稲敷市幸田:幸田古墳群・西音寺・琴平神社など

過日,幸田古墳群の所在地(茨城県稲敷市幸田)とその周辺を散策した。 幸田古墳群は,1基の前方後円墳と3基の円墳によって構成されている古墳群ということになっている。その所在地の現況は,竹林,雑種地,寺院(天台宗・西音寺)の境内地,琴平神社境内地,道路敷地,宅地及び畑となっている。 1号墳とされる前方後円墳(全長45m・高さ6m)の所在…
コメント:0

続きを読むread more

稲敷市幸田:古峯神社と浅間神社

過日,古峯神社と浅間神社(茨城県稲敷市幸田)を参拝した。 古峯神社と浅間神社は,同じ方墳様の基壇の上に鎮座している。この基壇部は,古墳ではなく,自然の段丘崖を掘削してつくられたもののようだ。浅間神社の背後(北西側)にはやや大きな塚があるが,これも古墳ではなく,富士塚として理解されている。 古峯神社は,浅間神社の東側に並んで鎮座してお…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県那須郡那珂川町馬頭:武茂城跡

過日,靜神社(栃木県那須郡那珂川町馬頭)を参拝した後,同じ山にある武茂城跡を見学した。武茂城跡に登る山道は,靜神社の本殿脇にある。 武茂城に関しては,馬頭町史編さん委員会編『馬頭町史』(平成2年)の233~236頁に解説がある。その解説によると,一般に武茂城跡として知られているのは武茂城の西側部分であり,乾徳寺の東側の山の上にも城跡が…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県那須郡那珂川町馬頭:靜神社

過日,靜神社(栃木県那須郡那珂川町馬頭)を参拝した。祭神は誉田別命・手力男命(天手力雄命)・須佐之男命。 下記の栃木県神社庁のサイト等によれば,靜神社の創建等については不明だが,元は八幡宮と称し,現在の場所とは別の場所に鎮座して武茂氏の守神となっていたが,武茂氏が常陸國大賀に移封し,更に,佐竹氏と共に出羽國に転封した後,水戸藩領となっ…
コメント:0

続きを読むread more