取手市本郷:東漸寺

2020年の年末のことだが,天台宗・興隆山寿量院東漸寺(茨城県取手市本郷)を参拝した。本尊は,阿弥陀如来。境内にある観音堂の本尊は,馬頭観世音菩薩。
東漸寺は,天正2年(1574年)に創建された寺院。その後,火災により本堂等を焼失し,享保2年(1717年)に再建されたとのこと。
本堂は,とても立派なものだった。また,東漸寺の境内には,元禄3年(1690年)に建立の茅葺山門(仁王門)や寛文7年(1667年)に建立の観音堂を含め,文化財としての価値が非常に高い建造物が多数あり,それらを見学するだけでもかなり勉強になる。
加えて,東漸寺の境内にはイチョウとクスノキの巨樹がある。

IMG_8607.JPG
東漸寺入口付近


IMG_8609.JPG
六地蔵


IMG_8612.JPG
山門


IMG_8647.JPG
本堂


IMG_8651.JPG
客殿


IMG_8620.JPG
鐘楼


IMG_8613.JPG
文化財の説明板


IMG_8624.JPG
観音堂


IMG_8622.JPG
観音堂の鐘楼


IMG_8625.JPG
観音堂脇の石仏・供養塔など


IMG_8627.JPG
観音堂裏の神社


IMG_8631.JPG
観音堂脇のクスノキ


IMG_8636.JPG
神馬の御堂


IMG_8643.JPG
大師堂


IMG_8639.JPG
石塔


IMG_8618.JPG
イチョウの巨樹

"取手市本郷:東漸寺" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント