鹿嶋市沼尾:塚原古墳群再訪(その6)

過日,塚原古墳群(茨城県鹿嶋市沼尾)を再訪し,見学可能な古墳を丁寧に観て回った。

塚原古墳群を構成する古墳の個別の測量は行われていないようなのだが,大きな古墳は直径20前後,小さな古墳は直径10m前後の円墳状のものが多い。前方後円墳も含まれているとされている。しかし,現況を観る限り,円墳のような外見をもった古墳しかないように思う。一応道があり,アクセス可能と思われる場所にある古墳だけ見学し,周囲の状況からみて立ち入るべきではないと判断した場所に所在する古墳(特に古墳群所在地北側にある古墳)にはアクセスしなかった。

矢形標識(33番)のある場所から更に北西方向に進むと,道の左手(西側)に塚状の地形のあるところを通る。これが17号墳に該当するものと判断した。正確には,墳丘の東側の一部の上に道が通っているように見える。
茨城県教育委員会編『重要遺跡調査報告書Ⅰ』(昭和57年3月)の129頁では,17号墳に該当する古墳に関し,前方部を北東に方に向けた前方後円墳として表示している。現況は,墳丘の一部が掘削された円墳のようにしか見えない。

IMG_5915.JPG
南の方から見た17号墳


IMG_5918.JPG
17号墳の近景


IMG_5919.JPG
17号墳の墳頂付近


IMG_5921.JPG
北東の方から見た17号墳


17号墳の所在地から更に北西の方に進むと,比較的大きな円墳のような塚の上を通る。古墳に間違いないと思うのだが,前回訪問した際には,何号墳に該当するのかの判断を誤ってしまった。今回も判断に迷い,そのあたりを何度も行ったり来たりし,周辺の古墳との相互関係から全体としたとらえた上で,結論としては,21号墳に該当すると判断した。
21号墳の北側の林内に降りてみると,道から見るよりもずっと大きな円墳のように見える。


IMG_5925.JPG
南東の方から見た21号墳


IMG_5926.JPG
21号墳の近景


IMG_5928.JPG
西の方から見た21号墳


IMG_5996.JPG
北の方から見た21号墳


21号墳の北側の林内(21号墳の真北)には別の塚もある。23号墳に該当するものと判断した。


IMG_6029.JPG
23号墳


IMG_6030.JPG
23号墳の近景

この記事へのコメント