潮来市大賀:浅間神社と古墳(その3)

過日,浅間神社(茨城県潮来市大賀)を参拝した。祭神は,木花之佐久夜毘売。

浅間神社のある山とその南西側にある尾根状の細長い台地は,浅間塚古墳群と呼ばれる古墳群の遺跡包蔵地となっている。浅間塚は,その中に含まれる古墳の1つということになるのだろう。他の古墳の詳細は不明なので,古墳に該当しそうな地形がある場所を全て見て回った。

浅間神社のある山の南西側裾には民家があり,その民家入口付近に石棺材と思われる石材があった。その民家から南西側の方は大規模に掘削されていて尾根状の台地の原形をとどめていないので,そのあたりにあった古墳は全て完全に消滅しているものと思われる。

IMG_1859.JPG
民家入口付近にあった石棺材と思われる石材


浅間神社のある山の南側裾付近には円墳様の塚状地形が3か所ある。これらの塚状地形が古墳なのかどうかはわからない。建設残土のようなものである可能性も否定できない。
古墳かどうかわからないので,このブログ記事では,西から順に塚状地形A,塚状地形B及び塚状地形Cと呼称することにする。


IMG_1860.JPG
西の方から見た塚状地形A


IMG_1863.JPG
南東の方から見た塚状地形A


IMG_1866.JPG
東の方から見た塚状地形B(右手前)と塚状地形A(中央)


IMG_1864.JPG
南西の方から見た塚状地形B


IMG_1865.JPG
南の方から見た塚状地形B


IMG_1867.JPG
南東の方から見た塚状地形B


IMG_1869.JPG
南西の方から見た塚状地形C


IMG_1871.JPG
南の方から見た塚状地形C


IMG_1873.JPG
南東の方から見た塚状地形C


これら塚状地形A,塚状地形B及び塚状地形Cと石棺材のような石材があった多賀大明神及び金比羅神社の合計5基が古墳だと仮定すると,浅間塚を含め,少なくとも,総合計6基の古墳が残存していることになるだろう。


IMG_1786.JPG
南無犬供養之塔


以上で見学を終え,大賀交差点を経て,クルマを停めておいた「茨城県水郷県民の森」の芝生広場の駐車場まで徒歩で戻った。

この記事へのコメント