龍ヶ崎市貝原塚町:金剛院(その2)

過日,天台宗・金光山金剛院(茨城県龍ヶ崎市貝原塚町)を参拝した。 金剛院は,天元年間(978年頃)に創建された寺院とされている。 金剛院の境内地を含む周辺一帯は,寄居という地名の残る部分等を中心に貝原塚城の一部だったと考える見解が多い。 いばらきデジタルマップ上では,金剛院の境内地は,金剛院境内遺跡と呼ばれる古墳時代及び中世の…
コメント:0

続きを読むread more

龍ヶ崎市貝原塚町:金剛院(その1)

過日,天台宗・金光山金剛院(茨城県龍ヶ崎市貝原塚町)を参拝した。 金剛院は,天元年間(978年頃)に創建された寺院とされている。 金剛院の境内には,弘長4年(1264年)の板碑がある。この板碑が最初に建立された場所は不明だが,長らく橋石として使用されていたところ,奇怪な現象が起きるというので,金剛院に移築され,建立されることになった…
コメント:0

続きを読むread more

奇妙な景色

気晴らしに少しだけドライブした。 12時半頃にセブンイレブン行方荒宿店で休憩。駐車場から筑波山方面を観て,写真撮影。写真に写ってはいないが,私の背後の鹿嶋方面は完全に晴れている。
コメント:0

続きを読むread more

龍ヶ崎市貝原塚町:八坂神社

過日,八坂神社(茨城県龍ヶ崎市貝原塚町)を参拝した。 下記の龍ヶ崎市観光物産協会のサイトによれば,八坂神社は,源頼義ゆかりの神社とのこと。 立派な神社だと思う。 境内地をぐるりと拝見し,平安時代~中世に館等があったとしても何ら不思議ではないような立地のような印象を受けた。 現時点において,八坂神社の境内地及びその周辺は,遺跡包蔵…
コメント:0

続きを読むread more

つくば植物園で観た花(その2)

先週のことだが,久しぶりでつくば植物園を訪問し,開花中の花を見学した。 暑い中なので,熱中症を避けるため,比較的短時間の訪問だったけれども,いっぱい花を観ることができた。 温室を含め,園内を散策中,幾つかの表示によって,園内で保存・栽培中の植物に盗難被害があったことを知った。まことに遺憾なことだと思う。 警察当局は,全力をあげ…
コメント:0

続きを読むread more

つくば植物園で観た花(その1)

先週のことだが,久しぶりでつくば植物園を訪問し,開花中の花を見学した。 暑い中なので,熱中症を避けるため,比較的短時間の訪問だったけれども,いっぱい花を観ることができた。 研修展示館では「植物染めのフシギ」という企画展が開催中で,とても勉強になった。 植物染めのフシギ展入口付近 植物染めのフシギ展の展示(一部…
コメント:0

続きを読むread more

台風が近づくかもしれないというので用心をしていたのだが,どうにか逸れてくれたらしい。 とはいえ,今日は一日中,雨~曇り~ときどき晴れの繰り返しという妙な天気だった。 さきほど,ベランダに出てみると,虹がかかっているのが見えた。
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:東城寺と経塚(その3)

過日,真言宗・朝望山東光院東城寺(茨城県土浦市東城寺)を参拝し,その裏山にある経塚を見学した。 その際,経塚を組成する岩石だけではなく,経塚群所在地周辺の斜面や東城寺の南にある集落周辺で見かける岩石にちょっとした特徴があることに気づき,気になっていた。 もしかすると産総研の地質標本館に行けば,標本と解説等の情報を得ることができる…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:東城寺と経塚(その2)

過日,真言宗・朝望山東光院東城寺(茨城県土浦市東城寺)を参拝し,その裏山にある経塚を見学した。 東城寺の本堂裏の山を登ったところに経塚群がある。その登り口のところには古い墓石や供養塔が集められた区画があり,山道を少し登ったところには小さな御堂または祠のようなものがある。 この経塚群は,積石墓群を二次利用したものではないかと思…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:東城寺と経塚(その1)

過日,真言宗・朝望山東光院東城寺(茨城県土浦市東城寺)を参拝し,その裏山にある経塚を見学した。 東城寺は,延暦15年(796年)に最仙が開山の天台宗寺院だったが,その後,鎌倉時代には小田氏の保護を受けるようになり,真言宗に改めて今日に至っている。 東城寺の境内には古い結界石等の貴重な文化財がある。東城寺の近隣には全部で5基の結界石が…
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観た虫

