浜松市東区:三方原古墳群

光明山古墳等の古墳を見学した翌日,三方原古墳群(静岡県浜松市東区有玉西町)を構成する古墳中の幾つかの古墳を見学した。 三方原古墳群中の三方原学園古墳群と呼ばれる古墳群を構成する古墳の所在地は静岡県立三方原学園の敷地内にあり,学園の周囲はフェンスで囲まれていて,公道から古墳を見学することができない。 コロナの問題等があることなどから見…
コメント:0

続きを読むread more

浜松市天竜区:光明寺と光明山古墳

過日,曹洞宗・光明山光明寺(静岡県浜松市天竜区山東)を参拝した。本尊は,三満虚空蔵菩薩。 境内中央には大黒殿があり,大黒天を祀っている。この木造大黒天は,日本一のものだそうだ。大黒天裏の山上にある奥の院には摩利支天を合祀している。 また,境内には古い供養塔等がある。 境内地は非常に広い。境内地は,光明山古墳群と呼ばれる古墳群の所在…
コメント:0

続きを読むread more

浜松市北区於呂:於呂神社と古墳

過日,於呂神社(静岡県浜松市北区於呂)を参拝した。祭神は,天津日高日子穂穂手見命(天津火火出見尊)。 式内社・遠江国麁玉郡鎮座於侶神社に比定されている。 社殿は,とても立派なものだった。屋根は鮮やかな朱色に塗られている。 境内林には何やら荘重な雰囲気が漂う。 鳥居 拝殿 本殿 公…
コメント:0

続きを読むread more

浜松市北区宮口:六所神社と興覚寺後古墳

過日,六所神社(静岡県浜松市北区宮口)を参拝した。祭神は,底津海祇神・中津海祇神・上津海祇神・底津筒男命・中津筒男命・上津筒男命。 遠江六十二座式内神社中の遠江国麁玉郡鎮座多賀神社とされているが,遠江国麁玉郡鎮座若倭神社とする見解もあるようだ。 社殿はとても立派なものだった。 浜松市北区宮口周辺には海神系の神社が多数ある。古代…
コメント:0

続きを読むread more

浜松市北区:見徳古墳

過日,見徳古墳(静岡県浜松市北区都田町)を見学した。 見徳古墳は,都田総合公園(静岡県浜松市北区都田町)北側駐車場の北に隣接する墓地区画の中にある。「都田」という地名の「都」は「屯倉」から転じたものだという見解がある。 見徳古墳は,直径約13mの円墳とされており,石室が開口している。 墓地区画の北西端付近に津島神社がある。祭神は,…
コメント:0

続きを読むread more

浜松市北区:陣座ヶ谷古墳群

過日,陣座ヶ谷古墳群(静岡県浜松市北区細江町)を見学した。 陣座ヶ谷古墳群は,3基の古墳で構成されていたけれども,1号墳(円墳)は削平されて消滅しており,現存するのは2号墳(前方後円墳)と小円墳(3号墳)のみとなっているようだ。 これらの古墳は山の上の尾根上にあり,県道261号線脇にある古墳所在地入口を示す標識のある場所から狭い山道…
コメント:0

続きを読むread more

浜松市北区引佐町:白山神社と古墳

過日,白山神社(静岡県浜松市北区引佐町井伊谷)を参拝した。祭神は,白山比咩命・伊邪那岐神・伊邪那美神・菊理媛神。 由緒書によれば,白山比咩神社(石川県白山市)を勧請した神社であり,一の宮神社(武内三宅大神)・三の宮神社(大山祇命)・坂田天王社(須佐之男命)・岡天王社(須佐之男命)の4社を合祀している。 白山神社社殿の西側に駐車場があ…
コメント:0

続きを読むread more

浜松市北区:渭伊神社

過日,渭伊神社(静岡県浜松市北区引佐町)を参拝した。祭神は,玉依姫命・品陀和氣命・息長足姫命。 式内社(遠江國引佐郡渭伊神社)に比定されている。 祭神から推測すると,井伊氏の祖が氏神として祀った神社が始まりだったのではないかと想像される。 渭伊神社の境内地一帯は,豊かな自然が残されており,その境内林にはムササビが生息しているとのこ…
コメント:0

