千葉県長生郡長南町:笠森寺

過日,笠森観音堂で知られる天台宗・大悲山楠光院笠森寺(千葉県長生郡長南町笠森)を参拝した。本尊は,十一面観世音菩薩。
笠森寺は,延暦3年(784年)に伝教大師最澄により開基された寺院とのことで,笠森観音堂として知られる本堂は,長元元年(1028年)に後一条天皇の勅願により建立されたものとのこと。その建築様式(四方懸造)は,日本唯一のものらしい。
笠森寺は,坂東三十三観音霊場第三十一番札所ともなっている。
本堂(観音堂)は,巨大な自然岩のような山の上に柱を立て,その上に御堂が乗るようなかたちで建築されている。この巨大な自然岩のような部分は,おそらく,相当古い時代から信仰の対象とされてきたものだろうと想像される。
岩の材質は笠森層と呼ばれる比較的柔らかい地層の一部となっている。そのために,境内地とその周辺には岩窟状の遺構のようなものが多数見られる。それらの中には中世以降の信仰の場所だったと推定されるものや,現代のもの(防空壕または冷蔵保管場所?)ではないかと思われるものもあるが,もしかすると古代の横穴墓の二次利用物も含まれているのではないかと思った。
私が訪問した時には参拝客が結構多数あった。幸いにも人影が途切れる瞬間が何度かあったので,その機を逃さず,写真を撮った。

IMG_1860.JPG
笠森寺入口付近


IMG_1861.JPG
周辺案内図


IMG_1946.JPG
駐車場脇の石窟(現代のもの?)


IMG_1863.JPG
笠森寺入口付近にある石窟


IMG_1865.JPG
三本杉


IMG_1866.JPG
子授楠


IMG_1870.JPG
芭蕉翁碑と石窟


IMG_1871.JPG
配劑姓名碑


IMG_1872.JPG
山門


IMG_1913.JPG
手水


IMG_1873.JPG
本堂(観音堂)


IMG_1876.JPG
本堂(観音堂)入口


IMG_1912.JPG
本堂(観音堂)入口の側面


IMG_1879.JPG
大悲山笠森寺縁起


IMG_1887.JPG
本堂(観音堂)の柱の一部


IMG_1884.JPG
本堂(観音堂)の床下の一部


IMG_1880.JPG
本堂(観音堂)から見える景色


IMG_1892.JPG
南西の方から見た本堂(観音堂)


IMG_1894.JPG
西の方から見た本堂(観音堂)


IMG_1896.JPG
西の方から見た本堂(観音堂)


IMG_1911.JPG
北の方から見た本堂(観音堂)


IMG_1898.JPG
笠森層の説明板


IMG_1897.JPG
本堂(観音堂)北西側にある切通しと石窟様の部分


IMG_1875.JPG
宝篋印陀羅尼塔


IMG_1890.JPG
筆塚


IMG_1903.JPG
仁王門


IMG_1904.JPG
仁王門東の遊歩道脇にある塚状地形


IMG_1915.JPG
子育地蔵尊


IMG_1919.JPG
鐘楼


IMG_1925.JPG
鐘楼付近から見た本堂(観音堂)


笠森寺の参道からの別れ道を進むと,笠森熊野神社がある。鳥居の額には「熊野宮」と記されている。社殿の額には「熊野三社」と記されている。参拝した。


IMG_1934.JPG
鳥居


IMG_1937.JPG
社殿


IMG_1940.JPG
社殿裏の岩窟



 笠森寺
 http://kasamori-ji.or.jp/

この記事へのコメント