過去1週間の間に散策中,様々な虫を観た。トンボの写真は既にアップしたので,トンボ以外の虫の写真をアップすることにした。 セイヨウニンジンボクの花とクマバチ シオヤアブ キスジホソヘリカメムシ
コメント:2

続きを読むread more

散策中に観た花など

過去2週間の間に散策中,野山や寺院の境内などで様々な花や果実を観た。この時期にしか見られない。 キツネノカミソリ ヤブラン ガマの穂 オニユリ(八千代町・八町観音にて) オニユリのムカゴ(八千代町・八町観音にて) モクゲンジの果実(八千代町・弘徳寺にて)
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:東台古墳群13号墳石棺など

過日,上高津貝塚(茨城県土浦市上高津)を訪問した際,土浦市立考古資料館の駐車場から貝塚遺跡に入る道の左手(南側)の生垣内に移築・保存されている石棺を見学した。 この石棺は,東台古墳群(茨城県土浦市木田余)で発見されたもので,もともと地下遺構しかなかった古墳のようだ。 東台古墳群の発掘調査結果は,土浦土地区画整理組合・土浦市教育委員会…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:上高津貝塚再訪(その2)

上高津貝塚(茨城県土浦市上高津)は,これまで何度か訪問した場所だ。 ただ,これまで,貝塚所在地の東側~北側にある復元家屋のある場所等を丁寧に見学していなかった。 過日,上高津貝塚を再訪し,復元家屋付近を中心に見学した。とても勉強になった。 住居址は4棟発見されているが,その中の1棟が明確なものではなかったので,合計3棟の家屋が…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:上高津貝塚再訪(その1)

上高津貝塚(茨城県土浦市上高津)は,これまで何度か訪問した場所だ。 ただ,これまで,貝塚所在地の東側~北側にある復元家屋のある場所等を丁寧に見学していなかった。 過日,上高津貝塚を再訪し,復元家屋付近を中心に見学した。とても勉強になった。 上高津貝塚全体の説明板 A地点の展示施設 A地点の説明板…
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観たトンボ

気分転換に散策中,トンボを観た。毎度お馴染みのトンボばかりなのだが,暑い中を飛び回っている姿を目にすると嬉しくなる。 オオイトトンボ? ナツアカネ? シオカラトンボ(オス) シオカラトンボ(メス) ハグロトンボ
コメント:0

続きを読むread more

土浦市田町:浄真寺

過日,浄土宗・光照山浄真寺(茨城県土浦市田町)を参拝した。本尊は,阿弥陀如。 浄真寺の創建は不詳。慶長6年(1601年),松平信一が開基・中興開山となり,現在に至っている寺院とのこと。 本尊の銅造阿弥陀如来立像は,茨城県の重要文化財に指定されている。 境内には,水沢藩(現在の岩手県水沢市)出身で幕末の医師・高野長英の墓所がある。片…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市沖新田:妙向寺

過日,法華宗陣門流・本法山妙向寺(茨城県土浦市沖新田)を参拝した。 妙向寺は,宝暦12年(1762年)に建立された寺院。 茨城県内では,法華宗の寺院は比較的珍しいのではないかと思う。 下記の県南地域情報のサイトによれば,江戸時代に沖新田(現在の荒川沖付近)の新田開発に尽力した梶井彦兵衛(屋号・加賀屋)という人と関係の深い寺院らしい…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市額田:鱗勝院

過日,曹洞宗・義峯山鱗勝院(茨城県那珂市額田)を参拝した。 鱗勝院は,元徳年間に創立され,佐竹氏と縁の深い寺院。佐竹氏が出羽国に転封となった後,同名の寺院が秋田にも創立された。額田の鱗勝院の末寺とされている。 鱗勝院の境内地及び周辺一帯は,小堤遺跡と呼ばれる中世の集落の遺跡包蔵置となっている。特に,鱗勝寺の境内地東側~南東側付近は,…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市額田:引接寺

過日,浄土宗・光圀山攝取院引接寺(茨城県那珂市額田)を参拝した。 下記のサイトによれば,引接寺の所在地には元は広栄山心岸寺というお寺があったけれども,徳川光圀公の命により金砂郷町に移し,元禄9年(1696年),その跡地に光圀山攝取院引接寺を建立し,向山浄鑑院常福寺の末寺としたとのこと。 私が訪問したときには,たまたま法要の最中だった…
コメント:0

続きを読むread more