前橋市広瀬町:飯玉神社と古墳

過日,飯玉神社(群馬県前橋市広瀬町)を参拝した。主祭神は,保食命。 二の鳥居及び三の鳥居の額には「正一位飯玉大明神」と記されており,拝殿の額には「飯玉大明神」と記されている。 飯玉神社は,平安時代の『上野国神名帳』に記されている毛野明神と同一社として理解されている。とても古い神社ということになるが,おそらく,古墳時代から何らかの祭祀…
コメント:0

続きを読むread more

前橋市山王町:金冠塚古墳

過日,金冠塚古墳(群馬県前橋市山王町)を見学した。 金冠塚古墳は,つばき公園の中にある。その周囲は住宅街となっている。 説明板によると,金冠塚古墳は,上陽村14号墳または山王二子山古墳とも呼ばれ,全長52.2m・後円部直径32.3mの二段築成の前方後円墳とされている。金銅製の冠が出土したことから,金冠塚古墳という名称に統一されたらし…
コメント:0

続きを読むread more

前橋市山王町:文珠山古墳と阿弥陀山古墳

過日,文珠山古墳と阿弥陀山古墳(群馬県前橋市山王町)を見学した。 文殊山古墳及び阿弥陀山古墳の詳細に関しては,前橋市教育委員会「文珠山古墳」(1996年)にまとめられている。これによると,一部発掘調査の結果,石田式土器と墳丘面の葺石等が発見されているとのこと。 文珠山古墳と阿弥陀山古墳は隣接して並んでおり,文珠山古墳の南西側裾付近と…
コメント:0

続きを読むread more

前橋市山王町:禅養寺

過日,天台宗・日吉山禅養寺(群馬県前橋市山王町)を参拝した。 禅養寺の歴史及び文化財に関しては,前橋市教育委員会「文化財調査報告書 第26集」(平成7年)の中で丁寧にまとめられている。この報告書によると,禅養寺は,貞観 2年 (860年)に慈覚大師がこの地に来て山王七社を祀り,伽藍を創建したのがはじまりとのことなので,日枝神社と共に古…
コメント:0

続きを読むread more