続きを読むread more

浜松市北区:一ノ沢古墳群

過日,一ノ沢古墳群(静岡県浜松市北区引佐町)を見学した。 一ノ沢古墳群は,柳河テクノフォージ引佐工場の南東に位置する小山の尾根上にある。 この小山の南側には一ノ沢古墳群の説明板等と共に,浜松市名誉市民・故芝原力太郎氏の顕彰碑と説明板がある。 それらの説明板のある場所の手前には小型車が駐車可能な程度の駐車スペースがある。 その顕彰…
コメント:0

続きを読むread more

浜松市北区:北岡大塚古墳と北岡2号墳など(その2)

過日,北岡大塚古墳と北岡2号墳(静岡県浜松市北区引佐町)などを見学した。 これらの古墳は,引佐総合公園すぽるてんの西側駐車場の北に位置する山にある。送電線の保守管理用と思われる山道がそのまま遊歩道のようになっており,これらの古墳を見学できる。 北岡2号墳を見学した後,山道に戻り,更に登ると,階段がある。その階段の脇には古い供養塔…
コメント:0

続きを読むread more

浜松市北区:北岡大塚古墳と北岡2号墳など(その1)

過日,北岡大塚古墳と北岡2号墳(静岡県浜松市北区引佐町)などを見学した。 これらの古墳は,引佐総合公園すぽるてんの西側駐車場の北に位置する山にある。送電線の保守管理用と思われる山道がそのまま遊歩道のようになっており,これらの古墳を見学できる。 北岡大塚古墳は,この山の尾根付近にあり,北岡2号墳は,途中の斜面にある。北岡大塚古墳は,北…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:谷田古墳群の古墳

過日,谷田古墳群に属する古墳中で南に位置する2基の古墳を見学した。このときに見学した古墳以外の古墳は,谷田町公園(茨城県水戸市酒門町)付近に点在しているが,まだ訪問していない。 見学した2基の古墳中の1基は,ヤマト運輸水戸城南センターの南東約100mのところにあり,円墳とされている。 ぺんの古墳探訪記によれば,この円墳は,谷田町…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市:千波山古墳群

過日,千波山古墳群(茨城県水戸市千波町)を見学した。 直近に駐車場が見当たらなかったので,千波公園 D51駐車場にクルマを停め,そこから先は徒歩で往復した。 千波山古墳群は,千波神社の周辺に分布し,3基の古墳から構成されている。 千波山1号墳は,千波山児童遊園地の敷地内にあり,直径15m・高さ1.8mの円墳とされている。水戸市…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市千波町:千波神社

過日,千波神社(茨城県水戸市千波町)を参拝した。祭神は,日本武尊。 境内には,素鵞神社などの境内社がある。 千波神社の鎮座地付近には仙波山遺跡と呼ばれる縄文時代の集落跡遺跡があったが,現在では湮滅して住宅地等となっている。また,仙波神社の近くには千波山古墳群がある。 千波神社の境内地は,遺跡包蔵地には含まれていないけれども,立地条…
コメント:0

続きを読むread more

福島県河沼郡会津坂下町八日沢:大澤神社

過日,クルマで移動中,たまたま不思議な印象を受ける神社の前を通った。どうにも気になり,速度を落としたところ,若干の駐車スペースがあるのを見つけたので,そこにクルマを停めた。 その神社は,大澤神社(福島県河沼郡会津坂下町八日沢)という神社だった。拝殿の額には「大澤社」と記されている。隣地には十二神祠がある。それらの神社を参拝した。 た…
コメント:0

続きを読むread more

福島県河沼郡会津坂下町大上:上宇内薬師堂と古墳

過日,上宇内薬師堂(福島県河沼郡会津坂下町大上)を参拝した。本尊は,薬師如来。 上宇内薬師堂は,高寺(石塔山恵隆寺)が繁栄していた時代の調合坊が始まりで,その後荒廃したが,元禄4年(1691年)に再興され,今日に至っているとのこと。 仁王門には巨大なわらじが奉納されている。仁王門の金剛力士像を拝見しながら,「古代の埴輪群像の中に見ら…
コメント:0

続きを読むread more

喜多方市上三宮町:願成寺と古墳(その2)

