潮来市:稲荷山古墳群(その1)

過日,稲荷神社(茨城県潮来市潮来)を参拝した後,同社の東側に所在する稲荷山古墳群を見学した。古墳群所在地周辺は,稲荷山公園として整備されている。 稲荷山古墳群は,8基の古墳で構成される古墳群とされている。 夏なので,草が生えていて墳丘を見つけるのが難しいのではないかと想像しながら散策した。予想に反し,草が生えていても墳丘の大部分を見…
コメント:0

続きを読むread more

潮来市潮来:稲荷神社

過日,稲荷神社(茨城県潮来市潮来)を参拝した。祭神は,宇迦之御魂の命。 稲荷神社は,長勝寺の裏(北西側)に位置する稲荷山の西端付近にある。地蔵堂の脇にある階段を登り,境内地に至った。 平成13年に火災があって社殿が焼失したとのことで,再築工事の竣工記念碑が立てられていた。 境内には多数の境内社等がある。それらを奉納した人々の思いが…
コメント:0

続きを読むread more

潮来市:聖観世音堂など

長勝寺を参拝した後,稲荷神社に至るまでの間,徒歩で移動した。 途中には小さな祠などがあり,稲荷神社の手前(南西側)には聖観世音堂と地蔵堂がある。また,稲荷神社の階段下には青面金剛明王の石碑などがあった。 江戸時代の潮来は,港町であり,海運業で大いに賑わい,現代風に言えば,ハブ港湾都市だった。そして,江戸と同様に大規模な遊郭街があった…
コメント:0

続きを読むread more

潮来市:長勝寺

過日,臨済宗妙心寺派・海雲山長勝寺(茨城県潮来市潮来)を参拝した。本尊は,阿弥陀如来。 文治元年(1185年)に源頼朝によって創建された寺院。銅鐘は,北条高時の寄進によるものとのこと。徳川光圀によって改修等が命ぜられ,現在の堂宇等は元禄年間以降のものらしい。茅葺の仏殿(本堂)は,とても大きく,二段築成の円墳を思わせるような威容がある。…
コメント:0

続きを読むread more

今宵の月

晴れた夜空に円い月が大きく見えた。 昨晩は,黒雲が少し出ていて,巨大な象が月を銜えているように見えた。 今夜は月と星だけ。 何となくその気になり,久しぶりに月の写真を撮ってみた。
コメント:0

続きを読むread more

潮来市:西円寺

過日,真宗大谷派・梅龍山西円寺(茨城県潮来市潮来)を参拝した。 西円寺は,元禄5年(1692年)に創建された寺院とのこと。小林一茶の句碑と遊女供養塔がある寺院ということで知られている。この句碑には小川芋銭の描いた画も一緒に彫られている。 私が訪問した時だけそうだったのかどうかわからないけれども,本堂を参拝したところ,戸が開いており,…
コメント:0

続きを読むread more

下野市川中子:川西神社

過日,川西神社(栃木県下野市川中子)を参拝した。祭神は,磐裂神・根裂神。火産霊命・倉稲魂命を配祀している。 元は虚空蔵宮と称したけれども,明治時代の神仏分離令により星宮神社と改称し,その後,大正5年に川西神社と改称したとのこと。 川西神社は,古墳を思わせるような形状をした小山の上にあるのだが,この場所は,現時点では古墳とはされていな…
コメント:0

続きを読むread more

香取市篠原:宗勝寺と古墳

過日,日蓮宗・法中山宗勝寺(千葉県香取市篠原)を参拝した。 宗勝寺は,日祐上人と深い縁があり,須坂藩主・堀直重の開基による寺院とのこと。境内には鬼子母神堂がある。 また,宗勝寺の境内には,宗勝寺古墳と呼ばれる古墳がある。宗勝寺古墳は,全長約18m・高さ約2mで,前方部を南に向けた前方後円墳とされている。非常に丁寧に手入れされ,保存さ…
コメント:0

続きを読むread more

稲敷市羽賀:東耀寺

過日,羽賀神社を参拝し,羽賀城跡の一部を見学した後,羽賀神社の南側隣地にある東光山寶幛院東耀寺を参拝した。 東耀寺の本堂の前に御堂が2つある。 東耀寺の境内地もまた羽賀城跡の一部とされている。意識しながら歩いていると,なるほどと思ってしまうような地形の場所が何か所かあった。 山門 敷石 本堂 …
コメント:0

続きを読むread more

稲敷市:羽賀神社

過日,羽賀神社(茨城県稲敷市羽賀)を参拝した。 羽賀神社の境内地は,臼田氏の城とされる羽賀城跡の一部とされており,境内には土塁の名残りのような印象を受ける地形の場所がある。 また,芳賀神社の東の方には中城古墳があり,そのすぐ近くの遺跡から矩形の空堀様遺構が発掘されているから,そのあたりも羽賀城の一部だったのではないかと想像される。そ…
コメント:0

