水戸市杉崎町:鷹ノ巣南古墳の所在地

過日,鷹ノ巣南古墳(茨城県水戸市杉崎町)の所在地を訪問した。 鷹ノ巣南古墳は,鷹ノ巣古墳の北東約500m(鷹ノ巣共同墓地の敷地北西端の西側)にあり,墳丘長約40mで,前方部を西の方に向けた前方後円墳とされている。 鷹ノ巣古墳の北に位置しているのに名称が鷹ノ巣南塚古墳となっており,極めてわかりにくい。旧称(通称)である「狐塚」に戻した…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市杉崎町:鷹ノ巣古墳

過日,鷹ノ巣古墳(茨城県水戸市杉崎町)を見学した。 鷹ノ巣古墳は,十一面観世音菩薩堂の北西にある段丘縁付近にある。 同じ場所には,元は前方後円墳1基と円墳1基の合計2基の古墳で構成される鷹ノ巣古墳群があったけれども,現存古墳が円墳1基だけとなってしまったので,その円墳の名称が鷹ノ巣古墳となったようだ。湮滅した前方後円墳の所在地は,円…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市杉崎町:八坂神社と十一面観世音菩薩堂

過日,八坂神社(茨城県水戸市杉崎町)を参拝した。 八坂神社は,旧国道50号線内原駅入口交差点の角にあり,同一の敷地内に杉崎ふるさとコミュニティセンターがある。とはいえ,私が訪問した時には誰もいなかった。祭礼の日には社殿の扉が開けられ,中に格納されている御神輿を配することができるようだ。 八坂神社の社殿とコミュニティセンターの建物との…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市中原町:八幡神社と古墳(続)

2019年に八幡神社(茨城県水戸市中原町)を参拝し,その境内地にある八幡神社周辺古墳群の一部を見学したのだが,その後,八幡神社境内地の西に位置する畑の中にも同古墳群を構成する円墳の一部が残存していることを知った。 八幡神社周辺古墳群を構成する古墳の配置図は,茨城県教育委員会編『重要遺跡調査報告書Ⅲ』(昭和61年3月)の34頁にある。た…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市有賀町:慈眼寺

過日,真言宗智山派・迦葉山福寿院慈眼寺(茨城県水戸市有賀町)を参拝した。本尊は,大日如来。 本堂落慶記念碑に記された縁起によれば,慈眼寺は,永徳2年(1382年)に江戸氏の僧による開基の寺院であり,大いに栄えた寺院だったけれども,明治時代に火災で堂宇を焼失し,本尊であった十一面観世音菩薩像(運慶作)も失い,焼失を免れた大日如来(享保年…
コメント:0

続きを読むread more