茨城県東茨城郡城里町上青山:青山神社と古墳(その1)

過日,青山神社(茨城県東茨城郡城里町上青山)を参拝した。祭神は,五十猛命。 青山神社は,式内社常陸國那賀郡青山神社と比定されている。 青山神社は,宝亀3年(772年),紀伊國伊太祁曾神社から五十猛命を勧請して創設された神社とのこと。その頃,紀伊國からまとまった集団が移住してきた可能性がある。現在の城里町の北西には那須烏山市,芳賀町,…
コメント:0

続きを読むread more

トリアシショウマ

過日,散策中,トリアシショウマ(Astilbe odontophylla)と思われる植物の白い花を見た。 若干疑問は残るが,葉の特徴から,トリアシショウマだろうと判断した。
コメント:0

続きを読むread more

那珂市額田:阿弥陀寺

過日,浄土真宗・証拠山大山禅坊阿彌陀寺(茨城県那珂市額田)を参拝した。本尊は,阿弥陀如来。 下記の額田城跡保存会のサイト及び親鸞聖人を訪ねてのサイトによれば,阿彌陀寺は,建保4年(1214年)に親鸞聖人が開いた道場が始まりで,明徳2年(1391)年,額田城主・小野崎氏に招かれて小野崎氏の守護寺となり,その後,佐竹氏に従い,佐竹氏が転封…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市額田:額田城跡(その4)

過日,額田城跡(茨城県那珂市額田)を見学した。 額田地区交流センターの事務棟窓口でお願いし,この場所にクルマを停め,そこから先は徒歩で往復。 額田城の本丸の南を東西に走る道路を通って本丸を外側から観察しながら本丸南西端付近に至った。そこには旗が立てられており,そこからも本丸に登ることができるようになっている。 本丸の西側の堀の…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市額田:額田城跡(その3)

過日,額田城跡(茨城県那珂市額田)を見学した。 額田地区交流センターの事務棟窓口でお願いし,この場所にクルマを停め,そこから先は徒歩で往復。 二の丸上を東西に横断する道と本丸方面への道の分岐点付近から本丸の方に進むことにした。 二の丸と本丸の間には堀があり,湧き水があるようで小川が流れているような状態となっていた。木橋を渡り,…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市額田:額田城跡(その2)

過日,額田城跡(茨城県那珂市額田)を見学した。 額田地区交流センターの事務棟窓口でお願いし,この場所にクルマを停め,そこから先は徒歩で往復。 三の丸と二の丸の間にある堀の東端付近で道が分岐する。二の丸東端の堀の外(東側)にある土塁の上を歩き,更に南下した。この土塁の上からは城跡東側の様子が見える。現況は平坦地なのだが,そのあたり…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市額田:額田城跡(その1)

過日,額田城跡(茨城県那珂市額田)を見学した。 額田地区交流センターの事務棟窓口でお願いし,この場所にクルマを停め,そこから先は徒歩で往復。担当者の方の対応は,とても親切だった。 額田地区交流センターの入口付近には「まちめぐりマップ」があり,事務棟裏(南側)の額田城入口付近には額田城全体の説明板がある。 遊歩道が丁寧に整備されてお…
コメント:0

続きを読むread more

ゴマダラカミキリ

本日の夕刻のことだが,ミョウガの葉の上にゴマダラカミキリ(Anoplophora malasiaca)がとまっているのを見つけた。 雨上がりとはいえ,まだ雲が漂っており,普通の夕刻よりもずっと暗かったので,露出不足で失敗するかもしれないと思いつつ,とりあえず愛用のコンパクトデジカメで撮影。 どうにか識別可能な程度の写真が撮れたようだ…
コメント:0

続きを読むread more

つくばみらい市板橋:浅間神社と三条院城址

過日,浅間神社(茨城県つくばみらい市板橋)を参拝した。 浅間神社の由緒等の詳細は不詳。小さな石祠があり,その脇に青面金剛明王と富士神社が祀られている。 浅間神社は,古墳のように見えないこともない小山のような場所の上に鎮座している。その小山の背後(南東側)には土塁が接続しており,三条院城址の一部として理解されている。 夏場であり,ス…
コメント:0

続きを読むread more

守谷市:守谷野鳥のみち

過日,守谷城の本丸跡を見学した後,「守谷野鳥のみち」の北側部分をのんびりと散策した。 このときは,動植物の観察を目的とするものではなかったのだが,木道を歩きながら,イタチが走り抜けるのが見え,また,あちこちで小鳥の囀りが聞こえた。 途中に休憩所等もあり,とても丁寧に整備された散策路だと思った。 バルコン広場付近で散策を終えて舗装道…
コメント:0

