日立市田尻町:種殿神社

過日,種殿神社(茨城県日立市田尻町)を参拝した。祭神は,大己貴命。
田尻地区の鎮守とのことで,創始は不明ながら,室町時代の棟札が残されているとのこと。
平成9年に原因不明の火災によって拝殿が焼失したため,現在の拝殿はその後に再建されたもの。本殿は焼失を免れた。この本殿は,とても立派なものだった。
「種殿」は「じゅうどの」と読む。
日立市~高萩市~北茨木市付近には種殿神社だけではなく,同じ読みの「十殿神社」が近隣に鎮座しており,非常に興味深い。「十殿」と「十王」を同義と解する余地はあるのではないかと思われる。

一般に,『地蔵菩薩発心因縁十王経』にみられるような十王(秦広王(不動明王)・初江王(釈迦如来)・宋帝王(文殊菩薩)・五官王(普賢菩薩)・閻魔王(地蔵菩薩)・変成王(弥勒菩薩)・泰山王(薬師如来)・平等王(観音菩薩)・都市王(勢至菩薩)・五道転輪王(阿弥陀如来))に三尊(蓮華王(阿閦如来)・祇園王(大日如来)・法界王(虚空蔵菩薩))を加えると十三王となる。茨城県の各所にある十三塚は,十三王と関連する信仰塚なのだろう。

IMG_8495.JPG
鳥居


IMG_8473.JPG
参道


IMG_8475.JPG
階段と拝殿前の鳥居


IMG_8477.JPG
拝殿


IMG_8487.JPG
本殿


IMG_8484.JPG
境内社


IMG_8485.JPG
境内社


IMG_8486.JPG
境内社


IMG_8482.JPG
境内社


IMG_8497.JPG
種殿神社の南側の道路の路傍にある馬頭観世音



 種殿神社の紹介
 https://kirara-hitachi.net/chiiki/tajiri/05jisha/jyudono/jyudono.html

この記事へのコメント