鹿嶋市沼尾:塚原古墳群再訪(その4)

過日,塚原古墳群(茨城県鹿嶋市沼尾)を再訪し,見学可能な古墳を丁寧に観て回った。

塚原古墳群を構成する古墳の個別の測量は行われていないようなのだが,大きな古墳は直径20前後,小さな古墳は直径10m前後の円墳状のものが多い。前方後円墳も含まれているとされている。しかし,現況を観る限り,円墳のような外見をもった古墳しかないように思う。一応道があり,アクセス可能と思われる場所にある古墳だけ見学し,周囲の状況からみて立ち入るべきではないと判断した場所に所在する古墳(特に古墳群所在地北側にある古墳)にはアクセスしなかった。

矢形標識(39番)のある分岐点のすぐ上(南側)のあたりには60号墳と61号墳がある。分岐点を左(南東側~南側)に進むと古い墓地区画があるのだが,60号墳と61号墳の所在地は,この古い墓地区画北端のすぐ北側の山林内にあたる。
若干疑問が残ったものの,60号墳または61号墳に該当するものと判断可能な範囲内にある塚のようなものがあった。この塚は,道からは見えない。
明確に塚とわかるものはこの1基だけだった。
配置図から考えると,この塚は60号墳に該当し,61号墳は既に湮滅と考えるのが妥当ではないかとも思われるのだが,確実ではない。

IMG_5870.JPG
南の方から見た61号墳所在地付近


IMG_5874.JPG
南の方から見た60号墳と思われる塚


IMG_5875.JPG
南東の方から見た60号墳と思われる塚


古い墓地区間を右手(西側)に見ながら道を南下し,道なりに西進すると,稲荷神社(10号墳)のある場所に至る。稲荷神社の手前(東側)約20mのところに15号墳があった。道のすぐ近くなので,意識して見れば墳丘だとわかるのだが,前回訪問した時にはよくわからないまま通り過ぎてしまった。
この場所の近くには矢形標識(78番)がある。
稲荷神社を再び参拝した。
なお,稲荷神社前の道を西進すると,7号墳の前を通って矢形標識(37番)の所在地付近に至る。


IMG_5843.JPG
稲荷神社(10号墳)


IMG_5842.JPG
稲荷神社の社殿付近から見た15号墳所在地付近


IMG_5853.JPG
南西の方から見た15号墳


IMG_5859.JPG
南東の方から見た15号墳


稲荷神社と15号墳の間付近の南側は,開削されて新たな墓地区画となっている。この新たな墓地区画の西端付近に13号墳があり,新たな墓地区画の南東端付近に11号墳がある。いずれも墳丘上の樹木が伐採されており,墳丘を観察しやすい状態となっていた。


IMG_5802.JPG
北の方から見た13号墳


IMG_5806.JPG
南東の方から見た13号墳


IMG_5810.JPG
北の方から見た11号墳


IMG_5818.JPG
南の方から見た11号墳


11号墳の南西側に隣接して12号墳がある。12号墳の所在地から更に南西の方に進むと14号墳がある。


IMG_5820.JPG
南東の方から見た12号墳


IMG_5821.JPG
南の方から見た12号墳


IMG_5824.JPG
南西の方から見た12号墳(左手前)と11号墳(右奥)


IMG_5829.JPG
北東の方から見た14号墳


IMG_5828.JPG
東の方から見た14号墳

この記事へのコメント