過日,浄土宗・叶山三寶院願成寺(福島県喜多方市上三宮町上三宮)を参拝した。 願成寺の山門の両脇には円墳様の塚があり,願成寺古墳群を構成する円墳とされている。ただし,この地域は,激しい戦乱の時期を経験している地域でもあるので,古墳ではなく,後代の塚である可能性を完全に否定することはできないように思われる。 詳細な資料(発掘調査報告書等…
コメント:0

続きを読むread more

喜多方市上三宮町:願成寺と古墳(その1)

過日,浄土宗・叶山三寶院願成寺(福島県喜多方市上三宮町上三宮)を参拝した。本尊は,阿弥陀如来。 願成寺は,嘉禄3年(1227年)に法然の高弟・隆寛律師が開基の寺院。会津藩主・保科家の保護を受けた。 願成寺の行事のための繁忙期に訪問したのにも拘らず,とても親切に扱っていただき,境内の案内と懇切な説明を受けることができた。まことにありが…
コメント:0

続きを読むread more

香取市牧野:観福寺

過日,真言宗豊山派・妙光山蓮華院観福寺(千葉県香取市牧野)を参拝した。本尊は,聖観世音菩薩。 観福寺は,寛平2年(890年)に開基の古い寺院。 本堂,観音堂,不動堂,大師堂等の建物は立派なものだった。 観福寺の境内の構造は,山の斜面を利用したものなのだが,全体として,中世の城または館のような印象を受ける。 ただし,観音寺の周辺は…
コメント:0

続きを読むread more

香取市多田:多田朝日森稲荷神社

過日,多田朝日森稲荷神社(千葉県香取市多田)を参拝した。祭神は,宇迦之御魂神・大宮能売神。 多田朝日森稲荷神社は,嘉永7年(1854年)に京都の伏見稲荷大社から勧請して創建された神社とのこと。その経緯については,境内に立てられている縁起書に記されているのだが,その中には正平6年(1351年)に起きたという非常に興味深い出来事について書…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県香取郡東庄町:石出堰親水公園

過日,石出堰親水公園(千葉県香取郡東庄町石出)を散策した。 石出堰は,谷津のような場所を仕切って構築された農業用水池であり,周辺一帯が親水公園として整備されている。管理状況は良好で,私が訪問した時には弁財天のある島の掃除作業中だった。 石出堰親水公園の周辺一帯は石出古墳群,橘古墳群,羽計古墳群等の古墳群の遺跡包蔵地となっている。ただ…
コメント:0

続きを読むread more

香取市下飯田:西音寺

過日,浄土宗・天光山良忠院西音寺(千葉県香取市下飯田)を参拝した。本尊は,阿弥陀如来。 西音寺は,康元元年(1256年)に森山城主・東胤頼によって開基の寺院とのこと。その後,何度も火災により堂宇が焼失したとのこと。現在の本堂は,貞享2年(1685年)に再建立されたもの。 境内には古い板碑や供養塔等がある。いずれも非常に貴重なものだと…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県香取郡東庄町笹川:妙幢院

過日,真言宗智山派・龍神山慶瀧寺妙幢院(千葉県香取郡東庄町笹川)を参拝した。本尊は,十一面観世音菩薩。 説明板によれば,妙幢院は,貞応2年(1223年)に東胤頼の孫・胤景が開基した寺院とのこと。火災により元の堂宇を失い,旧支院である龍光院を充てたまま今日に至っているとのこと。 このような妙幢院の歴史それ自体が,東庄町周辺おける武家の…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県香取郡東庄町:延命寺とその周辺

過日,諏訪大神(千葉県香取郡東庄町笹川い)を参拝した後,同社の参道にある東庄町観光会館に寄ってみた。この観光会館には,諏訪大神の奉納相撲関係の資料等が展示されている。東庄町観光会館と一体となった建物として天保水滸伝遺品館(有料)が併設されており,天保水滸伝関連の資料が展示されている。館長さんと思われる方からすこぶる熱の入った説明を受けた…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県香取郡東庄町:諏訪大神

過日,諏訪大神(千葉県香取郡東庄町笹川い)を参拝した。祭神は建御名方命。事代主命・大国主大神を配祀している。 諏訪大神は,天保水滸伝で有名な神社で,境内には関連する石碑や土俵もあるのだが,坂上田村麻呂ゆかりの大同2年(807年)創建の古い神社。須賀山明神とも称したとのこと。千葉氏の須賀山城と関係する神社ということなのだろう。 社殿等…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県長生郡長柄町:長柄横穴群(その4)

