栃木市下皆川:山神社

国の緊急事態宣言が解除された後のことだが,過日,将門霊神古墳を見学した後,同古墳の西約100mほどの山腹にある山神社(栃木県栃木市大平町下皆川)を参拝した。祭神は,大山祇大神。
由緒等の詳細は不明。
将門霊神古墳の背後からすぐに上り坂の山道となっており,道なりにその山道を登ると山神社の石段の前に出る。
山神社の境内地は円形をしており,比較的大きな円墳の墳丘上部を掘削して築造されたもののように見える。ただし,現時点においては古墳とはされていない。境内に立てられた浅間神社の石碑の基壇部の石材がちょっと気になった。

栃木市史編さん委員会編『栃木市史 [史料編・古代・中世]』(昭和60年)の52頁によれば,「太平山の東南中山丘陵の南斜面と山麓,東斜面と山麓一帯も群集墓地帯である。南斜面は開発されつくして消滅してしまったが,東側(下皆川)には円墳10基以上が現存する」とのこと。しかし,『栃木県埋蔵文化財地図(平成9年3月)』の記載上では,将門霊神古墳しか残されていないように見える。他の古墳は,宅地開発等により湮滅してしまったのだろう。

IMG_2660.JPG
石段と鳥居


IMG_2661.JPG
拝殿


IMG_2669.JPG
本殿


IMG_2666.JPG
境内社


IMG_2664.JPG
境内社


IMG_2672.JPG
浅間神社



 神社ぐだぐだ参拝録:山神社(大平町下皆川)
 http://glassesmaiden.blog81.fc2.com/blog-entry-2728.html

この記事へのコメント