行方市井上:井上古墳群(その2)

過日,井上古墳群(茨城県行方市井上)を見学した。 井上古墳群の2号墳は,4号墳所在地の南西約150mのところに位置する畑の中にあり,現況は直径約15m・高さ約2mの円墳とされている。墳丘周囲が削平されているので,元はもっと大きな古墳だったようだ。 その畑の南東側~南側を通る道から墳丘が見える。2号墳所在地の畑の西端には狭い道があ…
コメント:0

続きを読むread more

行方市井上:井上古墳群(その1)

過日,井上古墳群(茨城県行方市井上)を見学した。 井上古墳群に関しては,玉造町遺跡調査会・玉造町教育委員会編『井上古墳群第1号墳発掘調査報告書』(2002年2月)及び玉造町教育委員会編『井上古墳群第4号墳発掘調査報告書』(1986年3月)に詳細な記述がある。『井上古墳群第4号墳発掘調査報告書』では7基の古墳によって構成される古墳群とさ…
コメント:0

続きを読むread more

行方市井上:井上神社

過日,井上神社(茨城県行方市井上)を参拝した。祭神は,鸕鶿草葺不合尊。誉田別名命・倉稲魂命を合祀している。その他15柱の神を祀っている。これら15柱の神は,神仏習合による神も含まれているようだ。 社殿はとても立派で,境内地が丁寧に管理されているという印象を受けた。井上神社の本殿は,行方市指定の有形文化財となっている。この本殿は,元は八…
コメント:0

続きを読むread more

かすみがうら市上稲吉:西田古墳群(その3)

過日,西田古墳群(茨城県かすみがうら市上稲吉)を見学した。 茨城県教育委員会編『重要遺跡調査報告書Ⅰ』(昭和57年3月)の209頁は,西田古墳群に関し,3基の前方後円墳(全長20~30m)と5基の円墳(いずれも直径20m)の合計8基の古墳によって構成される古墳群としている。南端にある古墳が1号墳(前方後円墳)であり,北端にある古墳が8…
コメント:0

続きを読むread more