続きを読むread more

守谷市本町:守谷城址(その4)

過日,守谷城址(茨城県守谷市本町)を見学した。 楯形曲輪の東に本丸がある。 楯形曲輪と本丸との間には空堀があり,元は木橋がかかっていたとのことなのだが,木橋は復元されていないので,通路のある場所でいったん空堀の底まで降り,そこから本丸の方に登った。 本丸は,そんなに広くない。本当に本丸だったのかどうか,若干疑問が残った。少なくとも…
コメント:1

続きを読むread more

守谷市本町:守谷城址(その3)

過日,守谷城址(茨城県守谷市本町)を見学した。 二の曲輪の東側に楯形曲輪がある。二の曲輪と楯形曲輪との間は空堀になっており,土橋がかかっている。 土橋の手前(二の曲輪側)に説明板と案内図がある。また,楯形曲輪の上にも楯形曲輪の構造と機能を理解するために必要十分な情報を提供する説明板がある。とても助かる。勉強になった。 楯形曲輪は,…
コメント:0

続きを読むread more

守谷市本町:守谷城址(その2)

過日,守谷城址(茨城県守谷市本町)を見学した。 御馬家台を見学した後,空堀の南端のあたりに戻り,少し東進して二の曲輪登り口付近に着いた。 坂道を登ると,すぐに二の曲輪の上に出る。その坂道に桝形虎口がある。 そのあたりには二の曲輪の説明板と守谷城全体の説明板がある。とても助かる。 土塁の上に登れるようになっている場所があったので登…
コメント:0

続きを読むread more

守谷市本町:守谷城址(その1)

過日,守谷城址(茨城県守谷市本町)を見学した。 守谷城址公園の南側トイレ脇の駐車場にクルマを停めて見学を開始。なお,駐車場に停めることのできるクルマの台数が限られているので,私が到着した時には1台しか停めていなかったのに,見学を終えて戻ってきた時には満杯になっていた。 この駐車場の隅には,土塁に関する説明板がある。その説明板の中にあ…
コメント:0

続きを読むread more

アーティチョーク(チョウセンアザミ)

先日,散策中,アーティチョーク(Cynara cardunculus (syn. Cynara scolymus))の花を見た。 アーチーチョークは,チョウセンアザミとも呼ばれているが,地中海沿岸原産の植物。 下記の三河の植物観察のサイトによれば,古代エジプトの時代から栽培されていたとのことで,野生植物の園芸品がハーブの一種または観…
コメント:0

続きを読むread more

常陸大宮市長倉:長倉城跡

過日,長倉城跡(茨城県常陸大宮市長倉)を見学した。 長倉城跡は,蒼泉寺の東に位置する山の上にあり,蒼泉寺山門脇から城跡に向かう山道がある。 山道を少し進むと道が分岐する。その場所に説明板があり,説明板の左(西側)の道を更に登った。 少し登ると,2つ目の分岐がある。右手(東側)の方に鋭角に折れる山道に紅白のポールがたてられており,そ…
コメント:0

続きを読むread more

常陸大宮市長倉:蒼泉寺

過日,曹洞宗・南嶽山蒼泉寺(茨城県常陸大宮市長倉)を参拝した。本尊は,聖観世音菩薩。 蒼泉寺は,長倉城主・佐竹義興が慶長元年(1596年)に創建したのが始まりで,文化3年(1806年)に堂宇を焼失したが,文化8年(1811)に再建され,今日に至っている寺院とのこと。なかなか立派な本堂だった。 本尊の聖観世音菩薩坐像は,寛文5年(16…
コメント:0

続きを読むread more

取手市小文間:福永寺と小文間稲荷大明神と中妻貝塚

過日,真言宗豊山派・海中山福永寺(茨城県取手市小文間)を参拝した。本尊は,昆沙門天。 関東八十八ヵ所霊場第四十二番霊場となっている。 福永寺は,天長元年(824年)に海中から発見された毘沙門天像を御堂に安置したのが始まりの寺院。その後,火災により何度か堂宇を失ったけれども再興され,現在の本堂は,昭和61年に再建されたものとのこと。 …
コメント:0

続きを読むread more

取手市小文間:明星院

過日,真言宗豊山派・深雪山明星院(茨城県取手市小文間)を参拝した。本尊は,延命地蔵菩薩。 明星院の縁起等の詳細は不詳。 関東八十八ヶ所霊場第四十三番札所となっている。 境内には開山堂と大師堂がある。 明星院の奥に薬師ヶ丘共同墓地という独立した墓地区画のような場所があり,薬師堂と思われる御堂があった。この場所は,この地区の人々の元…
コメント:0

続きを読むread more