高崎市下滝町:慈眼寺と古墳(その4)

2020年12月のことだが,高野山真言宗・華敷山補陀落院慈眼寺(群馬県高崎市下滝町)を参拝した。本尊は,聖観音菩薩。
慈眼寺の参道東側にある駐車場とその東側を南北に走る道路との間の細長い土地には前山古墳がある。
前山古墳は,滝川村2号墳とも呼ばれ,全長60mの前方後円墳とされている。横穴式石室が発掘されたとのこと。
現況では前方部の端が削平されており,現存部分の長さは約47mらしい。現況の外形は,円墳が2基並んでいるように見え,どちらが後円部でどちらが前方部なのかわかりにくい状態となっているけれども,北側の部分が後円部。

IMG_7862.JPG
慈眼寺駐車場(南西)の方から見た様子
(右手前が前方部残存部・左奥が後円部)


IMG_7861.JPG
慈眼寺駐車場(南西)の方から見た様子
(右が前方部残存部・左が後円部)


IMG_7864.JPG
南東の方から見た様子
(左手前が前方部残存部・右奥が後円部)



 古墳探訪:群馬県高崎市・前山古墳
 https://blog.goo.ne.jp/noda2601/e/8121f28d494a5e1fad3d8c39e6e4a13b

 趣味の案件:高崎市下滝古墳群
 https://ankenna.blog.fc2.com/blog-entry-114.html

この記事へのコメント