アオダイショウ?

本日,ある神社を参拝したところ,奥の院の石段で蛇とばったり出逢った。 この神社の主かもしれないので,とにかく通り過ぎるまで待った。 石段脇の藪に移動したところでちょっとだけ写真を撮影。若干疑問があるが,たぶんアオダイショウだろうと思う。 石段を登り,その神社の社殿に到達し,参拝していたところ,後からやってきた数名の女性グループがそ…
コメント:0

続きを読むread more

自宅のマムシグサ

だいぶ前にO氏から頂戴した種子から発芽して定着したマムシグサが今年も開花している。 環境条件のせいかどうか,この個体はなかなか結実しない。興味深く観察を継続している。
コメント:0

続きを読むread more

高崎市八幡原町:若宮八幡北古墳

過日,若宮八幡北古墳(群馬県高崎市八幡原町)を見学した。 若宮八幡北古墳は,全長46.3mの帆立貝式前方後円墳とされている。現況は,前方部が明確ではなく,大きな円墳のように見える。 墳丘上及びその周辺に埴輪のかけらのようなものが見られた。 『群馬県古墳総覧』によれば,他に若宮神社古墳と呼ばれる古墳があり,若宮八幡北古墳と八幡原町若…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市八幡原町:若宮八幡宮と古墳

過日,若宮八幡宮(群馬県高崎市八幡原町)を参拝した。 若宮八幡宮は,建久年間に創建された古い神社とのこと。「八幡原」という地名の起源となっている神社らしい。 若宮八幡宮の社殿背後(西側)には比較的大きな古墳がある。この古墳は,八幡原町若宮2152所在古墳と呼ばれ,直径約20mの円墳とされている。墳丘東側部分は,社殿(本殿)の敷地とし…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市八幡原町:鈴塚古墳

過日,鈴塚古墳(群馬県高崎市八幡原町)を見学した。 鈴塚古墳は,直径約20mの円墳とされている。その所在地は,玉村町八幡原~高崎市八幡原に続く台地(自然堤防?)の南西端にあたる段丘縁付近に位置しており,道路と墳丘所在地と思われる場所との間は民家敷地の一部となっていて近くまで寄れないため,道路から見える範囲内で見学した。そのため,一応そ…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市八幡原町:八幡原町若宮2040所在古墳

過日,八幡原町若宮2040所在古墳(群馬県高崎市八幡原町)を見学した。 八幡原町若宮2040所在古墳は,直径24mの円墳とされており,現況は墓地となっているのだが,道路から見ると墓石が見えず,墳丘裾部分を見学することが可能なので,その範囲内で見学することにした。 墓地区画となっている部分には立ち入っていないが,その入口に立てられてい…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市八幡原町:若宮古墳群15号墳の保存石槨

過日,若宮古墳群15号墳の保存石槨を見学した。若宮古墳群15号墳は,同一の古墳の中に二重石槨があるという構造になっており,それらの石槨は,識別のために八幡原A石槨及び八幡原B石槨と命名されている。若宮古墳群15号墳は,直径13.3mの円墳とされている。 二重石槨の保存場所は,株式会社機設(群馬県高崎市八幡原町)の事務棟前。柵で囲われた…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県佐波郡玉村町八幡原:玉村町No.488遺跡無名古墳の所在地

過日,玉村町No.488遺跡無名古墳(群馬県佐波郡玉村町八幡原)の所在地を見学した。 玉村町No.488遺跡無名古墳は,湮滅古墳とされており,現況は,方形周溝墓のような形をした信仰塚となっている。この塚は,墳丘の一部ではなく,後代のものという扱いになっているのだろう。 色とりどりの花で飾られ,丁寧にお世話されている塚だと思った。塚の…
コメント:0

続きを読むread more