安中市松井田町:九十九村7号墳

過日,九十九村7号墳(群馬県安中市松井田町小日向)を見学した。
九十九村7号墳は,庚申塚とも呼ばれ,直径12mの円墳とされている。墳丘上に石仏がある。長い花茎の上の蓮華に坐す阿彌陀仏を示すもので,一般的に見かける庚申塔とはかなり異なる様式のものなのだが,このような様式の庚申塔もあるのかもしれない。詳しいことはわからない。
九十九村7号墳は,民家敷地内にある。近くに寄るためには所有者の方にお願いしなければならないのだが,やはり,新型コロナの関係もあるので,近くまで寄ることは断念し,公道から見える範囲内で1枚だけ写真を撮った。

IMG_6845.JPG
群馬県道216号線の歩道から見た7号墳


九十九村7号墳の少し西の群馬県道216号線の路傍に道祖神と二十三夜供養塔などが立てられていた。


IMG_6841.JPG
道祖神・二十三夜供養塔など


IMG_6843.JPG
道祖神所在地付近から見た浅間山


九十九村7号墳付近を徒歩で移動中,畑の中にモズがいるのを見つけた。ズームで写真を撮った。


IMG_6869.JPG
モズ

この記事へのコメント