牛久市城中:得月院

2020年の年末のことだが,曹洞宗・稲荷山得月院(茨城県牛久市城中)を参拝した。
得月院は,文禄3年(1594年)牛久城に移り住んだ妙印尼輝子(由良氏)が創建した寺院とされている。由良氏が新田氏の流れを汲むということなので,得月院の寺紋も新田紋となっている。ちなみに,妙印尼輝子は,戦国時代最強の女性とされている。また,得月院の比較的近くには,やはり新田氏と関係の深い金龍寺がある。
得月院の墓地には妙印尼輝子の墓所と小川芋銭の墓所がある。
現在の本堂は,大正11年に再建されたものとのこと。
得月院の境内(本堂前右手)には庚申塚がある。古墳の二次利用物のようにも見えるが,よくわからない。その庚申塚の脇(本堂寄り)のところに古墳の石棺材と思われる石材が積まれている。その石棺材がどこから出土したものかは不明。
得月院~牛久城周辺には多数の古墳があったようで,現在でも愛宕神社古墳山王塚古墳水神塚古墳明神塚古墳等の古墳が残されている。
明日の生死もわからない戦国時代にあってさえも古墳を壊さずに城内に残したということをどのように考えるか,経済的利益のために恐るべき勢いで非常に多数の古墳を破壊し続けている現代の世相をどのように考えるかに関しては,各人の世界観と価値観による。

IMG_8698.JPG
得月院入口付近と山門


IMG_8700.JPG
説明板


IMG_8708.JPG
本堂


IMG_8719.JPG
閻魔堂


IMG_8722.JPG
閻魔大王像・奪衣婆像


IMG_8720.JPG
閻魔大王像等の説明板


IMG_8717.JPG
大師堂?


IMG_8711.JPG
手水


IMG_8705.JPG
庚申塚


IMG_8704.JPG
庚申塔


IMG_8703.JPG
妙見菩薩(童子形石仏)


IMG_8702.JPG
妙見菩薩(童子形石仏)の説明板


IMG_8713.JPG
石棺材


IMG_8709.JPG
カヤの巨樹



 牛久市観光協会:得月院
 http://www.ushikukankou.com/tokugetsuin.htm

 妙印尼輝子
 http://www.myouinniteruko.com/index.html

 城郭放浪記:常陸牛久城
 https://www.hb.pei.jp/shiro/hitachi/ushiku-jyo/

 太田市:岩松氏と金山築城
 https://www.city.ota.gunma.jp/005gyosei/0170-009kyoiku-bunka/manga-9.html

 埋もれた古城:金山城
 http://umoretakojo.jp/Shiro/Kantou/Gunma/Ota-Kanayama/index.htm

この記事へのコメント