高崎市:達磨寺と古墳(その1)

過日,黄檗宗・少林山鳳台院達磨寺(群馬県高崎市鼻高町)を参拝した。本尊は, 十一面観音・北辰鎮宅霊符尊神。
達磨寺は,水戸(茨城県)と縁があり,前橋城主・酒井雅楽頭忠挙が中国僧・東皐心越禅師の弟子の天湫和尚を水戸から請じて,元禄10年(1697年)に曹洞宗の寺院として開山された寺院とのことで,無関係そうでも何かの縁というものがあるものだと不思議を感じた。現在は,黄檗宗の寺院となっている。
達磨寺は,「だるま市」で有名な寺院。
達磨寺の霊符堂(本堂)の裏(南側)には大きな駐車場があるため,そこまでクルマで行き,簡単に参拝できる。しかし,本来は,山裾の斜面にある総門を通り,長い階段を登って参拝するものだったはずで,この階段をゆっくりと登るだけで様々なことを理解できる寺院であるような印象を受ける。
階段の左手(東側)には香至苑という庭園があり,座禅石などがある。かつては,群集墳があったのではないかと思われる。ブルーノタウトが滞在した洗心亭は,香至苑の北東端付近にある。
境内には,霊符堂(本堂)のほか,達磨堂,観音堂などがある。
また,様々な遺跡もある。駐車場裏に移築古墳があるほか,洗心亭脇にも2基の古墳がある。古墳群分布図によれば,白山大明神が鎮座する場所付近には,3基の古墳が存在していることになっており,白山大明神鎮座地と木遣塔所在地がその中の2か所に該当するものと思われる。古墳群分布図によれば,百庚申所在地に古墳が存在していることになっているので,百庚申は,古墳の二次利用物ということになる。
おそらく,元は境内地全域が群集墳所在地だったのだろう。それゆえ,供養のために,古くから観音堂が建てられていたのだと推察した。

IMG_0430.JPG
達磨寺入口付近


IMG_0425.JPG
総門


IMG_0424.JPG
総門裏にある不動尊


IMG_0420.JPG
大石段から見た鐘楼


IMG_0433.JPG
女坂の一部


IMG_0436.JPG
石段脇にある石祠


IMG_0439.JPG
鐘楼


IMG_0338.JPG
大講堂


IMG_0332.JPG
縁起書


IMG_0334.JPG
放生池付近


IMG_0336.JPG
霊符堂(本堂)前の階段


IMG_0341.JPG
霊符堂(本堂)脇にある神木


IMG_0360.JPG
霊符堂(本堂)


IMG_0343.JPG
大駐車場の方から見た霊符堂(本堂)


IMG_0342.JPG
大駐車場付近にある案内板


IMG_0387.JPG
観音堂前の階段


IMG_0375.JPG
観音堂


IMG_0340.JPG
霊符堂(本堂)の方から見た観音堂


IMG_0367.JPG
観音堂前にある神木


IMG_0372.JPG
観音堂近くにある帝釈天


IMG_0379.JPG
百庚申


IMG_0363.JPG
境内から見える景色



 黄檗宗少林山達磨寺
 http://www.daruma.or.jp/

この記事へのコメント