今朝の雲

今朝のことだが,慈眼寺のブログ記事をアップした後,空模様を見ようとベランダに出たところ,部分的に雲に色がついていた。「奇妙な虹だ・・・」と思いながらよく見てみると,虹ではなく,部分的に朝焼けが反射してこのような状態になったのだということを理解した。 これまで目にしたことのない状況だったので,愛用のコンパクトカメラでその写真を撮った。 …
コメント:0

続きを読むread more

高崎市下滝町:慈眼寺と古墳(その3)

2020年12月のことだが,高野山真言宗・華敷山補陀落院慈眼寺(群馬県高崎市下滝町)を参拝した。本尊は,聖観音菩薩。 慈眼寺の境内・本堂裏(北側~北西側)には,慈眼寺A号墳,慈眼寺B号墳及び慈眼寺C号墳と呼ばれる3基の古墳がある。 私が訪問した時には,慈眼寺境内にある古墳の墳丘上に暗紅紫色の紅葉がびっしりと蔽っていて,一種独特の姿だ…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市下滝町:慈眼寺と古墳(その2)

2020年12月のことだが,高野山真言宗・華敷山補陀落院慈眼寺(群馬県高崎市下滝町)を参拝した。本尊は,聖観音菩薩。 慈眼寺の境内・本堂裏(北側~北西側)には,慈眼寺A号墳,慈眼寺B号墳及び慈眼寺C号墳と呼ばれる3基の古墳がある。 私が訪問した時には,慈眼寺境内にある古墳の墳丘上に暗紅紫色の紅葉がびっしりと蔽っていて,一種独特の姿だ…
コメント:0

続きを読むread more

高崎市下滝町:慈眼寺と古墳(その1)

2020年12月のことだが,高野山真言宗・華敷山補陀落院慈眼寺(群馬県高崎市下滝町)を参拝した。本尊は,聖観音菩薩。 下記の慈眼寺のサイトに記されている詳細な由緒によれば,慈眼寺は,天平年間に良弁僧正によって創始された非常に古い寺院であり,その後,南北朝の時代に乗弘大徳により中興開山となり,その後,戦火のため幾度も堂宇を焼失しながらも…
コメント:0

続きを読むread more