過日,長柄横穴群(千葉県長生郡長柄町)を見学した。 長柄横穴群の第1支群所在地には立派な駐車場と史跡長柄横穴群資料館があり,横穴群全体の配置図がある。 配置図に従い,順に横穴墓を見学した。 第1支群第4小支群は,第1支群第3小支群の南西側に位置し,4基の横穴墓によって構成されている。4基中の2基の入口は封鎖されており,墓室の中…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県長生郡長柄町:長柄横穴群(その3)

過日,長柄横穴群(千葉県長生郡長柄町)を見学した。 長柄横穴群の第1支群所在地には立派な駐車場と史跡長柄横穴群資料館があり,横穴群全体の配置図がある。 配置図に従い,順に横穴墓を見学した。 第1支群第3小支群は,第1支群第2小支群の南西側に位置し,5基の横穴墓によって構成されている。複数の棺または遺体を蔵置できるような墓室構造…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県長生郡長柄町:長柄横穴群(その2)

過日,長柄横穴群(千葉県長生郡長柄町)を見学した。 長柄横穴群の第1支群所在地には立派な駐車場と史跡長柄横穴群資料館があり,横穴群全体の配置図がある。 配置図に従い,順に横穴墓を見学した。 第1支群第2小支群は8基の横穴墓によって構成されており,小支群の中では最も大規模なもののようだ。 横穴墓の中には梯子か階段によって少し登って…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県長生郡長柄町:長柄横穴群(その1)

過日,長柄横穴群(千葉県長生郡長柄町)を見学した。 長柄横穴群の第1支群所在地には立派な駐車場と史跡長柄横穴群資料館があり,横穴群全体の配置図がある。その配置図によると,長柄横穴群は,第1支群及び第2支群と呼ばれる2つの場所に集中している横穴墓とそれ以外の場所に所在している横穴墓によって構成されており,全体としてかなり大規模な横穴墓群…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県長生郡長南町:笠森寺

過日,笠森観音堂で知られる天台宗・大悲山楠光院笠森寺(千葉県長生郡長南町笠森)を参拝した。本尊は,十一面観世音菩薩。 笠森寺は,延暦3年(784年)に伝教大師最澄により開基された寺院とのことで,笠森観音堂として知られる本堂は,長元元年(1028年)に後一条天皇の勅願により建立されたものとのこと。その建築様式(四方懸造)は,日本唯一のも…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県長生郡長南町:油殿古墳群

過日,油殿古墳群(千葉県長生郡長南町豊原)を見学した。 油殿古墳群は,2基の前方後円墳と2基の円墳によって構成される古墳群であり,島状の台地の上にある。この台地の北側~西側の裾付近は住宅地となっている。住宅地への入口は北側にあり,そこに説明板と若干の駐車スペースがある。この駐車スペースは,本来は,この場所から南東に細長く続く墓地にある…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県長生郡長南町:能満寺と古墳(その3)

過日,天台宗・慈眼山能満寺(千葉県長生郡長南町芝原)を参拝した。 能満寺の境内は,岬状の細長い台地の上にある。そこに通ずる坂道を登ったところに駐車場と寺務所があり,その奥(北西)に墓地区画と本堂がある。 寺務所から南東に位置する境内地部分は,能満寺古墳群の所在地となっている。 能満寺古墳群は,1基の前方後円墳,1基の方墳,10基の…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県長生郡長南町:能満寺と古墳(その2)

過日,天台宗・慈眼山能満寺(千葉県長生郡長南町芝原)を参拝した。 能満寺の境内は,岬状の細長い台地の上にある。そこに通ずる坂道を登ったところに駐車場と寺務所があり,その奥(北西)に墓地区画と本堂がある。 寺務所から南東に位置する境内地部分は,能満寺古墳群の所在地となっている。 能満寺古墳群は,1基の前方後円墳,1基の方墳,10基の…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県長生郡長南町:能満寺と古墳(その1)

過日,天台宗・慈眼山能満寺(千葉県長生郡長南町芝原)を参拝した。 能満寺の境内は,岬状の細長い台地の上にあり,そこに通ずる坂道の途中に能満寺古墳の説明板がある。その説明板のある場所付近にも小さな古墳または塚があったようなのだが,現在では円形様の地形しか残されていない。円形部分の半分くらいは現況道路敷地となっている。 坂道を登ったとこ…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町:善照寺

過日,天台宗・光明院 善照寺(茨城県稲敷郡阿見町若栗)を参拝した。 善照寺は,明徳元年(1390年)に開基の寺院とのこと。 本堂等の堂宇は,とても立派なものだった。また,善照寺の山門(四脚門)は,阿見町の文化財に指定されている。 善照寺の入口付近には天満宮がある。天満宮も参拝した。 善照寺の境内地を含む周辺一帯は,明神遺跡と呼ば…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市永国:大聖寺

過日,土浦大師不動尊として知られる真言宗豊山派・羽黒山今泉院大聖寺(茨城県土浦市永国)を参拝した。本尊は,大聖不動明王。 大聖寺は,長徳元年(995年)創建の寺院。由緒書によれば,小田氏が優勢の時機には田中荘平塚(つくば市西平塚)に移されたが,小田氏の滅亡と共に現在の地に戻ったとのこと。 本殿(大聖殿)や護摩堂等の堂宇はとても立派な…
コメント:0

続きを読むread more

川越市中台元町:八雲神社と古墳

過日,八雲神社(埼玉県川越市中台元町)を参拝した。祭神は,須佐之男命。 境内社として,八雲神社社殿の脇に雷電社がある。 八雲神社は,八雲神社古墳と呼ばれる直径約26mの円墳の上に鎮座しているとされている。典型的な古墳神社の形態をとっている。ただし,墳丘の西側斜面は補強工事等により墳丘面がよく見えない状態となっている。墳丘の上に石垣を…
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市塚越:西光寺

過日,曹洞宗・寶福山西光寺(埼玉県坂戸市塚越)を参拝した。本尊は,釈迦如来。脇仏は,阿彌陀如来・弥勒菩薩。 西光寺は,上杉氏に仕えた小島豊後が屋敷内に西光庵を建てたのがはじまりとのこと。ただし,小島氏に関し,比企氏の家臣とする見解もあるので,この地が上杉氏の支配圏に含まれることになって以降,同じ小島氏が上杉氏の家臣になったとも考えられ…
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:大宮住吉神社

過日,大宮住吉神社(埼玉県坂戸市塚越)を参拝した。祭神は,住吉三神・神功皇后・応神天皇。 平安時代に創建された古い神社で,室町時代に鎌倉公方・足利持氏によって社殿が再建された神社とのこと。 大宮住吉神社の境内地は,小島屋敷と呼ばれる中世の館の遺跡でもあるとされている。現在では境内地の整地等によって土塁的な地形がほとんどなくなってしま…
コメント:0

続きを読むread more

東松山市:箭弓稲荷神社

過日,箭弓稲荷神社(埼玉県東松山市箭弓町)を参拝した。祭神は,保食神。「箭弓」は「やきゅう」と読む。 箭弓稲荷神社の創建は,和銅5年(712年)とのことなので,和銅遺跡などで銅鉱石が採掘され始めた頃ということになる。 由緒書によれば,箭弓稲荷との名は,平忠常の勢力が現在の川越市付近まで及んだため,源頼信が朝廷から追討の命を受け,野久…
コメント:0

続きを読むread more

東松山市:柏崎12号墳(権現塚古墳)など

過日,柏崎12号墳(埼玉県東松山市柏崎)を見学した。 柏崎12号墳は,権現塚古墳とも呼ばれ,直径約38m・高さ約5.4mの円墳とされている。元は前方後円墳だったとの見解もあるようだ。 権現塚古墳の墳頂付近は,何か所か掘削されており,あまり綺麗ではない。また,道路に面した墳丘の一部が掘削されてしまっているようだ。 ちなみに,ふっきー…
コメント:0

