龍ヶ崎市上町:八坂神社

2019年1月のことだが,八坂神社(茨城県龍ヶ崎市上町)を参拝した。祭神は,建速須佐之男命・奇稲田姫神。 八坂神社の公式サイトによれば,源頼朝の家臣下河辺政義が文治2年(1186年)に貝原塚の鎮守神社である八坂大神の分御霊を祀ったのが草創であり,下河辺氏が滅びた後は,信太郡信太庄の地頭職・土岐原秀成が治めるところとなったとのこと。龍ヶ…
コメント:0

続きを読むread more

龍ヶ崎市若柴町:金龍寺

2019年5月のことだが,曹洞宗・太田山金龍寺(茨城県龍ヶ崎市若柴町)を参拝した。本尊は,如意輪観世音菩薩。 下記のサイトによれば,元享元年(1321年),新田義貞の創建,天真禅師の開基の寺院であり,「新田氏歴代の菩提寺で,はじめ上州新田郡(群馬県太田市)にありましたが,天正18年(1590年),義貞の子孫由良国繁が太田金山城から牛久…
コメント:0

続きを読むread more

龍ヶ崎市若柴町:星宮神社

2019年5月のことだが,星宮神社(茨城県龍ヶ崎市若柴町)を参拝した。祭神は,天御中主大神。 社殿の覆殿部分は比較的最近に改築されたもののように見えるが,社殿それ自体は江戸時代のものだそうで,とても立派なものだった。 星宮神社は,旧街道沿いにあるとのことで,境内には平貞盛ゆかりの駒止の石というものがある。星宮神社境内地は,元は館また…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市泊崎:千勝神社

2019年5月のことだが,千勝神社(茨城県つくば市泊崎)を参拝した。祭神は,猿田彦大神。山根彦神・八栄根彦神を拝祀している。 千勝神社は,昭和39年,下妻市の千勝神社を勧請し,鎮座した神社とのこと。 私が訪問した時には,数台の大型バスに分乗して大勢の高校生が参拝に到着したばかりのところだった。合格祈願だろうか。 素早く参拝を済ませ…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町:橋向古墳群

過日,橋向古墳群(茨城県稲敷郡阿見町若栗)を見学した。 橋向古墳群に関しては,茨城県竜ヶ崎土木事務所・財団法人茨城県教育財団「茨城県教育財団文化財調査報告第217集 篠崎A遺跡-阿見吉原土地区画整理事業地内埋蔵文化財調査報告書I-」(平成16年3月)の2頁~5頁等で簡単に触れられている。他にもっと詳しい資料があるのかもしれないけれども…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡美浦村:信太美駒古墳群再訪(その2)

過日,信太美駒古墳群(茨城県稲敷郡美浦村美駒)を再訪した。 前回訪問した際には正確な分布図を入手していなかったので,曖昧なままとしていた部分があるけれども,その後,高橋嘉朗「美浦村の古墳と古墳群」美浦村史研究6号27~46頁(平成2年)を入手した。その42頁に信太美駒古墳群を構成する古墳の分布図がある。 信太美駒10号墳(直径8.6…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡美浦村:信太美駒古墳群再訪(その1)

過日,信太美駒古墳群(茨城県稲敷郡美浦村美駒)を再訪した。 信太美駒古墳群は,日本中央競馬会(JRA)トレーニングセンターの敷地内にある公園区画内に所在している。 前回訪問した際には正確な分布図を入手していなかったので,曖昧なままとしていた部分があるけれども,その後,高橋嘉朗「美浦村の古墳と古墳群」美浦村史研究6号27~46頁(平成…
コメント:0

続きを読むread more

東御市和丸山:中曽根親王塚古墳

過日,中曽根親王塚古墳(長野県東御市和丸山)を見学した。 中曽根親王塚古墳は,1辺55×52m・高さ12mの方墳とされている。発掘調査の結果,墳丘と国道141号線との間に幅約18mの溝が発見されている。かなり大きな古墳ということになるが,実際に観ると本当に大きな古墳に見える。 古墳の名称は,旧地名である中曽根村の「中曽根」に由来する…
コメント:0

続きを読むread more

上田市秋和:豊秋霧原埜神社と古墳

過日,豊秋霧原埜神社(長野県上田市秋和)を参拝した。祭神は神功皇后・応仁天皇・仁徳天皇。 元は八幡社と呼ばれていたようだ。 豊秋霧原埜神社の所在地は,武田軍と村上軍との間の葛尾城の戦における激戦地の1つとのこと。おそらく,当時,豊秋霧原埜神社の境内地とその周辺全体が葛尾城の一部を構成する館または砦だったのだろうと想像される。村上氏の…
コメント:0

続きを読むread more

上田市小泉:半過古墳群10号墳の石室

過日,半過古墳群10号墳の石室を見学した。 半過古墳群10号墳は,バイパス道路建設中に発見された古墳で,直径約7mの円墳とされている。石室が残されており,土器,鉄鏃,ガラス玉,人骨等が出土したようだ。 半過古墳群10号墳の石室は,道の駅「上田道と川の駅おとぎの里」(長野県上田市小泉)の敷地内に移築・復元されている。 半過古墳群に関…
コメント:0

