本庄市児玉町:長沖120号墳,121号墳,122号墳,124号墳,125号墳

過日,長沖120号墳,121号墳,124号墳,122号墳,124号墳,125号墳(埼玉県本庄市児玉町金屋)を見学した。長沖122号墳以外の古墳は,長沖180号墳~185号墳の所在地である道路の西側にある畑の中に並んでいる。 長沖118号墳と122号墳の所在地は,この道路の東側にある。ただし,118号墳は,よくわからなかった。 長…
コメント:0

続きを読むread more

本庄市児玉町:長沖115号墳と長沖116号墳

過日,長沖115号墳と長沖116号墳(埼玉県本庄市児玉町金屋)を見学した。116号墳は,112号墳の西にあり,詳細は不明ながら,直径5~7m前後の円墳のように見える。 長沖116号墳の更に西に長沖115号墳がある。詳細は不明ながら,直径10~12m前後の円墳のように見える。ただし,かなり掘削されているようで,変形している。 北の方に…
コメント:0

続きを読むread more

本庄市児玉町:長沖113号墳と114号墳

過日,長沖113号墳(埼玉県本庄市児玉町)を見学した。長沖113号墳は,長沖112号墳の南にあり,直径10m前後の円墳とされているけれども,現況は,堅固な石垣とコンクリートブロックで囲まれ,まるでお城か何かのように見える方形の墓地となっており,墳丘の雰囲気が少しでも残っているのは南側の一部だけとなっている。その場所には現代の墓石があるほ…
コメント:0

続きを読むread more

本庄市児玉町:長沖112号墳

過日,長沖112号墳(埼玉県本庄市児玉町金屋)を見学した。長沖112号墳は,長沖111号墳の西にあり,直径約12mの円墳とされている。ただし,だいぶ掘削されているようで,現況は,変形した方墳のようにも見える。 長沖112号墳のすぐ東側の道路敷付近に長沖161号墳があったようなのだが,現在では墳丘が全くなく,その付近に葺石のような石が少…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:二体地蔵塚古墳

過日,二体地蔵塚古墳(群馬県太田市世良田町)を見学した。二体地蔵塚古墳は,世良田村23号墳とも呼ばれ,直径約24mの円墳とされている。墳丘上に2体の地蔵像があることから二体地蔵塚と呼ばれてきたようだ。地蔵菩薩像の前で合掌した。 この古墳の周辺及び近隣には,かつて多数の古墳があったようなのだが,現在ではその大半が湮滅している。全てくまな…
コメント:0

続きを読むread more

太田市出塚町:一本松稲荷神社

過日,一本松稲荷神社(群馬県太田市出塚町)を参拝した。この神社は,道の駅おおた (群馬県太田市粕川町)の西約100mのところにある。鳥居には「正一位一本松稲荷大明神」と記されている。由緒等の詳細は不詳。 神社の所在地は,世良田村3号墳と呼ばれる円墳または世良田村4号墳と呼ばれる前方後円墳の所在地またはその近隣地であり,社殿基壇部に残る…
コメント:0

続きを読むread more

太田市新田下江田町:矢抜神社と古墳

過日,矢抜神社(群馬県太田市新田下江田町)を参拝した。矢抜神社の祭神は,經津主命。境内社として,お手長様(火伏せの神),伊佐須美様(稲作の神),おしら様(養蚕の神),諏訪様(当地開拓の神),秋葉様(防火・火難除けの神)がある。「おしら様」は,青森県~岩手県~宮城県北部では比較的多く見られ,現在でも祀っているところが多数存在するが,関東地…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:圓福寺と古墳

過日,高野山真言宗・御室山圓福寺(群馬県太田市別所町)を参拝し,境内にある古墳を拝見した。古墳の墳丘上には十二所神社があるので,同社も参拝した。同社の祭神は,神仏習合による十二神将とのこと。また,古墳の墳丘上には千手観音堂と馬頭観世音堂がある。これらの観音堂の前でも合掌した。墳丘の裾には新田氏塁代の墓所がある。墳頂の脇には「国良親王御陵…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:鳥崇神社と古墳

過日,鳥崇神社(群馬県太田市鳥山中町)を参拝し,同社の社殿基壇部となっている古墳を拝見した。祭神は,木花開耶姫命・大物主神・宇迦之魂神・素盞嗚命。 鳥崇神社の社殿基壇部となっている古墳は,鳥崇神社古墳と呼ばれ,全長約66m・高さ約3mの前方後円墳だったけれども,鳥居と社殿との間の現況境内地広場になっている部分に存在していた前方部は完全…
コメント:0

続きを読むread more

足利市:足利公園古墳群再訪

過日,足利公園古墳群(栃木県足利市緑町)を再訪した。その目的は,以前訪問した時にうっかり撮り忘れてしまった1号墳の写真を撮ることだった。水道局の施設手前にある駐車場所にクルマを停め,あたりを見渡すと,北東の方に機神山山頂古墳が見えたので,ズームで写真を撮った。そのあと,斜面を降り,2号墳の脇を通り,1号墳を見学した。石室が開口している。…
コメント:0

