桐生市:十ヶ塚稲荷神社と古墳

過日,十ヶ塚稲荷神社(群馬県桐生市錦町)を参拝した。 十ヶ塚稲荷神社は,新川公園(群馬県桐生市稲荷町)の南約50mのところにあり,道路(新川橋通り)に面している。外見上は,普通の家しかないように見えるけれども,社殿基壇部が十ヶ塚稲荷神社古墳または十ヶ塚古墳と呼ばれる直径約10mの円墳とされている。 墳丘の大部分がコンクリートで固めら…
コメント:0

続きを読むread more

本庄市:長沖111号墳

長沖古墳群(埼玉県本庄市児玉町)に属する古墳の1つである長沖111号墳を見学した。長沖111号墳は,現況で直径約20mの円墳であり,主として畑地となっている段丘の端にあるので,周辺の道路からもよく見える。古墳西側の畑の中に通路のような部分があって墳丘にアクセスでき,墳頂には5つの神社がある。天照皇大神・大己貴命と記された石柱が立てられて…
コメント:0

続きを読むread more

太田市丸山町:諏訪神社と古墳

過日,諏訪神社(群馬県太田市丸山町)を参拝し,同社の基壇部となっている古墳を拝見した。諏訪神社の祭神は,建御名方神。境内には境内社と思われる石祠等がある。 諏訪神社の基壇部となっている古墳は,諏訪神社古墳と呼ばれ,毛里田村3号墳(毛里田村3号古墳)とも呼ばれる。直径約25mの円墳とされている。墳丘の上部がかなり掘削されているようで,社…
コメント:0

続きを読むread more

寒咲き菜の花(カンザキハナナ)

散策していたら,畑の中で寒咲き菜の花(カンザキハナナ)が黄色の花を咲かせているのを見つけた。「寒咲き菜の花(カンザキナノハナ)」または「寒咲き花菜(カンザキハナナ)」として種子が売られており,アブラナの品種(Brassica sp.)とされている。
コメント:0

続きを読むread more

ヤブツバキの花

散策していると,ヤブツバキ(Camellia japonica )の花をあちこちで見かける季節となった。普通は庭,畑,寺社の境内などにあり,明らかに栽培されているのだが,稀に山野で見かけることがある。たぶん,ずっと昔に(油を採取するために)植栽されたものの子孫だろうと思う。 ヤブツバキには白花品種もある。し…
コメント:0

続きを読むread more

常陸太田市:香仙寺の梅の花

浄土宗・不軽山荘厳院香仙寺(茨城県常陸太田市松栄町)の境内で白花八重の梅が開花しているのを見た。紅花の梅も開花していた。とても綺麗。寺院や神社によっては非常に珍しい樹の花を観ることができる場合があるので,寺社の庭園を散策する時も気をつけるようにしている。 …
コメント:4

続きを読むread more

水戸市:森戸古墳群(続)

過日,森戸古墳群(茨城県水戸市森戸町)の1号墳と2号墳を見学した。その後,2019年8月初旬に森戸古墳群を再訪し,それ以外の古墳の中で加波山神社の北東にある古墳を見学した。これらの古墳に関しては,茨城県東茨城郡常澄村教育委員会「大六天古墳(森戸古墳群第12号墳)」(1976年3月31日)の中で付番されている。現時点では加波山神社の境内及…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県児玉郡上里町:吉祥院

過日,真言宗智山派・阿保山真光寺吉祥院(埼玉県児玉郡上里町大御堂)を参拝した。山門,本堂,その他の堂宇とも,とても立派なものだった。 吉祥院は,大同元年(806年)武蔵介阿保人上が七堂伽藍十二坊をつくり開基とのことなのだが,戦火により堂宇が焼失し,その後も火災によって焼失し,江戸時代後期に再建された後,今日に至っているのだそうだ。安保…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県児玉郡上里町:大経塚古墳

過日,大経塚古墳(埼玉県児玉郡上里町大字三町)を見学した。大経塚古墳は,大御堂古墳群を構成する古墳の1つで,直径約23mの円墳とされている。墳頂に祠がある。また,この古墳の前にはスクラップにされる自動車の置場のような場所があるため,シュールな古墳として紹介されることが多い。私が訪問した時にもまさにそのような状態だった。なぜそうなのかは知…
コメント:0

続きを読むread more

本庄市:八幡山古墳とつつじ山古墳

過日,八幡山古墳とつつじ山古墳(埼玉県本庄市万年寺)を見学した。これらの古墳は,「万年寺ふれあい公園」の中にある。 この地域には,かつて100基以上の古墳が存在したらしいのだが,その大部分は,地下に遺構があるだけのものだったので,要するに,既に墳丘が削平され,湮滅していた古墳が多かったということになる。とはいえ,墳丘が残存していた古墳…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県児玉郡上里町:浅間山古墳

過日,浅間山古墳(埼玉県児玉郡上里町神保原町)を見学した。浅間山古墳は,直径約38mの円墳とされている。石室が開口しているが,石室前に神社がある。参拝した。 この神社の祭神等は不詳ながら,浅間神社だろうと思った。古墳が発掘される前の時代には神社の所在地が異なっていたと思われる。発掘前には,石室の開口していない饅頭型の大きな塚があり,そ…
コメント:0

続きを読むread more

ホトケノザ

ホトケノザ(Lamium amplexicaule)は,春の到来を示す野草の1つとして知られている。一般的には3月~6月が花期とされている。しかし,少なくとも関東地方においては,実際には11月~12月頃から開花し始め,1月下旬~2月頃にはどこでも花が咲いているような状態となっている。「花期」なるものは,地域条件(緯度・平均気温)や各年の…
コメント:0

続きを読むread more

アオキの果実

散策していたら,アオキ(Aucuba japonica)の果実が赤色になってきているのを見つけた。地域や気象条件等によって異なるのだろうが,一般に,アオキの果実は,12月~5月に熟すとされている。 なお,アオキを細かく分類する立場もある。しかし,遺伝子を精密に分析しないと確実な区分ができないレベルの差異なので,専門論文等を書くのでない…
コメント:0

続きを読むread more

キセキレイ(メス)

古墳探訪中,駐車場所にクルマを停めたとたん,キセキレイ(Motacilla cinerea)が目の前を通った。ドアを開けると逃げてしまう可能性が高いので,ドアを開けないで運転席内から写真を撮った。鮮明度がイマイチなのだけれども,どうにか識別可能な程度の写真になったようだ。メスだと思う。 キセキレイは,警戒心が強いようで,何度か出逢った…
コメント:0

続きを読むread more

熊谷市:龍泉寺

過日,埼玉厄除け開運大師として知られる真言宗豊山派・少間山観音院龍泉寺(埼玉県熊谷市三ケ尻)を参拝した。境内はとても賑わっており,太鼓を打ち鳴らして祈願が繰り返されていた。厄除けのための各種の御札や御朱印等が販売されており,それを求める参拝者が多いのではないかと思う。 龍泉寺の境内地には石室のような形状の構造物があり,その上に供養塔が…
コメント:0

続きを読むread more

熊谷市:二子山古墳

過日,二子山古墳(埼玉県熊谷市三ケ尻)を見学した。以前訪問した時には墳丘上に草木がびっしりと生えていて何が何だかわからないような状態で,がっかりして帰宅したのだった。今回,冬であれば草木の葉も落ちているだろうと思って再訪してみたところ,墳丘上の樹木が全て伐採され,草もない状態だった。墳丘を掘削するための準備としてそのような状態になってい…
コメント:0

続きを読むread more

深谷市:黒田古墳群

過日,黒田古墳群(埼玉県深谷市黒田)を見学した。黒田古墳群は,関越自動車道花園ICのある台地の東端付近にある。台地下は,第一石産運輸株式会社埼玉事業部の非常に大規模な作業場となっており,大型トラックが頻繁に通行する場所でもあるので,静かな古代と最も旺盛に活動している現代の産業とが同居しているような不思議な環境の中にある。 黒田古墳群は…
コメント:0

続きを読むread more

足利市:岡崎山古墳群

寺岡山元三大師の背後地は,岡崎山(栃木県足利市寺岡町)という山になっている。その山の斜面は,岡崎山古墳群という古墳群の所在地で,現在でも多数の墳丘が見られる。それらの墳丘の詳細な配置図は,足利市文化財総合調査団・足利市教育委員会「足利市文化財総合調査昭和58年度 年報V」の112~114頁にある。しかし,そのことを知り,実際に配置図のコ…
コメント:0

続きを読むread more

足利市寺岡町:薬師寺(寺岡山元三大師)

過日,寺岡山元三大師として知られている天台宗・寺岡山施薬院薬師寺(栃木県足利市寺岡町)を参拝した。私が訪問した時には,丁度大太鼓を打ち鳴らしながら祈願が行われている最中だったので,邪魔にならないように気をつけながら合掌した。 本堂の右後ろのあたりに延亭2年(1725年)のものとされる宝塔(開山塔)がある。非常に貴重なものなのだそうだ。…
コメント:0

続きを読むread more

足利市:本郷古墳

過日,本郷古墳(栃木県足利市山下町)を見学した。本郷古墳は,長松寺の西約200mのところにあり,直径25m前後の円墳とされている。周囲を住宅に囲まれており,近くまでアクセスできなかった。そのため,墳丘脇に立てられているという説明板をみつけることもできなかった。 あとでよく調べてみたところ,非常にわかりにくいけれども墳丘の南側の方に通路…
コメント:0

続きを読むread more