磐田市新貝:三白山連城寺と古墳(その2)

過日,連城寺(静岡県磐田市新貝)の裏(西側)に位置する山の上にある古墳を見学した。
かつて,この山の上には4基の古墳があったとのことなのだが,現存するのは秋葉山古墳と稲荷山古墳の2基だけとなっている。
これらの古墳は,御厨古墳群の一部を構成する古墳として位置づけられている。
平重盛・平清盛の供養塔のある場所の右手から山に登る狭い道があり,少し進むと,御厨古墳群(秋葉山古墳)であることを示す標柱がある。その少し先に御厨古墳群(稲荷山古墳)であることを示す標柱がある。この御厨古墳群(稲荷山古墳)標柱から西の方は小さな谷のような形状の通路様部分になっているが,この通路様部分の南側に秋葉山古墳があり,北側に稲荷山古墳がある。

秋葉山古墳は,南北50m・東西46mの円墳とされている。

IMG_3116.JPG
御厨古墳群(秋葉山古墳)であることを示す標柱


IMG_3118.JPG
東の方から見た秋葉山古墳


IMG_3127.JPG
北の方から見た秋葉山古墳


IMG_3159.JPG
秋葉山古墳の墳頂付近


IMG_3162.JPG
秋葉山古墳の東側裾付近にある切通し様の部分


IMG_3168.JPG
切通し様の部分にある礫層と動物の巣穴?


稲荷山古墳は,全長46.5mの前方後円墳とされている。


IMG_3119.JPG
御厨古墳群(稲荷山古墳)であることを示す標柱


IMG_3123.JPG
南の方から見た稲荷山古墳の後円部


IMG_3130.JPG
南西の方から見た稲荷山古墳の後円部


IMG_3143.JPG
稲荷山古墳の墳頂付近


IMG_3140.JPG
稲荷山古墳の墳頂付近から見た前方部


IMG_3132.JPG
南西の方から見た稲荷山古墳の前方部


IMG_3148.JPG
稲荷山古墳付近で開花していたコウヤボウキ


IMG_3279.JPG
北の方から見た秋葉山古墳・稲荷山古墳のある山
(新貝17号墳所在地の近隣地から撮影)



 国史跡御厨古墳群
 https://www.lib-iwata-shizuoka.jp/wp-content/uploads/2016/08/bmikuriya.pdf

この記事へのコメント