続きを読むread more

東松山市:東松山市環境センター周辺の古墳

過日,東松山市環境センター(埼玉県東松山市古凍)の周辺にある古墳を見学した。 かつて,この地域には多数の古墳があったけれども,現在までに多くの古墳が削平されたとのこと。現況は市街化が進んでいるものの,幾つかの古墳が残されている。以前,柏崎1 号墳,古凍4 号墳,古凍20 号墳などの古墳を見学するためにこの地域を訪問したことがあるので,…
コメント:0

続きを読むread more

南魚沼市余川:飯綱山古墳群(その3)

過日,飯綱山古墳群(新潟県南魚沼市余川)を見学した。 飯綱山古墳群に関しては,新潟県教育委員会『新潟県文化財調査年報第15 南魚沼』(1977年)の423~425頁,新潟大学考古学研究室「飯綱山古墳群(10号・27号墳)測量調査報告書」(1997年3月)にまとめられている。 現況では墳丘が掘削されてしまっている古墳が多いようなのだが…
コメント:0

続きを読むread more

南魚沼市余川:飯綱山古墳群(その2)

過日,飯綱山古墳群(新潟県南魚沼市余川)を見学した。 飯綱山古墳群に関しては,新潟県教育委員会『新潟県文化財調査年報第15 南魚沼』(1977年)の423~425頁,新潟大学考古学研究室「飯綱山古墳群(10号・27号墳)測量調査報告書」(1997年3月)にまとめられている。 現況では墳丘が掘削されてしまっている古墳が多いようなのだが…
コメント:0

続きを読むread more

南魚沼市余川:飯綱山古墳群(その1)

過日,白山神社を参拝した後,同社の南西約200mの山の斜面にある飯綱山古墳群を見学した。 白山神社から徒歩で向かうと,路傍に石室材のような形状の石で囲まれた方形の場所があった。何かの遺跡の名残りのようなものではないかというような印象を受けた。山裾の方まで進むと小さな神社の鳥居が見え,そのあたりに飯綱山古墳群入口であることを示す標識があ…
コメント:0

続きを読むread more

南魚沼市余川:白山神社

過日,白山神社(新潟県南魚沼市余川)を参拝した。拝殿の額には「鎮守白山宮」と記されている。 社殿は拝殿と本殿が一体になったような形をしており,神仏習合の時代の雰囲気を現在まで残すものではないかと思った。 近隣の小社を合祀したものと思われる境内社があり,その基壇部の形状と配置が非常に気になる。 社殿の背後には庚申塔や供養塔が立てられ…
コメント:0

続きを読むread more

八ヶ岳と北岳・鳳凰山・甲斐駒ケ岳

過日,日帰りで,諏訪大社下社秋宮,諏訪大社下社春宮,慈雲寺を参拝し,青塚古墳,ジジ穴古墳・ババ穴古墳,永明寺山古墳,王経塚などを見て回った後,高速道路をひた走り,無事に帰宅した。 帰路の途中で,八ヶ岳が見えたので,公園の駐車場等にクルマを停めてその写真を撮った。 茅野市運動公園東側駐車場付近から見た八ヶ岳 移動…
コメント:0

続きを読むread more

茅野市本町西:王経塚

過日,王経塚古墳(長野県茅野市本町西)を見学した。 王経塚古墳は,復元古墳なのだが,公園大橋の北西側に道路に面して位置し,直径12.3m・高さ3mの円墳とされている。 石室が丁寧に復元されており,その開口部には柵があるけれども,隙間から中を見学することができる。 王経塚の周辺には,姥塚,大塚等の古墳が複数存在していたけれども,現在…
コメント:0

続きを読むread more

茅野市塚原:釜石古墳・一本椹古墳・永明寺山古墳

過日,永明寺山公園墓地(長野県茅野市塚原)内に保存されている釜石古墳,一本椹古墳及び永明寺山古墳を見学した。 公園墓地のある永明寺山南側斜面には26基ほどの古墳が存在したらしいのだが,公園墓地内に残されているのは永明寺山古墳と釜石古墳だけで,一本椹古墳は,他所から移築・復元されたものとのこと。 釜石古墳と一本椹古墳は,石室だけが同じ…
コメント:0

