高萩市石滝:2つの秋葉神社

茨城県高萩市と日立市にまたがる石滝の台地の北辺・段丘崖を南北に通る茨城県道230号高萩友部線の東西に2つの秋葉神社(茨城県高萩市石滝)がある。
それらの神社の関係がどのようなものなのかは不詳。
過日,その付近を徒歩で通過中,神社あることに気づき,これらの神社を守っている地元の人々に敬意を表する趣旨で参拝した。
どちらも秋葉神社であり,神社名だけでは区別がつかないので,このブログ記事では,仮に西の秋葉神社及び東の秋葉神社と呼ぶことにする。

西の秋葉神社は,御神体と思われる石材の上に石祠を載せた構造になっている。この石材は,古墳石室由来のものだろうと思う。

IMG_8298.JPG
西の秋葉神社の鳥居


IMG_8304.JPG
西の秋葉神社の境内


IMG_8300.JPG
西の秋葉神社の石材と石祠


IMG_8308.JPG
西の秋葉神社鳥居脇に埋もれた供養塔


IMG_8306.JPG
西の秋葉神社鳥居脇に並ぶ馬頭観世音


東の秋葉神社は,神社の石祠の脇に供養塔や地蔵菩薩を並べた構造となっており,独特のものだった。
覆堂の中には石仏のようなものが祀ってあった。大黒天のようなものが置いてあったので,大黒天かと思ったのだが,どうやら咳止め地蔵尊と呼ばれる地蔵尊を祀るものらしい。
目下,コロナに罹患して苦しんでいる患者が多数存在する。快癒を祈願したい。
過去においても呼吸器疾患で苦しんだ人々が多数おり,この地蔵尊に快癒を祈願したのだろう。


IMG_8310.JPG
東の秋葉神社の鳥居


IMG_8311.JPG
東の秋葉神社の石祠


IMG_8312.JPG
地蔵菩薩・如意輪観音?など


IMG_8313.JPG
咳止め地蔵尊

"高萩市石滝:2つの秋葉神社" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント