桜川市:枡箕ヶ池再訪

枡箕ヶ池(茨城県桜川市友部)を再訪し,短時間だけれども野鳥の姿を楽しんだ。既に北の方に渡ってしまったのか,かなり数が少なかったけれども,何種類かの水鳥を観ることができた。 2羽の白鳥(オオハクチョウ)がいた。渡らないのだろうか? 写真を撮っていたら水鳥達が集まってきたので,かなり人に慣れている。もしかすると餌付けされてしまった水鳥達…
コメント:0

続きを読むread more

シハイスミレの葉裏緑タイプ?

山の林の中を散策していたら,ちょっと変わった菫の仲間を見つけた。ナガバノスミレサイシン(Viola bissetii)かと思った。しかし,柱頭が白く,距がやや長い。そこで,シバイスミレ(Viola violacea)かと思い,葉の裏を見たら薄緑色だった。葉の表面にあまり光沢がないので,マキノスミレ(Viola violacea var.…
コメント:0

続きを読むread more

アカネスミレ

茨城県桜川市松田地内を散策していたところ,ある農家の庭先で菫の仲間がいっぱい花を咲かせているのを観た。たまたま所有者の方が作業中だったので,挨拶をし,許可を得てその菫の花を観賞し,写真に撮った。とても綺麗。素晴らしい庭だと思う。 帰宅してから丁寧に写真を観察したところ,花の内部が見えにくいが,柱頭が緑色であり,花弁の基部に白い毛が密生…
コメント:0

続きを読むread more

枝垂桜

桜があちこちで開花している。笠間市~桜川市周辺を散策していたところ,臨済宗妙心寺派・高乾院(茨城県笠間市石井)の境内の枝垂桜など,特に素晴らしい枝垂桜をいっぱい観ることができた。 高乾院の枝垂桜 高乾院の枝垂桜 高乾院の枝垂桜 高乾院の本堂 高乾院所蔵の金剛般若波羅密教一…
コメント:0

続きを読むread more

本庄市児玉町:長沖47号墳

過日,長沖47号墳(埼玉県本庄市児玉町長沖)を見学した。長沖47号墳は,直径約14mの円墳とされている。 長沖47号墳は,飯玉神社の北西約20mのところにある。 墳頂には不動明王がある。ざっと見たところ,墳丘がかなり掘削・変形されているようで,全体として富士山のような形態となっている。古墳の石室風の造作もある。 西の方…
コメント:0

続きを読むread more

本庄市児玉町:飯玉神社と古墳

過日,飯玉神社(埼玉県本庄市児玉町長沖)を参拝した。祭神は,宇迦之御魂命。鳥居の額には「正一位飯玉大明神」と記されている。 飯玉神社の拝殿の前には狛犬と狐の両方があり,興味深い。 本殿裏に多数の境内社がある。本殿の北東には境内社として稲荷神社がある。 飯玉神社の境内には,長沖古墳群を構成する3基の古墳がある。 一の鳥居 …
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県児玉郡美里町:両子塚古墳

過日,両子塚古墳(埼玉県児玉郡美里町広木)を見学した。両子塚古墳は,大慶ゴルフ練習場のすぐ北西にあり,広木大町古墳群を構成する古墳の1つであり,墳長約28mの前方後円墳とされている。このあたりは一帯が水田となっているので,比較的遠くからでもその姿を目にすることができる。 両子塚古墳に関しては,塩野博『埼玉の古墳 児玉』(さきたま出版会…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県東茨城郡城里町:諏訪神社と頓(徳)化原古墳

過日,諏訪神社(茨城県東茨城郡城里町北方)を参拝した。諏訪神社の右手(東側)には熊野神社が並んでいる。熊野神社も参拝した。 諏訪神社の参道は,茨城県埋蔵文化財センター「いせきぴあ茨城」の西側にあり,境内地は同センターの北西~北に位置しており,そして,同センターと神社との間に頓(徳)化原古墳がある。神社の境内からその墳丘が見える。 頓…
コメント:0

続きを読むread more

常陸太田市:善光寺横穴群

過日,善光寺横穴群(茨城県常陸太田市松栄)を見学した。善光寺横穴群は,香仙寺の西約150mのところにあり,横穴群の前に数台のクルマを停めることのできる駐車スペースがある。 説明板によれば,善光寺横穴群は,7世紀~8世紀の横穴墓と推定されており,7基発見されているとのこと。横穴群が所在する山の斜面はコンクリートで固められており,各横穴に…
コメント:0