続きを読むread more

足利市:水道山山頂古墳

過日,水道山山頂古墳(栃木県足利市緑町)を見学した。水道山山頂古墳は,足利公園古墳群のある山の北西端付近(水道施設の西側)に位置し,全長約35m・後円部の直径約20m・高さ約3mの前方後円墳とされている。 水道山山頂古墳は,一見すると単なる山のようにしか見えないのだが,よく見ると,この神社のある部分付近を後円部とする前方後円墳となって…
コメント:0

続きを読むread more

ひなまつり

雛祭りは3月3日と決まっている。雛祭りで用いられる雛飾りが古墳に並べられた埴輪群像の変化したもので現代まで伝承されているものだということについて既に書いた。そういうめんどうくさいことは一応措くことにして,雛祭りにちなむイベント等が各地で行われている。 先日,遺跡の資料を調べるために上高津貝塚ふるさと歴史の広場(考古資料館)に寄ったら,…
コメント:0

続きを読むread more

足利市:法楽寺と足利義氏墓所

過日,曹洞宗・正義山法楽寺(栃木県足利市本城)を参拝した。現在の本堂は,銀閣寺を模したものだそうだ。 法楽寺は,足利氏3代目棟梁・足利義氏の開基による寺院とされ,境内にはその墓所がある。説明板によれば,足利義氏の墓所とは古い石塔のことを指すと理解するしかないが,そこには他の石塔(墓石)も並んでおり,その背後に小型で葺石のある円墳のよう…
コメント:0

続きを読むread more

足利市助戸:定年寺と古墳

過日,曹洞宗・虎嘯山定年寺(栃木県足利市助戸)を参拝した。堂宇はとても立派なものだった。普照殿の彫刻は,非常に優れたものだと思う。広い境内地をもち,本堂の裏にある山の斜面が墓地となっている。 定年寺裏の山の上の方は古墳群となっている。古墳の大部分は既に墳丘がなく,あるいは,素人にはそれが古墳だと認識できないようなものだ。しかし,助戸山…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡板倉町:稲荷神社古墳

過日,稲荷神社古墳(群馬県邑楽郡板倉町大字大高嶋)を訪問した。稲荷神社古墳は,高鳥天満宮のすぐ近くにあり,その名のとおり,墳丘上に稲荷神社があるので,その稲荷神社を参拝した上で,周辺を拝見した。 稲荷神社古墳は,一見すると平坦な農地のように見え,墳丘があるようには見えない。しかし,よく見ると,古墳の雰囲気が若干残されている。そして,発…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡明和町:江黒古墳

過日,江黒古墳(群馬県邑楽郡明和町上江黒)を見学した。江黒古墳は,直径約10m・高さ約3mの円墳とされている。道路により一部掘削されてしまっているけれども,墳丘が概ね残されているほうだろうと思う。墳頂には稲荷大明神の祠がある。 かつて,上江黒周辺には他にも古墳があったらしいのだが,現在では宅地や商用地になってしまっており,現在では江黒…
コメント:0

続きを読むread more

ノボロギクなど

畑のある地域を散策しているとノボロギク(Senecio vulgaris)を見かけることがしばしばある。欧州原産の帰化植物で,明治時代に日本にやってきた植物とされている。一般的には5~8月に開花するとされている。しかし,関東地方に関する限り,場所によっては年中開花しているように見える。根絶は不可能と思われる。昨日も散策中に見つけた。 …
コメント:0

続きを読むread more

野菜の葉を食害中のヒヨドリ

散策していたら,ある畑の中でせっせと野菜の葉を食べているヒヨドリ(Hypsipetes amaurotis)を見つけた。アブラナ科の野菜なのだけれども,同定のために細かく観察していると不審者または泥棒と疑われる危険性があるため細かく見なかった。そのため,何という野菜なのかは不明なのだがチンゲンサイ(Brassica rapa subsp…
コメント:0

続きを読むread more

シナマンサクの花

高速道路をクルマで移動中,あるパーキングエリアでシナマンサク(Hamamelis mollis)が雨上がりに開花しているのを見つけた。シナマンサクは,花の時期にも枯れた葉をつけたままにしている。 細かい点はともかくとして,植栽とはいえ,たまたまマンサクの仲間の花を観ることができて幸運だった。
コメント:0

続きを読むread more

ネコヤナギ

散策していたら,ネコヤナギ(Salix gracilistyla)と思われる樹の花芽を見つけた。ヤナギ科の植物はどれも良く似ているので同定が面倒だけれども,この時期に花芽が出ており,冬芽の特徴及び樹皮の特徴が合致しているので,ネコヤナギだろうと思う。周囲の状況から判断すると,野生ではなく,植栽と推定される。
コメント:0

続きを読むread more