水戸市栗崎町:佛性寺と古墳(その1)

過日,天台宗・湧石山大日院佛性寺(茨城県水戸市栗崎町)を参拝した。
佛性寺は,天長年間に円仁により創建されたのが始まりとされる古い寺院。
本堂は,室町時代の様式を伝えるものと考えられている八角形の御堂。
トポロジー的に考えると,八角形の御堂は,例えば,三津谷古墳(群馬県北群馬郡吉岡町)のような古代の皇族の墳墓様式である八角形墳の概念を木製の御堂に移したものではないかとも考えられる。
山門の前には石造の金剛力士立像が並んでいる。この今後力士立像は,水戸市指定の文化財となっている。
ただし,下記の水戸市のサイト上にある金剛力士像の写真では左右が逆になっている。本日現在,阿吽の別の表示がないので,普通の閲覧者は見た目の順と理解する可能性が高い。しかも,かなり以前に撮影された写真が公衆送信されているものと推定され,現況とは異なる。文化財保護行政の執行の一側面である文化財情報のオープンデータとしての提供という観点からは,オープンデータの基本原則の1つである正確性の原則の実装の上で問題があると判断した。学術研究の目的により,このサイトの構成要素を記録保存した。
なお,佛性寺の金剛力士立像と類似する江戸時代の金剛力士立像は,小見玉市栗又四ケにもあり,石造仁王像として小見玉市指定文化財となっている。

IMG_1311.JPG
山門


IMG_1350.JPG
左側の金剛力士像


IMG_1351.JPG
右側の金剛力士像


IMG_1348.JPG
境内


IMG_1338.JPG
本堂


IMG_1331.JPG
本堂の説明板


IMG_1339.JPG
佛性寺本堂八角堂修復工事完成記念碑


IMG_1341.JPG
回向堂


IMG_1320.JPG
鐘楼


IMG_1314.JPG
参道の馬頭観世音・百萬遍供養塔・庚申塔など


IMG_1319.JPG
参道の六地蔵


IMG_1324.JPG
参道の安産守護千人供養塔など


IMG_1325.JPG
参道の御堂と供養塔



 水戸市:佛性寺本堂(附旧露盤1個)
 https://www.city.mito.lg.jp/001373/001374/0/shiteibunkazai/siteibunkazai/bussyoujihondou.html

 水戸市:石造 金剛力士立像
 https://www.city.mito.lg.jp/001373/001374/0/shiteibunkazai/siteibunkazai/kongourikishiryuuzou2.html

この記事へのコメント