つくば市山口:山口古墳群(その3)

過日,山口古墳群(茨城県つくば市山口)を見学した。 山口古墳群に関しては,茨城県教育委員会編『重要遺跡調査報告書Ⅲ』(昭和61年3月)の237頁に解説,配置図及び写真がある。ただし,この配置図中の付番は,平沢古墳群の4号墳から連続するものとして5号から始まっているようなのだが,現在の付番に置き換えると,配置図上の5号が山口3号墳,配置…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市山口:山口古墳群(その2)

過日,山口古墳群(茨城県つくば市山口)を見学した。 山口古墳群に関しては,茨城県教育委員会編『重要遺跡調査報告書Ⅲ』(昭和61年3月)の237頁に解説,配置図及び写真がある。ただし,この配置図中の付番は,平沢古墳群の4号墳から連続するものとして5号から始まっているようなのだが,現在の付番に置き換えると,配置図上の5号が山口3号墳,配置…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市山口:山口古墳群(その1)

過日,山口古墳群(茨城県つくば市山口)を見学した。 山口古墳群に関しては,茨城県教育委員会編『重要遺跡調査報告書Ⅲ』(昭和61年3月)の237頁に解説,配置図及び写真がある。ただし,この配置図中の付番は,平沢古墳群の4号墳から連続するものとして5号から始まっているようなのだが,現在の付番に置き換えると,配置図上の5号が山口3号墳,配置…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市山口:薬師堂

過日,薬師堂(茨城県つくば市山口)を参拝した。 宝筐山山口駐車場にクルマを停め,そこから先は徒歩で往復。 移動の途中,墓地の前を通った。その墓地内には四国八十八箇所五十九番の石碑と大師堂があった。 山道を登ると,古い石段と墓地があった。この石段は,薬師堂に参拝するための石段だと思われるのだが,現在では石が浮いており,危険な状態にあ…
コメント:0

続きを読むread more

高萩市安良川:八幡宮

過日,安良川八幡宮として知られる八幡宮(茨城県高萩市安良川)を参拝した。祭神は,神功皇后(息長帯比賣命)・応神天皇(誉田別命)・日女大神。 八幡宮は,寛和元年(985年),京都石清水八幡宮の分霊を勧請して創建された神社とのこと。 社殿等は,平成15年~18年に大規模に改築されたものとのこと。境内地が広いので,社殿全体の側面を目にする…
コメント:0

続きを読むread more

高萩市歴史民俗資料館

過日,琵琶墓古墳等を見学した後,高萩市歴史民俗資料館(茨城県高萩市高萩)に寄った。 赤浜古墳群等から出土した考古学上の貴重な資料が保管・展示されている。とても勉強になった。 更に,長久保赤水が作成・出版した地図等の関連資料が展示されており,驚くことばかりだった。レプリカの地図を販売していたので,他の資料と併せて購入した。 長久保赤…
コメント:0

続きを読むread more

高萩市赤浜:鹿島神社と古墳(その3)

過日,鹿島神社(茨城県高萩市赤浜)を参拝した。祭神は,武甕槌大神。 鹿島神社の本殿の北側に位置する境内林内には6基ほどの小さな塚がある。他にもあるのかもしれないが,本殿所在地と境内社所在地との間で確認できたのは合計6基だった。 正式に調査が実施されたことがあるか否かについては不明。 これらの小さな塚は,後代の塚である可能性が高…
コメント:0

続きを読むread more

高萩市赤浜:鹿島神社と古墳(その2)

過日,鹿島神社(茨城県高萩市赤浜)を参拝した。祭神は,武甕槌大神。 鹿島神社境内地の南東に位置するやや斜面となった畑地の中には2基の塚がある。 これらの塚は,赤浜古墳群を構成する円墳の残りの一部だと思われる。 正式に調査が実施されたことがあるか否かについては不明。 公式の付番がわからないので,このブログ記事では,仮に,西側にある…
コメント:0

続きを読むread more

高萩市赤浜:鹿島神社と古墳(その1)

過日,鹿島神社(茨城県高萩市赤浜)を参拝した。祭神は,武甕槌大神。 社号標には「鹿嶋神社」と記されているが,由来を記した石碑には「鹿島神社」と刻まれ,鳥居の額にも「鹿島神社」と記されているので,鹿島神社と表記することにする。 鹿島神社は,願成寺の西北西約500mのところにある。鹿島神社の西約500mのところに願成寺を開山した日弁聖人…
コメント:0

続きを読むread more

高萩市赤岩:願成寺

過日,日蓮宗・松塚山賢能院願成寺(茨城県高萩市赤岩)を参拝した。 願成寺は,嘉元元年(1303年)に日弁聖人によって開山された古い寺院。日弁聖人の墓所は,茨城県立高萩清松高等学校の北約100mのところにある。 願成寺の境内地の南はすぐに工場団地となっており,かつては,赤浜古墳群を構成する多数の古墳があった。しかし,願成寺の境内にいる…
コメント:0

