トベラの花とコマルハナバチ

昨日,散策中,トベラ(Pittosporum tobira)の花が咲いているのを見つけた。植栽だと思う。その花を観ていたら,マルハナバチの仲間がやってきた。コマルハナバチ(Bombus ardens)だろうと思う。 曇りだったので写真の鮮明度がイマイチなのだけれども,どうにか識別可能なレベルだろうと思う。 …
コメント:0

続きを読むread more

栃木県河内郡上三川町上蒲生:愛宕神社と古墳

2020年3月下旬のことだが,愛宕神社(栃木県河内郡上三川町上蒲生)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。 愛宕神社の境内地は,元は樹木の茂る小さな森だったようなのだが,現況は,樹木が伐採され,住宅街の中に残された畑地に囲まれた低い丘のような感じになっている。 上三川町史編さん委員会編『上三川町史 資料編 原始・古代・中世…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:飯渕古墳群

2020年4月上旬(緊急事態宣言発令前)のことだが,飯渕古墳群(桜川市飯渕)中の1基を見学した。 岩瀬町史編さん委員会編『岩瀬町史 通史編』(昭和62年)82頁によれば,飯渕古墳群は,1基の前方後円墳と5基の円墳の合計6基の古墳から構成される古墳群であり,1号墳~5号墳の所在地は,現在の大泉砕石飯渕工場事務所敷地周辺,6号墳(直径8m…
コメント:0

続きを読むread more

龍ヶ崎市:団子塚

2020年3月下旬のことだが,団子塚(茨城県竜ケ崎市北方)を見学した。 団子塚は,茨城県立竜ケ崎南高等学校の正門前(西側)にあり,直径55m・高さ14mの円墳とされている。墳丘の西側は,茨城県道4号線(団子塚通り)となっており,墳丘の一部が掘削されているように見える。龍ヶ崎市史編さん委員会編『龍ヶ崎市史 原始古代資料編』(平成7年)の…
コメント:0

続きを読むread more

シャグマハギ

移動制限が解除されたこともあり,浮島方面に出かけて散策中,舗装道路の縁石の隅に妙な草が生えており,2cm前後の長さの花穂を出しているのを見つけた。近づいて観察してみると,何となくマメ科に属する帰化植物のように見える。帰宅してから帰化植物図鑑で調べてみた。どうやらシャグマハギ(Trifolium arvense)のようだ。 …
コメント:0

続きを読むread more

ウツギの花

散策していると,里山の畑の隅などでウツギ(Deutzia crenata)の白い花が咲いているのを見かけるようになってきた。新緑の時期が過ぎ,熱い夏へと向かっている。
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡芳賀町:七ツ塚古墳群

ロイヤルメドウゴルフクラブ(栃木県芳賀郡芳賀町給部)のゴルフコース内には七ツ塚古墳群(栃木県芳賀郡芳賀町上稲毛田など)を構成する古墳が保存されている。以前もクラブハウス前の駐車場付近にある古墳だけ見学したことがあったのだが,2020年4月初旬(緊急事態宣言発令前)に再訪し,ゴルフコースを少し入ったところにある古墳を見学した。 新型コロ…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市:竹下浅間山古墳(復元石室)

2020年4月初旬(緊急事態宣言発令前)のことだが,竹下浅間山古墳の復元石室(栃木県宇都宮市竹下町)を見学した。 竹下浅間山古墳は,宇都宮市とびやま歴史体験館の東約500mのところにあり,全長52.5m・後円部直径41mの前方後円墳だったけれども,墳丘全部が掘削されてしまい,現存していない。現在,竹下浅間山古墳として公開されているのは…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市:天子塚古墳

2020年4月初旬(緊急事態宣言発令前)のことだが,祥雲寺(栃木県宇都宮市東戸祭)の境内にある天子塚古墳を見学した。「天子」は「あまし」と読むようだ。 天子塚古墳は,祥雲寺境内古墳とも呼ばれ,全長約40m・後円部高さ6m・前方部高さ5mで,前方部を北西に向けた前方後円墳とされている。 天子塚古墳は,祥雲寺墓地のほぼ中心部にある小山の…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市東戸祭:祥雲寺

2020年4月初旬(緊急事態宣言発令前)のことだが,曹洞宗・戸祭山祥雲寺(栃木県宇都宮市東戸祭)を参拝した。本尊は釈迦牟尼物。 祥雲寺は,八幡山公園の西にあり,とても広い境内をもつ寺院。山門や本堂等の建物は,とても立派なものだった。 祥雲寺の境内には西国三十三所観音霊場の観音巡りができる観音像が林立している。全部参拝して回ったのだが…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市塙田:雷神社と古墳