続きを読むread more

長野県諏訪郡下諏訪町東町中:ジジ穴古墳とババ穴古墳

過日,慈雲寺を参拝した後,ジジ穴古墳とババ穴古墳(長野県諏訪郡下諏訪町東町中)を見学した。 ジジ穴古墳とババ穴古墳は,慈雲寺の東約100mに位置する斜面にあり,慈雲寺とこれらの古墳との間には水月公園がある。また,これらの古墳の所在地北側には上水道貯水池の施設がある。下諏訪町誌増補版編纂審議会編『増訂下諏訪町誌 上巻』(昭和60年)の3…
コメント:0

続きを読むread more

長野県諏訪郡下諏訪町東町中:慈雲寺とその周辺(その2)

過日,臨済宗妙心寺派・白華山慈雲寺(長野県諏訪郡下諏訪町東町中)を参拝した。本尊は,十一面観音菩薩。 慈雲寺は,諏訪大社下社春宮の北東約150mのところにあり,金刺満貞により鎌倉時代に創建された古い寺院とのこと。徒歩で慈雲寺に向かった。 慈雲寺の参道階段を登ると平坦地に出る。そこから先は,林の中の苔むした参道が楼門まで続いている。途…
コメント:0

続きを読むread more

長野県諏訪郡下諏訪町東町中:慈雲寺とその周辺(その1)

過日,臨済宗妙心寺派・白華山慈雲寺(長野県諏訪郡下諏訪町東町中)を参拝した。本尊は,十一面観音菩薩。 慈雲寺は,諏訪大社下社春宮の北東約150mのところにあり,金刺満貞により鎌倉時代に創建された古い寺院とのこと。徒歩で慈雲寺に向かった。移動の途中で中山道と諏訪宮の分岐を示す道標を見た。道標から参道までの間の山の斜面には石室の残骸のよう…
コメント:0

続きを読むread more

長野県諏訪郡下諏訪町:諏訪大社下社春宮

過日,諏訪大社下社春宮(長野県諏訪郡下諏訪町大門)を参拝した。 諏訪大社下社春宮の構造(建物の配置)は,諏訪大社下社秋宮の場合と同様,拝殿及び本殿(御宝殿)の前に神楽殿があるという独特のものとなっている。 春宮の建物は,基本的には秋宮と相似形になっており,どれも非常に立派なものなのだけれども,彫刻等の細部が異なっており,また,筒粥殿…
コメント:0

続きを読むread more

長野県諏訪郡下諏訪町:青塚古墳とその周辺

過日,青塚古墳(長野県諏訪郡下諏訪町横町)を見学した。 だいぶ以前,下諏訪町の温泉に投宿した際,青塚古墳を見学したことがある。その時には古墳の写真を撮らなかった。 青塚古墳は,全長57m,後円部直径34m・高さ8.1m,前方部幅40m・高さ8mの前方後円墳とされている。後円部の墳頂近くに横穴式石室が露頭している。石室の露頭状態から推…
コメント:0

続きを読むread more

長野県諏訪郡下諏訪町:諏訪大社下社秋宮(その2)

過日,諏訪大社下社秋宮(長野県諏訪郡下諏訪町)を参拝した。 秋宮の境内地とその周辺には多数の神社がある。 それらの神社の多くは神楽殿及び拝殿の近くにあるが,八幡社と恵比寿社は参道鳥居の脇(東側)にある八幡山と呼ばれる場所にあり,また,千尋社は鳥居左脇(北西側)の千尋池という場所にある。そして,鳥居の南西の方の少し離れた場所に専女社が…
コメント:0

続きを読むread more

長野県諏訪郡下諏訪町:諏訪大社下社秋宮(その1)

過日,諏訪大社下社秋宮(長野県諏訪郡下諏訪町)を参拝した。 下社の秋宮と春宮は,いずれも拝殿及び本殿(御宝殿)の前に神楽殿があるという独特の構造(建物配置)となっている。どうしてこのようになっているのかに関しては諸説あるようだが,仮に本殿を天岩戸とみたて,拝殿を天岩戸前の扉とみたてると,古代神話そのままということになるのではないかと思…
コメント:0

続きを読むread more

富士山と金時山

昨日,クルマで移動中,東名高速道路上り線・EXPASA足柄に寄って休憩した。 富士山方面は少し曇っていたけれども,何となく日本画のような姿の富士山が見えたので写真を撮影。 南の方の雲は比較的少なく,金時山がくっきりと見えた。 クルマを運転中に撮影することは不可能だし,脇見運転は事故の元なので,こうしてサービスエリアで休憩をとってい…
コメント:0

続きを読むread more

上田市別所温泉:北向観音

過日,七苦離地蔵堂(長野県上田市別所温泉)を参拝した後,天台宗・北向山北向観音を参拝した。本尊は,千手観音菩薩。 下記の北向観音・常楽寺のサイトの説明によれば,北向観音は,「天長2年(825年),比叡山延暦寺座主の慈覚大師円仁により開創された霊場」とのこと。観音堂のほか,多数の建物や石塔等があり,貴重な文化財の集合体となっている。 …
コメント:0

続きを読むread more

上田市別所温泉:七苦離地蔵堂

過日,将軍塚古墳(長野県上田市別所温泉)を見学した後,そのすぐ西側にある七苦離地蔵堂を参拝した。 七苦離地蔵堂は,常楽寺(北向観音の本坊)が建立した地蔵堂で,非常に目立つ立派な建物であり,建物としてだけでも一見の価値がある。 一般に,人生には七苦難どころではない無数の苦難がある。ただ,その苦難を苦難として受け止めるだけではいつま…
コメント:0

続きを読むread more

上田市別所温泉:将軍塚古墳

過日,将軍塚古墳(長野県上田市別所温泉)を見学した。 将軍塚古墳は,維茂塚とも呼ばれ,直径約15m・高さ2.8mの円墳とされている。横穴式石室をもつ古墳とのこと。 維茂塚との呼称は,余吾将軍平維茂の塚との伝承があることによるものらしい。この伝承が正確なものかどうかを判断する能力はないが,このような伝承が残される原因となった何らかの歴…
コメント:0

続きを読むread more

上田市蒼久保:吉田原古墳

過日,吉田原古墳(長野県上田市蒼久保)を見学した。 吉田原古墳は,下青木吉田原古墳とも呼ばれ,直径東西約15m×南北約13m・高さ約3.5mの円墳とされている。 墳丘の周囲に作があり,説明板もあるのだが,長い間放置されたままの状態になっていたようで,荒れていた。墳丘上は草ぼうぼうの状態で,観察しやすい古墳とは言えない。 南…
コメント:0

続きを読むread more

上田市下之郷:塚穴原1号墳と塚穴原2号墳

過日,いにしえの丘公園(長野県上田市下之郷)の中にある古墳を見学した。 他田塚古墳を見学した後,塚穴原1号墳及び塚穴原2号墳を見た。 塚穴原1号墳は,いにしえの丘公園の東側部分にあり,直径20m・高さ3.3mの円墳とされている。 塚穴原2号墳は,他田塚古墳と塚穴原1号墳との間にあり,直径約15mの円墳とされている。 『上田市文化…
コメント:0

続きを読むread more

上田市下之郷:他田塚古墳

過日,他田塚古墳(長野県上田市下之郷)を見学した。 他田塚古墳は,いにしえの丘公園の中にあり,下之郷古墳群を構成する古墳中の1基であり,直径15m・高さ3mの円墳とされている。 いにしえの丘公園の中には下之郷古墳群を構成する古墳中の3基が保存されているが,現存古墳は合計約40基とのこと。いろいろと資料を調べてみた結果,古墳群を構成す…
コメント:0

続きを読むread more

上田市:上田城跡公園(その2)

過日,上田城公園(長野県上田市二の丸)を見学した。 現在では公園として整備されている上田城跡の敷地は,それだけでもとても広く,かつては(駐車場所在地や運動公園所在地を含め)もっと広かったようだ。土塁や堀が整備が良好な状態で残されており,全体として難攻不落の城だと言われる理由を理解した。 東虎口櫓門付近~二の丸橋付近がメインの観光場所…
コメント:0

続きを読むread more

上田市:上田城跡公園(その1)

過日,上田城公園(長野県上田市二の丸)を見学した。 以前,古墳見学のために佐久~小諸~上田周辺を散策した際,たまたま上田城の櫓の前を通り,「すごい門だ!」と思い,いつか訪問して見学しようと考えていた。意外と早くその時がやってきたことになる。 現在では公園として整備されている上田城跡の敷地は,それだけでもとても広く,かつては(駐車場所…
コメント:0

続きを読むread more