続きを読むread more

高萩市赤浜:琵琶墓古墳

過日,琵琶墓古墳(茨城県高萩市赤浜)を見学した。 琵琶墓古墳は,赤浜古墳群を構成する古墳の1つで,全長約43mの前方後円墳とされている。高萩市内に現存する古墳の中で最大のものとのこと。 現地には駐車場がないと思っていたので,パーラージャンボ高萩店にお願いしてその駐車場にクルマを停め,そこから先は徒歩で往復。しかし,現地に到着してみる…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市岩瀬:山王神社と二十三夜堂

過日,山王神社(茨城県桜川市岩瀬)を参拝した。祭神は,大山昨命・山王権現。 山王神社は,岩瀬郵便局のすぐ南にある。鳥居が境内地の南にあり,拝殿が南を向いているため,旧国道50号線からは本殿の背後が見えるような位置関係となっている。 山王神社は,元は「本新田神社」と称したらしい。そのことから,山王神社の境内地~岩瀬郵便局と桜川市役所岩…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市西小塙:池下古墳群

過日,池下古墳群(茨城県桜川市西小塙)を見学した。 池下古墳群は,1号墳(直径5m・高さ1.5m)及び2号墳(直径5m・高さ1.5m)の2基の円墳で構成される古墳群とされている。2基の円墳は,月山寺の墓地の北東約100m(株式会社佐藤石匠の作業場の北東約20m)のところに位置する段丘縁(林の中)にあり,東西に並んでいる。よく観ると,林…
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観た花

今年はとても暖かいらしく,春の花がどんどん咲いている。帰化植物の雑草もぐんぐん伸びているので,今年は例年の何倍も除草作業が必要となることになるかもしれない。 私は既に老人であり,江戸時代であればとっくに灰になっているはずの年齢に達してしまった。 まさに長寿社会だ。 しかし,(人間による陰謀などではなく)自然環境からの反動(反作用)…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市真壁町下谷貝:鹿島宮古墳

過日,三所神社(茨城県桜川市真壁町下谷貝)を参拝した際,その境内地付近にあるという鹿島宮古墳(直径約20m・高さ約3mの円墳)を探してみたのだが,見つけられなかった。 その後,下記の趣味の案件のブログに鹿島宮古墳に関する記事がアップされ,その記事を読んで正確な所在地を認識することができたので,再訪してみた。簡単に見つけることができた。…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市真壁町山尾:遍照院

過日,真言宗豊山派・密弘山遍照院正得寺(茨城県桜川市真壁町山尾)を参拝した。 遍照院は,真壁城跡の南東に位置する山の斜面にある。 真壁氏は,常陸大掾氏多気直幹を祖とし,約400年間にわたり真壁の地を支配した。遍照院の境内には,真壁氏塁代の墓地及び墓碑群があり,茨城県指定の有形文化財となっている。この墓地と墓碑群を拝見し,その前で合掌…
コメント:0

続きを読むread more

笠間市笠間:玄勝院

過日,曹洞宗・五台山玄勝院(茨城県笠間市笠間)を参拝した。本尊は,聖観世音菩薩。 下記の玄勝院のサイトによれば,玄勝院は,長禄元年(1457年)に學仲覺周大和尚によって創建された寺院。当時,佐白山の山麓付近は大湖水であり,中国の蘇台境に似た風光明美な場所であったために長く滞留し,地元の人々の願いにより寺院を創建したとのこと。この大湖水…
コメント:0

続きを読むread more

笠間市笠間:正福寺

過日,普門宗・佐白山正福寺(茨城県笠間市笠間)を参拝した。本尊は,千手千眼十一面観世音菩薩。 正福寺は,白雉2年(651年)に創建された古い寺院とのことなのだが,明治時代の廃仏毀釈によって衰退し,昭和5年に現在の地で観音寺として再興された後,平成24年に正福寺と改称した。 坂東三十三観音霊場第二十三番となっている。それと同時に,現在…
コメント:0

続きを読むread more

笠間市笠間:大石邸跡

過日,忠臣蔵で知られる大石内蔵助の祖父にあたる大石良欽の屋敷があった場所とされている大石邸跡(茨城県笠間市笠間)を見学した。 大石家の主君である浅野氏が笠間藩主だった頃,家老家である大石家の邸宅があった。 実際には,現地には屋敷跡の遺跡のようなものは残されておらず,大石内蔵助の像と説明板等があるだけとなっている。元の屋敷地の大部分は…
コメント:0

続きを読むread more

笠間市笠間:伏見稲荷神社

過日,伏見稲荷神社(茨城県笠間市笠間)を参拝した。祭神は,宇迦之御魂神。 伏見稲荷神社は,享和4年(1804年)に小祠を建てたのが始まりで,大正8年に神殿を造営したとのこと。現在の神殿は,平成18年に建替えられたもののようだ。 鳥居の前には弥五郎殿と伏見稲荷神社の由緒にある石製の説明板がある。とても勉強になった。 伏見稲荷神社は,…
コメント:0

続きを読むread more