続きを読むread more

常陸太田市:香仙寺

過日,浄土宗・不軽山荘厳院香仙寺(茨城県常陸太田市松栄町・旧茨城県久慈郡金砂郷町)を参拝した。本尊は,阿弥陀如来。 境内には了誉聖冏上人が佐竹の乱を避けるために隠れ住み,修行したという大きな洞窟(直牒洞)がある。この洞窟は,元はかなり規模の大きな横穴墓の一種であり仏式の葬礼を行う施設のある場所だったと想像される。直牒洞の奥壁には仏像が…
コメント:0

続きを読むread more

常陸太田市:中野冨士山古墳

過日,中野冨士山古墳(茨城県常陸太田市中野町)を見学した。古墳入口付近に駐車場があり,また,地元のボランティアの方々の尽力により,非常に丁寧に整備・管理された古墳で,見学しやすい。まことにありがたいことだと思う。駐車場の右手(東側)付近から山を登る小路があり,その山の山頂付近に古墳がある。この小路からは,星神社古墳のある森や鹿島神社のあ…
コメント:0

続きを読むread more

常陸太田市:諏訪神社と諏訪古墳群

過日,諏訪神社(茨城県常陸太田市中野町)を参拝した。諏訪神社の祭神は,建御名方神。拝殿の額には「諏訪大明神」と記されていた。立派な神社だと思う。 諏訪神社は,典型的な古墳神社の形態をとっており,その基壇部は,諏訪古墳群の3号墳と呼ばれる円墳となっている。諏訪古墳群は,1基の前方後円墳(1号墳)と2基の円墳(2号墳及び3号墳)で構成され…
コメント:0

続きを読むread more

シナレンギョウの花

レンギョウの仲間の花があちこちで咲いている。レンギョウの仲間を見分ける識別点は,花のない時期には葉の形状なのだが,花の時期には雄蕊の形状となっている。 散策していたら,シナレンギョウ(Forsythia viridissima)と思われる植物の花が咲いていた。その場で私が観たものは,単独で植栽されていたのだけれども,綺麗。 レンギョ…
コメント:0

続きを読むread more

下妻市大宝:敵返不動尊~中の塚古墳

過日,敵返不動尊(茨城県下妻市大宝)を参拝した。敵返不動尊は,大宝八幡宮の北側にあり,大宝八幡宮と同様,元は大宝城の一部を構成するものだったと思われる。不動尊の御堂の脇には別の御堂がある。 不動尊の東側には一見すると古墳のようにも見える小山があり,その頂上には墓地がある。この小山は,現在では道によって分断されているけれども,元は大宝城…
コメント:0

続きを読むread more

下妻市小島:稲荷神社と古墳

過日,稲荷神社(茨城県下妻市小島)を参拝した。この稲荷神社は,元は段丘縁付近のゆるやかな斜面だった場所にあるが,道路工事等のために南側が掘削され,コンクリートの擁壁で固められている。 また,この稲荷神社の基壇部は,お玉稲荷古墳と呼ばれる古墳とされているのだが,現況では湮滅ではないかもしれないけれども,ほぼそれに近い状態にあると理解すべ…
コメント:0

続きを読むread more

下妻市下栗:稲荷神社

過日,稲荷神社(茨城県下妻市下栗)を参拝した。古い集落の中にある。由緒書によれば,元は鈴木氏の氏神だったところ,村内に神社がなかったため,天保年間に村社としたものとのこと。 稲荷神社の境内には,幾つかの石祠と板碑などがある。元は大日如来または不動明王を彫ってあったものかもしれないけれども現在では読めなくなってしまっており,日と月の形だ…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市黒子:駒塚古墳

過日,駒塚古墳(茨城県筑西市黒子字駒塚)を見学した。駒塚古墳は,関東鉄道常総線黒子駅の西約150mのところにあり,黒子西通りの東側に位置している。 駒塚古墳は,御嶽山古墳とも呼ばれ,平成10年に測量調査が実施されたらしいのだが,その報告書をまだ入手していないので,詳細は不明。 現況は,目測で直径15m前後の円墳のように見える。墳丘の…
コメント:0

続きを読むread more

モンシロチョウ

散策しながら路傍の草を観ていたら,目の前にモンシロチョウがやってきて停まった。すかさず写真を撮った。 オオイヌノフグリの花の蜜を探しているようだ。なんでこんな小さな花を求めるのか・・・と,つい余計なことを考えてしまった(笑)
コメント:0

続きを読むread more

ナガバギシギシ?

散策していたら,ギシギシ属(Rumex)の植物が開花しているのを見つけた。葉柄の部分の特徴などから,たぶんナガバギシギシ(Rumex crispus)だろうと判断した。まだ3月なので,ギシギシの仲間の一般的な開花時期が来ていない。何と気の早いことか・・・
コメント:0

続きを読むread more