続きを読むread more

小諸市耳取:耳取大塚古墳

過日,耳取大塚古墳(長野県小諸市耳取)を見学した。 耳取大塚古墳は,直径25m・高さ5.85mの円墳とされているが,元はもっと大きな古墳だったのではないかと思われる。現況でもかなり大きな古墳に見える。 墳丘を少し登ったところ(南側)に石室が開口している。とても大きい。 副葬品は見つかっていないとのことなのだが,それほど古い時代では…
コメント:0

続きを読むread more

佐久市安原:安原大塚古墳

過日,安原大塚古墳(長野県佐久市安原)を見学した。 安原大塚古墳は,安原公民館の北側にあり,現況は,直径約20mの円墳のように見えるが,後代の掘削により相当に掘削された結果とのことで,横穴式石室の羨道部が失われ,玄室部だけが残されたような状態になっている。元は非常に大きな古墳だったのだろうと思う。 墳丘上には2基の石祠と大きな石(伏…
コメント:0

続きを読むread more

日立市日高町:安良塚古墳群

過日,安良塚古墳群(茨城県日立市日高町)を見学した。 日立市教育委員会編『茨城県日立市埋蔵文化財分布地図』(1985年3月)の43頁によれば,安良塚古墳群は,2基の円墳で構成され,澳津説神社の南東にあるやけやま児童公園の東端付近に位置する山の北東側斜面上にある。分布地図上では2基の円墳が東西に並んでおり,西側の円墳が1号墳,東側の円墳…
コメント:0

続きを読むread more

日立市日高町:澳津説神社

過日,澳津説神社(茨城県日立市日高町)を参拝した。祭神は事代主命・宇賀御魂命。 下記のサイトによると,澳津説神社は,天文13年(1544年)に京都伏見稲荷神社の分霊を勧請したのがはじまりで,元禄7年(1694年)に徳川光圀の命により小木津村の総鎮守となり,万治元年(1658年)に現在の鎮座地に遷座し,その後,明治16年,それまでの稲荷…
コメント:0

続きを読むread more

日立市十王町:長者山古墳群

過日,長者山古墳群(茨城県日立市十王町伊師)を見学した。 長者山古墳群は,国指定史跡である長者山官衙遺跡のある愛宕神社境内地の北側に所在し,2基の円墳で構成される古墳群とされている。 茨城大学史学第六研究室・十王町教育委員会編『十王町の遺跡-十王町埋蔵文化財包蔵地分布調査報告書-』(1991年)の39頁及び41頁によれば,長者山1…
コメント:0

続きを読むread more

日立市十王町:十王台古墳群1号墳

過日,十王台古墳群の所在地を訪問し,十王台1号墳(茨城県日立市十王町伊師本郷)を見学した。 茨城大学史学第六研究室・十王町教育委員会編『十王町の遺跡-十王町埋蔵文化財包蔵地分布調査報告書-』(1991年)の25頁及び29頁によれば,十王台1号墳は,全長40~50mで,南西の方に前方部を向けた前方後円墳とされている。くびれ部は掘削されて…
コメント:0

続きを読むread more

日立市大みか町:大甕神社

過日,大甕神社(茨城県日立市大みか町)を参拝した。主祭神は,武葉槌命。地主神は,甕星香々背男。 かつては,倭文神宮と呼ばれていたようだ。現在でも鳥居脇には「大甕倭文神宮」と記された石柱がある。この倭文神とは,倭文神武葉槌命(武葉槌命)のことを指す。 大甕神社は,古くから大甕山上の古宮の地で祀られていたが,江戸時代になり,徳川光圀の命…
コメント:0

続きを読むread more

日立市:南高野貝塚と上の台古墳群

過日,南高野貝塚と上の台古墳群(茨城県日立市南高野町)を見学した。 南高野貝塚は,縄文時代の貝塚で,土器や石器などが発掘されており,茨城県の史跡に指定されている。史跡指定地全体に遊歩道が整備されており,駐車場やトイレ等も設置されている。ただし,私が訪問した時には,見学者は私だけ。あとは昼寝のために駐車場を利用している人々ばかりだった。…
コメント:0

続きを読むread more

日立市久慈町:赤羽緑地公園と横穴墓群

過日,赤羽緑地公園(茨城県日立市久慈町)を訪問し,同公園敷地内にある横穴墓を見学した。 赤羽緑地公園は,古代の入江のような場所にあるのだが,現況は池のようになっており,自然観察路や野鳥観察施設等が設置されている。この入江のような場所の南側段丘崖に多数の横穴墓があり,全体として赤羽横穴墓群と呼ばれている。 横穴墓中の1基から金銅製の冠…
コメント:0

続きを読むread more

日立市:日立灯台

過日,日立灯台(茨城県日立市大みか町)とその周辺を見学した。 日立灯台は,日立市北部にある古房地鼻という岬の上にあり,その周辺は,古房地公園として整備されている。古房地公園を含む周辺の広範な範囲が,古房地遺跡と呼ばれる縄文時代~古墳時代~奈良平安時代の遺跡包蔵地に指定されている。ただし,その大部分が宅地または工業用地になっており,遺跡…
コメント:0

続きを読むread more