高崎市吉井町:地勝寺

過日,真言宗豊山派・廣願山専寿院地勝寺(群馬県高崎市吉井町小串)を参拝した。本尊は,地蔵菩薩。
地勝寺は,慶長10年(1605年)に地蔵寺として創建された寺院。その後,明治41年に勝持寺と合併したため,両方の寺院の名から1文字ずつとって地勝寺と改称している。
境内地には南北朝時代の石仏群があり,文化財として指定されている。その頃までは,古代からの名族の子孫が周辺各地に割拠していたのだろうと思う。南北朝の動乱を経て,滅びる者は滅び,生き残る者は生き残った。しかし,その後も更に戦乱が繰り返された。
地勝寺は,甲斐の武田信玄の侵攻により滅亡した小串氏の末裔が祖先の菩提を弔うために建てた寺院であるとも言われる。また,地勝寺の所在地は,中世の小串館の主郭部分に該当するようだ。
一般に,映画やテレビドラマだけでは実感がわかないかもしれないが,信州と上州との間を行ったり来たりしながら古い寺社を参拝し,古墳や城跡等を見学し続けていると,最初はよくわからないことでも,経験を重ねる間に,古代~戦国時代における地理感覚のようなものが何となくわかってくる。現代の行政区画等で区分し,全く別の世界(地域)として認識・理解することは,根本的な誤りと言えるだろう。
時間がかかっても可能な限り多数の実物を実見しながら,とにかく何度も自分の足で歩いて回ることには非常に大きな価値がある。

IMG_7757.JPG
地勝寺入口付近


IMG_7768.JPG
本堂


IMG_7762.JPG
六地蔵


IMG_7760.JPG
薬師如来像の御堂


IMG_7759.JPG
薬師如来像


IMG_7767.JPG
一石阿弥陀三尊像と石塔


IMG_7765.JPG
古い石仏


IMG_7764.JPG
石仏群の説明板



 高崎市:石造薬師如来座像・一石阿弥陀三尊像(小串)
 https://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2013121801331/

 城跡ほっつき歩記-訪城覚書-群馬県編:小串館
 http://kogasira-kazuhei.sakura.ne.jp/jyoukan-gunma/ogusi-yakata-yosii/ogusi-yakata-yosii.html

この記事へのコメント