日立市十王町:長久保古墳

過日,長久保古墳(茨城県日立市十王町伊師)を見学した。
長久保古墳は,いぶき台第4公園の中に保存されており,直径約10m・高さ2.5mの円墳とされている。公園敷地の西側部分が掘削されて平坦にされているため,長久保古墳が2段築成の古墳のように見えてしまうが,1段目のように見える部分が元の地面であり,その上にある塚状の部分だけが古墳のようだ。
現在では台地上の大部分が宅地化されてしまったので,かつての面影はほとんどないが,畑の中にこのような古墳がぽこぽこあるような景観だったのだろうと想像した。
なお,十王町教育委員会編『十王町の遺跡』(1991年)の46頁にある長久保古墳の説明によれば,「墳丘の東側に接して,高さ約50cmの高まりがある。これは団地造成の際の残土であり,古墳に伴うものではない」とのこと。

IMG_8334.JPG
公園入口付近


IMG_8336.JPG
西の方から見た様子


IMG_8338.JPG
北の方から見た様子


IMG_8341.JPG
北東の方から見た様子




この記事へのコメント