続きを読むread more

稲敷市羽賀:誠諦寺

過日,法華宗陣門流・政継山誠諦寺(茨城県稲敷市羽賀)を参拝した。 由緒書を読むと,戒定院という古い寺院があった場所だけれども,現在の誠諦寺としては,阿倍氏の菩提寺として中興開山の後,現在まで続いているとのこと。 誠諦寺の西には臼田氏の城とされる羽賀城跡がある。誠諦寺の境内地それ自体は,一般的には羽賀城の一部として認識されていない。し…
コメント:0

続きを読むread more

稲敷市小野:逢善寺

過日,天台宗・慈雲山無量寿院逢善寺(茨城県稲敷市小野)を参拝した。本尊は,千手観世音菩薩。 逢善寺は,常陸国司小野篁の命により,天長3年(826年),最澄の弟子逢善道人によって創建された寺院とのこと。 本堂は,とても大きく,この規模のものはそうそうあるものではないと思った。 仁王門にある木像金剛力士像は,茨城県指定文化財となってい…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:妙徳寺付近古墳群

過日,妙徳寺付近古墳群(茨城県水戸市加倉井町)を見学した。 妙徳寺付近古墳群は,妙徳寺の南約250mのところにある稲荷神社の基壇部となっている小さな円墳と,妙徳寺の北側にある2基の円墳の合計3基の円墳によって構成されている。今回は,妙徳寺の北側にある2基の円墳を見学した。 1基目の円墳は,妙徳寺境内地の西側を南北に走る道路沿いに…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市加倉井町:妙徳寺と加倉井館跡

過日,日蓮宗・隠井山高在院妙徳寺(茨城県水戸市加倉井町)を参拝した。本堂の額には「妙徳精舎」と記されている。 日蓮宗の寺院としては,水戸市最古の寺院とされている。 妙徳寺の所在地は,波木井実氏(後の加倉井氏)の居城だった加倉井館の遺跡となっている。妙徳寺の境内北側にある墓地区画周辺には加倉井館のものと思われる土塁や空堀等が残されてい…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県久慈郡大子町:しゃも料理など

過日,仲山古墳群を見学した後,大子町の中心部の方に戻り,昼食をとった。事前に何も調べていなかったのだが,大子町の各所に「しゃも」が特産品だと表示されていたので,Googleでしゃも料理を出す店を探し,弥満喜(茨城県久慈郡大子町大子)という店に寄ってみることにした。 幸い席が空いていたので,そこで昼食をとることに決めた。 メニューを見…
コメント:2

続きを読むread more

茨城県久慈郡大子町矢田:仲山古墳群とその周辺(その3)

過日,仲山古墳群(茨城県久慈郡大子町矢田)を見学した。 仲山古墳群に関しては,測量調査と一部発掘調査が行われており,その調査結果は,大子町史編さん委員会編『大子町史料別冊(2) 大子町の遺跡と遺物-遺跡地名表・分布図-』(昭和56年)及び大子町史編さん委員会編『大子町史料別冊(VII) 仲山古墳群三号墳発掘調査報告書』(昭和61年)の…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県久慈郡大子町矢田:仲山古墳群とその周辺(その2)

過日,仲山古墳群の6号墳(茨城県久慈郡大子町矢田)を見学した。 仲山古墳群に関しては,測量調査と一部発掘調査が行われており,その調査結果は,大子町史編さん委員会編『大子町史料別冊(2) 大子町の遺跡と遺物-遺跡地名表・分布図-』(昭和56年)及び大子町史編さん委員会編『大子町史料別冊(VII) 仲山古墳群三号墳発掘調査報告書』(昭和6…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県久慈郡大子町矢田:仲山古墳群とその周辺(その1)

過日,上岡古墳群を見学した後,熊野神社(茨城県久慈郡大子町矢田)の所在地付近に移動した。 熊野神社のある馬の背のような細長い小山の尾根上には仲山古墳群が所在している。仲山古墳群に関しては,測量調査と一部発掘調査が行われており,その調査結果は,大子町史編さん委員会編『大子町史料別冊(2) 大子町の遺跡と遺物-遺跡地名表・分布図-』(…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県久慈郡大子町:上岡古墳群とその周辺

過日,上岡古墳群(茨城県久慈郡大子町上岡)を見学した。 上岡古墳群は,2基の円墳で構成されている。下記の大子町のサイトによれば,上岡1号墳は、基底長径8.0m・高さ1.4mの不整合な円墳で,横穴式石室が一部露呈しており,上岡2号憤は,2号墳の北側約10mに位置し,基底長径7.8m・高さ1.6mの不整合な円墳とされている。 古墳所在地…
コメント:0

続きを読むread more

かすみがうら市深谷:稲荷塚古墳群

過日,稲荷塚古墳群(茨城県かすみがうら市深谷)を見学した。 霞ヶ浦町教育委員会・茨城大学考古学研究室編『霞ヶ浦町遺跡分布調査報告書-遺跡地図編-』(2001)の107頁の記載及び122頁の分布図によれば,稲荷塚古墳群は,国道354号線と茨城県道197号線が交差する加茂入口交差点の東約800m付近に所在し,5基の円墳で構成される古墳群と…
コメント:0

続きを読むread more