ひたちなか市:磯崎東古墳群再訪(その2)

過日,磯崎東古墳群(茨城県ひたちなか市磯崎町)を再訪した。 磯崎東5号墳所在地付近の北東の方は,下り坂となっており,分岐点付近からコンクリートで固めた擁壁の上に墳丘のようなものが幾つか見える。その場所は,酒列磯前神社の境内林内なので墳丘に登ることができない。そのため,詳密に見学したわけではないので確実ではないけれども,たぶん,擁壁に向…
コメント:0

続きを読むread more

ひたちなか市:磯崎東古墳群再訪(その1)

過日,磯崎東古墳群(茨城県ひたちなか市磯崎町)を再訪した。 那珂湊市教育委員会「那珂湊市遺跡分布調査報告書」(昭和51年10月)の41頁には旧磯崎古墳群の分布図と簡単な解説がある。その解説によると,「比較的原形をとどめていた群集墳であったが,国民宿舎の建設により破壊消滅した」と記されている。この記載をそのまま受け止めると,現存する墳丘…
コメント:0

続きを読むread more

水戸市六反田町:六地蔵寺と古墳

過日,真言宗・倶胝密山聖宝院六地蔵寺(茨城県水戸市六反田町)を参拝した。本尊は,地蔵菩薩。 下記の六地蔵寺のサイトによると,六地蔵寺は,大同2年(807年)開基の古い寺院で,室町時代の永享元年(1429年)に、宥覚上人によって中興され,大掾氏,佐竹氏,水戸徳川家からも保護を受けてきたとのこと。 六地蔵堂の堂宇は,どれも立派なものばか…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市玉取:千手堂と古墳

過日,千手堂(茨城県つくば市玉取)を参拝した。 玉取の千手堂は,つくばメモリアルホールの北西にあり,千手堂の南東には(いばらきデジタルマップ上において)玉取古墳群の所在地となっている八幡神社(八幡宮)がある。ただし,記録に混乱が存在する可能性がある。 玉取の千手堂は,千手観音堂とも呼ばれているようなのだが,御堂の額には「千手堂」と記…
コメント:2

続きを読むread more