉寺は,応永13年(1406年)に開山の寺院。江戸時代には,土浦城主・土屋氏の祈願寺となったとのこと。 境内にはクロガネモチの古木があり,土浦市の保存樹木となっている。 山門 本堂 龍泉寺の説…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市下平塚:西光寺

過日,真言宗豊山派・無量山般若院西光寺(茨城県つくば市下平塚)を参拝した。 西光寺の本堂は,地区集会所を兼ねる建物となっているので,西光寺としての玄関と思われる場所の前で一礼した。 西光寺は,かつては,真言宗豊山派・羽黒山今泉院大聖寺(茨城県土浦市永国)の兼務寺として大いに栄えたようなのだが,明治時代の廃仏毀釈等の結果,衰退したよう…
コメント:0

続きを読むread more

常陸太田市新宿町:元太田埴輪窯跡・西山公園展望台・義光廟

過日,元太田埴輪窯跡(茨城県常陸太田市新宿町)を見学した。 元太田埴輪窯跡は,西山公園の稜線近くにあり,合計11基の窯跡が発見された。その中の西側にある10基の窯跡の所在地は,西山公園展望台すぐ下の駐車場付近であり,現在では削平され,湮滅している。駐車場の脇に説明板があるが,窯跡所在地の記載がわかりやすいとは言えない。 残りの1基の…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市中央:中城天満宮

先日,土浦市の中城通り(茨城県土浦市中央)を再訪し,中城通りと近隣の寺院のある区域を散策した。 少し脇道に入ったところに中城天満宮がある。参拝した。 天満宮の由緒等の詳細は不詳。境内に立てられた説明板によれば,源義家と関係する伝承があるらしい。 境内に柳沢柳旦(柳沢柳坦)の句碑があった。下記の土浦市立博物館の広報誌の中に「柳旦堂」…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市中央:中城通り再訪

先日,土浦市の中城通り(茨城県土浦市中央)を再訪し,中城通りと近隣の寺院のある区域を散策した。 中城通りそれ自体はそんなに規模の大きなものではないが,近隣の遺跡(土浦城跡)等を全体として理解すると,古い街並みが比較的良く保存されていると言えるのではないかと思った。古地図と丁寧にマッピングしてみると,江戸時代の外堀(明治時代以降の水路)…
コメント:0

続きを読むread more