前橋市:亀塚山古墳

過日,亀塚山古墳(群馬県前橋市山王町)を見学した。
亀塚山古墳は,上陽村20号古墳または上陽20号墳とも呼ばれ,推定全長約60m・後円部直径約40m・後円部高さ約6.5m,前方部長さ約20m・前方部高さ約1.5mの帆立貝式前方後円墳とされている。
亀塚山古墳は,金冠塚古墳の北西約300mのところにあり,亀塚山古墳の東側はすぐに段丘崖となっている。段丘崖下の低地には桃の木川が流れている。古代においては,その低地及び河川敷は,古代の東京湾の一部を構成する湿地帯だったのではないかと思われる。
亀塚山古墳の墳頂からは,浅間山が見えた。

IMG_4928.JPG
東の方から見た全景
(左が前方部・右が後円部)


IMG_4954.JPG
西の方から見た後円部


IMG_4935.JPG
北東の方から見た後円部


IMG_4938.JPG
墳頂付近


IMG_4949.JPG
東の方から見た前方部


IMG_4952.JPG
南西の方から見た前方部


IMG_4943.JPG
墳頂点付近から見た浅間山(ズーム)


IMG_4958.JPG
下大島第二公園付近から見た赤城山


IMG_4956.JPG
下大島第二公園付近を流れる水路


IMG_4955.JPG
水路擁壁にいたハクセキレイ

この記事へのコメント