下妻市大園木:甲神社と愛宕神社

過日,甲神社(茨城県下妻市大園木)を参拝した。祭神は,阿部宗任・経津主命。
甲神社は,宗任神社(茨城県下妻市宗道)と関係する神社とのことで,宗任神社の兼務社となっているようだ。それゆえ,甲神社の宮司も松本氏。おそらく,松本氏とその家臣の祖先がこの地に移ってきた時からの一族団結の象徴のような神社だったのだろうと想像される。
甲神社は,阿部宗任の冑を祀った神社から始まっているのだそうだが,道路工事等のため境内地が若干移動しているようなので,現在の境内地がその場所に該当するかどうかは不明。甲神社の境内を含む周辺一帯は,カブツ遺跡と呼ばれる縄文時代,奈良・平安時代,近世の遺跡包蔵地となっている。「カブツ」とは「冑」のことを意味するのだろうと思う。
甲神社の鳥居から南約50m(やすらぎの里しもつまの東約100m)のところに塚があり,愛宕神社が祀られている。この塚が阿部宗任の冑を埋めた塚なのかどうかも不明。なお,愛宕神社のある場所付近は,愛宕塚遺跡と呼ばれる近世の遺跡包蔵地とされているので,たぶん,この塚が愛宕塚に該当するのだろう。

IMG_3610.JPG
甲神社の鳥居


IMG_3615.JPG
甲神社の拝殿


IMG_3618.JPG
甲神社の本殿


IMG_3612.JPG
由緒碑


IMG_3619.JPG
境内社(大園木神社・石裂山大権現など)


IMG_3624.JPG
?


IMG_3623.JPG
手水


IMG_3626.JPG
神木


IMG_3632.JPG
愛宕神社のある塚


IMG_3634.JPG
愛宕神社の社殿


IMG_3636.JPG
愛宕神社の社殿脇にある庚申供養塔


IMG_3638.JPG
愛宕神社の石段脇にある石棺材様の石材


IMG_3630.JPG
北西の方から見た塚の様子


IMG_3678.JPG
やすらぎの里しもつま農産物千代川直売所

この記事へのコメント