ニョイスミレ

タチツボスミレ(Viola grypoceras)の群落を散策していたら,それに混じってニョイスミレ(Viola verecunda)が開花していた。小さな菫なので,気をつけていないと見落としてしまう。 ただ,強風のせいかどうか,土の粒をかぶっているものが少なくなかった。ちょっと可哀想・・・ …
コメント:0

続きを読むread more

コナラの発芽

そろそろコナラ(Quercus serrata)の花が開花する時期になってきている。地面では,コナラの果実(ドングリ)の発芽が始まっている。散策していたら,発芽中のドングリをいっぱい見つけた。
コメント:0

続きを読むread more

謎のアブラナ科植物

昨日,散策していたら,畑の脇にナノハナのような黄色の花がいっぱい咲いていた。しかし,葉の形状がナノハナとは異なる。その時はセイヨウカラシナではないかと思った。しかし,よく見ると,葉脈が赤紫色になっており,葉があまりくしゃくしゃしていない。ブロッコリー(Brassica oleracea)に近い特徴をもっている。肥切れの場合,アントシアニ…
コメント:0

続きを読むread more

ミツバアケビの花

昨日,散策していたら,ミツバアケビの花を見つけた。濃い赤紫色の花。雌花と雄花とがあり,雌花は3枚の花弁のある花のように見えるけれども,雄花は小さく花序を構成しており,小さな葡萄の房のように見える。久しぶりで観た。
コメント:0

続きを読むread more

真岡市:京泉シトミ原8号墳と14号墳

鶏塚古墳(京泉シトミ原13号墳)の北側隣地には8号墳,9号墳及び10号墳があった。真岡市史編さん委員会編『真岡市史 第一巻 考古資料編』(昭和59年)の289頁にある解説によると,8号墳は,直径20mほどの円墳だったけれども,掘削され,現況では直径6m・高さ1mほどの墳丘が残るのみであり,墳頂には祠が祀ってあると記されている。それに該当…
コメント:0

続きを読むread more

真岡市:鶏塚古墳と京泉シトミ原12号墳

過日,鶏塚古墳(栃木県真岡市京泉)を見学した。鶏塚古墳のすぐ近くに京の泉公園という施設があり,クルマ4~5台程度収容可能な駐車場等もあるので,そこにクルマを停め,そこから先は徒歩。京泉シトミ原古墳群の現存古墳を観てまわった。 なお,京泉シトミ原古墳群に関しては,真岡市史編さん委員会編『真岡市史 第一巻 考古資料編』(昭和59年)の28…
コメント:0

続きを読むread more

真岡市:神宮寺塚古墳再訪

過日,神宮寺塚古墳(栃木県真岡市根本)を再訪した。 前回訪問した時は,古墳の南東側から回って墳丘に登る小路があることを知らず,そちらの方を観なかった。今回は,南東側の墳丘上にある八坂神社を参拝した上で,墳丘に登ってみた。墳頂には石でつくられたテーブルと椅子がある。地元の人々がくつろぐための施設なのだろうと思った。 南西の方か…
コメント:0

続きを読むread more

真岡市:山崎古墳群

過日,山崎古墳群(栃木県真岡市根本)を見学した。山崎古墳群は,2基の前方後円墳(1号墳及び2号墳),1基の方墳(3号墳)及び1基の円墳(4号墳)の合計4基の古墳で構成される古墳群。2号墳は,古墳群所在地の北の方に少し離れて現存しており,1号墳,3号墳及び4号墳は,古墳群所在地の南側にまとまって現存している。全体として丁寧に保存・管理され…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市真壁町亀熊:八幡神社

過日,八幡神社(茨城県桜川市真壁町亀熊)を参拝した。祭神は,誉田別命(応神天皇)。立派な神社だと思う。 八幡神社の東側の土地一帯は,かつて亀熊城が存在した場所であり,遺跡包蔵地に指定されている。ざっと見たところ,八幡神社の境内地とその周辺も亀熊城の一部だったのではないかと思われる。 真壁町史編さん委員会編『真壁町史 考古資料編V』(…
コメント:0

続きを読むread more

ハシビロガモ

散策中に立ち寄った池にハシビロガモ(Anas clypeata)がいっぱい泳いでいた。ハシビロガモを写真に撮るのは初めてかもしれない。比較的近くでも逃げようとしないので,人間に慣れているように思う。 ハシビロガモの他にマガモ,カルガモ,コガモなどがいた。ただし,マガモだと思った鳥は,…
コメント:0

