平磯海岸で観た鳥と蜃気楼など

本日,平磯海岸(茨城県ひたちなか市平磯町)を再訪した。
本日の海岸は比較的穏やかで,海岸にはカルガモと思われるカモの仲間とヒドリガモの群れが見えた。
少し南にある旧船着場付近では,ウミネコ,ウミウ,シノリガモを観た。
水平線には大小の船舶が航行しているのが見える。
何となく奇妙な人工物的なものが2つ見えたので,カメラのズームいっぱいで観察してみた。
どうやら蜃気楼のようだ。蜃気楼の実体は,近くの海岸(太平洋岸)にある工場施設(またはタンカーのような大型船の艦橋部分)や水平線の向こうに去ってしまったはずの大型船舶のように見える。面白い現象だと思った。

古代の人々が同じような光景を目にしたら,「空を飛ぶ舟がある」と信じたかもしれない。

IMG_4007.JPG
平磯海岸


IMG_4114.JPG
ヒドリガモ


IMG_4092.JPG
高磯付近


IMG_4104.JPG
カルガモ


IMG_4088.JPG
旧船着場付近


IMG_4091.JPG
シノリガモ・ウミネコ・ウミウ


IMG_4010.JPG
家宝稲荷神社参道で観たジョウビタキ(メス)


IMG_4005.JPG
水平線を航行する大型船舶


IMG_4132.JPG
南東の方に見えた蜃気楼
(上記の大型船舶を撮影した時刻の約1時間半後に撮影)


IMG_4139.JPG
北東の方に見えた蜃気楼


IMG_4144.JPG
北東の方に見えた蜃気楼の前を航行する貨物船

この記事へのコメント