上田市殿城:塚穴古墳

過日,塚穴古墳(長野県上田市殿城)を見学した。
塚穴古墳は,現況で直径6.6m×4.1m・高さ4.1mの円墳とされている。横穴式石室が露頭している。
塚穴古墳の所在地は,永沢古墳群と同じような山の斜面(沢筋)に構築された棚田の中にある。おそらく,かつては同様の古墳が多数あったのだろうと想像される。塚穴古墳所在地のある斜面を南西方向にずっと下ると,赤坂将軍塚古墳がある。これらの古墳を造営したのは,同じ一族なのではなかろうか。
塚原古墳所在地の北側には山の尾根があり,その山腹には大きな石が多数見えた。古墳の石室の残骸のようにも見えるけれども,明らかに人工物である石垣様の部分などを除き,たぶん自然物なのだろうと判断した。
その山の斜面の林は落葉樹を主体とするものだった。葉の落ちた樹木の梢にスズメバチの大きな巣がぶら下がっているのが見えた。
棚田の一部が畑となっていた。たぶん,ノザワナを栽培しているのだろうと思う。

IMG_5472.JPG
南東の方から見た塚穴古墳


IMG_5495.JPG
説明板


IMG_5481.JPG
北東の方から見た塚穴古墳


IMG_5491.JPG
北西の方から見た塚穴古墳


IMG_5483.JPG
石室開口部


IMG_5484.JPG
石室内の様子


IMG_5506.JPG
古墳所在地北側にある山の斜面


IMG_5493.JPG
古墳所在地北側にある山の斜面の供養塔


IMG_5476.JPG
スズメバチの巣


IMG_5473.JPG
ノザワナ?


IMG_5471.JPG
古墳所在地付近から見える景色

この記事へのコメント