続きを読むread more

スズメノヤリ

散策していたら,スズメノヤリ(Luzula capitata)が開花しているのを見つけた。どこにでもある植物なのだけれども,綺麗に開花している個体と出逢うのに意外と苦労したりする。タイミングの問題があるのだろう。  松江の花図鑑:スズメノヤリ(雀の槍)  https://matsue-ha…
コメント:0

続きを読むread more

クサボケ

散策していたら,鮮やかな濃オレンジ色の花を咲かせている背丈の非常に低い植物を見つけた。クサボケ(Chaenomeles japonica)だと思う。日本固有種とのことだ。 花をよく見ると,既に少しかじられているように見える。虫なのか鳥なのかはわからない。自然界というものは厳しいものだと思う。 …
コメント:0

続きを読むread more

シバスゲ?

散策していたら,草刈りをした後の草原のようなところにとても小さなスゲの仲間が黄色の花を咲かせているのを見つけた。現在の草丈は10~15cm程度。これから少し伸びるのではないかと思う。あまり自信はないが,たぶんシバスゲ(Carex nervata)じゃないかと思う。
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:平沢4号墳

過日,平沢4号墳(茨城県つくば市平沢)を見学した。平沢4号墳は,平沢3号墳と概ね同規模の円墳であり,平沢3号墳の南東約20mのところにある。平沢3号墳所在地からも平沢4号墳の墳頂付近が見えるのだが,笹や杉などに紛れてわかりにくい。方位としては南東なのだけれども,比較的急峻な下りとなっている斜面上にあるため,視覚的には平沢3号墳の直下にあ…
コメント:0

続きを読むread more

東京都文京区:駒込天祖神社

過日,駒込天祖神社(東京都文京区本駒込)を参拝した。祭神は,天照皇大神。境内社として,鎮火稲荷神社,榊神社,須賀神社,戸隠熱田神社,御林稲荷神社がある。 元は神明宮であり,戦災で社殿等が焼失したけれども,戦後再建されたとのこと。その場所が東京都内であるとは思えないほどの静寂感があり,立派な神社だと思う。 なお,天祖神社は,鷹匠と関係…
コメント:0

続きを読むread more

東京都文京区:駒込富士神社と古墳

過日,駒込富士神社(東京都文京区本駒込)を参拝し,同社の基壇部となっている古墳を拝見した。駒込富士神社の祭神は,木花咲耶姫。境内社として曽我神社と小御嶽神社があるほか,多数の神社碑等がある。神社碑等の中にはけばけばしく彩色されているものが多数あった。建立当初からそのような状態だったのかどうかは知らないが,もしそうではなかったとすれば,文…
コメント:0

続きを読むread more

柏市:天神台古墳群

過日,宮前第二緑地(千葉県柏市柏)を訪問した。柏市史編さん委員会編『柏市史(原始古代中世 考古資料)』(平成31年)406~409頁によれば,この緑地には天神台古墳群と呼ばれ,6基の円墳で構成される古墳群の所在地とされている。現在,1号墳,3号墳~6号墳は湮滅しており,2号墳の北側半分だけが宮前第二緑地の中央付近に保存されている。 湮…
コメント:0

続きを読むread more

タガラシとアオサギ

先日,つくば市北条付近を散策していたら,田圃の畔のようなところにタガラシ(Ranunculus sceleratus)が生えてきて,花を咲かせているのを見つけた。久しぶりに見た。 そのすぐそばの水路のようなところではアオサギが獲物を探していた。  松江の花図鑑:タガラシ(田辛子)  ht…
コメント:0

続きを読むread more

ベニシジミ

先日,つくば市北条周辺を散策していたところ,ベニシジミ(Lycaena phlaeas)が飛んでいるのを見つけた。地面に降りたので,すかさず撮影。暖かい日とひどく寒い日とが交互にやってきて気象条件が厳しいのだが,野生の動植物は逞しい。
コメント:0

続きを読むread more

前橋市東大室町:女堀遺跡

過日,女堀遺跡(群馬県前橋市東大室町)を見学した。女堀は,平安時代後期に建設に着手されたけれども未完成に終わった用水路の遺跡であり,完成された部分の長さは約12kmもある長大なのものとのこと。 女堀は,藤原秀郷とその一族が関係して計画・着工された用水路らしい。榛名山の噴火による非常に広範囲の荒廃の後,平将門の乱が終息した時期以降におけ…
コメント:0

続きを読むread more