水戸市有賀町:有賀台古墳群(その3)

過日,有賀神社(茨城県水戸市有賀町)を参拝した後,有賀台古墳群の所在地を散策した。 内原町史編さん委員会編『内原町史料第2集 内原町の遺跡-内原町遺跡分布調査報告書-』(1994年)の中には有賀台古墳群の配置図と詳細情報が含まれている。ただし,配置図の中に付番が記載されていないので,詳細情報を丁寧に読み,あてはめなければならない。一応…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市有賀町:有賀台古墳群(その2)

過日,有賀神社(茨城県水戸市有賀町)を参拝した後,有賀台古墳群の所在地を散策した。 内原町史編さん委員会編『内原町史料第2集 内原町の遺跡-内原町遺跡分布調査報告書-』(1994年)の中には有賀台古墳群の配置図と詳細情報が含まれている。ただし,配置図の中に付番が記載されていないので,詳細情報を丁寧に読み,あてはめなければならない。一応…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市有賀町:有賀台古墳群(その1)

過日,有賀神社(茨城県水戸市有賀町)を参拝した後,有賀台古墳群の所在地を散策した。 有賀台古墳群を構成する古墳の配置は知っていたのだけれども,付番と詳細情報を得ることができないままでいた。 いつもお世話になっている古書サイトを眺めていたら,たまたま,内原町史編さん委員会編『内原町史料第2集 内原町の遺跡-内原町遺跡分布調査報告書-』…
コメント:0

続きを読むread more

ベニシジミ

暖かくなったので,あちこちでベニシジミ(Lycaena phlaeas)を見かける。 遺跡を探訪し,寺院や神社を参拝し,そして,花や蝶の姿を楽しむ。しかも,相手が人間ではないので,新型コロナのリスクもゼロ。贅沢と言えば贅沢だ。遅くても元気に歩き,そのような楽しみを味わえることは,まことにありがたいことだと思う。
コメント:2

続きを読むread more

ナガミヒナゲシ

散策中,ナガミヒナゲシ(Papaver dubium)がいっぱい開花しているのを観た。オレンジ色の花弁の中に黒い斑点があるものばかりの群落と黒い斑点のないものばかりの群落があった。私の自宅付近に生えているものでは黒い斑点のない個体が多い。 侵入生物データベースでは「多くは基部に黒い斑」と記されているので,個体差レベルまたは品種レベルの…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市倉持:雲井宮郷造神社

過日,雲井宮郷造神社(茨城県筑西市倉持)を参拝した。祭神は,武甕槌神。 雲井宮郷造神社は,大同年間に藤原宗成によって創建された神社とのこと。元は「蝦夷鹿島大明神」と称したらしい。一の鳥居の額には「雲井宮」と記されている。 神社の境内地の周辺は,宮前遺跡と呼ばれる弥生時代,古墳時代,奈良・平安時代の遺跡包蔵地とされている。昔から人々が…
コメント:0

続きを読むread more

結城市山川新宿:結城寺

過日,新義真言宗・清浄蓮華山結城寺(茨城県結城市山川新宿)を参拝した。 元の結城寺が戦乱により焼失した後,永禄8年(1565年)に山川氏重によって現在の所在地に再興された寺院とのこと。 現在の境内地は段丘縁付近にあり,静寂な寺院だというような印象を受けた。 結城寺の境内地を含む周辺一帯は,綾戸遺跡と呼ばれる奈良・平安時代~中世の遺…
コメント:0

続きを読むread more

牛久市下根町:琴塚古墳

過日,琴塚古墳(茨城県牛久市下根町)を見学した。 琴塚古墳は,牛久警察署と牛久運動公園の中間付近にある竹林の中にあり,東西20m×南北22mの円墳とされている。墳頂には石祠が祀られているとのことだったのだが,どうやら地震か何かで倒壊したまま放置されているような状態にあるようだ。 墳丘所在地東側の地山は大きく掘削されている。 琴塚古…
コメント:0

続きを読むread more

路傍のブタナ

先日,買い物に出かけたら,歩道の植え込みからブタナが生えてきて花を咲かせているのを見つけた。隙間があればどこにでも生える外来植物。
コメント:0

続きを読むread more

水戸市杉崎町:杉崎権現古墳

過日,杉崎権現古墳(茨城県水戸市杉崎町)を見学した。 杉崎権現古墳は,直径10mの円墳とされている。墳頂には香取神社の石祠が祀られている。この石祠は,明治時代の神仏分離令によって香取神社となる前には杉崎権現だったのだろうと思う。 杉崎権現古墳は,鷹ノ巣南古墳所在地西の段丘崖をいったん降り,狭い谷をわたり,香取神社の社号標のあるところ…
コメント:0

続きを読むread more