2020年3月下旬と4月初旬(緊急事態宣言発令前)の2回にわたり,雷神社(栃木県宇都宮市塙田)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。雷神社の祭神は,大雷神。 雷神社の北西側隣地には多数の稲荷神社が並ぶ区画がある。 雷神社の基壇部となっている古墳は,御蔵山古墳と呼ばれ,古墳の真下を道路のトンネル(塙田トンネル)が通っているこ…
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮市:亀が窪古墳群

2020年3月中旬のことだが,亀が窪古墳群(栃木県宇都宮市鶴田町)を見学した。 亀が窪古墳群は,栃木県鶴田沼緑地(栃木県宇都宮市砥上町)のある台地の南東端(ABC-MART宇都宮鶴田店の西にある崖上)に所在し,南北に並ぶ4基の円墳で構成されているものの,最南端の円墳は既に削平され,3基の円墳だけが残存するとのこと。 宇都宮市教育委員…
コメント:0

続きを読むread more

カリステモンとクロマルハナバチ

散策中,もしかすると既に空地になっているのかもしれない少し荒れた庭にバンクシアの仲間のような雰囲気をもち真っ赤な花を咲かせる木があった。クロマルハナバチ(Bombus ignitus)と思われるハチが盛んに花粉か蜜を集めている。 この木は,日本では「ブラシの木」として知られている植物の仲間で,たぶん,カリステモン・シトリヌス(Call…
コメント:0

続きを読むread more

オオヨシキリ

久しぶりに晴れたし,移動制限は既に解除されているので,霞ケ浦まで出かけた。岸部近くの葦の繁みからは大声で「ギョギョ」とか「ギョシギョシ」とか鳴いている鳥の声が聞こえる。よく観ると昨年の枯れ茎にとまってオオヨシキリ(Acrocephalus arundinaceus)が囀っている。ズームいっぱいでどうにか写真を撮れた。 …
コメント:0

続きを読むread more

桜川市本郷:塚本古墳など

2020年3月下旬のことだが,塚本古墳(茨城県桜川市本郷)を見学した。 詳細な資料をまだ入手しておらず,現地にも説明板がないので,概略的なことしか知らないが,塚本古墳は,塚本古墳群を構成する2基の円墳中の1基とされている。現況は,直径20m弱の円墳となっている。元はもっと大きな古墳だったのではないかと思われる。 塚本古墳付近の路傍に…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市本郷:鹿島神社

2020年3月下旬のことだが,鹿島神社(茨城県桜川市本郷)を参拝した。 鹿島神社は,妙法寺の北にあり,何らかの遺跡ではないかと思われるような場所に所在するのだが,現時点では遺跡として扱われていないようだ。 本殿脇には塚のようなものがあり,本殿背後の境内林内にも雰囲気のある地形が見られる。想像だが,中世の館か何かの遺跡であり,塚のよう…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市本郷:妙法寺

2020年3月下旬のことだが,天台宗・秋嶠山地蔵院妙法寺(茨城県桜川市本郷)を参拝した。本尊は,延命水引地蔵菩薩。創建は延暦年間とされており,本堂内に舜義上人の即身仏を安置する寺院として知られている。北関東不動第33番札所でもある。 関東地方では,即身仏は珍しいのではないかと思う。ただし,古代においては,即身仏ではないが,殯(もがり)…
コメント:0

続きを読むread more

クロバエの一種?

先日,自然観察の森の中でごく普通っぽいハエを見た。その後,写真を拡大してみたところ,よくわからなくなった。クロバエの仲間なのだろうと思うのだけれども,同定できない。 ハエは何でも「蠅」としてしか扱わない時代が非常に長く続いてきたし,まともに生態を観察しようとする者が研究者としてのポストを得る機会が非常に限られている。今後もそうだろう。…
コメント:0

続きを読むread more

シャリンバイ

自宅近くの歩道の植え込みのシャリンバイ(Rhaphiolepis indica var. umbellata)が開花している。普通の花なので,特に喜ぶ人もないだろうと思うが,まあ人それぞれというところか・・・
コメント:0

続きを読むread more

笠間市石井:三峯神社

2020年3月下旬のことだが,三峯神社(茨城県笠間市石井)を参拝した。三峯神社は,笠間市総合公園南駐車場のすぐ西側にある。 三峯神社の東約200mのところには箱田うら山古墳があり,その間の土地は,現在では国道50号笠間バイバスが東西に走っているけれども,過去においては墓地のような場所だったところで,現在でもその痕跡が少し残っているので…
コメント:0

続きを読むread more